PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

自分紹介は、プライベートと仕事、どちらにおいても重要なスキルです。 誰かと会ったりデートをしたり、友人に対する理解を深めたり、仕事において自分を表現したりなど、あらゆる場面で必要とされます。 フランス語での自己紹介のルールは、英語での自己紹介と似ていますが、注意すべき点がいくつかあります。 この記事に書かれている内容を参考にすると、基本的な概要を掴むことができます。これを応用して、より自分に最適な自己紹介方法を身につけましょう。

パート 1 の 2:
自分の特徴について伝える

  1. 1
    自己紹介する フランス語の最も一般的な自己紹介のフレーズは、「je m’appelle 」(ジュ マペル) です。これは「私は~といいます」を意味します。[1] 例えば「je m’appelle Robert」と言うことができます。
    • フランス語で下の名前を表す言葉は「prenom」(プレイノム)です。「私の下の名前は~です」は「Mon prénom est…」(モンプレイノム エイ)と言います。
    • フランス語で苗字を表す言葉は 「nom de famille」(ノーム ド ファミー)です。 仕事や商業関連のやり取りで「nom」を尋ねられた場合は、まずは姓を名乗るようにしましょう。
  2. 2
    年齢を伝える 英語では「I am fifteen」のように「私は~歳です」と伝えますが、フランス語では、英語の「have」にあたる助動詞 「avoir」を使います。 「J'ai......Ans」 (ジャイ......アーン)と表現し、直訳すると「私は~年があります」となります。
    • 特定の数字の発音は辞書で調べましょう。
    • 「je suis」(ジュ スィー)の後に形容詞をつけて、より一般的な年齢層を表現することもできます。 「Jeune」(ジューン)は若いという意味です。「Vieux」(ヴィウー)は年配の男性を、「vieille」(ヴィアイ)は年配の女性を表します。 「Je suis jeune」 は「私は若い」という意味になります。
  3. 3
    髪の色について説明する 髪の色を表す言葉として英語で使われているものの多くが、実はフランス語からの借用語です。 ブルネットもブロンドもフランス語では同じ意味ですが、女性に対してのみ使われます。一方、男性に対してはブルンやブロンドが使われます。どちらの場合も最後の子音はほとんど発音しません。「Je suis blonde」 は 「私はブロンドです 」という意味です。[2]
    • 「私の髪は......です」(「......」には髪の色が入ります)は、「Mes cheveux sont......」(メ チュヴー ソン)と言います。適切な髪色の表現については、辞書を参照しましょう。
    • 目の色も同じように表現できます。「私の目は......」(「......」には目の色が入ります)は、「Mes yeux sont ....」(メスユー ソン)と言います。これに続く単語が母音で始まるため、「mes 」の最後にはsをつけて発音します。気を付けましょう。
  4. 4
    身体的な特徴について説明する  美しいことを表す言葉は、男性なら「beau」(ボー)、女性なら「belle」(ベル)です。 「Je suis」 (ジュ スィー) の後にこれらの形容詞をつけます。 「Je suis belle」は、女性が「私は美しい」という場合に使います。
    • 「fort」(フォー)は強い、「faible」(フェーブル)は弱い、という意味です。
    • 背が小さい、低いを表すには、男性の場合は 「petit」(ペティ)、女性の場合は「petite」(ペティート)と言います。
    • 背が大きい、高いを表すには、男性の場合は「grand」(グラン)、女性の場合は「grande」(グランド)と言います。
  5. 5
    心の状態を表現する 「je suis」(ジュ スィー)の後に形容詞をつけることで、嬉しい、悲しい、またはその他の感情を抱いていることを伝えられます。 辞書を参考にして、あなたの感情を的確に表す形容詞を見つけましょう。
    • 「content」(コンタン)は嬉しい、「triste」(トリースト)は悲しいを意味します。「私は悲しい」は、「je suis triste」と言います。
    • 「fatigué」(ファティーゲ)は疲れている、を意味します。「私は疲れている」は、「je suis fatigué」と言います。
    広告

パート 2 の 2:
職業・趣味・関心などを伝える

  1. 1
    職業を伝える 「私は」を意味する「je suis」(ジュ スィー)の後に、職業名を続けることで表現できます。 あなたが男性か女性かによって語尾が変わることがあるので注意が必要です。辞書を参照して、適切な語尾を確認しましょう。[3]
    • 男性の職業名で 「eur」(ウア)で終わるものは、女性の場合は 「euse」(エウズ)に変わるものがよくあります。例えば、マッサージ師は「masseur」や「masseuse」になります。
    • 男性の職業名で「ier」 (イエイ)で終わるものは、女性の場合は「e」を足して「ière」(イエル)になるものがよくあります。例えば、 農家は「fermier」や「fermière」になります。
    • 子音で終わる男性の職業名は、女性の場合は最後に「e」を足します。例えば、男子学生は「étudiant」(エテュディオン)、女子学生は「étudiante」(エテュディオント)となります。 最後の子音は女性に対する名称の場合にのみ発音されることに注意しましょう。
    • 教師を意味する「professeur」のように、性別に関係なく1つの形しかない職業名も多くあります。
  2. 2
    趣味について話す 英語と同じように、ある活動に対する好みを表現するための通常の構文は、「I like」や「I love」のような活用句から始まり、「to read」や 「to sing」のような不定詞(活用しない動詞)が続くというものです。 動詞は一般的に、-er、-ir、-reで終わる単語で、辞書には動詞の原形(不定詞)で載っています。
    • 英語の「I like」にあたる表現は「j'aime」(ジェーマ)、「I love」は「j'adore」(ジャドー)です。「j'aime lire」(ジェーム リア)は「読むのが好き」という意味になります。
    • 動詞の前後に「ne」と「pas」が付くと否定形となり、「嫌悪」を表します。英語の「I do not like」にあたる表現は「je n'aime pas」(ジュ ネイム パ)です。「Je n'aime pas chanter」(ジュ ネイム パ ションティ)は「歌うのが好きではない」という意味になります。
  3. 3
    好きなものについて説明する 英語では、好きなものを説明するとき、「I like cats」のように冠詞は使いません。 しかしフランス語では、「j'aime les chats」(ジェーム リ シャ)のように冠詞を使います。
    • 「mon」(モン)や「ma」(マ)は所有格として、自分が所有しているものを好きであることを示したいときに使われます。名詞の複数形に付く所有格は「mes」(メ)です。[4]
    • 「mon」は男性名詞に使われ、辞書では「m」と示されています。「j’aime mon chat」は「猫が好き」という意味になります。あなたが男性であるかどうかはではなく、cat(シャ)が男性名詞であることに注目しましょう。
    • 「ma」は女性名詞に使われ、辞書では「f」と示されています。「j'aime ma tante」 は「(私の)おばさんが好き」という意味です。 繰り返しになりますが、「おばさん」が女性名詞であることに注目しましょう。あなたが男性か女性かは関係ありません。
    • 「mes」は、英語の「my aunts」や「my cats」といった名詞の複数形に付く所有格で、「j'aime mes tantes」や「j'aime mes chats」というように使われます。[5]
  4. 4
    形容詞を使う 「je suis」(ジュ スィー)の後に形容詞をつけることで、あなたの一般的な興味や関心を伝えることができます。 接尾辞は、あなたが男性か女性かによって変わるので注意しましょう。 辞書では、一般的には男性版が先に、女性版が後に記載されています。英語で「I am athletic」にあたる表現は、男性の場合は「je suis sportif」(スポーティフ)、女性の場合は「je suis sportive」(スポーティヴ)となります。[6]
    • これが難しいと感じる場合は、英語の「I like sports」にあたる表現として、上記で紹介した趣味について伝える文章を活用して「j'aime les sports」と簡潔に言うとよいでしょう。
    • この構文は人の特徴を表すのにも使えます。 例えば、「gentil/gentille」(ジョンティ/ジョンティーエ) は「良い」という意味です。 男性の場合は「je suis gentil」、女性の場合は「je suis gentille」と言います。
    広告

関連記事

スペイン語で日付を書くスペイン語で日付を書く
フランス語で「お元気ですか?」と言うフランス語で「お元気ですか?」と言う
イタリア語で「お誕生日おめでとう」と言うイタリア語で「お誕生日おめでとう」と言う
ウルドゥー語でよく使われる言葉を学ぶウルドゥー語でよく使われる言葉を学ぶ
フランス語で「おはよう」と言うフランス語で「おはよう」と言う
英語の動詞を名詞にする英語の動詞を名詞にする
ヒンディー語でありがとうと言うヒンディー語でありがとうと言う
新しい言語を作る新しい言語を作る
イタリア語で挨拶するイタリア語で挨拶する
スペイン語で女性を褒めるスペイン語で女性を褒める
スペイン語で「おはよう」と言うスペイン語で「おはよう」と言う
英語でリマインダーEメールを書く英語でリマインダーEメールを書く
テルグ語を勉強するテルグ語を勉強する
フランス語で日付を書くフランス語で日付を書く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む18人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 言語
このページは 185 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告