PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

汚れたアクセサリーをつけるのは誰でも嫌ですよね。ピアスの場合、清潔にしておくのは見た目のためだけではありません。ピアスの穴はとても敏感です。そのため、ピアスの汚れや細菌が穴に溜まらないよう注意が必要です。定期的にクリーニングをすれば、お気に入りのピアスをいつまでも綺麗に、気持ちよく使うことができますよ。

方法 1 の 3:
エタノールで消毒する

  1. 1
    細菌を増やさないよう手を洗う お湯で手を濡らし、石鹸でよく洗いましょう。20秒以上かけて、指の間や手首もしっかりと洗います。洗い終わったら、清潔なタオルで拭きましょう。
    • しっかりと手を洗うことで、クリーニング前にピアスをさらに汚すのを防ぎます。
  2. 2
    コットンをオキシドールに浸す オキシドールは細菌を殺し、ピアスの輝きを蘇らせる効果があります。使うときは、コットンやコットンボール、綿棒をオキシドールの注ぎ口にあてます。容器をひっくり返し、コットンをオキシドールで濡らします。[1]
    専門家情報
    Stephanie Anders

    Stephanie Anders

    Royal Heritage Tattoo and Piercing経営者
    ステファニー・アンダースはカリフォルニア州ロサンゼルスにあるタトゥー&ピアススタジオ、「Royal Heritage Tattoo and Piercing」の経営者、そして代表ピアッサーです。ピアッサーとして10年以上の経験があり、ジェニファー・アニストン、ジェシカ・アルバ、キャメロン・ディアス、ニコール・リッチー、グウィネス・パルトロー、そしてシャロン・オズボーンなど、数々の有名人クライアントに施術を行ってきました。
    Stephanie Anders
    Stephanie Anders
    Royal Heritage Tattoo and Piercing経営者

    ピアスの穴が完全にできあがっている場合は、低刺激のクリーナーやアルコール配合のウェットティッシュで穴を綺麗にすると良いでしょう。 穴ができあがっていれば傷口の組織が露出していることもないので、低刺激のクリーニング剤であれば炎症を起こす心配も低いと考えられます。

  3. 3
    コットンでピアス全体を叩くようにして汚れを落とす 隅々までコットンが届くように作業を行います。必要に応じてエタノールを足しながら、1つのピアスを数分かけて綺麗にします。その後、ボウルに入れた水ですすぎます。[2]

    ポイント: エタノールをつけたコットンやコットンボールは、細かいデザインが施されたピアスのクリーニングに最適です。

  4. 4
    エタノールにつけおきして集中クリーニングを行う コットンはピアスに引っかかり、繊維が残ることがあります。これを避けたい場合、またはクリーニング効果を高めたい場合は適量のエタノールにピアスを5〜10分つけておきましょう。その後、ボウルに張った水ですすぎます。[3]
  5. 5
    数分置いて乾かす クリーニングが終わったら、ピアスを清潔な布の上に置いて乾かします。ピアスを何度か触り、乾いたら片付けるか耳につけましょう。
    広告

方法 2 の 3:
熱湯でピアスを洗う

  1. 1
    始める前に手を洗う ピアスのクリーニングで細菌を増やさないためには、始める前の手洗いが効果的です。お湯で手を濡らし、石鹸をよく泡だてて20秒間洗いましょう。泡を洗い流したら、清潔なタオルで拭きます。[4]
    • 指の間や手首までしっかりと洗いましょう。
  2. 2
    電子レンジやコンロでお湯を沸かす 熱湯を使う方法は、家にエタノールなどがなく、もう少しピアスの光沢が欲しいというときに最適です。まずは2カップほどの水を鍋に入れ、沸騰するまでコンロにかけます。[5]
    • マグカップに水を入れて電子レンジで加熱する方法もあります。はじめに1分半加熱して温度を確認し、足りなければさらに加熱しましょう。
    • 熱湯でのクリーニングはエタノールほど効果はありませんが、クリーニングに使えるものがないときに最適です。
  3. 3
    ピアスを熱湯に20分浸ける コンロから鍋をおろし、ピアスを熱湯の中に入れます。汚れが落ちるまで20分間そのまま放置しましょう。[6]
    • 熱湯は細菌を殺し、ピアスの表面の汚れを浮かせる効果があります。
    • 熱湯はどんなピアスにも安心して使用できます。プラスチック製の安いピアスをクリーニングするときは、熱湯を数分置いて冷ましてから、ピアスを入れると良いでしょう。
  4. 4
    お湯からピアスを取り出し、歯ブラシでこする スプーンか、お湯が熱くなければ手を使ってピアスを取り出します。古い歯ブラシでピアスを1つずつ丁寧にこすり、残った汚れを落とします。汚れが落ちたら、ピアスをお湯で洗いましょう。[7]

    ポイント: 歯ブラシをお湯で濡らしてからピアスをこすると、より効果的です。

  5. 5
    ピアスを清潔なタオルの上で乾かす 数分間、またはピアスが完全に乾くまで置いておきます。タオルで軽く叩き、余分な水気を拭き取っても良いでしょう。ピアスを触って確認し、乾いていれば片付けるか耳につけましょう。
    広告

方法 3 の 3:
金、シルバー、宝石付きピアスの集中クリーニングを行う

  1. 1
    変色を避けるため、ダイヤモンドは食器用洗剤とお湯で洗う 食器用洗剤5mlとお湯1カップを混ぜ合わせ、ダイヤモンドのピアスを3〜4分浸します。スプーンで取り出し、柔らかい歯ブラシで優しくこすります。先ほどの液にさらに1〜2分浸したら、冷水が入ったボウルに移して洗剤を洗い流します。清潔なタオルの上で乾かしましょう。[8]

    ご存知でしたか? ダイヤモンドは強い石ですが、洗剤類に影響を受けやすく、脱色することもあります。クリーニングに使えるのは、無香料、無着色の食器用洗剤だけです。

  2. 2
    シルバーのピアスはお湯と重曹で洗う シルバーのピアスを洗うには、まずガラス製の耐熱皿をアルミホイルで覆います。アルミホイルは光沢のある面を上にしましょう。ピアスをアルミホイルの上に置き、ピアスが浸るくらいまでお湯を注ぎます。重曹を振りかけ、ピアスから泡が出てきたら、そのまま1時間放置します。きれいな水が入ったボウルですすぎ、柔らかい布で拭き取りましょう。[9]
    • シルバーのピアスは汚れると輝きがなくなり、色が濁って古く見えるため、正しくクリーニングすることが大切です。
    • この方法では、いくつかのシルバーピアスを同時にクリーニングしても構いません。
  3. 3
    パールのピアスは低刺激タイプの洗剤とお湯で洗う ぬるめのお湯に、低刺激タイプの食器用洗剤を数滴入れて混ぜます。ここに柔らかい布を浸したら、布でパールのピアスを優しく拭きます。ピアスは片付ける前にタオルの上で乾かしましょう。[10]
    • パールのピアスは傷みやすいため、強い薬品でのクリーニングは避けましょう。
    • パールピアスを綺麗な状態に保つには、使用後に毎回柔らかい布で拭くようにしましょう。
  4. 4
    宝石付きのピアスは爪楊枝で汚れを取る 宝石付きのピアスは、汚れが隅に溜まりやすく、拭き取るのが難しいことがあります。削ったマッチ棒か爪楊枝を使い、ゆっくりと慎重に汚れを取り除きましょう。[11]
    • 爪楊枝にティッシュや布を巻いて、先端の鋭さを和らげても良いでしょう。ただし、狭い部分には届きづらくなるかもしれません。
    広告

ポイント

  • 寝る前やシャワー、プールの前はピアスを外して、汚れるのを防ぎましょう。
  • アクセサリー用の洗浄機を買えば、ピアスを簡単にしっかりと洗浄することができます。
広告

注意事項

  • 排水口に落とす恐れがあるので、シンクでピアスを洗うのはやめましょう。ボウルやマグを使うと安心です。
広告

必要なもの

消毒液を使う

  • エタノール
  • コットンボール、コットン、綿棒
  • ボウル
  • タオル

熱湯でピアスを洗う

  • 小さめの鍋かマグカップ
  • 柔らかめの歯ブラシ
  • タオル

高価なピアスを洗う

  • ボウル
  • お湯
  • 柔らかい布かタオル
  • 着色料、香料が入っていない低刺激の食器用洗剤(ダイヤモンドとパールのピアス用)
  • 柔らかめの歯ブラシ(ダイヤモンドのピアス用)
  • ガラス製の耐熱容器(シルバーのピアス用)
  • アルミホイル(シルバーのピアス用)
  • 重曹(シルバーのピアス用)

このwikiHow記事について

Kennon Young
共著者 ::
熟練宝石鑑定士
この記事の共著者 : Kennon Young. ケノン・ヤングは米国宝石学会(GIA)認定の宝石鑑定士、米国鑑定士協会(ASA)認定の熟練宝石鑑定士、そして米国ジュエリー専門家協会認定のベンチジュエラー技術士です。2016年に宝石鑑定業界にて最も権威のある認証、「ASA Master Gemologist Appraiser」の資格を授与されています。 この記事は2,185回アクセスされました。
カテゴリ: 耳ピアス
このページは 2,185 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告