ピクショナリー(Pictionary)は、3人以上のグループで遊ぶ、非常に盛り上がるボードゲームです。このゲームには、ゲームボード、すごろくのコマ4つ、カテゴリーカード、お題カード、1分砂時計、サイコロ1つが用意されています。さらに、スケッチブックと鉛筆を4組準備しますが、どのような種類の紙と鉛筆でも、または代わりにホワイトボードとマーカーを使用しても構いません。ゲームを始める準備の仕方と、「オールプレイ(All Play)」のような特別な場面を理解すれば、ピクショナリーの遊び方を覚えるのは簡単です。

パート 1 の 3:
ゲームを始める準備をする

  1. 1
    参加者を2つのチームに分ける 大人数で遊ぶ場合は、4チームまで作ることができますが、少ないチームで各チームの人数が多い方が、楽しさが増します。最初のお題の絵描き役をチーム内で1人決めます。絵描き役は、鉛筆と紙を使ってお題を絵に描いて表現します。そして、他のチームメイト全員が、その絵を見てお題を当てます。[1]
    • 絵描き役はチーム内で順次交代します。
    • 参加者が3人のみの場合は、誰か1人がゲームを通して両チームの絵描き役になります。
  2. 2
    各チームに必要な道具を配る 各チームはカテゴリーカード、スケッチブック、鉛筆を所有します。カテゴリーカードは、ゲームボードとお題が書かれたカードで使用されている、カテゴリーの略記について説明するものです。[2]
    • カテゴリー「P」は人物・場所・動物、「O」は物体、「A」は動作・出来事、「D」は難問、「AP」はオールプレイ(全チームで一斉に勝負する)です。
    • 紙と鉛筆の代わりに、ホワイトボードとマーカーを使ってもゲームができます。
  3. 3
    ゲームをセッティングする ゲームボードを広げて、お題が書かれたカードを中央に配置します。各チームのコマをスタートのマスに置きます。スタートのマスには「P」と書かれているため、各チームは初めの順番が回ってきたら、人物、場所、または動物の絵を描くことになります。[3]
  4. 4
    特別ルールを導入するかを決める 特別ルールを適用したい場合は、ゲームの途中で揉め事が起きないように、ゲームを始める前に決定します。開始前に、使用したい独自のルールをすべて他の参加者に伝えます。[4]
    • 例えば、お題が「ボール」で誰かが「野球ボール」と答えたとき、それを正解とするか否かといった、どの程度お題通りに答えなければならないか等を決めます。
    広告

パート 2 の 3:
ゲームを始める

  1. 1
    サイコロを振り、初めのカードを引くチームを決める 各チームがサイコロを1回ずつ振り、目の数が最も大きいチームが1番にカードを引きます。最初は「オールプレイ」カテゴリーのお題となりますが、出た目の数が最大のチームがカードを引きます。[5]
    • このとき、サイコロを振っても、すごろくのコマを動かしてはいけません。スタートのマスに置いたままにします。
  2. 2
    各チームの絵描き役に問題カードを見せる 最初のカードが引かれたら、各チームの絵描き役は、絵を描き始める前に、カードに書かれたお題を5秒間確認することができます。5秒経過して絵描き役の準備が整うまで、砂時計をスタートしてはいけません。
  3. 3
    各チームの絵描き役が同時に絵を描く 全チームの絵描き役の準備が整ったら、砂時計をスタートして始めの合図をします。絵を描く時間が60秒与えられ、その間にチームメイトはお題を当てます。先にお題を正しく言い当てたチームが、サイコロを持ってプレイする権利を獲得します。[6]
    • この最初の絵描き対決では、まだコマを動かしません。初回の目的は、サイコロを持ってプレイするチームの順番を決定することです。
    広告

パート 3 の 3:
ゲームを進める

  1. 1
    各チームで誰が絵描き役になるかを決める 各チームで絵描き役の順番を決め、メンバー全員に役が回るようにします。サイコロを持ったチームの絵描き役は、お題カードを先頭から1枚引きます。そこに書かれているお題(スタートは「P」カテゴリー)を5秒間で確認します。ただし、チームメイトにお題を見せてはいけません。[7]
  2. 2
    砂時計をスタートして絵を描き始める 絵描き役は、制限時間1分でお題を表す絵を素早く描きます。絵を描いている1分間、チームメイトは答えを言い続けることができます。絵描き役は言葉を発したり、手でジェスチャーしたり、数字や文字を書いたりすることはできません。[8]
    • チームメイトが時間内にお題を言い当てた場合、そのチームはサイコロを振り、出た目の数だけコマを進めます。さらにカードをもう1枚引いて、新しいお題の絵を描きます。
    • チームメイトが時間内にお題を言い当てられなかった場合は、左隣のチームにサイコロを渡します。サイコロを渡されたチームは、お題カードを引いて、絵を描きます。
  3. 3
    カードを引くたびに絵描き役を交代する サイコロを振るところからではなく、お題カードを引くところから、絵描き役を次のメンバーに交代します。お題を時間内に言い当て、絵を描く権利が続く場合にのみ、サイコロを振ってコマを動かします。[9]
  4. 4
    「オールプレイ」のマスでは全チームが参加する コマが「オールプレイ」のマスに止まるか、カードに書かれたお題の横に三角の印がある場合は、全チームが一斉に対決します。全チームの絵描き役は、5秒間お題カードを確認します。そして、砂時計をスタートして各チームの絵描き役が同時に絵を描き始め、それぞれのチームメイトにお題を当ててもらいます。[10]
    • 砂時計が終わる前にいち早くお題を当てたチームがサイコロを振ってコマを進め、新しいお題カードを引きます。
  5. 5
    いずれかのチームが最後の「オールプレイ」のマスに辿り着くまでゲームを続ける 最後の「オールプレイ」のマスに辿り着いたチームは、ゲームに勝つ権利が得られます。このマスに止まるために、サイコロで正確な目の数を出す必要はありません。最後の「オールプレイ」のマスに着いたチームがお題を当てられなかった場合は、左隣のチームにサイコロを渡してゲームを続けます。[11]
  6. 6
    最後の「オールプレイ」のマスにいるチームが、自分たちの順番でお題を当てたらゲームの勝者となる 何回もチャンスが回って来てもお題を当てられなかったり、最後のマスに複数のチームが止まって勝ちを競う場合もあります。いずれかのチームが勝ちとなるまでゲームを続けます。[12]
    広告

ポイント

  • ピクショナリーは大人数で遊べる楽しいゲームです。パーティや家族で集まったときにピクショナリーで遊びましょう。

広告

必要なもの

  • ピクショナリーのゲームボード
  • すごろくのコマ
  • カテゴリーカード
  • お題カード
  • 1分砂時計、または1分を計れるタイマー
  • サイコロ
  • 紙と鉛筆、またはホワイトボードとマーカー

関連記事

How to

コネクト・フォーで勝つ

How to

UNO(ウノ)で勝つ

How to

UNO(ウノ)で遊ぶ

How to

「フォーコーナーズ」をして遊ぶ

How to

ビリヤードの的球を並べる

How to

ジェンガを遊ぶ

How to

ヒットアンドブロー(マスターマインド)で遊ぶ

How to

腕相撲で勝つ

How to

LCRで遊ぶ

How to

〇✖ゲームで勝利する

How to

ジェスチャーゲームで遊ぶ

How to

ボードゲーム「Ludo」で遊ぶ

How to

知恵の輪を解く

How to

サイコロゲーム「10000」で遊ぶ
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む13人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は7,297回アクセスされました。
このページは 7,297 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告