ファイバーグラスによるかゆみを鎮める方法

共同執筆者 Chris M. Matsko, MD

この記事には:ファイバーグラスとの接触で起きる症状への処置二次汚染の監視と予防ファイバーグラスによる肌荒れを予防する24 出典

ファイバーグラスは産業目的や住宅の断熱材および軽量の建材として幅広く活用されています。ファイバーグラスはその取扱い中に細片が皮膚に入り込んで、痛みや強度のかゆみ(接触性皮膚炎)を引き起こすことがあります。[1] ファイバーグラスに触る機会が多いほど、この問題が起きる可能性は高まりますが、正しい応急処置で痛みやかゆみを和らげることができます。

パート 1
ファイバーグラスとの接触で起きる症状への処置

  1. 1
    患部をこすったり掻いたりしてはいけません。ファイバーグラスは肌に強いかゆみを感じさせるため、思わず掻きたくなりますが、掻くと細片が肌の内部に入り込み、かゆみが悪化します。[2][3]
  2. 2
    ファイバーグラスに接触した時に着ていた衣類を直ちに注意深く脱ぎましょう。[4] 他の洗濯物とは分けて洗いましょう。他の衣服にファイバーグラスが飛び散って、かゆみが悪化するのを防ぎます。
  3. 3
    ファイバーグラスに触れた可能性のある箇所の皮膚を洗いましょう。それらしきものを目にしたり、肌に感じたら、接触した疑いがある部分をできるだけ早く水で洗います。既にかぶれやかゆみの症状がある場合は、患部を肌に優しい石鹸とぬるま湯で洗い流しましょう。[5][6][7]
    • 手ぬぐいやタオルで軽くこすると、ファイバーグラスを落としやすくなります。
    • 目にファイバーグラスが入ってしまった場合は、流水で15分以上目を洗います。[8]
  4. 4
    目に見えるファイバーを取り除きます。細片が皮膚に刺さっていたり、皮膚の内部に入り込んでいる場合は、慎重に自分で取り除くこともできます。[9] これでかゆみが治まるかもしれません。
    • まずは手を洗い、患部を石鹸と水で洗浄します。
    • ピンセットは消毒用アルコールで拭いてからファイバーの除去に使用します。[10]
    • 拡大鏡を使うと細かいファイバーが見やすくなります。
    • ファイバーが見えてもピンセットで簡単に取れない場合は、サビのない先の尖った針を消毒用アルコールで拭いて消毒します。[11] その針でファイバーが刺さった箇所の皮膚を破り、消毒済みのピンセットでファイバーグラスを取り除きます。
    • 患部から優しく血を絞り出して細菌を押し出します。再度患部を洗い、抗菌クリームを塗りましょう。
    • ファイバーグラスが皮膚の奥深くまで入っている場合は、医師の診察を受け、決して自分で取り除こうとしてはいけません。
  5. 5
    皮膚用のクリームを皮膚に塗ります。患部を洗った後は良質なクリームを塗りましょう。[12] クリームは肌に潤いを与えると共に肌荒れを鎮めます。これでかゆみが治まるでしょう。市販のかゆみ止めクリームを塗ると効果が一層期待できます。

パート 2
二次汚染の監視と予防

  1. 1
    ファイバーグラスに接触した可能性がある衣類などを洗濯します。ファイバーグラスに接触した時に着ていた衣類を脱いで、なるべく早く洗濯しましょう。その際、他の衣類とは絶対に混ぜてはいけません。これは、ファイバーグラスが他の衣服に移って、かゆみの原因になることを防ぐためです。[13]
    • 大量のファイバーが衣類に付着している場合は洗濯の前に浸け置きしましょう。 これでファイバーが衣服から流れ落ちます。
    • ファイバーグラスに接触した衣類を洗濯した後、他の衣類を洗う前に洗濯機の中を水で洗います。洗濯機内に残っているファイバーを洗い流して、次の洗濯時にファイバーが衣服に移るのを防ぎます。
  2. 2
    作業場を掃除しましょう。ファイバーグラスを扱う作業中にファイバーに接触した場合、できるだけ早く作業場に残っているファイバーグラスを片付けます。こうして再発を予防します。
    • ほうきではなく、掃除機を使って細かなファイバーグラスを片付けましょう。ほうきでは、ファイバー粒子が空気中に飛び散る恐れがあります。
    • 防護服、ゴーグル、マスクやレスピレーターを装着して掃除をすると、ファイバー粒子が皮膚や目、肺などに入り込むのを予防できます。[14]
  3. 3
    患部を注意深く観察しましょう。ファイバーグラスに接触すると痛みやかゆみが発生しますが、治療を始めるとすぐに症状が治まるはずです。痛みとかゆみが持続する場合は、医師の診察を受けて適切な治療を受けましょう。[15]

パート 3
ファイバーグラスによる肌荒れを予防する

  1. 1
    ファイバーグラスを取り扱う時は適切な衣服を着用しましょう。ファイバーグラスを取り扱う環境では防護服を着用します。長袖、長ズボン、つま先のある靴、手袋で皮膚をファイバーから守ります。[16][17] 肌をなるべく完全に覆いましょう。
    • 各種レスピレーター(呼吸器)やマスクは空気中のファイバーグラス粒子の吸い込みを防ぎます。[18]
  2. 2
    作業場を整理して換気をしましょう。ファイバーグラスを取り扱う仕事をしているのなら、空気中にファイバーが漂って皮膚や衣類に付着したり、ファイバーを肺に吸い込むことがないように、作業場所には十分な空気の流れを確保しましょう。[19]
    • 作業服をその他の衣類と一緒にしてはいけません。
    • ファイバーグラス取扱中の飲食や喫煙は禁物です。知らないうちにファイバーグラス粒子が口の中に入らないように注意しましょう。
    • ファイバーグラスによる不快症状に気づいたら、いったん作業を中止して処置を行ってから作業に戻りましょう。
  3. 3
    ファイバーグラスを取り扱った後はシャワーを浴びましょう。ファイバーグラスを取り扱う環境にいた後は、痛みやかゆみを感じなくても早急にシャワーを浴びましょう。まだかゆみが発生していない箇所からファイバーを落とす必要があります。[20]
    • まだ症状が現れていないうちは冷水でシャワーを浴びましょう。冷水でシャワーを浴びると皮膚に付いたファイバーグラス粒子を毛穴が閉じたままの状態で流し落とすことができます。[21]
  4. 4
    ファイバーグラスとの接触に関して医師に相談しましょう。自分の症状についてよく分からな時やファイバーグラスと接触したかどうかがはっきりしない場合は、医師に相談したほうがよいでしょう。
    • 人によっては、時間が経つにつれてファイバーグラスに対する耐性を持つようになり、前のように痛く感じなくなる場合があります。だからといって皮膚や肺に問題がないという保証はありません。ファイバーグラスを取り扱う際は常に十分に注意しましょう。[22]

注意事項

  • ファイバーグラスに発癌性があるとは表示されていませんが、皮膚や肺に問題を起こさないという保証はありません。[23]常に慎重な取り扱いを心がけましょう。
  • ファイバーグラスへの接触が原因で起こる症状はたいてい短期間で治ります。一時的にファイバーグラスを取り扱う程度であれば、それほど心配することはありません。しかし、仕事などで取り扱う頻度が高い場合は注意が必要です。ファイバーグラス製品に付属した製品安全データシートを読んで、気になる点があれば、かかりつけの医師に相談しましょう。[24]


出典

  1. http://www.mckinley.illinois.edu/handouts/contact_dermatitis.htm
  2. http://nafaa.org/wiki/images/3/3a/Glassmsds.pdf
  3. http://www.noao.edu/safety/itt_hartford_risk_management_resources/working_safely_with_fiberglass.pdf
  4. http://nj.gov/health/eoh/rtkweb/documents/fs/0933.pdf
  5. http://nafaa.org/wiki/images/3/3a/Glassmsds.pdf
  6. http://www.lung.org/healthy-air/home/resources/fiberglass.html
  7. http://www.noao.edu/safety/itt_hartford_risk_management_resources/working_safely_with_fiberglass.pdf
  8. http://nafaa.org/wiki/images/3/3a/Glassmsds.pdf
  9. http://www.mayoclinic.org/first-aid/first-aid/basics/art-20056604


続きを 表示する… (15)

記事の情報

wikiHow共著者の一人、Chris M. Matsko, MDがこの記事を共著しています。wikiHow共著者は、可能な限り正確でわかりやすい記事を提供するため、wikiHow編集者と緊密に協力しあっています。

カテゴリ: 仕事・職業 | 救急処置・緊急医療

他言語版:

English: Lessen Fiberglass Itch, Español: disminuir la picazón por fibra de vidrio, Italiano: Alleviare il Prurito Causato dalla Fibra di Vetro, Português: Amenizar a Coceira Causada pela Fibra de Vidro, Русский: уменьшить зуд от стекловолокна, Deutsch: Juckreiz durch Fiberglas lindern, Français: soulager les démangeaisons provoquées par la laine de verre, Tiếng Việt: Giảm ngứa do sợi thủy tinh, Nederlands: Jeuk door glaswol verzachten, Bahasa Indonesia: Mengurangi Gatal karena Fiberglass, 한국어: 유리섬유로 인한 가려움증 가라앉히는 방법, العربية: تقليل حكة الألياف الزجاجية

このページは 5,349 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?