フェイスブックにハートマークを載せる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:シンプルなピンクのハート絵文字のハート定番の方法出典

フェイスブックでハートマークを使うのはとても楽しいですね。恋人、家族、親友、かわいいわんちゃんなど大切な相手への愛情表現として、全世界共通のハートマークをフェイスブック上で使うと、愛情や相手をいたわる気持ちが簡単に伝わります。しかも2秒程度で!それでは、始めましょう。

1
シンプルなピンクのハート

  1. 1
    <3と打ち込むと、自動的にピンク色の♥マークに変換されます。.

2
絵文字のハート

  1. 1
    ハートの形の絵文字を使いましょう。信じていただけないかもしれませんが、ステップ2でご紹介するハートの絵文字は隠れ絵文字なのです。
    • グーグルクロームをお使いなら黒い正方形の形にしか見えませんが、ファイヤーフォックス、インターネットエクスプローラー、サファリをお使いの方は黒いハートになります。[1].
    • この正方形もしくはハートをコピーしてフェイスブックの投稿欄やコメント欄に貼付けるだけです。
    • フェイスブックに載せると、まるで魔法みたいに次のようなハートマークに変わります。
  2. 2
    以下のハートをコピペしましょう。
    • ドキドキハート--💓
    • 傷心のハート-- 💔
    • 輝くハート--💖
    • 大きくなるハート--💗
    • 矢が刺さっているハート、恋に落ちたハート--💘
    • 青いハート--💙
    • 緑色のハート--💚
    • 黄色のハート--💛
    • 赤いハート--❤️
    • 紫色のハート--💜
    • リボンのついたハート--💝

3
定番の方法

  1. 1
    パソコンのキャラクターマップを使いましょう。ハートやどくろなど色々なマークがたくさんあります。キャラクターマップを開いて、好きなマークを選んでクリックしましょう。
    • キャラクターマップはWindows XP, Windows 7 もしくは Windows 8に内蔵されています。プログラムからシンボルツールへ行き、キャラクターマップを開きます。
  2. 2
    マックをお使いの方はキャラクタービューワーを使いましょう。メニューバーからサイドバーに行きます。
    • 例えば、ピクトグラフには黒いハートと白いハートの両方があります。お気に入りを選ぶと右手にリストがでます。
    • 好きなハートを右クリックしてクリップボードにコピーします。
    • フェイスブックに張り付けます。余計なフォント関連の情報は削除してハートだけを残します。
  3. 3
    Altコードを使いましょう。ほとんどのウインドウズで使える方法です。Alt キー と3を同時に押すとフェイスブックのステータスやチャットをする時にハートマークが現れます。
  4. 4
    一部のコンピューターではShift とInsを押すと♥マークになります。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: パソコン・電子機器

他言語版:

English: Make a Heart on Facebook, Español: hacer un corazón en Facebook, Português: Fazer um Coração no Facebook, Deutsch: Ein Herz auf Facebook machen, Nederlands: Een hart maken op Facebook, Italiano: Fare il Cuore su Facebook, Français: faire un cœur sur Facebook, Русский: в тексте на Facebook сделать сердце, Bahasa Indonesia: Membuat Hati di Facebook, ไทย: ใส่รูปหัวใจใน Facebook, हिन्दी: फेसबुक पर दिल (heart) बनाएँ, Čeština: Jak vytvořit srdíčko na Facebooku, 한국어: 페이스북에 하트 입력하기, Tiếng Việt: Tạo Biểu tượng Trái tim trên Facebook, العربية: عمل قلب على فيسبوك, 中文: 在Facebook上输入心形符号

このページは 22,315 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?