PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

フレグランスオイルは香りを楽しむために作られた人工的な香料で、天然成分のエッセンシャルオイルとは異なります。アロマオイルやパフュームオイルとも呼ばれるフレグランスオイルは、クラフト、部屋の芳香剤、香水など、香りを楽しむためのあらゆるものに使うことができます。

方法 1
方法 1 の 2:
フレグランスオイルを部屋の芳香剤として使う

  1. 1
    手作りの芳香剤を楽しむ プラスチックのスプレーボトルにフレグランスオイルを数滴垂らし、水を加えます。ボトルをよく振って、フレグランスオイルと水を混ぜ合わせましょう。2、3回スプレーすると、部屋中に香りが広がります。[1]
    • フレグランスオイルが人やペットの目にかからないように注意しましょう。
    • フレグランスオイルをスプレーする際、ストリームではなくミストモードを使いましょう。水はフレグランスオイルのキャリアとなります。
  2. 2
    フレグランスオイルをアロマポットで温める 室内で香りを楽しむ方法として、アロマポットは古代から使われています。好みの香りのフレグランスオイル3~5滴を、少量の水と共にポットのお皿に1/2~3/4の深さまで入れます。アロマポットを、子供やペットの手の届かない場所、そして引火の危険性がない安全な場所に置きましょう。お皿の下のキャンドルに火を灯すと、液が熱せられて蒸発し、室内に香りが拡散されます。
    • ラベンダーの香りのフレグランスオイルはリラクゼーション効果があります。また、レモンの香りは気持ちを明るく高揚させたり、落ち着かせたりする効果があります。
    • 喉や鼻腔に刺激を与える場合があるため、オイルの分量は多すぎないように注意しましょう。
  3. 3
    重曹にフレグランスオイルを加えて、カーペットクリーナーを作る 新しい重曹約500gにフレグランスオイルを数滴加え、よく混ぜ合わせて24時間おきます。重曹をカーペットに振りかけて、クリーナーとして使いましょう。掃除する箇所全体に、重曹を軽く振りかけます。30~60分おいて繊維に浸透させたら、掃除機で吸い取りましょう。[2]
    • 重曹の代わりに、コーンスターチを使うこともできます。
    • このクリーナーは大抵のカーペットに安心して使えますが、心配であれば、まず小さな箇所で試しましょう。
  4. 4
    靴の中にフレグランスオイルを垂らして消臭する 靴の中敷きにフレグランスオイルを1滴垂らすと、消臭効果を発揮します。[3]
    • 靴の臭いの原因が足の菌や感染症の場合は、フレグランスオイルが臭いの元を取り除くわけではありませんが、治療中の消臭剤として利用できます。
    • ペーパータオルをフレグランスオイルで湿らせ、靴の内側を拭いてもよいでしょう。
    • 靴の素材によっては、フレグランスオイルが靴を傷めてしまうことがあります。靴に使う量は控えめにしましょう。まず少量で試してから使いましょう。
  5. 5
    電球にフレグランスオイルを塗る コットンに好みのフレグランスオイルを浸み込ませ、電球に塗ります。電気をつけるとフレグランスオイルが熱せられて蒸発し、香りを放ちます。
    • 電球に多量のオイルを塗らないように注意しましょう。香りが強くなりすぎるかもしれません。
    • 何種類かのフレグランスオイルを試して、好みの香りをみつけましょう。シチュエーションごとに香りを使い分けてもよいでしょう。
    • ソケットに入れる電球の口金部分に、フレグランスオイルを塗らないように注意しましょう。また、電球が非常に熱くなることがあるため、白熱電球やハロゲン電球にフレグランスオイルを塗ってはいけません。それにより、電球の寿命が短くなる場合もあります。暖房放熱器にフレグランスオイルを塗ってもよいでしょう。
  6. 6
    便箋にフレグランスオイルを塗る 特別な香りのするラブレターは、ロマンチックで心に残るものとなるでしょう。ペーパータオルにフレグランスオイルを数滴垂らし、たたんでビニール袋に入れます。便箋も袋に入れて密閉しましょう。[4]
    • フレグランスオイルの香りが便箋に移ります。
    • 便箋が箱に入っている場合は、フレグランスオイルを垂らした小さな紙片を箱に入れておくと、箱全体に香りが浸透します。
    • 封筒にも同様に香りをつけましょう。
  7. 7
    柔軟剤シートを作る 古い白のTシャツを10cm角に切って、天然の柔軟剤シートを作りましょう。コットンの正方形の布地にフレグランスオイルを3~5滴垂らし、衣類と一緒に乾燥機に入れます。乾燥中に香りが衣類に移ります。[5]
    • コットンシートは2、3回使用できます。使用するたびにフレグランスオイルを3滴加えましょう。
    • コットンシートを洗って、違う香りをつけてもよいでしょう。手作りの柔軟剤シートは、数回再利用できます。
    • フレグランスオイルは衣類の香り付けだけではなく、静電気も防止します。
  8. 8
    引き出しの芳香剤としてフレグランスオイルを使う フレグランスオイルでほのかに香りをつけた生地を、においが気になる引き出しやクローゼットに入れると、衣類や寝具に香りが浸透します。また、好みのフレグランスオイルを浸み込ませたコットンボールを、引き出しの隅に置いてもよいでしょう。[6]
    • 香りはかなり強くなるため、少量のフレグランスオイルを使いましょう。
    • それぞれの引き出しやクローゼットに、違う香りのフレグランスオイルを使ってもよいでしょう。例えば、花の香りを下着の引き出し、「スプリングレイン」のような爽やかな香りを寝具の引き出しに入れるのもよいでしょう。いろいろ試して、好みの香りを探してみましょう!
  9. 9
    サシェ(匂い袋)を作って引き出しに入れる 色落ちしない生地を15~18cm角に切ります。小さなお皿に、大さじ2杯の重曹とフレグランスオイルを1滴入れます。よく混ぜてから、四角い布地の上に載せます。布地の四隅を合わせて、リボンで結びましょう。
    • サシェを引き出しに入れたり、クローゼットに吊るしたりしましょう。
    • サシェは引き出しの消臭をすると共に、ウールの衣類を蛾の幼虫から守ります。
  10. 10
    フレグランスオイルを無香料のシャンプーやローションに加える フレグランスオイルはシャンプーやローションなどの、無香料のボディケア製品に香りを添えます。30mlの分量に、7~10滴のフレグランスオイルを加えましょう。
    • フレグランスオイルの量を多くするほど香りは強くなり、少なくするとマイルドな香りになります。
    • 肌や髪に刺激を与えるフレグランスオイルは避けましょう。広範囲に使用する前に、小さな部分で試しましょう。肌や髪に異変を感じたら、使用を中止しましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
フレグランスオイルの特性を知る

  1. 1
    フレグランスオイルとエッセンシャルオイルは別の製品であることを理解する フレグランスオイルは、キャリアオイルに少量のエッセンシャルオイルを加えて作られます。フレグランスオイルはまた、合成キャリアにエッシェンシャルオイルを入れて作られる場合もあります。天然または合成キャリアに合成香料を加えたものも、フレグランスオイルと呼ばれることがあります。[7]
    • エッセンシャルオイルは、植物から抽出された天然の精油です。さまざまな用途に使われますが、一般的に濃度も高く香りも強いため、通常は希釈して使用されます。
    • フレグランスオイルの主な用途は、空間や物に香りを添えることです。
    • フレグランスオイルは、アロマオイルやパフュームオイルと呼ばれることもあります。
  2. 2
    フレグランスオイルの有効性を知る フレグランスオイルのなかには、合成香料が使われているものもあるため、香りの種類が豊富で、一般的にエッセンシャルオイルに比べて安価です。フレグランスオイルの香りは、エッセンシャルオイルより強く、そして長続きする場合もあります。
    • フレグランスオイルを使うと、エッセンシャルオイルを使うより環境維持に役立つ場合があります。例えば、サンダルウッド(白檀)の精油は、木全体を切り倒して作られるためです。
    • 使用目的によって、それぞれの利点を生かしてエッセンシャルオイルとフレグランスオイルを使い分けましょう。
    • エッセンシャルオイルのなかには、肌に刺激を与えるものもあります。エッセンシャルオイルを天然または合成キャリアで希釈してフレグランスオイルにすることで、エッセンシャルオイルを楽しむことができます。[8]
  3. 3
    エッセンシャルオイルをアロマセラピーに使う フレグランスオイルは芳しい香りがしますが、セラピー効果は期待できません。エッセンシャルオイルには、花、ハーブ、根、または樹脂の純粋なエッセンスが含まれています。エッセンシャルオイルはフレグランスオイルとは異なり、キャリオイルなどで希釈されていません。[9]
    • フレグランスオイルは、香りを嗅いで気分を高揚させるためのものです。
    • エッセンシャルオイルは地域ごとで少量ずつ産出されるため、製品の濃度や香りはそれぞれ異なります。そのため、エッセンシャルオイルを使って一貫した製品を作るのは、難しい場合があります。製品の一貫性を保つために、可能であればフレグランスオイルを使う生産者もいます。
    広告

注意事項

  • 知覚に敏感な人は、フレグランスオイルが体に悪影響を及ぼすかもしれません。
  • 決してフレグランスオイルを摂取してはいけません。
広告

関連記事

2週間で10キロ痩せる2週間で10キロ痩せる
肌を厚くする肌を厚くする
10日間で5kg痩せる10日間で5kg痩せる
家庭にあるものでブヨを退治する家庭にあるものでブヨを退治する
メジャーなしでウエストを測るメジャーなしでウエストを測る - wikiHow専門家からのアドバイス
ミントの葉からオイルを抽出する最高の方法
自傷跡を隠す自傷跡を隠す
脱毛後の顔の発疹をケアする脱毛後の顔の発疹をケアする
肌を黒く焼く肌を黒く焼く
自然に痩せる自然に痩せる
1日のスケジュールに従って行動する1日のスケジュールに従って行動する
アニメ中毒を克服するアニメ中毒を克服する
完璧な女の子になる完璧な女の子になる
かさぶたを治すかさぶたを治す
広告

このwikiHow記事について

Julie Brow-Polanco
共著者 ::
マスターハーバリスト、認定アロマセラピスト
この記事の共著者 : Julie Brow-Polanco. マスターハーバリストで認定アロマセラピストのジュリー・ブロウ=ポランコは、経験11年以上。自然療法の専門家として、自然療法を用いた全身の健康(特に免疫、消化器、神経、生殖の健康)サポートを専門としています。ドミニカ大学にて心理学の学士号を、スクール・オブ・ナチュラルヒーリングにてマスターハーバリストの資格を、パシフィックアロマセラピー専門学校にてアロマセラピー認定を取得。アメリカン・ハーバリスト・ギルド会員、全米ホリスティック・アロマセラピー協会認定アロマセラピスト。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 708 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告