錠のピッキングはとても便利なスキルで、鍵をなくしたり忘れたりしたとき「命の恩人」となるスキルです。基本の工具と少しの我慢で、どんなタンブラー錠も突破でき、鍵のかかったドアから南京錠まで全てにアクセスできるようになります。

パート 1 の 3:
ピッキングする錠の下準備をする

  1. 1
    錠の状態を確認する 壊れている錠はピッキングできません。どんなにピッキングのテクニックが長けていても、錆び付いた錠は堅く閉まったままです。ピッキングしようとする前に錠全体の状態を確認しましょう。[1]
    • MIWAの鍵穴専用潤滑剤など、適切な潤滑剤を使うことで錆び付いた錠でもピッキングできる状態に戻せるかもしれません。
  2. 2
    ピッキング用の工具を揃える 専用のピッキング工具セットには、テンションレンチやピック、レークピックなどが含まれます。[2] 潤滑用グラファイトなど、最寄りのホームセンターで入手できる錠の潤滑剤も必要です。[3]
    • ヘアピンクリップなど、家にあるものをピッキング工具として使うこともできます。
    • ピッキング工具セットを購入するには、スパイグッズ販売店や鍵屋などの専門店に行くか、オンラインストアを利用しましょう。
    • 業務その他正当な理由がない限り、ピッキング工具セットの所持は法律で禁止されています。ピッキング工具を携帯しているときに警察に捕まったら、罪を犯すつもりで所持していたのではないということを証明しなければなりません。
  3. 3
    主なピッキング工具3種類の使い方を理解する 基本のピッキング工具の名前と使い方がわかっていれば、話をするのも簡単です。これは特に重要で、なぜならポップカルチャーでこれらの工具が不正確に伝えられていることがあるためです。[4] 基本の工具3種類は以下の通りです。
    • テンションレンチ。トルクレンチと呼ばれることもある、先が外に向かって広がった薄い金属の工具です。L字型、もしくはZの斜線部分が真っ直ぐなZ字型をしています。プラグ(錠が回る部分)に挿入し、テンションをかけるための工具です。
    • ピック。一般的に、取っ手から徐々に細くなり、先が少しだけ曲がってとんがっている金属の工具です。ピックは、錠構造の内部(ピン)を操るために用います。
    • レークピック。複数の突起があるピックです。先が三角形のレールピックもあれば、丸いものもあります。錠の構造(ピン)を外すために錠内をこするためのものです。[5]
  4. 4
    錠の構造を頭の中で思い描く 鍵がプラグ(錠が回る部分)の鍵穴に差し込まれると、鍵の刻み(突起もしくは歯)がバネのついたピンを押し上げます。個別の錠のピンはタンブラーピンとドライバーピンからできています。それぞれのタンブラーピンとドライバーピンの境い目が、錠が回る構造と揃ったとき(シアラインとも呼ばれます)錠が回り開きます。[6]
    • ピッキング中に錠の内側は見えないため、構造をしっかり想像できることがとても重要です。
    • 錠によってピンの数は異なります。南京錠は3〜4本、ドアの錠は通常5〜8本です。
    • 特にヨーロッパでみられますが、錠によってはピンが鍵穴の上部ではなく下部にあることもあります。
  5. 5
    錠に潤滑剤を差す 錠のピンは長期間使われていないことで硬くなっているかもしれません。汚れのせいで錠の構造を操作するのが難しいこともあります。潤滑剤を錠に差すことでこういった問題を取り除き、最大限ピッキングしやすいように準備しましょう。
    • 鍵穴潤滑剤の多くはスプレー状になっていて、鍵穴に直接潤滑剤を差せるようになっています。[7]
    広告

パート 2 の 3:
一般的なタンブラー錠を開ける

  1. 1
    ピッキング作業の目標を理解する テンションレンチで鍵穴に軽く圧力をかけたまま、鍵穴の中にあるピンを一つずつピックで押し上げていきます。ピンを十分に上げたら、レンチによる圧力でピンが落ちるのを防ぎ、次のピンを作業します。全てのピンを固定できたら、錠が開きます。
  2. 2
    鍵が回る方向を突き止める テンションレンチを鍵穴の上部もしくは下部に挿入します。レンチを慎重に回しプラグに回転力(テンション)をかけます。プラグが少しだけ多く回る方向と、そうでない方向があります。より回る方が、鍵が回る方向です。
    • ピッキングの感覚をつかんでいる間は、レンチにテンションをかけるときは指一本だけを使いましょう。[8]
  3. 3
    ピックでピンを調べる 鍵穴にピックを差し込みます。ピックでピンの輪郭にやさしく触れます。作業しやすいピンを見つけます。ピンのバネが引っ込むのを感じるまで、ピックに軽く、しかしゆっくり強めながら圧力をかけます。ピックを外します。[9]
    • 頭の中でピンを想像しながら作業しましょう。そうすれば、錠を元に戻し改めてピッキングしなければならないことになっても、作業済みのピンの場所を覚えておくのに役立ちます。
    • 一つのピンに徐々に圧力をかけることで、ピンのバネの抵抗を確かめることができます。ピンによっては他のものよりも硬く、より強い圧力が必要な場合もあります。
    • 一般的に、錠内の構造は比較的繊細な作りです。思いがけない錠やピックの破損を避けるためにも、圧力が弱すぎて失敗する方がまだよいでしょう。
  4. 4
    テンションレンチで鍵穴にやさしく圧力をかける 鍵穴の下部または上部にテンションレンチを差し込みます。わずかな圧力でレンチを回します。プラグがどう動くか確認します。レンチの圧力を解きます。この作業を数回繰り返します。[10]
    • プラグの硬さの感覚をつかみ、錠の構造内でピンが結束して動きが止まり、プラグが回らなくなる場所を見極めることが、このステップの目標です。
  5. 5
    きついピンを見つける テンションレンチで再度やさしく鍵穴に圧力をかけます。鍵穴にピックを差し込みます。テンションをかけながら、ピックでピンに軽く触れていきます。レンチのテンションを解きます。軽くテンションがかかったときに他のピンよりもきつい(抵抗がある)ピンを見つけるまでこの作業を続けます。これが一つ目のきついピンです。
    • きついピンを探るときは、テンションレンチへの圧力を一定に保ちます。圧力が強すぎると錠が動かなくなり、弱すぎるとピンが落ちる原因になります。[11]
  6. 6
    ピックで一つずつピンを上げていく テンションレンチで一定の圧力を保ちながら、一つ目のきついピンをピックで少しずつ持ち上げます。最終的にテンションレンチがプラグをわずかに回します。これで一つ目のきついピンが固定されました。ピックで次に他よりもきついピンを見つけ、同じように持ち上げて固定します。全てのピンが固定されるまで繰り返します。
    • 多くの一般的な錠で、ピンは前から後ろ、もしくは後ろから前の順番で固定できます。ただし、全ての錠がそうではないということも覚えておきましょう。
    • より簡単に固定するには、ゆっくりとピンを持ち上げましょう。この動きを練習し、特に後述のレーキングテクニックと一緒に使えばよりすばやくできるようになります。
    • どの時点でも、テンションレンチに回転力をかけすぎると錠が動かなくなる原因になります。その場合、レンチにかけている圧力を解き、ピンを元に戻しやり直す必要があります。[12]
  7. 7
    錠を開ける 最後のピンが固定されたら、解錠し開くはずです。錠を回し開くには、テンションレンチで圧力をよりかける必要があるかもしれません。ピックが鍵穴にまだ差し込まれている場合は、ピンを乱暴に押したりピックを壊さないように気をつけながらピックでもう少し強い力をかけても問題ありません。[13]
    広告

パート 3 の 3:
レーキングテクニックを用いる

  1. 1
    テンションレンチとピックで錠の感覚をつかむ 普通と同じく、テンションレンチでプラグの感覚をつかみます。ピックを鍵穴に差し込み、軽く触れながらピンの場所を確認します。一つピンを押してみて、ピンのバネの硬さを確認しましょう。
    • レーキングは一般的に知識のあるピッカーにとってすばやく作業できるテクニックですが、ピンを一本ずつピッキングするという基本の原則に基づいて作業するもののため、一本ずつのピンピッキング経験者にとって最も簡単な方法です。
  2. 2
    レーキング工具でピンをレーキングする この作業をするには、通常のピックかレークピックを使用できます。テンションレンチでプラグに軽い一定の圧力をかけます。ゆっくり滑らかにレーキング工具を鍵穴に差し込みます。工具を上向きにしてすぐに鍵穴から引き出します。
    • レーキング工具を鍵穴から引き出すときは、工具の先っぽだけに圧力をかけるようにしましょう。
    • レーキングしているときに錠にある全てのピンに触れるよう、十分に長いピックを使いましょう。[14]
  3. 3
    ピンが落ちる音に聞き耳を立てる レーキングは、通常成功するまで何回か試すことになります。レーキングの後、テンションレンチの圧力を解くときに錠が立てる音に注意して聞き耳を立てます。ピンが落ちる音が聞こえれば、テンションレンチで適切な圧力をかけていることを示しています。
  4. 4
    固定されていないピンに沿ってレーキング工具を前後に動かす 前述したとおりピンをレーキングします。テンションレンチの圧力を一定に保ちながら、工具の先っぽで固定されていないピンを「こすり」ましょう。ピンがうまく固定されない場合、レンチの圧力を解き、もう一度やり直します。解錠して開くまで続けます。[15]
    • ほとんど全てのピンが固定されたら、テンションレンチの圧力を強めて、少し強めにこすりましょう。
    広告

ポイント

  • 金庫やデスクの引き出しについているような単純な錠は「ピッキングする」必要さえないかもしれません。平らな金属を錠の奥まで差し込み、上下に動かしながら時計回りに回してみましょう。
  • ピックをやすりにかけて滑らかにすると、鍵穴に滑り込ませやすく、操作しやすくなります。
  • シンプルで安い錠やリサイクルショップやアンティークショップで見つけた古い錠でピッキングを練習しましょう。

広告

注意事項

  • 正しく作業すれば、ピッキングで錠を傷つけることはありません。しかし、構造を破損し錠を壊すリスクは常にあります。
  • 錠をピッキングする時、絶対にピッキング工具を力ずくで使ってはいけません。ピックや錠を壊してしまいます。
  • ピッキング工具セットの所持は、違法な建物侵入のためではなく、業務その他正当な理由であることを証明する必要がある場合があります。
広告

必要なもの

  • ピッキング工具セット(最低でもテンションレンチとピックが必要です)
  • 鍵穴専用潤滑剤(潤滑用グラファイトなど)

関連記事

How to

ガラスの傷を取る

How to

水道の水圧が低いときの対処

How to

手に付着したシリコンコーキング剤を落とす

How to

ペーパークリップで鍵を開ける

How to

トイレの水を抜く

How to

天井にフックを取り付ける

How to

施錠されたドアを開ける

How to

タイルの目地をきれいにする

How to

スチールドアを塗装する

How to

レンガを掃除する

How to

タイルの床の目地を掃除する

How to

マットレスをスチームクリーナーで手入れする

How to

アクリル塗料を落とす

How to

凍結した水道管に対処する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 住宅メンテナンス
このページは 650 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告