ピボットテーブルで列を追加する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事では、Microsoft Excelのピボットテーブルにピボットテーブルツールを使って新しい列を作成・挿入する方法を説明します。既存の行、フィールド、あるいは値を列に移動したり、数式を指定して新しい集計フィールド列を作成したりすることができます。

方法 1 の 2:
フィールドを列に移動する

  1. 1
    編集したいピボットテーブルがあるExcelファイルを開きます。パソコンにあるExcelファイルを見つけ出し、ダブルクリックして開きましょう。
  2. 2
    ピボットテーブル内の任意のセルをクリックします。このようにテーブルを選択すると、画面の上にあるツールバーリボンにピボットテーブル分析デザインタブを表示させることができます。
  3. 3
    上のピボットテーブル分析タブをクリックします。このタブは、Excel画面の上の方にある数式、挿入、表示などの他のタブと並んでいます。これでツールバーリボンにピボットテーブルツールが表示されます。
    • バージョンによってこのタブは、「ピボットテーブルツール」バーの下に分析あるいはオプションという名前で表示されます。
  4. 4
    ツールバーリボンのフィールドリストボタンをクリックします。このボタンはピボットテーブル分析タブの右側にあります。クリックすると、選択したテーブルのフィールド、行、例、そして値のリストを表示させることができます。
  5. 5
    ピボットテーブルフィールドリストにある任意の項目のチェックボックスをオンにします。これで元データの選択した項目の集計が作成され、新しい列としてピボットテーブルに挿入されます。
    • 一般的に、数値ではないフィールドは行として挿入され、数値フィールドは列として挿入されます。
    • チェックボックスをオフにすればいつでも列を削除することができます。
  6. 6
    任意のフィールド、行、あるいは値項目を「列ラベル」にドラッグします。これで自動的に選択した項目が「列ラベル」に移動することになり、新しい列が挿入されたピボットデーブルに変わります。
    広告

方法 2 の 2:
集計列を挿入する

  1. 1
    編集したいピボットテーブルがあるExcelファイルを開きます。ピボットテーブルがExcelファイルをダブルクリックして開きましょう。
  2. 2
    編集したいピボットテーブルを選択します。選択・編集するために、ワークシートにあるピボットテーブル内の任意のセルをクリックします。
  3. 3
    ピボットテーブル分析タブをクリックします。このタブは、Excel画面の上の方にあるツールバーリボンの中央辺りにあります。これでツールバーリボンにピボットテーブルツールが表示されます。
    • バージョンによってこのタブは、「ピボットテーブルツール」バーの下に分析あるいはオプションという名前で表示されます。
  4. 4
    ツールバーリボンのフィールド、アイテム、セットボタンをクリックします。テーブルアイコンの上に「fx」と書かれたボタンで、ツールバーの右端にあります。クリックするとドロップダウンメニューが開きます。
  5. 5
    ドロップダウンメニューの集計フィールドをクリックします。ピボットテーブルに新しい、独自の列を追加できるダイアログが開きます。
  6. 6
    「名前」フィールドに列の名前を入力します。名前フィールドをクリックし、新しい列に使用したい名前を入力します。この名前は列の一番上に表示されます。
  7. 7
    「数式」フィールドに新しい列に使用する数式を入力します。名前の下にある数式フィールドをクリックし、新しい集計列の計算をするための数式を入力します。
    • 必ず「=」サインの右横に数式を入力しましょう。
    • 必要に応じて、既存の列を選択し、数式に値として挿入することができます。フィールド一覧で追加したいフィールドを選択し、フィールドの挿入をクリックすると数式に挿入できます。
  8. 8
    OKをクリックします。これでピボットテーブルの右側に列を挿入することができます。
    広告

ポイント

  • ピボットテーブルを編集する前に、必ず元のExcelファイルのバックアップファイルを作成しましょう。

広告

注意事項

  • 編集が終ったら必ずファイルを保存しましょう。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: ソフトウェア
このページは 4,467 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告