大切な人を特別にもてなして、1日の疲れを解消するお手伝いをしましょう。それにはフットマッサージが最適です。その他の効能としては、頭痛、不眠症、ストレスなどの症状改善にもフットマッサージは役立ちます。[1]足の上部からマッサージを始め、かかと、足の裏、爪先へと進みましょう。足首、足の裏、足つぼを強めにほぐして緊張を和らげ、相手を気持ちよくさせることもできます。

方法 1 の 3:
足の上部、かかと、足の裏、爪先のマッサージ

  1. 1
    足の上部を親指でさすりましょう。足指の先から足首へ向かってゆっくりと動かします。次に、足首から爪先へ戻ります。片手で相手の足を支え、親指でしっかり圧をかけましょう。[2]
    • 相手の足を2、3回上下に動かします。相手の足が自分の胸近くに来るように自分の体を傾けましょう。こうすると、適度な圧で押すことができます。
    • 足のマッサージには親指の筋力よりも、自分の体重を利用しましょう。親指の筋力のみに頼ると痙攣を起こす場合があり、また、すぐ疲れてしまいます。
  2. 2
    土踏まずをマッサージしましょう。足親指の付け根のふくらみのすぐ下にある土踏まずを自分の親指で軽く押します。片方の親指を時計回りに、もう一方の親指を反時計回りに、小さな円を描くように動かします。最低30秒行いましょう。[3]
    • 両手の親指を足の両端に当て、お互いの方向へ動かします。この動きを最低3~5回行って、足の裏を上下にマッサージします。
    • マッサージするときは相手の足をしっかりと掴み、適度な圧を加えます。軽く優しく触れるとたいていの人はくすぐったがるでしょう。これはマッサージの妨げとなります。
    • 相手の足に痛む所がある場合は、悪化させる可能性があるので強く押してはいけません。
  3. 3
    かかとをさすりましょう。かかととふくらはぎの筋肉をつなぐアキレス腱を親指で挟んで上下に動かします。次に、親指で円を描くようにかかとをさすります。[4]
    • かかとに手が届くように、必要ならば相手の足を片手で持ち上げましょう。
    • この場所の皮膚は乾燥して硬くなりがちです。摩擦を軽減するためにマッサージオイルやローションを使用するとよいでしょう。
  4. 4
    足指を1本ずつギュッと押さえたり引いたりましょう。片手で足の土踏まずのすぐ下を持ちます。もう一方の手の親指を、足の親指の爪先に当てます。足の親指の下に人差し指を当てて足親指を挟み、ゆっくりと一方に回して指の付け根から引っ張りましょう。次に、爪先を親指と人差し指でつまみ、ギュッと押さえます。同じように1本ずつ行って、足指の緊張をほぐしましょう。[5]
    • 足の指を強く引っ張ると怪我をさせる場合があるので、止めましょう。その代わりに、均等な圧を加えながら1本ずつ軽く回したり引っ張ったり、ギュッと押さえましょう。
  5. 5
    足の指を1本ずつ指で挟んで上下しましょう。片手でかかとの後ろを持ちましょう。もう片方の手の人差し指を相手の足の指2本の間に入れます。その指を足指の付け根から爪先まで滑らせます。各指に2、3回ずつ行います。[6]
    • 足指の間で指を滑らせるとき、体重を利用して圧を均等に加えましょう。
  6. 6
    一度に片足ずつ行いましょう。もう一方の足はお湯に浸しておくか、クッションに乗せて休ませます。まず片方の足に基本のマッサージを行い、次にもう一方の足に行いましょう。両足に同じマッサージを施して、均等にほぐします。
    広告

方法 2 の 3:
足首、足の裏、足つぼの強いマッサージ

  1. 1
    足首を強めにマッサージしましょう。相手の足首下にあるくぼみを見つけましょう。ここを親指または人差し指で2、3秒優しく押します。親指で足首に円を描くようにしましょう。均等な圧を加えてこの場所をほぐします。[7]
    • 相手の足首が特に硬い場合や痛みがある場合は、片手でかかとを支え、もう一方の手で足の親指の付け根を持ちます。足を時計回りに3回ゆっくり回し、次に3回反対方向に回しましょう。
  2. 2
    足裏を握りこぶしでマッサージしましょう。強くマッサージするために、片手でかかとを支えます。片手をこぶしにして足裏を優しく押します。こぶしを足裏に当て、パン種をこねるように円形に動かしましょう。次に、こぶしを足裏に沿って上下しましょう。こうすると、じっくりほぐすことができます。[8]
    • 足裏をこぶしで殴ったり叩いたりしてはほぐすことにならないので、止めましょう。その代わりに、こぶしでこの場所に均等に圧を加えます。
  3. 3
    足の特定の場所に圧を加えましょう。足のある場所をマッサージすることで、体の特定の部分をほぐすことができます。リフレクソロジーと同様に、相手の体に何か気になる症状があれば、この場所に親指または人差し指で均等に圧を加えて症状を軽減しましょう。以下のように圧を加えましょう。[9]
    • 頭痛、泌尿器の問題には、かかとと爪先
    • 頭痛、不眠症には、足裏の中央
    • 背中・腰の痛みには、右足または左足の小指の側面
      • その場所を手の甲で軽く叩いて刺激します。親指でさすってもよいでしょう。
      • これらの場所は敏感なので、強い圧をかけてはいけません。初めは軽く、ゆっくりと押しましょう。相手が気持ち良くリラックスしているようなら、少し強く押します。
    広告

方法 3 の 3:
リラックスできる雰囲気を作る

  1. 1
    薄切りの果物を入れたお湯に相手の足を浸しましょう。快適な椅子に腰かけてもらいます。次に、15~19リットルのお湯をバケツまたは洗面器に注ぎます。ライム、レモン、オレンジなどを薄く切り、お湯に入れます。相手の足をお湯にそっと入れさせて、5分間浸しましょう。[10]
    • 足をお湯に浸したら、薄切りにした果物で優しくこすってみましょう。
    • シーソルト15mlをお湯に加えると、いっそう鎮静効果があります。
    • 良い香りがするように、ラベンダー、ティーツリー、ペパーミントなどのエッセンシャルオイルを5~10滴加えましょう。
  2. 2
    足を清潔なタオルで乾かしましょう。5分間の足湯が終わったら、相手の前にスツールかクッションを置きます。その上に清潔なタオルを敷き、自分の太ももに乗せます。片足ずつお湯から出して、タオルで軽く拭きましょう。[11]
    • お湯から両足を同時に出しても良いですが、片足を出してもう一方の足はお湯に浸しておけば、その足のマッサージに集中できます。
  3. 3
    マッサージオイルまたはローションを少量手に取ります。両手をこすり合わせてローションを温めましょう。オイルやローションを使用すると、相手の足と自分の手との摩擦やざらつきを防ぐことができます。[12]
    • 皮膚の鎮静作用のある自然成分を含むオイルやローションを使用しましょう。ココアバター、ココナッツオイル、ティーツリーオイル、ユーカリなどの成分はすべてマッサージに適しています。
  4. 4
    落ち着いた静かな環境でマッサージを行いましょう。マッサージ用に相手がくつろげる環境を整えます。アロマキャンドルを灯しましょう。光は暗めにします。静かな音楽をかけてもよいでしょう。[13]
    • 相手がリラックスできるようにクッションや毛布を用意して、椅子またはベッドで快適な姿勢を取っているかを確認しましょう。
  5. 5
    マッサージをしながら相手の反応を伺いましょう。要望に応えましょう。「気持ち良いですか」、「もっと強くしましょうか」、「どうですか」など質問します。反応を聞き、相手が気持ち良い場所を集中的にマッサージしましょう。[14]
    • 強くマッサージをするのは、必ず相手の同意を得てからにします。相手が強いマッサージを了解して、不快感や痛みを感じないことを確認しましょう。
  6. 6
    足のマッサージを定期的に行いましょう。週1回のマッサージを習慣にしましょう。相手がストレス解消の必要がある時間(仕事の後、夕食後の夜など)を選びます。習慣的にマッサージをすれば、マッサージが上手になり、足マッサージの最中にどうすれば相手がよく反応するかがわかってきます。[15]
    • 基本のマッサージに慣れたら、強めのマッサージを試してみましょう。こうすることで、足マッサージの効果を高めることができます。
    広告

必要なもの

  • 桶または洗面器に入れたお湯
  • 薄切りにした新鮮な果物またはエッセンシャルオイル
  • 清潔なタオル
  • クッション
  • マッサージローションまたはオイル

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

お酒の臭いを消す

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,897回アクセスされました。
このページは 1,897 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告