ファーストキスをする方法

2 方法:女子編男性編

まだキスを経験したことのない人は、ファーストキスをすることに不安を抱いているかもしれません。キスをする側にせよ、される側にせよ、ファーストキスをより良いものにするためにできることがあります。キスをすることに慣れてきたら、フレンチキスなどに挑戦してみるのもよいでしょう。この記事は読み手が異性愛者であることを想定して書かれていますが、誰にでも役立てていただけるでしょう。

1
女子編

  1. 1
    キスしたくなるような女子になる これらの方法はキスをする時に自信が持てるだけでなく、あなたがキスをされる準備が整っていることを相手に知らせることができます。
    • 口紅やリップクリーム塗りましょう。ベトベトしたリップグロスは避けましょう。
    • 息は爽やかにしておきましょう。ミントガムを噛むのではなく、ミントタブレットを食べましょう。ガムは吐き出さなければいけないので手間がかかります。
    • いい匂いがするようにしましょう。相手に会う前にはシャワーを浴びて、香り付きの保湿クリームを使うか、香水をさっと吹きかけておきましょう。
  2. 2
    寄りかかってアイコンタクトを取る 今にも眠りにつくかのように男性の肩に寄りかかってみましょう。彼のことを下から見つめるようにして、彼があなたに腕を回してきたらキスをしてみましょう。そうされなかったり、彼はあなたと同じような気持ちではない様子を見せていたら、まだ準備ができていないのかもしれません。その場合は、ただリラックスしておくだけにしましょう。
  3. 3
    キスしてほしい素振りを見せる  あなたがキスをしてほしいと思っていることを彼に伝えるには、以下のことをしてみましょう。
    • 彼の唇を見ましょう。視線を下に落とし、瞼を半分ほど閉じたら、彼の事を上目遣いで見るようにし、そっと微笑みましょう。
    • 彼の首周りに腕を絡ませたり、彼の首筋の髪の毛に軽く触れてみましょう。こうすることで、彼にもっと近づいて親密になりたいと思っていることが伝わるでしょう。
    • ゆっくりと彼の顔に自分の顔を近づけましょう。近づくことで、もっと触れ合いたいという思いが伝わります。
  4. 4
    リードする 非常に恥ずかしがりな男子もいれば、シャイではなくても、触られたら嫌がるかもしれないと思って手を出さない男子もいます。彼の頬にそっとキスをして、触れられても構わないということを教えてあげましょう。行き過ぎたことをしてしまわないか心配する男子は多くいます。
  5. 5
    キスするよう誘う 女子から誘ってくれないと、一歩踏み出せない男子もいます。あなたは準備ができていることを示していて、彼もキスをしたそうにしているのにも関わらず、してこなかったら、「そろそろキスしてもいいと思うんだけど?」などと言ってみましょう。それでもキスをしてこなかったら、その先も彼があなたにキスをすることはないでしょう。
  6. 6
    最初は優しいキスをする 最初のキスでは、舌を絡めたり、歯が当たるようなキスをしたり、強く抱きしめたりするのはやめましょう。お互いの唇が軽く触れ合う程度にして、口をすぼめるのはやめましょう。
    • キスのテクニックを知りたいのなら、キスをする方法という記事を参考にしてみるとよいでしょう。

2
男性編

  1. 1
    自信を持つ 自分にならできるはず!という気持ちで行動しましょう。前かがみになったり、恥ずかしがって彼女から遠ざかったり、ボソボソと何かを呟いたり、彼女から視線を逸らしたりしてはいけません。自分は落ち着いているという様子を見せて、彼女のことも落ち着かせてあげましょう。アイコンタクトを取り、はっきりと話し、自信のある振る舞いをしましょう。
  2. 2
    身なりを整えてキスしたいと思わせる 見出しなみに気を使い、魅力的でいれば、彼女にキスしたいと思わせるのはそう難しいことではありません。
    • 髭を剃りましょう。または、剃らなくてもよいでしょう。大抵の女子はつるつるで髭の生えていない顔の男性を好みますが、髭の生えた男性を好む女子もいます。自分の彼女はどちらが好みか知っておきましょう。
    • ミントタブレットを用意しておきましょう。自分の口臭が気になったら、ミントを食べておきましょう。
    • できるだけ清潔でいるようにしましょう。シャワーを浴びる、清潔な洋服を着る、デオドランドやコロンをつけるなどしましょう。
  3. 3
    彼女のプライバシーを尊重する 多くの女子や女性たちは人前でいちゃつくのを嫌がります。ファーストキスの場合は尚更です。二人きりになれる時を見つけましょう。プライバシーを尊重することが大切です。
  4. 4
    ヒントを見つける  彼女からのヒントは時に難しい場合もあるので、注意して見ておきましょう。いちゃついてきたかと思えば、頭を叩かれたりするなんてこともあるかもしれません。彼女なりの照れ隠しなのかもしれませんし、色々な感情が入り混じっているとも考えられます。
    • これらの質問を自分に問いかけてみましょう。一緒にいて、温かく落ち着いた、親密な雰囲気を感じますか?彼女はボディーランゲージを通じてじゃれ合ってきますか?彼女はあなたを見つめながら、自分の唇を舐めたり、下唇を噛んだりしましたか?何かと理由をつけてあなたに触れてきますか?このような兆候が見られれば、キスの準備をしておきましょう!
  5. 5
    アイコンタクトを取る 彼女も落ち着いていてあなたから目を逸らすようなことがなければ、キスをする準備は整っているということでしょう。自分が話す時、彼女が話している時、そして静かになった瞬間も、彼女の目をじっと見ましょう。
  6. 6
    彼女に触れる 彼女に軽く触れてみることで、あなたが次に何をしようとしているかが伝わり、もしも嫌であれば身を引くチャンスを与えてあげることができます。どうすればよいのか分からないという人は、以下のことを試してみましょう。
    • 彼女の肩に腕を回しましょう。
    • 彼女の手を握りましょう。
    • 彼女の顔から髪の毛をかき上げましょう。
  7. 7
    ゆっくりと引き寄せる 彼女の腰に片手、または両手を回し、そっと彼女をあなたの方へ引き寄せましょう。彼女も同じ気持ちであれば、あなたの方に寄って来るでしょう。しかし、彼女が拒否しようとしていると感じたら、やめましょう。
    • 彼女をあなたの方にぎゅっと抱き寄せて下半身を押し当てるようなことをしてはいけません。
    • 個人的な理由でファーストキスを利用して女性の体をまさぐったり、掴んだりしてはいけません。紳士的に振舞いましょう。
  8. 8
    キスをする 彼女があなたに近づいた状態で、キスをしてほしそうにしていたら、キスをしましょう!
    • 彼女の目をじっと見つめましょう。アイコンタクトに関してはすでに二度も述べたように、非常に重要です。彼女のことを見つめていることが伝わるようにしましょう。
    • 彼女の唇を見て、キスをする位置をしっかりと捉えましょう。
    • ゆっくりと顔を近づけ、彼女の唇の上にあなたの唇をそっと重ねましょう。最初の2~3回のキスに関しては、テクニックや早さについて心配する必要はありません。その点については後程考えればよいでしょう。
  9. 9
    ロマンチックで優しい、思い出に残るキスをする 口は開け過ぎていても閉じ過ぎていてもよくありません。また、ポカンと開いた状態でも、ガチガチに固まった状態でもいけません。リラックスしましょう。長すぎてもいけませんし(20秒以上は長すぎです)、短すぎるのもいけません(3秒は十分な長さとは言えません)。10秒程がよいでしょう。彼女が構わないようであれば、少し舌を使ってみてもよいでしょう。しかし、いちゃつく程度に抑え、無理やりするのはやめましょう。もっとテクニックを知りたければ、キスをする方法という記事を読んでみるとよいでしょう。
  10. 10
    優しく終える ファーストキスをし終わった後は、静かな状態を保ち、彼女を抱きしめてあげると、素敵で親密な雰囲気を感じることができるでしょう。

ポイント

  • 顔はどれくらい傾けるのか、目はいつ閉じるのか、どのくらいの間キスをすればよいのかなど、細かいことを気にする必要はありません。誰にでも直感というものがあり、キスとは直感的にする行為です。心配しなくても上手くいくでしょう。
  • ファーストキスをするには、映画を見に行くとよいでしょう。シンプルですが、効果的です。相手があなたの手を握り、すぐにキスできる距離まで徐々に近づいてきてくれることが理想です。彼 / 彼女はすぐにあなたのメッセ―ジを受け取ってくれるでしょう。しかし、もし伝わらなたっかた場合は、まだ準備ができていないということなのでしょう。
  • キスをすることが恥ずかしいと思う人もいるということを覚えておきましょう。しかし、恥ずかしいからといってキスをしたくないわけではありません。ボディーランゲージに注意を払いましょう。あなたの相手がこのことで悩んでいると感じたら、キスをしてみましょう!ただし、彼 / 彼女の反応に注意しましょう。押し返されたり、驚いた様子を見せたり、キスに興味がなさそうにしていても、個人的に受け取る必要はありません。全力で拒否されたわけではない限り、別の機会にもう一度挑戦してみるとよいでしょう。
  • リラックスしましょう。そうすればより素敵なキスをすることができるでしょう。
  • ファーストキスは人生で忘れられない思い出になるから失敗してはいけない、と言う人がいますが、そんなことを気にする必要はありません。大抵の場合、ファーストキスとはぎこちなくて神経がすり減りそうになるものなのです。彼 / 彼女のつま先を踏んでしまうなど、みっともないことをしてしまうかもしれません。少しくらい上手くいかなくても問題ありません。楽しめばよいのです。相手も同じような状況で、同じような心配をしているかもしれません。今この瞬間だ、と思う時がきたら、自然にキスをするようになるでしょう。
  • 彼があなたの友達に話したなどして、彼があなたにキスをしたいけれど不安に思っていることを知っているのなら、彼に聞いてみましょう!きっと上手くいくでしょう。

注意事項

  • 単核球症や口唇ヘルペスには注意しましょう。相手が風邪を引いていたり、相手の口元に何かがあったら、キスをするのはやめましょう。ヘルペスの症状である可能性があります。

記事の情報

カテゴリ:

他言語版:

English: Have a First Kiss, Español: dar el primer beso, Português: Dar seu Primeiro Beijo, Français: avoir son premier baiser, Italiano: Dare il Primo Bacio, Deutsch: Einen ersten Kuss haben, Русский: поцеловаться в первый раз, 中文: 第一次接吻, Čeština: Jak dostat první polibek, Bahasa Indonesia: Mendapatkan Ciuman Pertama, ไทย: มีจูบแรก, हिन्दी: अपना पहला किस करें, Nederlands: Je eerste kus krijgen, Tiếng Việt: Hôn Lần Đầu, 한국어: 첫키스 하는 법

このページは 285 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?