PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ピーナッツバター&ジェリーサンド(愛称PB&J)は、アメリカでは定番の食べ物で、手早く簡単にできる美味しいランチやおやつとして親しまれています。[1] ピーナッツバターとジェリーだけのサンドイッチをそのまま楽しむこともできますし、美味しい工夫を加えることもできます。以下の「基本のサンドイッチを作る」から始めて、美味しいサンドイッチを作りましょう!

材料

パート 1 の 2:
基本のサンドイッチを作る

  1. 1
    材料を集める ピーナッツバター、ジャムまたはジェリー、パンが必要となります。バターを入れるとサンドイッチの風味が増すので、バターを用意してもいいでしょう。パンやパンに塗るスプレッドには様々な種類があるので、いくつか試して自分の好みのものを見つけましょう。
    • 多くのピーナッツバターには、健康に悪い砂糖や半硬化油がたくさん含まれています。[2] よりヘルシーなものを探しているのであれば、オーガニックのピーナッツバターを試してみましょう。ナチュラルピーナッツバターは油の層が上に溜まっていますが、開封後にゆっくりとかき混ぜ、その後冷蔵庫で保管すれば分離しなくなります。
    • ジェリーやジャムには、数え切れないほどたくさんの種類があります。最もよく使われるのはグレープとイチゴの2つですが、ラズベリーのような酸味のある味や、いくつかの味を混ぜてみてもいいでしょう。
    • パンは、他の味を邪魔するような種類(ライ麦パンやサワーブレッドなど)を避け、プレーンな全粒粉パンや一般的な食パンを使いましょう。[3]
  2. 2
    パンを1枚用意し、ピーナッツバターをナイフでむらなく塗る 使うピーナッツバターの量は好みで調整して構いませんが、サンドイッチをどこかへ持ち運ぶ場合は、量を少なめにしておいた方がいいでしょう。そうでないと食べる前にこぼれ出てしまいます。[4]
    • パンに塗りやすいよう、ピーナッツバターを事前に混ぜてやわらかくしておきましょう。特にピーナッツがそのまま入っているようなピーナッツバターは、先にボウルに入れて20秒ほど電子レンジで温めておくといいでしょう。やわらかいバターのようになってパンに塗りやすくなります。
    • バターを使う場合は、まずバターを塗ってからピーナッツバターを塗ります。
  3. 3
    もう1枚のパンにジェリーまたはジャムを塗る ティースプーンやナイフを使いましょう。ここでも、その場で食べる場合やジェリーが好きで仕方がない場合を除き、ジェリーは塗りすぎないように気を付けます。
  4. 4
    2枚のパンを合わせる ピーナッツバターとジェリーがこぼれないように、素早く行います。2枚を同時に持ち素早く合わせると上手く行きやすいでしょう。
  5. 5
    サンドイッチを切る サンドイッチの切り方で一番良いのは、パンの角と角をつなぐ対角線で切り分ける方法です。こうすると三角形のサンドイッチが2つできます。サンドイッチを真横に切ると長方形のサンドイッチを2つ作ることができます。
  6. 6
    簡単で美味しいサンドイッチを楽しむ! ピーナッツバターとジェリーが手に付いてベタつくので、食べた後には必ず手を洗いましょう。
    広告

パート 2 の 2:
自分の好みに合わせてカスタマイズする

  1. 1
    ザクザク食感を加える グラノーラやプレッツェル、リッツのクラッカーなどを加えて、サンドイッチにひねりを加えましょう。中でもグラノーラは繊維質や栄養素を摂取することができるヘルシーなトッピングです。
  2. 2
    甘みを加える サンドイッチには様々な甘みを加えることができます。シロップ(特にメープルシロップ)や、バナナのスライス、はちみつ、ブラウンシュガー、ベリー類(ブルーベリー、ザクロの実など)を加えてみましょう。[5]
  3. 3
    パンを焼く サンドイッチにカリッとした食感や風味が加わります。ピーナッツバターを塗る時も、パンがくずれないので塗りやすくなります。[6]
    • パンの代わりにホットビスケットを使うと、ピーナッツバターとジェリーを塗りやすく、また違った味わいを楽しむことができます。
  4. 4
    パンをフレンチトーストにする パン2枚、卵1個、牛乳大さじ2、シナモン少々、ブラウンシュガー少々、ピーナッツバター、ジェリーを用意します。[7]
    • シナモン、卵、牛乳、ブラウンシュガーを混ぜ合わせます。パンを卵液に浸します。卵液は付けすぎないように気をつけましょう。パンをフライパンで2~3分焼きます。裏返してもう2~3分焼きましょう。フライパンからおろしてピーナッツバターとジェリーを塗ったら、もう一度フライパンに戻し、中火で1分ほど焼きます。皿に乗せて半分に切ったら、食べましょう![8]
  5. 5
    パンの代わりにバナナブレッドを使う バナナブレッドを手作りして、ピーナッツバターとジェリーを塗りましょう。美味しくて贅沢なおやつになります。バナナには栄養がありますし、ケーキの甘みも同時に味わうことができます。
    広告

ポイント

  • ジェリーを塗ってから食べるまでの間が長くなると、ジェリーがパンに染みてパンが湿っぽくなってしまいます。そのため、後で食べる予定をしている場合は、パン2枚ともにピーナッツバターを塗り、その間にジェリーを塗ることで、パンが湿っぽくなるのを防ぐことができます。ピーナッツバターは普段より薄くのばすようにしましょう。やわらかくしたバターを薄くのばしてからジェリーやジャムを塗ることでも、パンが湿っぽくなるのを防ぐことができます。
  • パン1枚を半分に折れば小さめのサンドイッチを作ることができます。
  • ピーナッツアレルギーの人は、タンパク質の代替品としてクリームチーズを使うことができます。低脂肪(ヌシャテル)クリームチーズは通常のクリームチーズに比べ高タンパク低脂肪です。また、煎ったヒマワリの種から作ったバターや、アーモンドバター、カシューナッツバターなど、自分の体質に合わせて代替品を選ぶことができます。ナッツを煎ってからフードプロセッサーにかければナッツバターを手作りすることもできます。
  • 乾いたパンの耳はクッキーやサンドイッチ用の抜き型で切り落としましょう。一度にやればたくさんのサンドイッチを作ることができます。
  • 旅行や学校に持っていく場合、小さめのチャック付ポリ袋を使いましょう。ポリ袋の中にサンドイッチを入れたら左上に少しだけすき間を残して残りのチャックを閉めます。風船に空気を入れる時のようにポリ袋に息を吹き込み、素早くチャックを閉めます。空気がクッションになって、サンドイッチが潰れてグチャグチャになるのを防ぐことができます。
  • パンを1枚とスプレッドを好きなだけのせて、オープンサンドイッチを作りましょう。まず、ピーナッツバターを広げ、その上にジェリーをのせます。PB&Jサンドの中では一番崩れやすいので気を付けて食べましょう!
  • ランチとして詰める際は、冷凍のパンを使って準備することもできます。食べる頃には解凍されて少しだけ冷たい状態になっているはずです。
  • ベタベタしたキッチンを他の人が片付けなくていいよう、終わったら必ずきれいに片付けをしましょう。
  • ジェリーが家に無い場合は、フラッファーナッター(ピーナッツバター&マシュマロクリームのサンドイッチ)やピーナッツバター&はちみつのサンドイッチを作ってみましょう。[9]
  • ランチに持っていく場合は、ピーナッツバターをどちらのパンにも塗ってからジェリーを塗ると、サンドイッチが湿っぽくなりません。
  • ピーナッツにアレルギーがある場合は、「WOWBUTTER」を使うことができます。[10] 「WOWBUTTER」はピーナッツバターの代替品で大豆で作られていますが、味はピーナッツバターそっくりです!
  • このサンドイッチは美味しいだけではなく、子供に料理を教える際の最初のレシピとしても最適です。料理の基本を学ぶことができ、自分で料理をすることの素晴らしさを伝えることができます。加えて、あなたが毎回サンドイッチを作ったり買ったりする必要がなくなります。これからは子供たちが自分で作ってくれますからね!
広告

注意事項

  • 家族にピーナッツアレルギーの人がいる場合は、ピーナッツバターに使ったナイフをジェリーの瓶に入れないよう気をつけましょう。ほんの少しのピーナッツでも重篤なアレルギー反応を起こす危険性があります。[11]
広告

必要なもの

  • 皿もしくはキッチンペーパー
  • バターナイフ

関連記事

卵に火が通っているかを確認する
むきにくいゆで卵の殻をむく
電子レンジでベーコンを調理する
電子レンジでスクランブルエッグを作る
ワッフルメーカーを使う
卵を割る
半熟卵をつくる
パンケーキを作る
プロテインパンケーキを作る
グリルチーズサンドをオーブンで作るグリルチーズサンドをオーブンで作る
牛乳を使わずにスクランブルエッグを作る
ベーコンを調理する
シリアルを食べるシリアルを食べる
牛乳を使わずにフレンチトーストを作る牛乳を使わずにフレンチトーストを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 朝食 | 調理法
このページは 470 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告