フレンチキスをする方法

3 パート:キスの前の準備プロ並みのフレンチキスをする上級者向けのテクニックをマスターする

きっとあなたも映画のシーンで、もしかしたら公の場でも見たことがあるでしょう。フレンチキスというのはパートナーらが舌を絡めてするキスのことで、いつの時代もロマンチックな愛情表現とされています。パリに住んでいようが、テキサスに住んでいようが、恥ずかしい間違いを犯すことなくフランス人がするようなキスの仕方を学ぶことができます!フレンチキスの仕方を知りたいのであれば、パート1から読み進めていきましょう。

パート 1
キスの前の準備

  1. 1
    唇を柔らかくしておく 柔らかくツルツルで、かすかに潤った唇はキスをするには理想の唇といえるでしょう。キスの前には、あなたの唇の状態が原因でパートナーの気が散ってしまったり、その気がなくなってしまわないよう、唇が荒れていたり乾燥していないか確認しましょう。キスの前に唇を柔らかくしておきたいのなら、以下の方法を試してみるとよいでしょう。
    • リップクリームを使いましょう。適量を唇に塗り、上下の唇をこすり合わせます。(もしもあなたが女性で、香り付きのリップクリームを持っているなら尚更よいでしょう。)注意しておきたいのは、キスをする1時間またはそれ以上前にリップバームやリップグロスを塗っておくことです。さもないとあなたのパートナーは柔らかい唇ではなく、グロスがたっぷりついたベトベトの唇にキスをすることになってしまいます。
    • 水を飲みましょう。唇が乾燥しているということは水分補給が必要だというしるしです。コップ1杯(または2杯)の水を一気に飲みましょう。20~30分後には唇が滑らかになっていくのを感じることができるでしょう。
    • 唇を舐めましょう。どうしても時間がないというときは、素早く唇を舐めて上下の唇をこすり合わせます。この方法ならヨダレまみれの唇になることなく、軽く潤った状態の唇になります。これからキスする相手とアイコンタクトを取りながら、さりげなく唇を舐めるのもよいでしょう。
  2. 2
    息は爽やかに フレンチキスであろうがなかろうが、誰かとキスをするときに息が臭いことだけは絶対に避けたいものです。フレンチキスは口を開けてするので、息が爽やかであることは特に重要です。オーラルケアはしっかりとしておきましょう。誰かとキスすると事前に分かっている場合は歯を磨いたり、少なくとも水で口をゆすいでおきましょう。
    • 外出中に誰かとキスをする可能性があるときは、ミントタブレットやミントガムを常備しておきましょう。これからキスする気満々だと思われないようにするためには、さりげなくお手洗いなどで1分間ほどミントを食べたり、ガムを噛んだりするとよいでしょう。
    • ニンニク、コーヒー、玉ねぎ、牛乳、コーンなど、口にきつい臭いの残る食べ物は避けましょう。濃厚なキスをする予定でディナーデートをするのなら、食べるものには注意が必要です。
  3. 3
    良いタイミングを見計らう 素敵なキスとは、特にファーストキスや初めてのフレンチキスの場合、お互いの感情と親密さが最高に高まった状態でするキスのことでしょう。あなたとあなたのパートナーがお互いキスに夢中になれるよう、キスをするタイミングは慎重に選びましょう。イライラしていたり、気が散っているときではなく、ロマンチックなムードを感じているときに他人に邪魔されない場所でするのがよいでしょう。では、正しいタイミングとはいつなのでしょう?個々のシチュエーションにもよりますが、以下の点を参考にするとよいでしょう。
    • 完全に二人きりのとき。自分の家のバルコニーであろうが、公園のベンチであろうが、邪魔が入る心配がないときは良いタイミングといえます。
    • 相手があなたの目や唇をじっと見つめていたり、あなたの近くに立ってきたり、座ってきたりしたときなど、キスしたい素振りを見せているとき。パートナーの性別に関係なく、彼らの身振りがキスするタイミングのヒントを与えてくれるでしょう。
    • 上手くいったデートの帰り際。車の中や玄関先など、人目の少ない場所は別れ際のキスをするには適しています。
    • 「今だ」と感じるとき。キスしたいという強い衝動に駆られたら、その時は恐れずにキスをしてみましょう。(相手が同じ気持ちでなかった場合、気まずい雰囲気になったり、厄介な状況になったりする可能性もあるので、その点は理解しておきましょう。)
    • 相手の許可が出たとき。相手もキスしたいと思っているか聞いてみましょう。キスするチャンスを見逃してしまう(もしくはあなたに興味のない相手に誤ってキスしてしまう)よりも、多少気まずくなっても先に許可をもらってから自信を持ってキスをするほうがよいでしょう。
  4. 4
    アイコンタクトを取る 相手の目をじっと見つめてみましょう。あなたの気持ちを確実に分かってほしいのなら、ゆっくりと視線を相手の唇に動かして、もう一度相手の目に視線を戻します。強い眼差しで相手を見つめてから2、3秒視線を逸らし、また相手を見つめなおすのもよいでしょう。「あなたにどうしようもなく惹かれている」と感じていることがキスしたい相手に伝わります。
    • 女性なら、男性のことを見つめてから一度視線を下に逸らし、次は上目遣いで相手のことを見ると、相手の気を引こうとしているのが伝わります。
  5. 5
    微笑む 相手にキスをすることができて嬉しいと感じるのなら、その感情は表に出しましょう!笑顔はその場の雰囲気を心地よく楽しいものにするので、お互いに安心してリラックスすることができます。無理して作る、やり過ぎた感のあるような笑顔ではなく、自然で柔らかい笑顔を作ることを心がけましょう。ゆっくりとゆるい感じに唇を動かして笑顔に変えていきましょう。キスの相手と一緒にいることができて嬉しい気持ちを表しましょう。ずっと微笑み続けるのではなく、時折アイコンタクトも取りながら微笑むとよいでしょう。
    • 歯を見せる笑顔はロマンチックで魅力的というよりはフレンドリーな感じになってしまうので、唇は閉じたまま微笑むのがよいでしょう。
  6. 6
    触れ合う 好きな相手と二人きりになり、微笑みながらアイコンタクトを取ったら、次にすべきことは、触れ合うことはせずにキスに進むか、それともまずは触れ合ってからキスへ進むかを決めることです。触れ合うとは、座った状態で足が触れたり、手を握ったり、自分の手を相手の膝に置いたり、相手の腕をなでたり、軽く触れて愛情を表現することを指します。すでに過去に相手の唇にキスをしたことがあるのなら、触れ合うことは自然に感じるかもしれません。その場合は、相手の唇にキスをする前に触れ合って、リラックスした雰囲気を作れるよう心がけましょう。
    • キスをするしぐさに移りながら相手に触れるのもよいでしょう。立っている場合は相手の腕や首、肩に触れながらキスをしてみましょう。座っている状態であれば、相手の背中に触れるのもよいでしょう。
  7. 7
    近寄る 「今この瞬間だ」と感じたら、相手に近づいてみましょう。相手にその気がない場合は拒否するチャンスを与えてあげられるようにゆっくりと近づくべきですが、せっかくの雰囲気が台無しになってしまう可能性もあるので、ゆっくりすぎるのもよくありません。相手も次のステップに進む準備ができていると感じたら、もたもたせずにお互いの顔が数センチほどの距離になるまで近づきましょう。そうしたらキスしやすい角度に顔を傾けます。
    • 慎重に進めましょう。ゆっくりと接近することでテンションと期待が高まります。相手も同じ気持ちである(またはそうではない)ことを示すチャンスを与えてあげましょう。あなたが近づくと相手もあなたに合わせて近づいてくるかもしれないので、顔がぶつかってしまうのを避けるためにも、ゆっくりと近づくのがよいでしょう。
  8. 8
    顔を片方に傾ける 面と向かい合った状態でキスしようとすると、お互いの鼻がぶつかってしまいます。そうならないために左右のどちらかに顔を傾けましょう。相手が右に顔を傾けたら、あなたは左に傾けます。しかし、そこまで完璧にやろうとしなくても大丈夫です。もしも面と向かってキスをして鼻が少しぶつかってしまったら、キスをしやすいポジションに自然と顔を傾けるとよいでしょう。
    • 映画のシーンで見るようなスローモーションである必要はありません。相手に近づくにつれ顔を自然に傾ければよいのです。カタツムリのように遅いスピードでない限り、完璧にこなさなければと心配する必要はありません。
  9. 9
    目を閉じる 相手の唇に触れる前に目を閉じましょう。一般的に、目を開けたままキスをするのは誠実さに欠けるとされています。目を閉じれば集中してキスを楽しむことができます。情熱的なキスの最中に相手がどんな顔をしているのか気になって目を開けてしまいたくなるかもしれませんが、思いがけず吹き出してしまったり、ムードが壊れてしまうかもしれないので、キスの最中に目を開けるのはやめたほうがよいでしょう。至近距離で全てを細かく観察しようとするよりも、目を閉じていたほうが口元に集中することができ、キスの一瞬一瞬を楽しむことができるでしょう。
    • キスが終わって唇を離すときにゆっくりと目を開けるとよいでしょう。
  10. 10
    口元はキスしやすい位置に 子供が自分のおばあちゃんにキスをするときのように唇を尖らせるのはやめましょう。ロマンチックさに欠けるだけでなく、その唇の状態ではパートナーがあなたにフレンチキスをしにくくなります。だからといって、口元を緩めて動かさないのもよくありません。キスする気がないのかと思われてしまいます。ではどうすればちょうどよいのか、以下を参考にするとよいでしょう。
    • 少しだけ唇をすぼめてみましょう。唇にかすかに力が入る程度、軽く前に押し出すとよいでしょう。
    • 口はほんの少しだけ開いておきましょう。最初から口を全開にした状態で強引にキスをするのではなく、舌を出せる隙間を作るように、唇がかすかに離れている状態がよいでしょう。

パート 2
プロ並みのフレンチキスをする

  1. 1
    相手の唇に軽く触れる 初めはあなたの唇が相手の唇をフワッとかすめる程度の弱さで触れましょう。いきなり激しいフレンチキスをするよりも、このほうが期待と興奮が高まります。また、相手に「もっと激しいキスがしたい」と思っていることも伝わるでしょう。
    • ゆっくりと動くようにしましょう。お互いの気持ちが高まり、興奮を抑える必要もない状況で軽いキスをたくさんしても、あまり色気がありません。時間はたっぷりあると伝えるようなキスをしてみましょう。急がなくても、気づいたらキスのスピードは加速しているでしょう。
  2. 2
    相手の様子を伺う 舌を入れないキスをしてみて、いい感じの雰囲気になってきたら、次のキスに進みたいと伝わるようなヒントを出してみましょう。その相手との初めてのキスなら、フレンチキスはまだ早すぎると思われてしまうかもしれないので注意が必要です。舌を絡めたキスをしたいことを伝えるにはどうしたらよいでしょうか。以下の点を頭に入れておきましょう。
    • 口を大きめに開きましょう。あなたが口を開けていれば、相手も「舌を少し絡めてみようかな」という気になります。
    • 相手の下唇をあなたの唇で挟むようにキスをし、舌の先で相手の下唇に軽く触れます。1秒以内で素早く滑らかに行いましょう。相手にもその気があれば、同じように返してくれるでしょう。
    • 上記のテクニックを両方とも試しても相手が応じてくれない場合は、普通のキスに徹しましょう。相手が応えてくれなかったことを気にしたり、相手を申し訳ない気持ちにさせたりせずに、次の機会まで待ちましょう。
  3. 3
    舌を使う 相手も興味がありそうなら、本格的にフレンチキスをしていきましょう。舌は動かし続けることを意識して、相手には軽く触れるようにしましょう。最初は相手の口にゆっくりとあなたの舌を入れていきます。舌の位置は相手の舌の上でも下でも構いません。自信があるなら相手の舌の上であなたの舌を少し動かしてみるのもよいでしょう。相手にはその気がなく、あなただけが必死に舌を動かしていてもロマンチックなムードはすぐに冷めてしまいますので、相手もあなたのキスに応えていることを確認しましょう。フレンチキスをするときは以下のことを頭に入れておきましょう。
    • 遊び心を効かせましょう。自分の舌を使って相手の舌に軽くタッチしたら一度引くなどして、次は相手からキスしやすい雰囲気を作るとよいでしょう。
    • 舌は非常に敏感で感じやすい部分です。あなたの舌が相手の舌にかすかに触れるだけでもとても気持ちよく感じられるものなのです。
    • 深く入れ過ぎないよう注意しましょう。相手の喉のほうまで舌を押し込むのは興奮が冷めてしまう可能性があるのでやめましょう。最初は「浅く軽く」が鉄則です。相手がどのくらい深いキスをしたいのか、探りながら進めていきましょう。
  4. 4
    息をするのを忘れずに 長時間キスをしていると、呼吸するのを忘れてしまいがちです。息が切れて青ざめてしまっては、ロマンチックな雰囲気が台無しです。本当の情熱的なキスとはノンストップで何分間もするキスだと思っているかもしれませんが、ロマンチックな要素が欲しいのなら意識的に注意を払う必要があります。キスのリズムが決まってくれば、キスの流れを止めることなく息をするタイミングが分かってくるでしょう。以下の点に気を付けましょう。
    • キスの最中は鼻から軽く息をしましょう。
    • 休憩を挟むのも悪くありません。お互いの額が軽く触れる程度に顔を離し、アイコンタクトを取って微笑めば、休憩中も親密でセクシーな状態を保つことができます。
    • お互いがキスを心地よく感じてきたら、口から少し息をしてもよいでしょう。息を吐きながらキスをするのもロマンチックな雰囲気が出ます(誰しもが好きというわけではありません)。

パート 3
上級者向けのテクニックをマスターする

  1. 1
    テクニックを組み合わせる キスとは例えるなら雪の結晶のようなものであり、同じキスは2つとありません。フレンチキスをすることに慣れてくると、毎回同じようなキスをしてしまいがちですが、つまらないキスをするのは嫌だという人は、同じことの繰り返しは避けるべきでしょう。キスに飽きてしまわないよう、たまには変化を加えてみると、自分が心地よいと感じるリズムをつかむことができるようになるでしょう。以下の点に変化を加えてみましょう。
    • 速さを変えてみましょう。相手を怖がらせることなく、いつもと違ったことを試したいのなら、キスのスピードを変えてみるとよいでしょう。ゆっくりとしたキスをマスターしたら、次は少し速めのキスを数秒間してみるとよいでしょう。息もつけないような激しいキスになるかもしれません!
    • 深さに変化を加えましょう。相手といることが心地よく感じてきたら、もう少し深めのキスをしてみましょう。上手くやるコツは、キスのスピードをしっかりとコントロールすることです。いちゃついた遊び心のある雰囲気が欲しいなら、軽めのキスに戻るとよいでしょう。
    • 力の入れ方を変えてみましょう。濃厚なキスはお互いがリラックスできるシチュエーションでしましょう。舌に少し強めに力を入れて、動かすのも忘れないようにしましょう。
    • 相手の歯の裏や表面を舌で舐めてみるのもよいかもしれません。少しくすぐったい感じがして、キスがより刺激的なものになるでしょう。相手の下唇を歯で軽く噛むように挟んでみるのもよいでしょう。しかし、歯を使ったキスは好きではない人もいるので、すぐに歯をしまえるようにしておきましょう。
  2. 2
    手を使う 相手とキスをするのが初めての場合は特に手の使い方に気を付ける必要がありますが、ただ体の横にぶら下げていればよいというわけではありません。手で相手の体に触れると(失礼のないようにしましょう)、ロマンチックなムードが高まり、相手もあなたとの繋がりがさらに深まったように感じるでしょう。相手の体に触れたら、時々そっと手を動かしてみましょう。力を込めすぎないよう注意しましょう。フレンチキスをするときの手の使い方については以下を参考にするとよいでしょう。
    • 一般的な決まりとしては、まずは相手の腰に手をあて、徐々に背中や顔、髪の毛などに触れていくとよいとされています。
    • 相手の肩を優しくなでるのも初めてのキスを興奮させると言われています。相手と一緒にいることを心地よく感じていることが伝わります。
    • 両手で相手の顔を包み込むように頬に触れ、首へと移っていきます。
    • 両腕で相手を抱きしめるように触れるのも定番です。
  3. 3
    相手のボディーランゲージを見る 人それぞれキスの仕方は違いますし、キスの楽しみ方も異なります。「正しいキスの仕方」など存在しません。良いキスをするにはお互いの意思疎通が必要になってくるので、ボディーランゲージからヒントを得ながら相手の好みを探っていきましょう。一番大切なのは、相手があなたのキスのペースと愛情表現の仕方を心地よく感じているかということです。
    • みんながみんな同じキスのされ方が好きというわけではありません。以前のパートナーがあるキスの仕方を気に入っていたからといって、今のパートナーもそのキスの仕方が好きとは限りません。相手の出すシグナルを読み取って、お互いが気持ちよく感じるスタイルを見つけていきましょう。
    • もしも相手が引き下がったり、心地悪そうにしていたら、ペースを落とす必要があります。
    • 相手にもキスし返してもらい、そのキスの仕方が気に入ったら、相手の動きに合わせてキスを進めていくとよいでしょう。
    • 相手があなたのどのような舌使いを楽しんでいるか、ヒントを見つけてみましょう。キスの最中に相手から息や喘ぎ声が漏れていたり、より激しくキスしてきたりしたら、それはあなたのキスを楽しんでいるということです。
  4. 4
    練習する フレンチキスにかかわらず、良いキスをするには練習が必要です。回数を重ねることで上手になっていきます。加えて、同じ相手とキスを練習すればするほど、キスすることが心地よく感じるようになり、お互いにぴったりのキスの仕方を見つけることができるでしょう。最初のキスが上手くいかなかったからといって、この先もその相手とのロマンチックなキスは望めないというわけではありません。忍耐強く、ゆっくりと優しいキスをし続けて自分たちにあったリズムをつかむとよいでしょう。
    • 真剣になりすぎる必要はありません。何かを試して失敗してしまっても、笑って軽く謝り、またやってみればよいのです。上手くキスができなかった後に落ち込んでいると、相手も気まずくなってしまうので、気を落とす必要はありません。
    • 最初のキスは、最初に性交渉を試みるのと同じで、そんなに大袈裟にすることではありません。相手と一緒に上手くなっていくのが楽しみの1つであるといえるでしょう。
  5. 5
    コミュニケーションを取る 相手のキスの仕方が好きなら、そのことを伝えてあげましょう。反対に、何か不快に感じることがあればそれも伝えるべきですが、遠回しに伝えると同時に相手がしてくれて気に入ったことを褒めるようにしましょう。相手に何かを正直に伝えられても過剰に反応したり、傷つく必要はありません。そうしてしまうと相手が今後あなたとオープンなコミュニケーションを取りづらくなってしまうでしょう。
    • キスが間違った方向にいってしまっても、お互いに笑い合えれば二人の関係は親密なままです!大切なのは、お互いの気持ちや今後改善していきたいことを正直に伝え合うことです。
    • 相手がどれだけ魅力的か、相手のことをどれだけ好きかを言葉で伝えるのも大切です。相手と一緒にいることができてどれだけ幸せなのかをはっきりと伝えましょう。そうすることでフレンチキスもより自然なものになっていくでしょう。

ポイント

  • 積極的になりましょう。フレンチキスをされていて、続けてほしいのなら、ただ座っているだけでなく積極的にキスに応えましょう。相手の動きに応えるように、舌や唇の動きを使い、あなたもリードしてみるとよいでしょう。もしもキスに関して不快に感じることがあったら、一旦相手から体を離したり、そっと唇を閉じましょう。そうすれば相手にも伝わるはずです。
  • どのくらいの間キスをし続けなければいけないという決まりはありません。心地悪くなったら一度キスをやめましょう。そうでない場合はあなたか相手のどちらかが離すまで楽しみましょう。たいていの場合は同じタイミングで離れるようです。唇を離すときに相手の上唇か下唇のどちらかを軽く吸うと、とてもロマンチックだと感じる人も多いようです。息を整えたらまたすぐにキスに戻ることもあるでしょう。
  • フレンチキスをしていると、唾液が溜まりますが、それがロマンチックなムードに影響を与えてしまうことも少なくありません。キスは続けたまま、適度に唾液を飲み込むようにしましょう。それが難しい場合は、一旦唇を離しても構いません。離すときに相手に微笑みかけると、ただ休憩しているだけであって、相手を突き放そうとしているわけではないことが伝わるでしょう。

注意事項

  • フレンチキスをすると、ヘルペスや単核球症などの感染症が起こる可能性もあるということを覚えておきましょう。
  • 相手が続けようとしていても、あなたが不快に感じたり、それ以上は望まないのであればその旨をしっかりと伝えましょう。はっきり「嫌だ」と言ってよいのです。
  • 歯科矯正をしていてもフレンチキスはできます。ただ、矯正器具がお互いに触れてしまわないよう注意しましょう。また、舌で器具を触るのも避けましょう(舌が切れてしまうかもしれません)。

出典と引用

記事の情報

カテゴリ: 恋愛関係維持 |

他言語版:

English: French Kiss, Español: dar un beso francés, Deutsch: So wird man zum Zungenkuss‐Profi, Português: Beijar de Língua (Beijo Francês), Français: embrasser à la française, Nederlands: Tongzoenen, Italiano: Baciare alla Francese, Русский: целоваться по‐французски, 中文: 法式舌吻, Bahasa Indonesia: Melakukan French Kiss, Čeština: Jak na francouzské líbání, العربية: أداء القبلة الفرنسية, 한국어: 프렌치 키스하는 법, Tiếng Việt: Hôn kiểu Pháp, ไทย: จูบแบบฝรั่งเศส

このページは 117 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?