ピンク色の唇を手に入れる方法

3 方法:唇のお手入れをする天然の薬を使う化粧品を使う

女性のふっくらうるおったピンク色の唇に魅力を感じる人は少なくありません。ところが、乾燥した唇やくすんだ唇に悩む女性は多く、荒れた唇は見た目も感触もよいものではありません。しかし、このような悩みを抱えていても、心配ありません。簡単なお手入れをするだけで、すぐにきれいなピンク色の唇を手に入れることができます。

身近な材料

身の回りにあるものを使って、自然なピンク色の唇を手に入れましょう。

  • リップスクラブを作るために「砂糖」と「はちみつ」、「ココナッツオイル」を混ぜましょう。
  • 「ココアバター」、「ココナッツオイル」または「オリーブオイル」を天然のリップクリームとして使いましょう。
  • 就寝前のメイク落としに「オリーブオイル」または「アーモンドオイル」を使いましょう。
  • 唇を保湿するために「メロン」や「トマト」、「キュウリ」などの野菜や果物を食べましょう。
  • 唇の色を明るくするために「ザクロの種」でペーストを作りましょう。
  • 唇の黒ずみを取るために「ターメリック」と「牛乳」を使いましょう。
  • 唇に赤い色を付けるために「ビーツジュース」を使いましょう。
  • ピンク色の唇にするためのリップパックを「ラズベリー」と「はちみつ」で作りましょう。
  • 唇に自然なピンク色のカラーをつけるために「バラの花びら」から色素をしぼり出しましょう。

1
唇のお手入れをする

  1. 1
    歯ブラシを使って、角質を落とす 自然なピンク色の唇を手に入れる最も良い方法の1つは、歯ブラシを使って、定期的に唇の角質を落とすことです。
    • やわからめタイプの歯ブラシを水で濡らし、小さく円を描くように、やさしく唇をこすります。
    • 古い角質を取り除き、唇の血行をよくすることで、柔らかいピンク色の唇になります。
  2. 2
    リップスクラブを作る 手作りの砂糖スクラブでも唇の角質を落とすことができます。
    • 粗目の白砂糖または黒砂糖(大さじ2)とはちみつ(小さじ1)、オーガニックのココナッツオイル(大さじ1)を混ぜ合わせます。
    • このスクラブを少量、指に取って唇を30秒~1分間ほどやさしくマッサージし、ぬるま湯で洗い流します。[1]
  3. 3
    保湿する 柔らかいピンク色の唇になるためには、十分な保湿ケアを頻繁に行うことが欠かせません。日中はお気に入りのリップクリームを使い、就寝前にはワセリンをたっぷりと塗りましょう。
    • 特に暑さや寒さの厳しい季節は、唇が乾燥して荒れやすいので、保湿を心掛けることが大切です。
    • また、ココアバター、ココナッツオイルまたはオリーブオイルといった天然の保湿クリームを使うこともできます。
  4. 4
    就寝前には、きちんとメイクを落とす リップメイクをしたまま寝てしまうと、唇の乾燥だけでなく、黒ずみの原因にもなります。
    • 就寝前に、きちんとリップ用のリムーバーやメイク落としを使い、口紅やリップライナーを落としましょう。どんなに疲れていても、これだけは守りましょう。
    • 専用のリムーバーやメイク落としがない時には、オリーブオイルやアーモンドオイルをコットンに少量含ませて使ってみましょう。きれいに口紅やリップライナーを落とすことができます。
  5. 5
    UVカットのリップクリームを使う 唇は紫外線のダメージを受けると、日焼けし、乾燥や色素沈着を引き起こします。唇の日焼けを防ぐために、ビーチやスキー場など、日差しの強い場所に行く時には、常にUVカット効果のあるリップクリームを使いましょう。
  6. 6
    禁煙する タバコには唇の黒ずみを起こす成分が含まれています。禁煙することで、唇の黒ずみを解消し、きれいな色の唇に確実に近づくことができます。禁煙は簡単なことではないかもしれませんが、きれいな唇だけでなくきれいな肺を手に入れるためには重要です。
  7. 7
    十分な水分を取る 外側から唇の保湿をするだけでなく、内側から身体の保湿をすることも大切です。
    • 十分な水分とは、毎日6杯から8杯の水を飲むことです。
    • また、メロンやトマト、キュウリなどの水分を多く含む野菜や果物を食べましょう。
  8. 8
    唇を舐めない 唇が乾燥すると、つい舌で唇を舐めてしまいたくなりますが、これは余計に唇を乾燥させる原因になります。いつでも使えるようにリップクリームを持ち歩くなどの対策を取り、できる限り唇を舐める行為は控えましょう。

2
天然の薬を使う

  1. 1
    ザクロの種を使う 以下の手順で、黒ずんだ唇を明るいピンク色にするための家庭薬を手作りできます。
    • ザクロの種を潰し、冷やしたミルククリームと合わせ、ペースト状になるまで混ぜます。そして、この出来上がったペーストを唇に塗りましょう。
    • これを週に数回の頻度で行うと、だんだんと唇の色が鮮やかなピンク色へと変わっていきます。
  2. 2
    ターメリックと牛乳からペーストを作る インド料理でよく使用されるスパイス、ターメリック小さじ1に牛乳を1滴加えてペーストを作ります。このペーストは唇の黒ずみを解消し、健康的なピンク色に変える効果があると伝えられています。
    • このペーストを唇に塗り、約5分間待ちます。その後、ぬるま湯で洗い流します。
    • 1週間、毎日この方法を繰り返し行うと、きっと効果を実感できるでしょう。[2]
  3. 3
    ビーツジュースを使う ビーツジュースは天然の口紅として使うことができ、一時的に唇を鮮やかな赤色にすることができます。
    • この方法を定期的に繰り返し行うことで、唇の黒ずみをだんだんと明るくする効果があるという説もあります。
    • ビーツジュースは、生のビーツでもピクルス漬けにしたものでも作ることができますが、味が気になるのであれば、生のものを使いましょう。
  4. 4
    ラズベリーでリップパックを作る 生のラズベリー2粒(潰したもの)とはちみつ小さじ1、アロエジェル小さじ1を混ぜ合わせ、保湿パックを作りましょう。
    • このパックを唇に塗り、約5分間待ちます。その後、ぬるま湯で洗い流します。
    • 洗い流したら、リップクリームを塗って保湿します。[3]
  5. 5
    バラの花びらを潰す バラの花びらは、天然の口紅になります。赤やピンクのバラの花びらを手で潰し、唇にきれいなピンク色が付くように擦り付けてみましょう。
  6. 6
    カラシ油をおへそに塗る 本当に効果があるのかと疑問に思うかもしれませんが、柔らかく自然なピンク色の唇にするために、少量のカラシ油をおへそに塗って寝るという古代の民間療法が存在していました。試してみる価値はあるでしょう。[4]

3
化粧品を使う

  1. 1
    口紅とそれに合うリップライナーを選ぶ 好きなピンク系のカラーの口紅と、それによく似た色のリップライナーを選びましょう。
  2. 2
    リップライナーを使う リップライナーで実際のリップラインをなぞり、指を使って唇の中央に向かって色をなじませます。特に、口角と上唇の山は丁寧に輪郭を描きましょう。
  3. 3
    口紅を塗る 唇からはみ出さないように、注意して口紅を塗ります。手が震えてうまく塗れないという人は、リップブラシを使うときれいに口紅を塗ることができます。
  4. 4
    清潔なティッシュで押さえる 上下の唇で軽くティッシュをくわえ、余分な口紅を落とします。
  5. 5
    透明のリップグロスやリップクリームを塗る そうすることで、口紅が落ちづらくなり、艶を出したり、保湿したりする効果があります。

記事の情報

カテゴリ: パーソナルケア・スタイル

他言語版:

English: Get Pink Lips, Deutsch: Natürlich rote Lippen bekommen, Italiano: Ottenere delle Labbra Rosa, Русский: сделать свои губы розовыми и здоровыми, Português: Ter Lábios Rosados, Español: conseguir labios rosados, 中文: 使嘴唇红润, Français: avoir des lèvres roses, Nederlands: Roze lippen krijgen, Bahasa Indonesia: Membuat Bibir Merah Muda, ไทย: วิธีการทำปากให้เป็นสีชมพู, العربية: الحصول على شفاه وردية, 한국어: 분홍빛 입술 만드는 방법, Čeština: Jak mít růžovou barvu rtů, Tiếng Việt: Có Đôi Môi Hồng

このページは 73 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?