フルーツサラダが持ち寄りパーティーの一品としてよく作られるのには理由があります。いろいろなフルーツを混ぜるだけで簡単に作れるうえ、爽やかでおいしい副菜として又はデザートとしても重宝します。いちご、桃、ブルーベリーなどと少量のレモン汁、はちみつ、酢を混ぜてシンプルなフルーツサラダを作ることができます。果汁たっぷりのフルーツサラダを作るには、トロピカルフルーツを組み合わせて柑橘系蜂蜜ドレッシングをかけましょう。ちょっとしたデザートにもなるクリームタイプのフルーツサラダは、クリームチーズ、マヨネーズ、砂糖、ギリシャヨーグルトを混ぜたドレッシングでフルーツを和えて作ります。

材料

手早く簡単に作れるフルーツサラダ[1]

6人前

  • いちご(へたを取って薄切り)450g
  • 桃(中サイズ、薄切り)3個
  • ブルーベリー 100g
  • 新鮮なバジル又はミント(刻む)大さじ2杯
  • レモン汁 大さじ2杯
  • メープルシロップ又は蜂蜜 大さじ1杯
  • バルサミコ酢 小さじ2杯

柑橘系蜂蜜ドレッシングのフルーツサラダ[2]

6人前

  • 生パイナップル 小1個又は大1/2個
  • マンゴー 1個
  • 桃 1個
  • ネクタリン 1個
  • いちご(へたを取って4等分)230g
  • 新鮮なブルーベリー 300g
  • 新鮮なミントの葉(みじん切り又は千切り)大さじ1杯
  • 蜂蜜 大さじ2杯
  • オレンジゼスト 小さじ1杯
  • ライムゼスト 小さじ1杯
  • オレンジ果汁(搾る) 大さじ2杯
  • ライム果汁(搾る) 大さじ1/2杯

クリーミーフルーツサラダ[3]

8人前

  • クリームチーズ(柔らかくする)大さじ3杯(45g)
  • ギリシャヨーグルト(プレーン)70g
  • マヨネーズ 60g
  • グラニュー糖 25g
  • りんご(甘いもの) 4個
  • ぶどう(緑玉)150g
  • ぶどう(紫玉)150g
  • 缶詰のパイナップル(一口大、汁を切る)230g
  • 缶詰のみかん (汁を切る)300g

方法 1 の 3:
手早く簡単に作れるフルーツサラダ

  1. 1
    いちごと桃を1.5cmの薄切りにします。へたを取ったいちご450gと中くらいの桃3個を洗い、果物ナイフで均等に薄く切ります。
    • 熟した桃がなければプラムやネクタリンで代用します。
  2. 2
    いちご、桃、ブルーベリー、バジルを混ぜます。薄切りにしたいちごと桃を、盛り付けに使うサラダボウルに入れます。新鮮なバジルかミントを刻み、ブルーベリー100gと一緒にサラダボウルに加えます。サラダ用のトングや大きなスプーン2本を使って静かに混ぜましょう。
    • ブルーベリーの代わりにラズベリーやブラックベリーを使うことができます。
  3. 3
    レモン汁、メープルシロップ、バルサミコ酢をかけます。レモン汁大さじ2杯、メープルシロップ又は蜂蜜大さじ1杯、バルサミコ酢小さじ2杯をフルーツにかけましょう。
    • バルサミコ酢を加えると少し酸味のあるフルーツサラダになりますが、好みに応じて省いてもかまいません。
  4. 4
    サラダを混ぜてすぐにいただきます。ドレッシングがいきわたるように軽く混ぜてすぐ食卓に出すか、食べるまで冷蔵庫で冷やします。冷蔵庫で2日間保存できます。
    • 長く保存するとフルーツが柔らかくなり、ドレッシングが底に溜まります。
    広告

方法 2 の 3:
柑橘系蜂蜜ドレッシングのフルーツサラダ

  1. 1
    蜂蜜とゼストを入れたボウルに果汁を絞ります。 オレンジの皮とライムの皮をすりおろし、オレンジゼスト 小さじ1杯とライムゼスト小さじ1杯を小さなボウルに入れます。次に、蜂蜜大さじ2杯、オレンジを搾った果汁大さじ2杯、ライムを搾った果汁大さじ1/2杯を加えます。このドレッシングを泡だて器でよく混ぜましょう。
    • 蜂蜜の代わりにアガベシロップを使うこともできます。
  2. 2
    パイナップル、マンゴー、桃、ネクタリンを小さく切ります。パイナップルの芯を取り、くし形か一口大に 切ります 。桃とマンゴーは皮を剥いてから一口大に切りましょう。ネクタリンは皮つきのまま切ります。盛り付けに使うサラダボウルに切ったフルーツを移しましょう。
    • 冷たいフルーツサラダを好む場合は、切る前にフルーツを冷やしておくか切った後30分ほど冷蔵庫で冷やしましょう。
  3. 3
    切ったいちごとブルーベリーを加えます。いちご230gのへたを取り4等分します。ブルーベリー300gと一緒にサラダボウルに加えましょう。
    • いちごを4等分する代わりに薄切りにしたり、小さないちごを丸ごと使ったりしてもかまいません。
  4. 4
    ミントを加えドレッシングをかけます。柑橘系蜂蜜ドレッシングをフルーツにかけて、大きなスプーン2本で静かに混ぜます。すぐにいただきましょう。
    • 残ったら冷蔵庫で2日間保存できますが、長く保存すると水分が出て柔らかくなってしまいます。
    広告

方法 3 の 3:
クリーミーフルーツサラダ

  1. 1
    クリームチーズ、ヨーグルト、マヨネーズ、砂糖を混ぜます。クリームチーズ大さじ3杯(45g)を盛り付けに使うサラダボウルに入れ、ギリシャヨーグルト70g、マヨネーズ60g、グラニュー糖25gを加えます。木べらやハンドミキサーで滑らかになるまで混ぜましょう。
    • クリームチーズはあらかじめ柔らかく戻してから混ぜましょう。クリームチーズが冷たいまま混ぜるとダマができてしまいます。
  2. 2
    りんごとぶどうを切ります。甘いりんご4個は芯を取り除き一口大に切ります。ぶどう(紫玉)150gとぶどう(緑玉)150gをまな板に載せ、注意しながらそれぞれを半分に切りましょう。
    • 甘いりんごには、ロイヤルガラやピンクレディなどがあります。

    ポイント: ぶどうを手早く半分に切るには、同じ大きさのプラスチック容器のふた2枚の間にぶどうを挟みます。ふたを押さえつけながら切りましょう。

  3. 3
    りんご、ぶどう、パイナップルとクリーミードレッシングを混ぜます。切ったりんごとぶどうをドレッシングのボウルに加えます。さらに、水切りした缶詰のパイナップルを加え、ドレッシングがいきわたるように大きなスプーンで混ぜましょう。
    • 缶詰のパイナップルの汁はジュースや別の料理に利用するか処分します。
  4. 4
    缶詰のみかんを加えて軽く混ぜてからいただきます。缶詰のみかん300gを水切りしてサラダに加えます。こぼさないように注意しながら、ゴム製へらで慎重にかき混ぜていただきましょう。
    • 冷蔵庫で1日保存できますが、食べ残しを保存するのはできるだけ控えましょう。りんごが変色しドレッシングが水っぽくなってしまいます。
    広告

ポイント

  • フルーツサラダにりんごを入れる場合は、あらかじめレモン、ライム、オレンジの果汁を少量かけておくと変色を防げます。
  • ぱっと目を引くおいしそうなフルーツサラダを作るには切り方を工夫します。フルーツをそれぞれ違う形に切るか、刃がギザギザの飾り切り用ナイフで切ってみましょう。
  • それぞれのレシピに好みのフルーツを使いましょう。
  • すいかを使う場合はサラダの器として利用しましょう。装飾だけではなく食べられる器になります。
  • フルーツサラダに、焼きココナッツ、ピーカンナッツ、小さなマシュマロをトッピングしてみましょう。

広告

必要なもの

手早く簡単に作れるフルーツサラダ

  • 計量カップと計量スプーン
  • 盛り付け用のサラダボウル
  • サラダトング又は大きなスプーン2本
  • 包丁とまな板

柑橘系蜂蜜ドレッシングのフルーツサラダ

  • 計量カップと計量スプーン
  • 泡だて器
  • 小さなボウル
  • 包丁とまな板
  • 盛り付け用のサラダボウル

クリーミーフルーツサラダ

  • 包丁とまな板
  • 盛り付け用のサラダボウル
  • 木べら又はハンドミキサー
  • 缶切り
  • ゴム製へら

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

オートミールを作る

How to

塩気の強いスープの味を調整する

How to

ベーキングパウダーの代用品を作る

How to

ご飯を温め直す

How to

固ゆで卵をひびを入れずに茹でる

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

フロスティングを作る

How to

シチューにとろみをつける

How to

圧力鍋を使う

How to

アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る

How to

ラザニアの冷凍保存

How to

自家製ワインを造る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は3,350回アクセスされました。
このページは 3,350 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告