フケを治す方法

24 方法:レモン果汁オリーブオイル卵の黄身適切な頭皮ケア方法フェヌグリークシードベビーオイル重曹レモン果汁と凝乳重曹とレモンココナッツオイルティーツリーオイルマウスウオッシュアップルサイダービネガーアスピリンシダーウッドオイルバナナと酢重曹と酢ヨーグルトニームとオリーブオイルムルタニミッティエッグオイルココナッツと蜂蜜の頭皮スクラブオレンジの皮パック

頭から落ちてくる白い小さな薄片はなんだろう?といぶかしんだことはありませんか? それはフケです。しかし、心配にはおよびません。フケは簡単に治療できます。ただし、ここで紹介する療法は、効果が立証されていない家庭での対処法です。フケが極端にひどく、これらの方法や市販のフケ用シャンプーでも改善しない場合は、皮膚科を受診しましょう。

1
レモン果汁

  1. 1
    レモン果汁を髪と頭皮に塗ります。髪と頭皮にまんべんなく塗ります。
  2. 2
    レモン果汁の効果が浸透するまで20~25分おきます。頭が痒くなりますが、正常な反応なので心配ありません。  
  3. 3
    髪を丁寧に洗います。必要であればシャンプーを使用します。

2
オリーブオイル

  1. 1
    オリーブオイルを用意します。髪を洗う前にオリーブオイルを塗ります。オリーブオイルが効いてくるまで5~10分おいて、髪を洗います。
  2. 2
    寝る前にオリーブオイルをもう一度塗ります。オイルが枕に浸みるので、古い枕カバーを使用するか、タオルで髪を巻く、または綿のナイトキャップを被るといいでしょう。目覚めた時にはフケがなくなっています。

3
卵の黄身

  1. 1
    卵黄1~2個をよく混ぜます。
  2. 2
    乾いた頭皮に塗ります。できるだけ、頭皮に近い部分だけに塗ります。
  3. 3
    ビニール袋で頭を覆います。卵黄は臭いがきつく、垂れてくるので注意が必要です。
  4. 4
    1時間おきます。
  5. 5
    汚れ落とし効果の高いシャンプーで丁寧に洗います。卵黄を完全に洗い流すには、2度洗いが必要かもしれません。

4
適切な頭皮ケア方法

  1. 1
    髪は洗い過ぎに留意しながら定期的に洗います。フケは頭皮の皮膚細胞が死んで剥がれ落ちたものです。髪の毛そのものはフケの原因ではありません。
    • アメリカのあるクリニックでは、フケが治まるまではフケ用シャンプーで毎日洗髪し、その後、週に2~3回フケ防止シャンプーを使用することを勧めています。[1]
    • 洗い過ぎ、特に、ラウリル硫酸ナトリウムのような強力な化学成分を含むシャンプーを使用して過度に洗髪すると、頭皮が炎症を起こして乾燥するので、フケが増える恐れがあります。  
  2. 2
    フケ用シャンプーの効果が浸透するのを待ちます。フケ用シャンプーで洗髪する際には、髪や頭皮に付けた後、5分ほどおいてから洗い流します。こうすると、シャンプーのフケ取り効果がよく働きます。
  3. 3
    シャンプー後にブラシで髪をとかし、フケを防止します。髪をとかすと頭皮や髪の自然な油分が頭全体に行き渡ります。[2]
    • 頭皮から毛先に向かってブラシをかけて、頭皮の油分を全体に行き渡らせます。 
  4. 4
    ストレスやストレスのかかる状況を避けます。フケはストレスによっても出るので、ストレスがかからないようにする、または健康的で効果的な方法でストレスを解消します。
    • 健康的な食生活を送りましょう。体内に取り込むものに体は反応します。不健康な食べ物(ファストフードや甘い物など)を食べ過ぎると、肌、頭皮、髪にトラブルが起こりがちです。
    • 亜鉛やビタミンB6が豊富な食品は特に、頭皮や髪の健康を保つのに重要です。 

5
フェヌグリークシード

フェヌグリークシードはフケ取りに最適です。

  1. 1
    大さじ1杯のフェヌグリークシードを粗く挽きます。ミキサーを使わずに手で挽きます。
  2. 2
    挽いたフェヌグリークシードを熱湯2カップに浸します。
  3. 3
    一晩おきます。
  4. 4
    濾して頭皮に塗ります。それから、水で洗い流します。

6
ベビーオイル

  1. 1
    頭皮にベビーオイルを塗ります。ベビーオイルは少量でよく伸びます。力を入れ過ぎないように、優しく頭皮をマッサージします。
  2. 2
    タオルで髪を覆い、ベビーオイルを付けたまま一晩過ごします。
  3. 3
    翌朝、効果の高いフケ取りシャンプーで洗髪します。寝ている間にオイルが頭皮の状態を整えます。

7
重曹

  1. 1
    シャンプーの代わりに一掴みの重曹を使用します。重曹には様々な用途があり、天然のフケ取りとしての効用もうたわれています。
  2. 2
    シャンプーの代わりに、大さじ山盛り1杯の重曹を濡らした髪と頭皮にすり込みます。1分おいて、丁寧に洗い流します。
  3. 3
    重曹の効果が現れるまで待ちます。重曹でのシャンプーを2週間続けると、頭皮が自然な油分を分泌するようになり、その油分が頭皮を保湿してフケを止めます。

8
レモン果汁と凝乳

  1. 1
    ボウル1杯の凝乳と、半分に切ったレモン1個を用意します。
  2. 2
    レモン果汁を凝乳に絞り入れてよく混ぜます。レモンの皮を一片、切り取っておきます。
  3. 3
    凝乳を髪に塗ります。レモンの皮を使ってすり込むようにまんべんなく塗ります。
  4. 4
    凝乳が髪に行き渡ったらレモンの内側を使って頭皮をマッサージします。
  5. 5
    何度か繰り返します。やがてフケがなくなります。
  6. 6
    凝乳は強烈な臭いが残るので、髪に付けた後は完全に洗い流します。

9
重曹とレモン

  1. 1
    搾りたてのレモン果汁と重曹を混ぜます。
  2. 2
    混ぜたものを頭皮に塗ります。数分おきます。
  3. 3
    頭皮が痒くなってきたら洗い流します。
  4. 4
    髪を滑らかにします。アップルサイダービネガーをコンディショナーとして使用します。

10
ココナッツオイル

  1. 1
    髪を洗いますが、コンディショナー類は使用しません。シャワーが済んだら髪を乾かします。髪を、滑りが悪くて乾いた状態にします。
  2. 2
    ココナッツオイルを、髪の他の部分に付けないように気を付けながら頭皮に塗ります。
  3. 3
    ココナッツオイルを洗い流します。必ずオイルを完全に洗い流します。2回洗う必要があるかもしれませんが、通常は1度で十分でしょう。
  4. 4
    フケが出なくなるまで、週に1度これを繰り返します。

11
ティーツリーオイル

  1. 1
    ティーツリーオイル入りシャンプーを購入し頻繁に使用します。ティーツリーオイルは香りの良い、天然の殺菌剤です。ティーツリーオイルが少なくとも5%配合されたシャンプーであれば、フケ取り効果も高いことが明らかになっています。[3]
  2. 2
    ティーツリーオイル入りシャンプーを頭皮にすり込み5分おきます。
  3. 3
    水で洗い流します。これを毎日繰り返します。

12
マウスウオッシュ

月に1度行えばフケを予防できる、健康的な方法です。

  1. 1
    マウスウオッシュと水を1:9の割合で混ぜます。普段通りに髪を洗った後、髪に注ぎます。
  2. 2
    混合液を頭からかけるだけです。それから、普段通りに髪を整えます。洗い流してはいけません。

13
アップルサイダービネガー

  1. 1
    アップルサイダービネガーと水を1:1の割合で混ぜます。普段通りに髪を洗い、混合液を注意深く髪に注いで頭皮にすり込みます。液が目に入らないように気を付けましょう。乾癬、完治していないひっかき傷、かさぶたなどがあるとかなり沁みます(沁みて痛いときは水で洗い流します)。
  2. 2
    10~15分おいてから水で洗い流します。酢の臭いは髪が乾くと消えます。
  3. 3
    1週間ほど毎日繰り返します。

14
アスピリン

  1. 1
    アスピリン2錠を薄い布かナプキンにはさんで砕きます。金槌、または鉄製のフライパンでアスピリンを軽く叩きます。
  2. 2
    アスピリンは摂取せずに、砕いた粉末を普段のシャンプーに混ぜます。  
  3. 3
    シャンプーをする際は、シャンプー液を2分ほど髪に付けたままにしてから洗い流します。

15
シダーウッドオイル

  1. 1
    50ミリリットルのキャリアオイルにシダーウッド、サイプレス、ジュニパーのエッセンシャルオイルをそれぞれ、7滴、10滴、10滴、混ぜます。
  2. 2
    頭皮によくすり込み1時間おきます。低刺激のシャンプーを水で薄めずに直接髪にすり込み、ぬるま湯で洗い流してオイルを取り除きます。
    • 上記と同量のエッセンシャルオイルを600ミリリットルのぬるま湯によく混ぜ、仕上げのすすぎに使うとフケが出なくなります。

16
バナナと酢

  1. 1
    バナナの皮をむきます。2カップの酢に混ぜます。
    • 完全に混ざり合うまでかき混ぜます。ペースト状にするにはフォークや泡だて器を使うといいでしょう。
  2. 2
    ペーストを髪に塗ります。頭皮に浸透するように丹念にマッサージをします。5~10分、もしくは、髪がまんべんなくペーストで覆われるまで続けます。
  3. 3
    15~20分おきます。それからペーストを完全に洗い流します。
  4. 4
    1週間、毎日行います。その後は、予防措置として週に一度行います。

17
重曹と酢

  1. 1
    冷水で髪をすすぎます。水が冷たいほど効果が高くなります。
  2. 2
    モルトビネガーと白ワインビネガーを1:1の割合で混ぜます。この混合液と水を1:1の割合で混ぜます。できあがりが70~100ミリリットルになるように調整します。
  3. 3
    髪から水が滴り落ちない程度で十分に濡れたら、この混合液を頭の上からかけます。頭皮と髪全体に行き渡るように、しっかりとすり込みます。5~10分おきます。わずかに肌を刺すような感触がしばらくありますが、フケの原因となる、死んだ頭皮の細胞を取り除いているところです。
  4. 4
    冷水で丁寧に洗い流します。混合液が残らないように頭皮をしっかりと洗います。
  5. 5
    重曹大さじ1/2を用意します。30~40ミリリットルの水と混ぜ、軽く泡立てます。
  6. 6
    髪が十分に濡れて、かつ水がしたたり落ちない状態であることを確認して、混合液を頭の上からかけます。頭皮と髪全体に行き渡るようにしっかりとすり込みます。3~5分おきます。肌を刺すような感触が少しあります。酢の混合液の時よりその感触が早く強く訪れるかもしれませんが、これも、フケの原因となる、死んだ頭皮の細胞を取り除いているところです。
  7. 7
    冷水で丁寧に洗い流します。頭皮をしっかりと洗います。
  8. 8
    タオルで優しく髪を拭きます。自然乾燥させます。髪が乾いたら頭を下に向けて指でゆっくりと髪をすきます。何かしらの薄片が残っていれば、髪をこすり合わせて落とします。これでもうフケはありません。

18
ヨーグルト

  1. 1
    普段通りに髪を洗い、よくすすいでからプレーンヨーグルトを頭皮にすり込み、10~15分おきます。
  2. 2
    ヨーグルトを洗い流してから、できるだけ少量のシャンプーで洗髪します。タイム、ネトル、またはセージを煎じて、大さじ2杯の酢を加えた液を仕上げのすすぎに使うことができます。フレッシュハーブ、または乾燥ハーブをお茶パックに入れるか、またはそのままお湯に浸して煎じます。
  3. 3
    ティーポットを温め、カップ1杯につき小さじ1杯のハーブを入れます。
  4. 4
    カップ分の熱湯を注ぎます。10~15分おいて、残っているヨーグルトを洗い流します。余ったハーブティーを頭皮にかけると、さらに頭皮の状態が良くなります。

19
ニームとオリーブオイル

  1. 1
    ヒマラヤニームカプセルを2~4個用意します。
  2. 2
    カプセルを割り、中身を取り出します。中には粗い粉末状のニームが入っています。
  3. 3
    オリーブオイル、または好みのオイルを大さじ4杯用意します。
  4. 4
    オイルと粉末ニームを混ぜます。混ぜたものを頭皮に塗ります。痒みを感じますが問題ありません。
  5. 5
    1時間から一晩おきます(時間の長さは好みでかまいません)。シャンプーで髪を洗い、コンディショナーをします。必要に応じて繰り返します。

20
ムルタニミッティ

ムルタニミッティは肌によいと言われ、インドで昔から使われている白い泥の粉末です。これは髪と頭皮のケアにも最適です。ムルタニミッティには冷却効果があり、余分な油を吸収し、頭皮の炎症を鎮めてフケを抑えます。

  1. 1
    水とムルタニミッティを混ぜてペースト状にし、レモン果汁を加えます。
  2. 2
    髪と頭皮に塗ります。
  3. 3
    20分ほどおいてから水で洗い流します。

21
エッグオイル

  1. 1
    エッグオイルを頭皮に揉みこむように5~10分マッサージをし、そのまま一晩おきます。エッグオイルには次のような成分が含まれています。
    • 毛包細胞を活性化するドコサヘキサエン酸(DHA)などの長鎖不飽和オメガ3脂肪酸。
    • 髪に艶と輝きを与え、フケを抑えるコレステロール。
  2. 2
    翌朝、刺激の少ない、できればハーブ系のシャンプーでオイルを洗い流します。泡立たないからといって繰り返し洗うと、髪と頭皮の自然な水分が奪われ、乾燥して傷つきやすくなるので、シャンプーは1度だけにします。
  3. 3
    はっきりとした効果が現れるまで、エッグオイルを週に2~3回使用し、少なくとも12週間は続けましょう。毛包細胞に十分な養分を与えるには、定期的に続けることが大切です。
  4. 4
    フケが再び出ないように、エッグオイルマッサージを長期間続けます。
    • エッグオイルは使いやすく劣化の心配もありません。卵黄を使ってフケに対処するよりもはるかに簡単で、生卵独特の臭いもなく、また、熱いシャワーのせいで髪の中で固まる心配もありません。感染症を引き起こすサルモネラ菌の危険もありません。

22
ココナッツと蜂蜜の頭皮スクラブ

  1. 1
    ココナッツオイル、オリーブオイル、ヨーグルト、蜂蜜を混ぜます。4つの材料をおよそ2:2:3:2の割合で混ぜ、頭から流れ落ちない程度の滑らかなペーストにします。ゆる過ぎる場合にはヨーグルトと蜂蜜を加えます。
  2. 2
    ペーストを頭皮にすり込みます。髪の根元から毛先まで、時間をかけてまんべんなくペーストを伸ばします。10分ほど行います。こうすると、頭皮の毛穴が開いて血液の循環が促進されます。おまけに、とても気持ちがいいものです。
  3. 3
    湿度の高い所で20分馴染ませます。ヘアースチーマーをかけてペーストを浸透させます。ヘアースチーマーがなければ、湯船につかりながら浸透させます。湯船がなくても、少し長めに(30~45分)おけばいいので心配ありません。
  4. 4
    頭皮からペーストがきれいに落ちるまでシャンプーで洗います。お風呂場に入り髪を洗いましょう。通常、髪に付いたペーストを完全に落とすには2度洗いの必要があります。ただし、洗い過ぎないように気を付けましょう。洗い過ぎると、ペーストが与えた潤いが頭皮から奪われます。最後に、普段使用しているコンディショナーを毛先にだけ付けます。
  5. 5
    ドライヤーを使う際は「弱」にセットします。ドライヤーによる乾いた熱風は、粉っぽい、フケ症の原因となります。普段、ドライヤーで髪をセットしているのであれば、熱風が直接頭皮にあたらないように気を付けながら髪をブローします。または、ストレートアイロンを普段使用しているのであれば、それで髪を整えます。
  6. 6
    仕上げに、ココナッツオイルで艶をだします。手のひらに4~5滴ココナッツオイルを垂らし、両手を揉み合わせてココナッツオイルを温めます。両手を髪に通しながらオイルを髪と頭皮に馴染ませます。頭皮全体に行き渡るまで、必要であれば繰り返します。

23
オレンジの皮パック

オレンジに含まれるビタミンCとクエン酸には、体の調子を整え、肌をきれいにする働きがあります。また、オレンジの皮はヘアケアに効果があります。オレンジの皮に含まれる酸には、過剰な油分を抑える性質があります。オレンジの皮の性質を利用した、家庭でも簡単にできるフケの対処法は次の通りです。

  1. 1
    レモン果汁とオレンジの皮をミキサーで混ぜてペーストを作ります。
  2. 2
    ペーストを頭皮に塗ります。
  3. 3
    頭皮に馴染むまで30分おき、それからシャンプーで洗い流します。
  4. 4
    この方法を週に2~3回行うとフケが治まります。

24

塩には血液の循環を促進して健康的な頭皮を保つとともに、フケを浮かせて取り除く働きがあります。また、余分な油分と水分を吸収して菌類の増殖を防ぎ、フケの発生を止めます。家庭でできる、 塩を使った簡単なフケの対処方は次の通りです。

  1. 1
    髪を何度か分けます。
  2. 2
    小さじ1~2杯の塩を頭皮に振りかけます。
  3. 3
    2~3分マッサージをします。
  4. 4
    それからシャンプーをします。溜まっていた死んだ皮膚細胞が取り除かれるので、頭皮がきれいになり、毛穴の詰まりも解消されます。

ポイント

  • シャンプーを使用する際に、レモン果汁を少量加えます。フケを減らす効果があります。
  • 頭をかいたり、頭皮をいじったりしてはいけません。頭皮が炎症を起こして痛みます。これは、フケの増加につながります。代わりに、シャワーの後にティーツリーオイルで頭皮をマッサージして髪に油分を与えましょう。
  • 頭皮が自然な油分を分泌することも必要なので、フケ用シャンプーを毎日使用してはいけません。
  • 酢でヘアブラシを定期的にきれいにします。
  • 歯の小さな櫛で髪をとかすとフケが取り除けます。少量のベビーパウダーをフケの出ている所にかけて、歯の小さな櫛でフケをすき取ることもできます。
  • フケ防止オイルを使用してみましょう。かなり効果があります。
  • シャンプーの後は丁寧に髪をすすぎます。すすぎの水が透明になるまで、完全に洗い流します。
  • 目の大きな櫛で髪をとかします。髪がまだ濡れている間はとかさないほうが賢明です。

注意事項

  • フケ用シャンプーを使用して、使用を止めるとフケが前より酷くなることがあります。
  • フケがあまりにも酷く、まるで雪が降り積もるような状態になった場合には、医師に相談しましょう。ただし、多少のフケは誰にでもあることですから、あまり気にしすぎてはいけません。
  • 家庭療法を行う際は、かぶれる恐れもあるので、必ず狭い範囲でパッチテストを行います。アレルギーを起こすと分かっている材料が含まれている対処法を行ってはいけません。
  • バナナ療法を行う際は、当たり前のことですか、バナナの欠片ひとつ残さないように全て洗い流します。
  • 希釈していない酢を使用すると、数日間は髪が濡れる度に酢の臭いがしますが、前述したとおり、乾くと臭いは消えます。不快で決まりの悪いフケに比べれば、多少の臭いはマシだと我慢しましょう。
  • フケがどうしても治まらない場合は、頭皮乾癬、または脂漏性皮膚炎かもしれません。医師に相談しましょう。
  • 紹介した療法は効果を確かめながら試しましょう。フケを克服した経験のある人々が推奨している方法ではありますが、人それぞれの髪質、肌の反応、療法との相性によって、効果は様々です。

記事の情報

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Get Rid of Dandruff (Natural Methods), Español: eliminar la caspa naturalmente, Deutsch: Schuppen natürlich behandeln, Italiano: Liberarsi della Forfora (con Metodi Naturali), Português: se Livrar da Caspa (Métodos Naturais), Français: éliminer naturellement les pellicules, 中文: 去头屑(天然方法), Bahasa Indonesia: Menghilangkan Ketombe (Metode Alami), Русский: избавиться от перхоти с помощью натуральных средств, Nederlands: Op een natuurlijke manier van roos afkomen, Čeština: Jak se zbavit lupů přírodními metodami, العربية: التخلّص من القشرة بوسائل طبيعية, हिन्दी: डेन्ड्रफ से छुटकारा पायें (घरेलू नुस्खे), ไทย: ขจัดรังแค (วิธีธรรมชาติ), Tiếng Việt: Loại bỏ Gàu (Các Phương pháp Tự nhiên), 한국어: 비듬 없애는 방법, Türkçe: Kepekten Nasıl Kurtulunur (Doğal Metotlar)

このページは 1,682 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?