PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

子犬を育てるには多くの時間と世話を要し、フルタイムで働いていると難しいこともあります。それでも、勤務スケジュールを調整して、仕事と子犬の世話を両立させる方法はたくさんあります。職場にいる間、友人や家族、あるいは近所の人に、子犬の様子をチェックしたり、散歩に連れて行ったりしてもらえるかを尋ねてみましょう。または、ドッグウォーカー(散歩代行)やドッグシッターを雇ったり、犬のデイケアサービスを利用してもよいでしょう。あるいは、ランチ休憩の延長や、週に2、3日在宅勤務が可能かを確かめてみましょう。そして、働いていない時は、子犬との充実した時間を多く持つように心掛けましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
勤務中の助けを得る

  1. 1
    友人や家族に助けを求める 犬を飼っていたり、動物の扱いに慣れている、信頼できる友人や家族がいたら、助けを求めることを検討してみましょう。子犬と世話に必要な物を出勤前に自宅に届けるなど、依頼する人にとって都合の良い方法を考えてみましょう。[1]
    • 依頼する人に対するお礼の方法(特にお金を払わない場合)を考えましょう。毎週夕食をご馳走したり、何かの活動に招待するなど、その人が喜びそうなことを実践しましょう。
  2. 2
    近所の人に犬の様子を見てもらうよう依頼する 隣人と良好な関係を築いていれば、子犬を外に出したり、様子を見に行ったりしてもらうよう頼んでみましょう。子犬を外に出してくれる人が見つからない場合は、子犬が吠えたり泣いたりしていなかったかを近所の人に尋ねましょう。留守中、子犬が常に泣いているようであれば、より頻繁に様子を見に帰る、ドッグシッターを雇う、デイケアセンターを利用するなどの対策が必要です。[2]
  3. 3
    ドッグウォーカーまたはドッグシッターを雇う インターネットで近所のサービスを探すか、かかりつけの動物病院に尋ねてみましょう。信頼できるドッグウォーカー・シッターを見つけるには、インターネットの口コミを参考にするか、サービス会社に顧客の感想を参照できるかを尋ねましょう。[3]
    • 料金は、お住いの地域、犬の年齢やサイズによって異なりますが、ドッグウォーカーが平均で30分1500~2500円、ドッグシッターが1時間につき2500~3500円が相場です。[4]
    • ドッグウォーカーやドッグシッターを雇う場合は、勤務中、最低1日に2回は子犬を外に出すよう依頼する必要があります。
    • 友人、知人、または近所に住む信頼できる人を雇ってもよいでしょう。毎日決まった時間に子犬を外に出す、一定時間子犬と遊ぶなど、希望を明確に伝えましょう。依頼内容の詳細を書き出すとよいでしょう。
  4. 4
    信頼できる犬のデイケアセンターを探す かかりつけの動物病院で、良質なサービスを提供するデイケアを紹介してもらえるかもしれません。預ける犬すべてに予防接種を義務付けているデイケアを選びましょう。緊急時に備えて、近くの動物病院と連携しているデイケアセンターが理想的です。[5]
    • 料金は様々ですが、平均で1日3000~4000円ほどです。[6]
    • 預ける予定のデイケアセンターに、顧客の感想を参照できるか尋ねましょう。預ける施設が清潔で、整備が行き届いているかを確認しましょう。飼い主と預かる犬に面接をし、センターに適しているかを確認する施設は、信頼できると言えるでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
職場での解決策を探る

  1. 1
    ランチ休憩を延長する 子犬の月齢と同等の時間以上、子犬を放っておくべきではないとされています。例えば、子犬が生後4か月の場合、独りにしておけるのは一度に最長4時間までです。[7] 仕事のある日はできるだけ長いランチ休憩をとり、子犬を外に出し、側にいてあげる時間をとりましょう。[8]
    • ルームメイトや同居しているパートナーがいる場合は、ランチ休憩を調整し合い、時間をずらして休憩をとりましょう。そうして、できる限り子犬と一緒に過ごす時間を作りましょう。
  2. 2
    勤務先に在宅勤務の可能性を尋ねてみる 少なくとも週に2、3日在宅勤務をする人が増えています。週に何日か在宅勤務が可能であれば、子犬と過ごす時間が増え、デイケアセンターやドッグウォーカーの費用を削減できます。
    • 在宅勤務の可能性を話し合う際、通勤時間の削減、作業能率の向上、オフィススペースの節約、設備費用の削減など、会社にとって有利になる事項を強調してみましょう。
  3. 3
    犬と一緒に出勤できるかを尋ねる 職場に犬を預けられる場所などがあるか、または犬を自由に連れて行ける環境であるかを尋ねてみましょう。社員が犬を連れて出勤できる企業が増えてきています。また、子犬が成長して長時間の留守番ができるようになるまで、職場に連れて行けるかも尋ねてみましょう。[9]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
子犬を楽しませる

  1. 1
    朝、夜、週末は子犬と一緒に過ごす 普段より少なくとも30分早起きして、子犬と充実した時間を過ごしましょう。たとえ長時間の勤務で疲れていても、夜は子犬と遊んだり一緒に過ごしたりする時間を作る努力をしましょう。[10]
    • 朝一番、帰宅直後、就寝前に子犬を散歩に連れて行きましょう。
    • 夜に最低1時間は「取ってこい遊び」など、体と脳の刺激になるゲームをしましょう。
    • 週末は多くの時間を一緒に過ごしましょう。できれば、子犬のしつけ教室に参加したり、午後に庭や公園で遊ぶなど、特別な活動を一緒にしましょう。
  2. 2
    子犬に快適な場所を与える 留守中、子犬が心地良く安全に過ごせるように配慮しましょう。子犬のクレートトレーニングも検討してみましょう。ただし、おもちゃを忘れずに与え、まだ幼いうちは2時間以上入れたままにしないように気をつけましょう。[11]
    • 勤務中、子犬を窓やドアのある部屋で過ごさせてもよいでしょう。その場合は窓やドアを閉め、水、ベッド、飼い主のにおいがする物、お気に入りのおもちゃを手の届く場所に置きましょう。
  3. 3
    子犬にとって安全な家にする 自宅を安全な環境に整えることは、特に子犬を長時間独りにさせる際に重要です。食べ物を片づけ、ローション、薬、化粧品などを犬の手の届かない場所に置きましょう。犬に有害な植物もあるため、それらを子犬から遠ざけましょう。また、落下する恐れのある壊れ物、子犬が噛んでしまいそうな電気コードなど、子犬にとって危険な物も片づけましょう。
    • 子犬を決まった部屋で過ごさせる場合は、その部屋を子犬にとって安全な環境に整えましょう。
  4. 4
    夢中になれるおもちゃを与える 子犬にも安全なパズルやおやつを隠すおもちゃは、子犬を最長30分は楽しませることができます。噛むおもちゃやぬいぐるみも適しています。噛みちぎって小さな破片にならない物を選びしょう。おもちゃで遊んだ後、飼い主やシッターが様子見や散歩のためにやって来るまで、子犬は眠っているかもしれません。[12]
    広告

関連記事

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取るソファに付いたペットのおしっこ臭を取る
犬用に鶏肉を茹でる犬用に鶏肉を茹でる
犬のイボを除去する犬のイボを除去する
体温計を使わずに犬の体温を測る体温計を使わずに犬の体温を測る
犬の軟便を治す犬の軟便を治す
犬の無駄吠えを止めさせる犬の無駄吠えを止めさせる
愛犬が他の犬に吠えるのをやめさせる愛犬が他の犬に吠えるのをやめさせる最高の方法
犬を飼うために親を説得する犬を飼うために親を説得する
下痢の犬用に食事を手作りする - wikiHow専門家からのアドバイス
犬のうつ病を見分ける犬のうつ病を見分ける
犬が妊娠しているか調べる犬が妊娠しているか調べる
犬に吐かせる犬に吐かせる
犬を眠らせる犬を眠らせる
犬の耳掃除
広告

このwikiHow記事について

Elisabeth Weiss
共著者 ::
ドッグトレーナー
この記事の共著者 : Elisabeth Weiss. エリザベス・ウェイスはニューヨーク州ニューヨーク市にあるドッグトレーニングサービス会社「Dog Relations NYC」の経営者として、科学にもとづいたフォースフリー(強制や嫌悪刺激を使わない)と報酬ベースのトレーニング方法を用いた、行動トレーニング、仔犬のしつけ、身体意識、怪我予防、食事、運動、犬の栄養プランサービスを提供しています。その業績はNew York Magazineとポッドキャスト番組「Dog Save the People」に取り上げられました。また、ローリー・アンダーソンの監督映画「Heart of a Dog」に出演した全ての犬のトレーニングを担当。同映画ではエリザベスとロラベル(監督とルー・リードの愛犬)との旅路、そして膵臓がん発病後、キーボード演奏に対するロラベルの情熱がその「犬生」の質を改善する重要な役割を果したことが物語の核となっています。 この記事は1,706回アクセスされました。
カテゴリ:
このページは 1,706 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告