フェイシャルマッサージをする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

フェイシャルマッサージは、顔の組織の循環を促進するため、肌をより明るく若々しく見せる効果があります。また、たるみを改善して肌にハリを与え、むくみやシワの軽減にも役に立ちます。さらに、ストレスを減らして気分を改善し、リラックス効果もあります。朝、または就寝前1日1回マッサージをして、肌をいたわってあげましょう。

方法 1 の 3:
くすみ改善マッサージ

  1. 1
    肌を清潔にする マッサージを始める前に、まず洗顔をしましょう。マイルドな洗顔料、またはオイルで洗顔をしたら、ぬるま湯で洗い流し、タオルで軽くたたくように水気を取ります。
  2. 2
    フェイスオイルを薄く塗る 指で皮膚を引っ張ったり、伸ばすのを防ぐために、オイルを塗って指の滑りを良くしておきましょう。マッサージを終えると、顔色が明るくなり、輝きが増すでしょう。顔専用に調合したブレンドオイル、または、肌のタイプに一番合うオイルを単独で使いましょう。アーモンドオイル、アルガンオイル、ホホバオイルは全て、毛穴を詰まらせないため、フェイシャルマッサージにはとても効果的です。
    • 超乾燥肌は、アルガンオイル、またはアーモンドオイルを選びましょう。
    • 普通肌とオイリー肌には、ホホバオイル、またはホホバオイルとカスターオイル(ひまし油)のブレンドが良いでしょう。
    • オイルを使うのが不安なら、普段使っている保湿液を使いましょう。
  3. 3
    リンパ節領域のマッサージから始める 老廃物は、顔から首の両側の耳の下に位置するリンパ節に排出されると考えられています。この部分をマッサージすれば、老廃物が流れて顔に蓄積されるのを防ぐことができます。指先を使って、円を描くようにリンパ節領域を1分間マッサージしましょう。
    • 大きな円を描くように、耳の下から喉へ向かって撫で下ろし、顎のラインもマッサージします。
    • 皮膚にしっかりと触れる必要がありますが、強くマッサージしてはいけません。顔の皮膚は繊細なため、フェイシャルマッサージはディープティシュー(筋肉の深い部分)に働きかけるマッサージとは異なります。
  4. 4
    顔の側面をマッサージする 大きな円を描くように動かし、顎の横、口角を通り、鼻孔の横、頬骨へとマッサージしていきます。皮膚を押し上げて、離します。皮膚がたるむ可能性があるため、絶対に押し下げてはいけません。このマッサージを1分間続けましょう。
  5. 5
    額をマッサージする 広い円を描くような動きで、額の両側を同時にマッサージします。こめかみの近くから始めて、額の中央に向かってゆっくりと動かしたら、こめかみに戻します。これを1分間続けましょう。
  6. 6
    目の周りをマッサージする 眉山に指を置いて、目尻まで下ろし、目の下を優しく通り、目頭まで動かします。鼻の側面と眉のラインにも沿って続けます。これを1分間繰り返しましょう。[1]
    • 目の周りのマッサージは、腫れぼったい目に効果があり、すっきり、より若々しく見せることができます。
    • 必要に応じてオイルを追加し、目の周りのデリケートな皮膚を引っ張らないように注意しましょう。
  7. 7
    3〜6のマッサージを再度行う 顔の各部分をもう一度優しくマッサージして終了です。肌が生まれ変わったように明るく、若返ったように見えるでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
リフトアップとハリ回復マッサージ

  1. 1
    フェイスオイルを薄く伸ばす 指で皮膚を引っ張ったり、伸ばすのを防ぐために、オイルを塗って指の滑りを良くしておきましょう。また、肌を整え、しわが目立たなくなる効果もあります。次に紹介するオイルを肌質に合わせて使ってみましょう。[2]
    • 乾燥肌:ココナッツオイル、またはアルガンオイル
    • 普通肌:アーモンドオイル、またはホホバオイル
    • オイリー肌:ホホバオイル、または普段使っている保湿液
  2. 2
    口角の周りをマッサージする 肌のハリ回復やリフトアップマッサージは、皮膚のたるみがちな部分に重点を置きます。指先を使って、口角両側にあるしわを小さな円を描くようにマッサージします。 皮膚を持ち上げるように、常に上向きへ圧力をかけることを意識し、下向きに引っ張らないように注意しましょう。これを1分間続けます。[3]
  3. 3
    頬をマッサージする 頬骨全体をらせん状の円を描くようにマッサージをし、たるみを改善します。指を頬骨の内側へ動かしながら優しく押して、顔の外側へ押し出します。これを1分間続けましょう。
  4. 4
    目の周りをマッサージする 眉山に指を置いて目尻まで下ろし、目の下を優しく通り、目頭まで動かします。鼻の側面と眉のラインにも沿って続けます。これを1分間繰り返しましょう。
    • 目の周りのマッサージは、皮膚のたるみと目尻のしわに効果があります。
    • 必要に応じてオイルを追加し、目の周りのデリケートな皮膚を引っ張らないように注意しましょう。
  5. 5
    額をマッサージする 額に薄くしたい横線のしわがある場合、しわに沿ってではなく、しわとは反対方向にマッサージをします。指が額に触れた状態で、両手を縦にして並べます。片方の手を上に、もう一方の手を下へ、ジグザグに動かし、額の皮膚を優しく上下に引きます。これを額全体に1分間行いましょう。[4]
  6. 6
    眉間のしわをマッサージする 鼻の上部にある縦じわは、水平にマッサージすると薄くなっていくでしょう。眉間の縦じわに対して水平に指を置きます。縦じわの位置から皮膚を動かすように、優しく左右にこすりましょう。
  7. 7
    2〜6のマッサージを再度行う 顔の各部分をもう一度優しくマッサージして終了です。肌にハリが蘇り、若々しくなったと実感するでしょう。毎日繰り返すとさらに効果的です。
    広告

方法 3 の 3:
ストレス解消マッサージ

  1. 1
    フェイスオイルを薄く伸ばす 指で皮膚を引っ張ったり、伸ばすのを防ぐために、オイルを塗って指の滑りを良くしておきましょう。よい香りのするオイルを選べば、気分も良くなり、マッサージのストレス解消効果も高くなります。次に紹介するオイルを参考にしてみましょう。
    • 乾燥肌:ココナッツオイル、またはアルガンオイル。ラベンダーのエッセンシャルオイルを2〜3滴加える。
    • 普通肌:アーモンドオイル、またはホホバオイル。ラベンダーのエッセンシャルオイルを2〜3滴加える。
    • オイリー肌:ホホバオイル、または普段使用している保湿液。ラベンダーのエッセンシャルオイルを2〜3滴加える。
  2. 2
    耳の下と顎に沿ってマッサージをする 筋肉の緊張はよく顎と首に蓄積されますが、マッサージをしてほぐすことができます。指先で円を描くように1分間マッサージしましょう。
    • 大きな円を描くように、耳の下から喉へ向かって撫で下ろし、顎のラインに沿ってマッサージします。
    • 筋肉がこわばっていると感じる部分は、強めに押しましょう。
  3. 3
    顔の側面をマッサージする 大きな円を描くように動かし、顎のラインに沿って、口角を通り、鼻の横、頬骨をマッサージしていきます。目を閉じ、癒しをもたらす手の動きに集中しましょう。
  4. 4
    こめかみと額をマッサージする この部分の緊張はしばしば頭痛の原因となります。時間をかけてゆっくりマッサージをしましょう。らせん状の円を描くように、両方のこめかみを同時にマッサージします。額の中央に向かってゆっくりと動かしたら、こめかみに戻します。これを1分間続けましょう。[5]
  5. 5
    目の周りをマッサージする 眉山に指を置いて目尻まで下ろし、目の下を優しく通り、目頭まで動かします。鼻の側面と眉のラインにも沿ってマッサージを続けます。これを1分間繰り返しましょう。
    • 目の周りのマッサージは、長い一日で疲れた目を癒してくれるでしょう。
    • 必要に応じてオイルを追加し、目の周りのデリケートな皮膚を引っ張らないように注意しましょう。
  6. 6
    鼻をマッサージする 鼻が詰まって不快な場合は、マッサージすることで症状を和らげることができます。鼻の上部を軽くつまんで、そのまま鼻孔に向かって下ろします。これを1分間繰り返しましょう。
  7. 7
    2〜6のマッサージを再度行う 顔の各部分をもう一度優しくマッサージして終了です。マッサージの後は、リラックスして落ち着いた気分になるでしょう。
    広告

ポイント

  • さらに追加したい場合は、キュウリのスライス、または冷たいティーバッグを目の上に乗せて、15分ほど横になります。お茶のタンニンには目の周りを引き締め、すっきりさせる効果があります。
  • 顔のマッサージをする時は、横にはなりません。顔の老廃物は蓄積させず、流して排出させましょう。

広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 55 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告