PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

フレンドリーな人とは、新しい出会いを楽しみ、気さくで話しかけやすそうな雰囲気のある人です。飛行機、レジの列、あるいは通勤途中のバスで見知らぬ人と突然の会話を始めることのできる人です。とても自分には無理だと思っていませんか?無理なことではありません。フレンドリーさというのは、周囲の人がどれだけあなたと楽に接することができるか、また、どれれだけあなた自身も会話を楽しんでいる様子を示すことができるかを意味しています。この記事を参考にその方法を学びましょう。

パート 1 の 3:
話しかけやすい雰囲気を作る

  1. 1
    笑顔を増やす フレンドリーになるためだからといって、誰にでも笑顔をふりまかなければならないわけではありません。ただ、日常的に見せる笑顔を3割増しにすることを心がけましょう。相手は友人でも、見知らぬ人でも、通りかかった人でも構いません。こうした努力をすることで、話しかけやすく気さくな人だという印象を与えることができるでしょう。一度会ったことのある人と道ですれ違った際に相手は違う方向を向いていて、あなたに気づきもしなかったという経験はありませんか?その時の気持ちを思い出してみましょう。周囲に好印象を残したいのであれば、笑顔を増やしましょう。
    • 会話の最中も笑顔を増やす努力をしましょう。
    • 1人の時でも毎日笑顔の練習をしましょう。笑顔になるという行為によって、たとえそれが作り笑顔だとしても、脳から気持ちを高め気分が良くなる物質が分泌されます。[1]
  2. 2
    ボディーランゲージを用いる 気さくで話しかけやすい印象を与えたいのであれば、ボディーランゲージを上手に取り入れることが不可欠です。例として下記を試してみましょう。
    • 脚は組まずに揃えておく。
    • 前かがみにならず真っすぐな姿勢を維持する。
    • 腕は組まずに体の脇に添える。
    • 相手の方に身を乗り出す。
  3. 3
    相手に集中する 最近熱中しているスマホのゲームのことで頭を一杯にしてしまう代わりに、身の周りで起きている物事の全てに気を配りましょう。ケータイをいじっていたり本に集中していると、他人と話す時間がなさそうな印象を周囲に与えます。パソコンを真剣な顔つきでのぞき込む、ネイルをいじるといった仕草も同様です。そこで、前を向いて笑顔を作り、周囲に意識を向けましょう。想像して以上に多くの人が、あなたをフレンドリーな人だと思い、話しかけてくれるようになるでしょう。
    • 誰かと会話をしている最中は特に、スマホに気を取られていると失礼な人だと思われてしまうでしょう。
  4. 4
    アイコンタクトをとる 通りがかった人に挨拶をしている時でも、面と向かって誰かと会話をしている時でも、アイコンタクトは重要です。ただし、常に相手の目を見つめる必要はありません。もちろん、誰かの話を聞いている時は、できる限り多くアイコンタクトをとることができるようになりましょう。この会話があなたにとって重要で、時間を割く価値のある相手なのだということが伝えられます。自分の話す番になったのであれば、より辺りを見まわしても良いでしょう。
    • 建物の廊下を歩いていて、自分と相手しかその場にいない時は、爪に気を取られているふりをするのではなく、相手の目を見て、こんにちは、と声をかけてみましょう。
  5. 5
    よく笑う よく笑うことができるという点もフレンドリーな人の特徴です。相手の話す内容の全てに笑うということではありません。わざとらしく聞こえてしまします。ただし、これまでよりも日常生活で笑う場面を2割増しにすることを心がけましょう。誰かがあなたを笑わそうとしていたり、面白いことを言っている時や、純粋に場を明るくしたり相手の自信を高める必要がある時は特に、意識的に笑うようにしましょう。より多く笑うことで、会話の雰囲気が良くなるだけでなく、周囲の人、つまりその場を通りかかった人に対しても、フレンドリーな人だという印象を与えることができます。
    • 笑顔と笑い声の両方を増やしましょう。相当な効果があるはずです。
    広告

パート 2 の 3:
気さくな会話を習得する

  1. 1
    世間話ができるようになる 世間話ができるようになると、大きな進歩を遂げることができます。これまでは、忙しい、集中できない、あるいは純粋に人見知りだからといった理由で世間話に苦手意識を持っていたかもしれません。幸い、思っているほど困難なことではありません。相手を和ませ、共通点を見つけ、少し自分について話すことさえできれば良いのです。楽に話せるようになってきたようであれば、より深く、個人的な内容などについても触れてみましょう。
    • 世間話はうわべだけの話だと考えている人もいますが、そのようなことはありません。どのような友情や人間関係も、きっかけは世間話だったでしょう。今日初めて会った人に生きることの意味について語ることはできないはずです。
    • スーパーなどのレジの店員と言葉を交わすのも良いでしょう。天気や病みつきになる美味しさのアボカドについて言葉を交わしても、相手のアクセサリーを褒めるのも良いでしょう。このように周囲の人と接することで、あなた自身の気分が良くなり、一日の進みが速くなったように感じるでしょう。
    • どのようなスキルでも言えることですが、世間話ができるようになるには練習が必要です。1日の間で、できるかぎり多く世間話を取り入れてみましょう。何か質問(例えば「この本読んだことあります?面白かったですか?」)をしてみたり、身の周りの環境について話してみましょう(例えば「花が満開ですね!春なんですね!」)。
  2. 2
    相手に関する質問をする フレンドリーになりたいのであれば、周囲の人間に関心を示さなければなりません。相手の性格、考え方、そして行動について純粋に関心があるのだということを示しましょう。そして、そのような姿勢が窺えるような質問を相手に投げかけましょう。もちろん、あまりに個人的な話題や相手が侮辱されたような気持ちになる質問は慎まなければなりません。始めのうちは定番の話題に留め、お互いをさらに良く知るようになったら徐々に内容を変えていくと良いでしょう。例えば、次のような当たり障りのない話題が役立ちます。[2]
    • ペット
    • 応援しているスポーツチーム
    • 趣味
    • お気に入りのバンド、本、映画
    • 大好物の食べ物や飲み物
    • 兄弟や姉妹
    • 週末の小旅行
    • 学校や仕事
    • 目標
    • お気に入りの休暇先あるいは行ってみたい場所
  3. 3
    相手を褒める 相手を褒めること(心から褒めること)を心がけると、フレンドリーさが増します。ささやかな褒め言葉を適切なタイミングで述べると、「なんて良い人なんだろう」と相手は喜び、よりくつろいだ気分で会話を楽しんでくれるでしょう。まだ相手をよく知らないのであれは特に、深い褒め言葉は必要ありません。身につけているアクセサリー、その日の服装、髪型、あるいはその人のユーモアのセンスなどを褒めることができれば充分効果的でしょう。
    • 誰かと話しながら、「この人の最も素晴らしい素質って何だろう」と自問しましょう。比較的楽に思い浮かぶはずです。
  4. 4
    名前を呼ぶ とてもシンプルな方法ですが相手に好印象を与えたい時はかなり効果的です。相手の名前を用いると、本当にその人に関心を持っていることが伝わり、一個人として覚えてくれていることに相手は嬉しくなるでしょう。しつこく何度も挟む必要はありません。「〇〇さん、こんにちは」と挨拶の際に名前を加えたり、「○○さん、それは確かにそうですね」と、会話の流れの中で自然に取り入れましょう。とてもフレンドリーな人に見えるでしょう。
    • 初めて会い、自己紹介をお互いにしたばかりであれば、相手の名前を会話の中で1~2回用いることで、名前を記憶しやすくなります。
  5. 5
    自分がよそよそしい態度をとっていないか意識する 無意識のうちによそよそしい態度をとってしまっている人もいます。「おはよう」と言いながらこちらに近づいてくる人がいれば、その人はあなたと話をしたいのです。挨拶を返してそのまま歩き去ろうとするのは失礼でしょう。単に忙しそうな雰囲気を醸し出しているだけだと思っているかもしれませんが、冷たい印象を与えてしまっているかもしれません。
    • 後ろの人のためにドアを押さえて待つ、笑顔を向けられ自分からも笑顔を返すといった気遣いができず、隣に人が立っていても面識がないため目を合わせないようにしているようでは、失礼な人だと思われても仕方ないでしょう。
    • 一般的な常識とマナーに基づいて行動するだけでも、ぐっと他人とのつながりに気づきやすくなるでしょう。自分のためにドアを押さえてくれている人がいれば、「ありがとうございます」とお礼を言うだけでその人の気分が明るくなり、気さくな会話が始まるきっかけとなるかもしれません。
  6. 6
    前向きな話題を選ぶ 誰かと話をしている時は、気分が明るくなるような話題を選びましょう。仕事や学校についての愚痴や、自分の身に起きた不幸な出来事、後ろ向きな考え全般を聞かせる代わりに、自分の身に起きた幸運な出来事、楽しみにしていること、あるいはテレビで見かけた面白いコーナーなどについて話してみましょう。こうした前向きな話題について会話をすると、とても面白くて明るい人という印象を与えます。そのフレンドリーさから、周囲の人からも話かけられやすくなるでしょう。
    • 暗い話題を避けるために、自分を偽る必要はありません。
    • 宗教や政治といった論争を巻き起こしやすい話題は避けましょう。
    • もちろん、なにか大変なことがあり、愚痴をこぼしたのであれば我慢する必要はありません。ただし、悲観的な人だと思われないよう、何か後ろ向きな話を1つしてしまったのであれば、前向きな話を3つするようにしましょう。
  7. 7
    心を開く フレンドリーになるとは、自分の内面を少しさらけ出し、自分に関することを他人と共有するということも含まれています。もちろん、胸の奥深くにしまってある秘密を明かす必要はありません。少し恥をかいてしまった経験やドジをした話、少し変わっている面を共有できる話があると特に効果的で、面白みがあり話しやすい人だと周囲は思うでしょう。
    • 子供のころ飼っていたペット
    • 旅先の珍道中
    • 兄弟(姉妹)に仕掛けたいたずら
    • 笑える失敗談
    • 昔からやってみたいと思っていたこと
    • 珍しいことに挑戦した時の話
    • 家族に関する話
    広告

パート 3 の 3:
交友関係を広げる

  1. 1
    意識的に様々な人と出会い会話をする これもまたフレンドリーな人だという印象を与えることのできる方法です。内気であったり、新しい人と知り合うのは時間の無駄だと考えているかもしれません。こうした考え方は今日までとしましょう。飛行機でたまたま隣になった人、パーティーに来ている人、あるいは「知り合いの知り合い」に自分から話しかけてみましょう。その時の状況に気を配り、相手もまた初めて会う人と話をしたいと思っているのかどうかを見極めましょう。そして、大きな笑顔を浮かべて近づいていきましょう。
    • もちろん、見知らぬ人全員に話しかける必要はありませんが、数が多いほど慣れるのも速いでしょう。
    • 面識のない人に自己紹介をしましょう。複数の友達と過ごしていて、自分だけまだ会ったことのなかった人が輪に加わった際は、自分から率先して話しかけましょう。
  2. 2
    周囲の人を誘う よりフレンドリーな人になるとは、様々な人とより多くの時間を過ごすことも含まれています。どのようにこれを実現することができるでしょうか?まずは、ささやかな試みから始めましょう。例えば、誰かを誘って、映画や無料コンサートに一緒にでかけたり、お茶をしに行きましょう。このような誘いを相手が嬉しそうに承諾してくれる度に自分がフレンドリーな人になっていっているのが感じられるでしょう。少なくとも週1回はこのようにして人を誘う習慣を続けていけば、徐々にフレンドリーな人になっていくことができるでしょう。[3]
    • 勇気をだしましょう。少し面識があったという程度の人に声をかけ1対1で過ごす時間を作り、友人関係を築いていきましょう。
    • パーティーを開きましょう。様々な人を招き、紹介し合えるような場を提供しましょう。
  3. 3
    招待を受ける 人から誘われたり声をかけられた時は「イエス」と言うようにするというのも良いでしょう。あまり面識のない人と過ごすことが不安だったり、毎日忙しくしていて気が乗らない人、あるいは、お気に入りのおやつを用意して大切なペットと自分一人で過ごすほうが楽しいと感じる人もいるでしょう。ですが、フレンドリーな人になりたいのであれば、このハードルを超えなければなりません。人から映画や食事、パーティーに誘われることがあれば「イエス」と言いましょう。[4]
    • もちろん、全く気が乗らないイベントにまで加わる必要はありません。ただし、断ろうと思った時は、なぜ断りたいと思ったのかを考えてみましょう。経験がなく不安だからでしょうか?人があまり好きではないからでしょうか?それとも、純粋に面倒だと思ったからですか?このような理由で楽しいイベントを逃すのは勿体ないことです。
  4. 4
    社交的になる フレンドリーになりたいのであれば、より多くの時間を友達と過ごすようにしましょう。自分1人でなく人に囲まれて過ごす時間を増やすことで、周囲の状況や人の感情によく気がつけるようになり、交流することに慣れていくでしょう。自分のスケジュールをパーティー、イベント、仲間とのハイキング、サイクリング、プール、といった楽しそうな内容で一杯にして、フレンドリーに振舞う機会を増やしましょう。[5]
    • このように社交的になるには、交友関係を築くことを第一の優先事項にする必要があります。少なくとも今の時点では、仕事、学校、その他の義務などに時間を割きすぎないようにしましょう。
    • 沢山の予定を入れて忙しい社交生活をおくることが大切な一方で、自分のためだけの時間も必ず確保するようにしましょう。これまで1人でいることに慣れていたのであれば特に「ガス抜き」も必要になります。
  5. 5
    苦手な人にも気さくに接するようにする これは、簡単に心の折り合いをつけることができる話ではないかもしれません。もちろん、今まで最大の敵だと思っていた人(例えば厳しい数学の先生、偏屈な叔父、いつも隅にいて物静かな女の子など)と大親友にならなければいけないというわけではありません。これまでよそよそしく接していた相手に対して親切に振舞ってみると、思っていた以上にすがすがしい気分になる自分に驚くかもしれません。また、相手も想像以上に気さくに応答してくれるかもしれません。
    • これまで、どちらかというと冷たく接していた人を5名書き出してみましょう。(親切心なんて無意味だと思ってしまう自分がいても)この5名それぞれに親切に振舞う方法を考えてみます。フレンドリーな人になるためには許す心がカギを握ります。恨んでいると心の内側に怒りが溜まり、それが態度に現れてしまうかもしれません。
  6. 6
    自信のなさを克服する あまりフレンドリーに振舞うことができないのは、自信がなく、他人の意見が気になりすぎるからかもしれません。なぜ他人をあまり信用せず、冷たく接してしまうのか、根底にある原因は何なのか、実は低い自意識と自己評価が原因ではないのか、よく考えてみましょう。これが理由として当てはまる場合は、ありのままの自分と自分の人生を愛し、短所の改善に取り組みましょう。
    • もちろん、自信のなさを克服するには何年もの努力を要します。こうした課題が根底にあると認識することができるだけでも、周囲の人に親切な態度で接しようという気持ちが増すきっかけとなるでしょう。周囲の人もあなたと同じように、場合によってはあなた以上に、自信がないこともあるという点も覚えておきましょう。
    • 社会不安が強く、日常生活に支障をきたしている場合は、カウンセラーなどのメンタルヘルスの専門家に相談したほうが良いかもしれません。
  7. 7
    同年代の知り合いを作る 年齢が近い人とは、人生の節目が訪れるタイミングも似ています。例えば、大学に入学する、社会人になる、母親として忙しく過ごす、あるいは初老を迎え1人で過ごす時間が増えたといった、様々な段階を経験します。年齢が近いだけでなく、こうした段階が似ている人と知り合うことができると、共通の話題も多いでしょう。
    • 例えば、子育て中の母親であれば、同年代の母親のグループに参加することで有意義な友人関係を築くことができるかもしれません。
  8. 8
    人に関心を持つ 「フレンドリーそうな人」ではなく「フレンドリーな人」になるうえで、この点はとても大切です。純粋にフレンドリーな人は他人に対して親切で、相手に少しでもくつろいだ気分になってもらいたいと色々と努力をします。また、周囲の人の喜怒哀楽にも敏感です。自分を良く見せようとするためだけに誰かと話をしたり、SNS上の友達を増やすことに興味はありません。本当にフレンドリーな人と、フレンドリーさを装っている人の違いは周囲も気づくでしょう。[6]
    • 全員に関心を持つことは難しいかもしれませんが、努力をすればするほど、フレンドリーな自分が自然に感じられるようになるでしょう。
    • フレンドリーな人になることとは、装うことではありません。より話しかけやすい人、周囲の人に敬意をもって接することができる人、そして明るく前向きな雰囲気で場を満たすことができる人を指しています。
  9. 9
    フレンドリーな人と付き合う フレンドリーな人に囲まれていれば、自ずと自分もフレンドリーに振舞えるようになるものです。あなたにとってお手本になるだけでなく、明るくフレンドリーな雰囲気があなたにも「伝染」するはずです。
    • フレンドリーな人に囲まれていると、あなた自身も話しかけやすく見えるでしょう。
    • 逆に、不親切で威圧的、かつ失礼な人に囲まれていると、あなた自身も話しかけにくい人のように思われてしまいます。直接関わりを持ちたくないと恐れられるだけでなく、一緒に行動しているあなたまで同類の人間なのだろうと勘違いされてしまうかもしれません。
    広告

ポイント

  • 恥ずかしがらずに、しばらく話していなかった人に声をかけてみましょう。疎遠にならないようにしましょう。きっと感謝されます。
  • 鏡越しに自分をみて、自分の見た目に関する長所を考えてみましょう。自分で自分のことが好きなのであれば、他人も好きになってくれるでしょう。
  • 知り合う人を好きになるようにしましょう。好きになることで言葉遣いやボディランゲージが好意的なものになり、結果的に人の最も良い部分が引き出されます。他の人も自分と同じくらいフレンドリーだということに度々気がつくでしょう。
  • 失礼で侮辱的な態度は禁物です。親切さと礼儀を忘れないようにしましょう
  • 趣味、ペット、ロックバンドなど、誰にでも大好きなお気に入りがあります。会って話をする人との間に共通の関心事が見つけられると良いでしょう。
  • 誠実な態度で接し、関心をもちましょう。「はい・いいえ」で終わってしまわないような質問の仕方を工夫し、相手の興味、関心事について聞いてみましょう。
  • 友達になりたいと思っていた人に対してだけでなく、誰に対してもフレンドリーになりましょう。
広告

注意事項

  • フレンドリーになりすぎると警戒されることもあります。人から距離を置かれ、あなたに対してあまり良い印象が残らないでしょう。
  • ユーモアや冗談の内容にも注意しましょう。自分にとっては面白可笑しいことでも、周囲の人の受け止め方は異なることもあります。知らないうちに誰かを怒らせていたということも、よくあります。冗談を含んだ気さくな会話だと思っていたのに相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません。職場、サークル、学校といった社会的な場では、これが大きな問題になることもあります。
広告

関連記事

本当の友達と見せかけの友達を見分ける本当の友達と見せかけの友達を見分ける
親友を失ったことを乗り越える親友を失ったことを乗り越える
最高の親友になる最高の親友になる
女の子と両想いかどうかを確かめる女の子と両想いかどうかを確かめる
友人に嫉妬されているかを知る友人に嫉妬されているかを知る
人の信頼を取り戻すために説得する人の信頼を取り戻すために説得する
親友を取り戻す親友を取り戻す
自尊心の低い人を助ける自尊心の低い人を助ける
友達と話す友達と話す
友人に謝る友人に謝る
親友に抱いた恋愛感情を冷ます親友に抱いた恋愛感情を冷ます
女子を自分に夢中にさせる女子を自分に夢中にさせる
女の人を励ます女の人を励ます
他人に対して抱く恨みに向き合い対処する他人に対して抱く恨みに向き合い対処する
広告

このwikiHow記事について

Adam Dorsay, PsyD
共著者 ::
心理学者、TEDxスピーカー
この記事の共著者 : Adam Dorsay, PsyD. 認定心理学者のアダム・ドーセイ博士は、カリフォルニア州サンノゼの個人クリニックにて、強い成功意欲や責任感を持つ大人を対象としたカウンセリングを行っています。相談者がストレスの軽減や不安感のコントロール、そして人間関係の改善を行い、幸せな生活を送れるよう、サポートを行っています。Facebook本部が運営するインターナショナルプログラム「Project Reciprocity」の共同制作者でもあり、2016年にTEDx talkの壇上で行った「男性と感情」についての講演は多くの人々により視聴されています。サンタクララ大学にてカウンセリング学の修士号を、2008年に臨床心理学の博士号を取得。 この記事は1,755回アクセスされました。
カテゴリ: 友情
このページは 1,755 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告