フレンチトーストを作る方法

元々フレンチトーストは古くなったパンの再利用法として考案されました。温かくふっくらとしたフレンチトーストはブランチや寒い日の朝食メニューに加えるのに最適な料理です。これからご紹介する方法を活用すれば、いますぐおいしいフレンチトーストをお楽しみいただけます。

材料

  • パン2枚につき卵1個
  • ノンスティック用スプレーオイル、オリーブオイル、もしくはバター/マーガリン
  • シナモン(風味付け用)
  • バニラエクストラクト(もしくはバニラエッセンス)小さじ1/2、またはアーモンドエッセンス
  • パン(6切れ)お好みのパンをご使用ください。
  • アイシング用砂糖、シロップ、ジャムなど
  • 牛乳(使用する卵の量次第です。卵1個につき牛乳大さじ2)

ステップ

  1. 1
    コンロもしくはホットプレートを、中~強火に設定します。コンロの上で調理を行なう場合は、フライパンをコンロの上にのせてから中~強火に設定します。フライパンにノンスティック用オイル、オリーブオイル、もしくはバターを敷き、パンがフライパンにつかないように準備します。
    • フライパンに敷いた油は必要に応じて全体に行き渡らせ、余分な油は拭き取ります。
  2. 2
    ボウルに卵を割り入れます。
  3. 3
    牛乳、バニラエクストラクト、シナモンを加え、フォークか泡立て器でかき混ぜて卵液を作ります。
  4. 4
    フライパンに火が十分に行き渡ったのを確認したら、火を弱火に下げます。
  5. 5
    パンを卵液に浸します。
  6. 6
    パンの両面を卵液で覆いましょう
  7. 7
    一枚ずつフライパンにのせます。
  8. 8
    パンの両側が黄金色になるまでフライパンで焼きましょう(片側約45秒ずつです)。
  9. 9
    フレンチトーストを皿に盛りつけます。シロップをかけてすぐにお召し上がりください。
    • さらにおいしくするために、温めたアップルソースやシナモン、もしくはアイシング用砂糖などを加えましょう。
    • 付け合わせとしてベーコン、ソーセージ、果物の生クリーム添え、卵などを加えると、さらにおいしい食事に変身します。

ポイント

  • フレンチトーストを焼く時、火を高温に設定しすぎないようご注意下さい。高温で調理をすると、パンの両側が焦げても中は生焼けという状態に仕上がってしまいます。必ず中火で調理しましょう。
  • フレンチトーストをひっくり返す前に、パンの上に砂糖をふりかけましょう。キャラメライズされた砂糖の層がパンの外側にできあがります。
  • 大量に作るときや卵液に浸しすぎるのを避けるための方法をご紹介します。最初にボウルに卵液を作り、卵液を少し丸いケーキ型に流し入れます。ここにパンを少し浸した後、裏返します。簡単に卵液にパンを浸すことができる方法です。
  • パーティーなど特別な日にフレンチトーストを作る場合は、パンをクッキー型で型抜きしてから卵液に浸しましょう。いつもと違った形のフレンチトーストがパーティーを盛り上げます。
  • スーパーなどで購入して固くなってしまったシナモンパンでフレンチトーストを作ると、とてもおいしく仕上がります。
  • 固いパン(バゲットやパン屋で購入したパン)を使う場合は、フライパンの上で焼く前に卵液にしっかりと浸して柔らかくしましょう。工場で生産されているパンを使う場合は、卵液に浸しすぎないようにご注意ください。
  • より甘く仕上げたい場合は、調理する際に砂糖を加えてください。
  • フレンチトーストのレシピは元々は古くなったパンを再利用するという考えから生まれた調理法です。古いパンを使ってフレンチトーストを作るとより素晴らしい仕上がりになります。
  • 卵は10−15分程度置いて室温に戻してからご使用ください。他の材料とより混ざりやすくなります。
  • 古くなったぶどうパンをフレンチトーストに使う場合は、バニラエクストラクトとシナモンを入れる必要はありません。
  • 加える牛乳の量の目安としては、使う卵と同量程度の牛乳を加えるのがよいでしょう。卵に牛乳を加えたら、一気に混ぜます。
  • 残った卵液はスクランブルエッグオムレツに再利用できます。

注意事項

  • フレンチトーストには完全に火を通しましょう。生卵の摂取は病気を引き起こす原因となります。きちんと調理されていないフレンチトーストは、トーストの中の卵が生の状態で残っている可能性があります。
  • 電子コンロの取り扱いにはご注意ください。
  • 上記の材料をご使用になるときは、食品アレルギーがないか確認してからお試しください。

必要なもの

  • ボウル
  • (コンロを使用する場合)フライパン
  • コンロもしくはホットプレート(ご自由に選択ください)
  • フォークもしくは泡立て器
  • フライ返し
  • 盛りつけ用の皿

出典

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む261人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 食・おもてなし

他言語版:

English: Make French Toast, Français: faire du pain perdu, Italiano: Preparare un French Toast, Deutsch: Französischen Toast machen, Português: Fazer Torradas Francesas (Rabanada), Español: preparar tostadas francesas, Nederlands: Wentelteefjes maken, Русский: приготовить тосты по французски, 中文: 制作法式吐司, Čeština: Jak udělat francouzský toast, Bahasa Indonesia: Membuat French Toast, ไทย: ทำขนมปังชุบไข่แบบฝรั่งเศส, हिन्दी: फ्रेंच टोस्ट बनाएं, العربية: عمل التوست الفرنسي, 한국어: 프렌치 토스트 만드는 방법, Tiếng Việt: Chế biến Bánh mì nướng kiểu Pháp

このページは 3,161 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?