新しいピアスホールを開けたら、ファーストピアスを外して他のものに替えたり、ピアスなしで外出したりしたいと思うときがくるでしょう。耳たぶのピアスなら6~8週間、軟骨ピアスの場合は最低4カ月間は外さずに待ちましょう。[1] ピアスに触れるときは必ず手を洗い、ピアス自体も定期的に食塩水で洗いましょう。この記事で紹介する手順に従えば、安全で簡単にピアスを外すことができます。

方法 1 の 3:
金具キャッチまたはシリコンキャッチのピアスを外す

  1. 1
    前のスタッドと後ろのキャッチをつまみます。両手を使いましょう。前側からピアスをつまむことで、耳に食い込んだり紛失したりするのを防ぎます。[2] シンクの上でピアスを外すと、ピアスが排水口に入ってしまう可能性があるのでやめましょう。
  2. 2
    前と後ろからしっかりとつまみながらピアスを外していきます。金具キャッチの左右の輪っかの中心部分からピアス軸を抜くか、ピアス軸からシリコンキャッチを引き抜いていきます。キャッチが外れたら、ピアスホールからピアスを取り外します。
    • シリコンキャッチとスタッドを同時に反対方向に引き抜いてもいいでしょう。[3]
    • 耳たぶを伸ばすとけがの原因となるのでやめましょう。[4]
  3. 3
    なかなか抜けない場合はキャッチを小刻みに動かします。キャッチが固いときや曲がってしまい抜けないときは、抜けるまで、または抜けそうになるまでキャッチ部分を小刻みに動かしましょう。
    • 金具キャッチが食い込んでしまった場合は、ヘアピンを慎重に使って金具キャッチを引っ張ります。金具キャッチにヘアピンを引っかけ、ピンセットなど何か硬いものを使ってピアス軸を押します。キャッチが指でつまめる位置まで動いたら、小刻みに動かして引き抜きます。[5]
    広告

方法 2 の 3:
ネジ式キャッチのピアスを外す

  1. 1
    前のスタッドと後ろのネジ式キャッチをつまみます。両手を使いましょう。前側からピアスをつまむことで、耳に食い込んだり紛失したりするのを防ぎます。
  2. 2
    キャッチがピアス軸から外れるまで左方向に回します。ピアスによっては前面にネジ式キャッチが位置する場合もあります。ネジ式キャッチが外れたら、安全にピアスをピアスホールから取り外すことができます。[6]
  3. 3
    ネジ式キャッチが固いときは、清潔なゴム手袋をはめて取り外します。アレルギーがなければラテックス手袋でも問題ありません。素手ではネジ式キャッチが外れない場合、この方法で指が滑りにくくなるでしょう。[7]
    広告

方法 3 の 3:
さらなるトラブルがあるとき

  1. 1
    誰かに助けてもらいましょう。ピアスが動かなくなりどうしても自分で外すことができないと感じたら、信頼できる人にお願いしてキャッチを外してもらいましょう。自分では見えない耳の後ろも他人からは見やすいので、外してもらえるかもしれません。
  2. 2
    ピアスホールを開けたところへ行き、相談しましょう。問題が解決しないときには、ピアスホールを開けたところに行きましょう。医師であればすぐ簡単にピアスを取り外すことができるでしょう。[8]
  3. 3
    感染が見られたら病院で治療を受けましょう。ピアスホールに腫れ、赤み、膿が出ているのが見られたら、感染の可能性があるため医師に診てもらいましょう。家で自分で治そうと試みるのはやめましょう。[9]
    広告

ポイント

  • ピアスホールを開ける前にキャッチの種類はどれなのか施術者に尋ね、取り外し方を確認しましょう。
広告

注意事項

  • 多くの場合耳たぶであれば5か月間、軟骨であれば1年間はまっすぐな軸のピアスを使うことが推奨されています。[10]
  • ピアスホールが塞がることを防ぐため、長期間ピアスを外すのは1年間ほど継続してピアスを着けてからにしましょう。[11]
  • ピアスホールの洗浄に、アルコール、過酸化水素、抗菌性の軟膏などを使うのはやめましょう。[12]
広告

関連記事

ピアスを開けた後の痛みを和らげるピアスを開けた後の痛みを和らげる
部分的に塞がったピアスの穴を再開通する部分的に塞がったピアスの穴を再開通する
ピアスがうまく入らない時に付け直すピアスがうまく入らない時に付け直す
ピアスのクリーニングをするピアスのクリーニングをする
ピアスをつける
耳のピアスを隠す耳のピアスを隠す
耳ピアスを掃除する耳ピアスを掃除する
耳にピアス穴を開ける耳にピアス穴を開ける
トラガスピアスを外すトラガスピアスを外す
ピアスの穴を開ける時のファーストピアスを選ぶピアスの穴を開ける時のファーストピアスを選ぶ
初めてピアスを外す初めてピアスを外す
ピアスを作る
感染症を起こした耳ピアスを消毒する感染症を起こした耳ピアスを消毒する
感染症を起こしたピアスを治す感染症を起こしたピアスを治す
広告

このwikiHow記事について

Stephanie Anders
共著者 ::
Royal Heritage Tattoo and Piercing経営者
この記事の共著者 : Stephanie Anders. ステファニー・アンダースはカリフォルニア州ロサンゼルスにあるタトゥー&ピアススタジオ、「Royal Heritage Tattoo and Piercing」の経営者、そして代表ピアッサーです。ピアッサーとして10年以上の経験があり、ジェニファー・アニストン、ジェシカ・アルバ、キャメロン・ディアス、ニコール・リッチー、グウィネス・パルトロー、そしてシャロン・オズボーンなど、数々の有名人クライアントに施術を行ってきました。
カテゴリ: 耳ピアス
このページは 136 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告