フルートを演奏する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:始める演奏法を学ぶフルートを手入れする記事のサマリー出典

フルートとは、美しい音色を奏でる木管楽器であり、オーケストラや吹奏楽団の中で、あるいは単体で演奏されるものです。また、フルートは、現在知られている最古の楽器です。実際、4万3千年も前に作られたフルートが西ヨーロッパの様々な地域で発見されています。[1]この素晴らしい音楽の伝統に携わり、フルートの演奏方法を習得したいのであれば、以下のステップ1から始めてみましょう。

パート 1
始める

  1. 1
    楽器屋からフルートを購入、あるいはレンタルしましょう。学校にあるものを使えるのであれば、まずはその機会を大いに活用するのが賢明です。自分専用のフルートにお金をかける前に、そもそも自分がフルートの演奏を楽しめるかを確認することが大切です。学校で借りられないのであれば、フルートのレンタルを考慮しましょう。フルートをレンタルすれば、フルート演奏を楽しむ自分の気持ちが実際の購入に値するほど強いものなのかをじっくりと吟味できます。
    • 絶対にフルートを楽しめると確信している場合は、購入選択権付きレンタルをするか、あるいは実際に購入するのが良い判断でしょう。レッスンを受けているのであれば、どのようなフルートが自分に合うかを先生に相談するのも妙案です。
    • フルートは、およそ1万円のものから10万円以上するものまであります。学生用の良質なものであれば、大体5~7万円で販売されています。初心者の場合は、取り外し可能なプラグが付いているオープンホールの学生用フルートを購入しましょう。上達していくにつれて、徐々にプラグを取り外していきます。フルートは、その振動がプラスチックよりも人間の皮膚に触れた時の方が更に美しい音色を奏でる楽器です。安いフルートというのは品質が悪く、結果として演奏しにくいものなので、評判の良いブランドを事前に調べてから購入/レンタルしましょう。また、音楽の先生から勧められた店でフルートをレンタルするのも一つの手です。
    • フルートの中には、キイが一つ多いものが存在します。これはH(ハー)管フルートと呼ばれるものです。他のものよりも若干長さがあります。フルートの演奏が上達してきた際には、ステップアップのためにH管フルートの購入も検討してみましょう。
    • 高価なプロ用フルートは、上級奏者向けです。大体10万~100万円以上します。それらは手作りされているものが多く、様々な貴金属でできた部品が付いています。金やプラチナ、そして最も一般的には、銀でできた部品などがあります。このようなフルートは、プロとして音楽の道を進みたい人向けのものです。せっかく購入した高価なフルートの保存状態を良くしたいのであれば、布製手袋で磨きましょう。
    • 購入する前に、他の演奏者や指導者から自分に合ったフルート選びの方法についてアドバイスをもらいましょう。
  2. 2
    良い指導者からの有料個人レッスンを検討しましょう。個人レッスンについては、まずはバンドディレクターや楽器店の従業員から情報収集します(学校に通っている場合は、学年度の初めに聞くのが得策です)。個人レッスンの先生がいれば、フルートを練習し始めて上達していく中で、きっと大きな力になってくれるはずです。
  3. 3
    フルートを組み立てましょう。フルートの吹き方を学ぶ前に、まずは組み立て方を覚える必要があります。以下のステップに従い、組み立てましょう。
    • フルートには、大きく分けて三つのパーツがあります。上の部分は頭部管と呼ばれ、マウスピース、あるいはリッププレートが付いています。キイのほとんどが付いている中間部は、主管と呼ばれます。主管の上端(頭部管をはめ込む箇所)はバレル、あるいはテノンと呼ばれます。最後に、フルートの末端部は足部管と呼ばれます。
    • パーツを組み立てる際には、フルートのパイプやキイの部分を掴まないように細心の注意が必要です。誤って掴んでしまうと、パイプやキイが曲がり、フルートが正しく機能しなくなる恐れがあります。
    • まずは、足部管をはめ込むために、主管のバレルを掴みます。キイのない足部管の端っこを持ち、ひねりながら主管に押し込みます。そうすれば、簡単に足部管がはまるはずです!次に、足部管のパイプの位置が主管にあるキイの真ん中と並ぶようにします。
  4. 4
    頭部管を取り付けましょう。前ステップと同様に、今度はバレルと頭部管を掴みます(決してマウスピースを掴んではいけません!曲がってしまいます!)。先ほどと同じように、ひねりながら押し込みましょう。そして最後に、歌口(あるいは、マウスホール)が主管にある一つ目のキイと横一列に並ぶように位置を合わせましょう。
    • 既に知っている人も多いかもしれませんが、フルートの先端にある蓋のような部分は「ヘッドスクリュー」と呼ばれます。ヘッドスクリューは、中のコルクを固定し、調節するためのものです。ここを使って、フルートを調律できます。決して回し続けたり、取り外して中のコルクを出したりしてはいけません!フルートの調子が外れていると感じた時には、音楽の先生か、楽器店の従業員に伝えましょう。
    • コルクの位置が正しいかを確認したいけれど、音楽レッスンをしてくれる指導者がいない場合は、クリーニングロッドを本来とは反対の向きで持ってみましょう。ロッドの末端には線が彫られているはずです。ロッドを頭部管に差し込み、マウスピースの穴を覗き込んだ際に、その線が穴の真ん中に来ていれば、コルクが正しい位置にあると言えます。

パート 2
演奏法を学ぶ

  1. 1
    フルートに息を吹き込む方法を学びましょう。最初は、フルートから音を出すのが少し難しく感じるかもしれません。したがって、特定の音を吹こうとする前に、まずは正しい息の吹き込み方を練習しましょう。
    • 「呼吸」こそがフルートを演奏する上で最も大切な要素の一つです!肩をリラックスさせつつ頭を上げ、腹式呼吸を意識します。そのためには、おへそから糸を引っ張られているような状況を想像しましょう。女性の方、特に若い女性の方は腹式呼吸でお腹が膨らむことを恥ずかしいと感じるかもしれませんが、それが正しい呼吸方法です。
    • 浅くではなく、深く呼吸します!
    • ただ吹くのではなく、正しいアンブシュア(楽器を吹く時の口の形)を作らなければ上手く演奏できません。ひまわりの種を口から飛ばす場面を想像しましょう!実際に動きを試してみてください!そして、二回目に試す際には、種を飛ばした時の口の形を維持します。フルートを吹く際には、それだけ口を小さく開かなければなりません。次に、「プー」と言いながら、表情を固めましょう。これがフルートを吹く際の一般的な顔の構え方です。最後に、二つの動きを組み合わせれば、フルート演奏の正しいアンブシュアが完成します。
    • 次に、音出しの練習に移ります。瓶の口を吹く時と同じように、マウスピースに息を吹き込みましょう。歌口の角に当たることで息が分散し、フルートの音が出ます。息の半分は歌口の上を通り、残りの半分はフルートの中を通っていく必要があります。
    • 口角に力を入れつつ、あまり締め過ぎないように気を付けましょう!練習をしている最中に口角に疲労が溜まり、痛み始めたら、それは力み過ぎている証拠です。「プー」と言うことを忘れないようにしましょう。そうすれば、リラックスした状態で口角を固定できます!
  2. 2
    フルートの持ち方を覚えましょう。口を歌口(マウスホール)に当てながら、フルート本体が自分にとって右方向を指すようにフルートを水平に持ちます。
    • まずは、右手の位置から覚えます。右手を振って力を抜き、自然に腕を体の横に垂らしましょう。その後に右手を上げれば、自然と手が曲がっているはずです。次に、指先であひる/恐竜の頭のような形を作ります。この時、親指が自然に収まる位置に注目しましょう。人差し指と中指の間に置くのが一番落ち着くと感じる人もいれば、人差し指の下、あるいは中指の下が落ち着くという人もいるはずです。あくまでも、「自分」がどこに置くかが重要です。次に、あひる/恐竜の「口」を開け、フルートを食べさせます。最初に自然と親指を置いた位置を覚えていますか?親指をフルートに当てれば、他の指は自然と浮いた状態になるはずです。親指の位置が決まったら、人差し指を一つ目のキイの上に乗せます。これをキイ1と呼びましょう。その隣のキイに中指を置き、これをキイ2と呼びます。その隣のキイをキイ3とし、薬指を置きましょう。最後に、平たい半円のキイに小指を置きます。様々な音を出したり、指使いを学んでいく上で、10回中9回はこの小指のキイを押すことになります。
    • 左手は、少し扱いにくい位置に置きます。右手と同様に、左手を振って力を抜き、左腕を体の横に自然と垂らしましょう。そして腕を曲げ、あひる/恐竜の形を作り、そのあひる/恐竜の顔を自分に向けます。「口」にあたる部分にフルートをくわえさせましょう。丸い親指キイに親指を乗せます(この段階では、「Bキイ」と呼ばれる長方形のキイも親指用のキイとして扱います。詳しくは、運指表を見ると分かります)。次に、一つ目のキイを飛ばし、その隣のキイに人差し指を乗せます。ここでは、これもキイ1と呼びます。また一つキイを飛ばしてから中指を乗せ、これをキイ2とします。中指の隣に薬指を乗せ、これをキイ3とします。最後に、フルートから飛び出しているキイの上に小指が浮いた状態になるはずです。
    • 左手の小指は、キイの上に浮かせておきましょう!小指を浮かせる癖をつけておくことが大切です。指がキイの下に来たり、キイを押してしまったりしないように気を付けます。 フルートの指使いを覚えていくと分かりますが、この小指キイは特定の音を出す際にしか使いません。[2]
    • 指の配置を覚えたばかりの頃は、それが不自然だと感じ、動きがぎこちなくなるかもしれません。それは至って普通のことです。練習を繰り返せば、段々と慣れていきます。
  3. 3
    各音の指使いを覚えるには、運指表を参照しましょう。フルートで様々な特定の音を出す方法を学ぶには、各音の指使いが記載されている運指表を見ると便利です。
    • 運指表には絵や図が載っていて、それを見ただけで各音の指使いが簡単に分かるようになっています。運指表は、どのフルートの教本にも基本的には載っていますが、ネット上でもすぐに見つけられます。[3]
    • 音が奇麗に出せるまで、各音の吹き方を練習しましょう。フルートで音を出す際には、ただ息や口笛を吹いているように聞こえてはいけません。深く安定した音を出す必要があります。
    • それぞれの音を一つずつ吹けるようになったら、次は連続で様々な音を出す練習に移りましょう。奇麗な音楽になっていなくても全く問題はありません。この練習の目的は、一つの音から別の音をスムーズに出せるようになることです。
  4. 4
    演奏中は正しい姿勢を維持しましょう。フルートを吹く時には、自分の肺活量を高め、一定の音を出すためにも、正しい姿勢の維持が欠かせません。
    • できるだけ背筋を伸ばして立つ、あるいは座りましょう。そして、顎を出し、真っすぐと前を見ます。そうすると胸が開き、クリアな音を長く出せるようになります。
    • しっかりと両足を地面に着けた状態で立ち、左足を右足より少し前に出しましょう。体を少し斜めに向ける方が、完全に正面を向くよりも自然です。また、体を斜めに向けると、楽譜を読む時に肩の動きがぎこちなくならずに済みます。自分の体重のほとんどが右足/後ろ足にかかるようにしましょう。おしりを過剰に突き出したり、首や背中を不自然な角度に曲げたりしないように気を付けます。そうしなければ、体が強張り、痛くなるだけです。姿勢が悪いと、練習に支障をきたしてしまうかもしれません。
    • 演奏中は、体を強張らせず、リラックスすることを意識しましょう。そうすると、滑らかで美しい音色が奏でられるでしょう。
    • 譜面台を使う場合は、目線の高さに合わせましょう。譜面台の位置が低すぎると、演奏中に首を下に向け、顎を引かざるを得なくなり、気道が狭まってしまいます。また、首も痛めてしまうでしょう。[4]
  5. 5
    毎日20分間練習しましょう。「習うより慣れよ」という諺がありますが、有意義な練習こそが目標達成への近道です。しかし、覚えておくべきなのは、週に一度2時間の練習を行うよりも、たとえ短時間であっても毎日練習を継続する方が圧倒的に有意義であるということです。上達するにつれて練習時間を増やしていきましょう。
    • 集中力を維持するために、目標志向の練習をしましょう。小さい、かつ具体的な目標を設定します。例えば、Bの音からAの音への移行を完璧にすることを目指しましょう。
    • 不定期で長時間練習するのは、非効率的です。体に大きな負担がかかり、結果的に肩が凝ったり、イライラしたりしてしまうからです。定期的に毎日練習し、練習時間を徐々に増やしていく方が早く上達を実感でき、体の凝りも最小限に抑えられるでしょう。[4]
  6. 6
    練習後にはストレッチをしましょう。練習後に必ずストレッチをすれば、緊張が解れ、練習後の体の凝りを防げます。そして再び万全な状態で次回の練習に挑めるようになるでしょう。良いストレッチ法の例を以下にいくつかあげます。
    • 少し膝を曲げ、腕を後ろに伸ばしながら屈みましょう。スキーをしているような姿勢です。次に、空に飛んで行こうとしているように腕を上に振り上げます。腕と肩を伸ばすために、この動きを5~10回繰り返しましょう。
    • 空気を吸い込みながら肩を耳に近付けるようにすくめ、その姿勢を数秒間維持しましょう。そして息を吐きながら力を抜き、肩を下げていきましょう。肩や首周りの緊張と痛みを和らげるために、この運動を数回繰り返します。
    • 腕を体の横に垂らした状態で立ち、腕と手がまるでゴムで出来ているかのようにそれらを揺らしましょう。腕と手の関節を解すことができます。
    • 緊張や痛みを和らげるためにできるストレッチは他にもたくさんあります。自分に合ったストレッチを取り入れましょう!
  7. 7
    諦めてはいけません! フルートが吹けるようになるまでには時間がかかります。中にはきちんと音が出せるようになるまで数か月かかる人もいます。したがって、フルートを購入したばかりの時にすぐに音が出せなくても落ち込まないようにしましょう。辛抱強く練習を繰り返し、良い指導者からの協力を得ることが大切です。気付いた頃には、美しい音色を奏でられるようになっているはずです!

パート 3
フルートを手入れする

  1. 1
    フルートを掃除しましょう。フルートを購入した際に、付属品として特大サイズの縫い針のような木製/金属製/プラスチック製ロッドがついてくるはずです。柔らかい布をロッドの先に通す、あるいはフルートフラッグ(フルート用の掃除棒)を購入し、フルートの中の水滴を除去しましょう。また、フルートの表面は定期的に布で磨きます。その際に、銀磨きクロスを使うのは禁物です。普通のマイクロファイバークロスさえあれば十分です。
    • フルートの中にクリーニングスワブ(クリーニング用の布)を入れたまま放置してはいけません。唾液の水分でフルートのタンポが劣化してしまいます。湿ったままの汚い靴下をスニーカーの中に入れておきますか?そんなことはないはずです。クリーニングロッドも同様です。
    • 組み立てた時と同じ要領でフルートを解体しましょう。テノンを掴みつつ、頭部管をひねりながら引っ張り出します。次に、テノンを掴んだまま足部管の下の方をひねり、引っ張り出します。各パーツをフルートケースの中の正しい位置に戻しましょう!
    • クリーニングロッド/フラッグを使い、各パーツの中を奇麗に拭きます。最後に、すべてのパーツをケースの中に戻します。

ポイント

  • フルートの練習を日課に加えましょう。日々の行動と同じようにフルート練習をスケジュールに組み込めば、十分に練習時間を確保できるでしょう。
  • 初心者用の楽譜集を買いましょう。バンドディレクターやフルートの指導者がいるのであれば、彼らがお勧めの本を教えてくれるはずです。初心者用の本を使い、簡単な曲から練習しましょう。
  • 音色を良くするためには、頭部管をどちらかの方向に回してみましょう。
  • しばらくの間は誰かに自分の姿勢を見てもらいましょう。そうすれば、背筋を伸ばしたまま両足を床につけ、フルートを上げた状態を保つのが後々楽になるはずです。
  • 強く吹き過ぎずに音を出す練習をします。
  • 別の指示を受けている場合を除き、フルートは床と平行になるように持ちましょう。
  • 自分の出す音が人の邪魔にならずに練習できるような場所を見つけます。
  • 最初は、頭部管だけで吹く練習をしましょう。そうすれば、演奏する際の正しい口の位置が分かるようになります。
  • 演奏する際には、顔を上げましょう。また、背筋も伸ばします。そうすると、音が出しやすくなります。
  • 決して諦めてはいけません。

注意事項

  • 決してフルートを譜面台に乗せたままにしてはいけません。転がり落ちて、パイプやキイの部分が曲がる恐れがあります。
  • 極端に暑い場所や寒い場所にフルートを保管するのは禁物です。これは、キイの内側にあるタンポに特に悪影響を与えます。
  • フルートを演奏している間に右腕が下がらないようにしましょう。右腕が下がってくると、結果的に体全体の姿勢も崩れ、音色にも悪影響が出ます。また、背中を痛めてしまうかもしれません。
  • タンポが取れてしまった場合、決して自分でのり付けしようとしてはいけません。楽器店や修理屋に持っていきましょう。
  • フルートの内側を拭きたいからといって、ヘッドスクリューを外し、コルクを取り出してはいけません!
  • キイの部分を掴みながらフルートを持ち上げるのは禁物です。持ち上げる際には、必ずキイなどの複雑な部品がない部分を掴みます。そうすれば、高額な修理費をかけずに済みます。 座っている時にフルートを膝の上で転がすのも止めましょう。
  • 決してフルートを水に漬けて掃除してはいけません。クリーニングスワブを使いましょう。
  • フルートの演奏中に甘い飲み物を飲んだり、食べ物を食べたりするのは禁物です。飲んだり食べたりした場合は、フルートを演奏する前に必ず水で口をゆすぎましょう。フルートの中からガムやキャンディーを除去するには、非常にお金がかかります。
  • (まだ正しい姿勢の習得ができていない場合において)背筋を伸ばして座ることを意識し出すと、初めの内は背中が痛むでしょう。
  • フルートをケースにしまう際に、フルートキイの上にクリーニング用の布を置くのは止めましょう。キイが曲がる恐れがあります。

必要なもの

  • フルート
  • 運指表/楽譜集
  • スワブまたは柔らかい布
  • 譜面台(任意)
  • 個人レッスンの指導者(任意)
  • メトロノーム(任意)
  • フルートスタンド(任意)
  • フルート用サムレスト(任意)

記事のサマリーX

フルートを演奏するには、まずフルートを持ち、下唇の上に歌口をのせ、フルートの残りの部分は右側に水平になるようにします。次に、左手の指を口に一番近いキーに置き、右手の指をフルートの端に一番近いキーに置きます。演奏を始める前に、背筋を伸ばして座り、まっすぐに前を向きましょう。そして、口を少しすぼめて、ヒマワリの種を口から吐き出すようにして、歌口に息を吹き込みます。気息音を含んだ滑らかな音色が出るまで、少しずつ違う角度で吹いてみましょう。その後は、キーを押さえるだけで、違う音が出ます! フルートのお手入れ方法を知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: アート・エンタメ

他言語版:

English: Play the Flute, Español: tocar la flauta, Italiano: Suonare il Flauto, Français: jouer de la flute traversière, Deutsch: Querflöte spielen, Русский: играть на флейте, Čeština: Jak se naučit hrát na flétnu, Bahasa Indonesia: Memainkan Suling, Nederlands: Dwarsfluit spelen, العربية: عزف الناي, हिन्दी: सीखें बांसुरी बजाना, Tiếng Việt: Thổi Sáo Flute

このページは 597 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?