冗談かと思われるかもしれませんが、フライドポテトをオーブンで温め直した場合とガスコンロで温め直した場合での味の差について、食べ物に目がない人達の間では実際に議論が繰り広げられています。こんな時こそwikiHowの出番ですが、両方の方法を試してみるのもよいのでは? 画面をスクロールしてステップ1へと進み、フライドポテトを温め直すことの奥深さを探求してみましょう。

方法 1 の 2:
オーブンで温め直す

  1. 1
    オーブンを230℃に予熱する
  2. 2
    オーブン対応の四角い金属トレーにアルミ箔を敷く アルミ箔はアルミホイルとも言います。オーブンの天板にアルミ箔を敷けば、温め直している間にポテトが天板にくっつくこともなく、後片付けがずっと楽になります。
  3. 3
    フライドポテトを天板の上に載せる ポテトが重ならないように間隔を取って並べましょう。重なった状態で温め直すと、ポテト同士がくっついてしまいます。[1]
    • さらにおいしくするために、ポテトに塩などの調味料を少々振りかけてもよいでしょう。
  4. 4
    オーブンの予熱が完了したら、フライドポテトが載った天板をオーブンに入れる
    • 230℃の温度が出せるオーブントースターがあれば、代わりに使っても構いません。ただし、オーブントースター対応の天板や皿を使うようにしましょう。
  5. 5
    2~3分加熱する 時々オーブンを開けて、ポテトを揺すりましょう。ポテトがキツネ色に変わり、熱々でカリッとした状態になったら取り出します。[2]
  6. 6
    1分ほど冷ましてから召し上がれ!
    広告

方法 2 の 2:
ガスコンロで温め直す

  1. 1
    中くらいのサイズのフライパン、またはスキレットを用意する もしあれば、厚底のフライパンを使いましょう。そうすれば、お望み通りポテトがよりカリッとした食感になります。[3]
  2. 2
    大さじ1杯程度の油をフライパンに入れる キャノーラ油やグレープシードオイル等、煙点の高い油を使いましょう。
  3. 3
    フライパンを強めの中火で熱する 油から薄く煙が立ち始めたら、残り物のポテトをフライパンに入れる合図です。
  4. 4
    ポテトを入れ、全体に油が回るようによく炒める 油をまぶすと、ポテトが焦げたりせずカリッとした食感になります。
  5. 5
    火にかけている間、ポテトを度々かき混ぜる こうすれば、ポテトがフライパンにくっついたり焦げたりしません。
    • 万一ポテトがフライパンにくっついてしまった場合には、フライ返しを使って剥がしましょう。
  6. 6
    そのまま3~5分間火にかける 火にかける時間は、ポテトの厚さによって適宜調整します。ポテトがカリッとキツネ色になったら、出来上がりです。[4]
  7. 7
    ペーパータオルを敷いた皿にポテトを載せ、油切りをして余分な油を落とす さあ、どうぞ召し上がれ!
  8. 8
    出来上がり
    広告

ポイント

  • 温め直したポテトをケチャップやマスタード、アイオリソース、あるいはカレーソースにつけて食べてみるのもよいでしょう。

広告

関連記事

How to

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する

How to

クリームチーズを柔らかくする

How to

生卵とゆで卵を見分ける

How to

たくさん食べる

How to

スパゲティーソースにとろみをつける

How to

パパイヤの種を食べる

How to

ガーリックバターソースを作る

How to

シチューにとろみをつける

How to

電気圧力鍋でフライドチキンを作る

How to

牛乳からバターミルクを作る

How to

ロックキャンディを作る

How to

ブライン液チキンを作る

How to

キンカンを食べる

How to

ハーブ漬けオリーブオイルを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は4,566回アクセスされました。
カテゴリ: レシピ | 調理法
このページは 4,566 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告