フロスダンスは、当時15歳のラッセル・ホーニング(バックパック・キッドとしても知られています)がアメリカのコメディ番組「サタデーナイトライブ」で踊ったことがきっかけで、初めて話題になりました。今日においても、フォートナイトという人気のビデオゲームの中に出てきます。腰と手を高速の速さで反対方向に振り、文字通り、デンタルフロスをするように動くのがフロスダンスです。自宅で練習して、新しく習得した動きをダンスフロアで披露してはどうでしょうか。

方法 1 の 2:
動作を覚える

  1. 1
    両足を腰幅に開いて立ち、両手は拳を作って体の横に添える 視線を前に向けて胸を張ります。拳を握ることで、大きなデンタルフロスを握っているかのように見せます。[1] 
    • 膝は少し曲げておくと柔軟性がでて、体を動かしやすくなります。
  2. 2
    両腕を左側へ振りながら、左手を体の前、右手を体の後ろに持ってくる 両腕を真っすぐに伸ばし、拳は握ったままにして、滑らかな動きで両腕を体の横にスイングします。[2]
    • まず両腕を右側に振ってから左側へ振るようにすると、よりダイナミックな動きになります。
  3. 3
    両手を左側へ振りながら、腰を右側に持ってくる 両腕を左側へ振りながら、体をその間を通して右側へ振りましょう。両腕と腰が、体の真ん中で交差した後に反対方向へスイングするように、滑らかな一続きの動作で行います。[3]
    • 両腕は、体の側面と肩の高さの真ん中あたりまで持ってきます。腕と肩が45度の角度を作るイメージで行うと良いでしょう。
    • フロスダンスでは、腰は前後に動かしません。横方向にだけ動かします。
    • 腰は自分の好きな振り幅で振りましょう。腰の振り幅が小さい程、速いスピードで踊れます。振り幅を大きくすれば、よりダイナミックな動きになります。

    フロスダンスの習得が難しい場合

    踊り方を丁寧に教えている無料動画を見るという方法があります。

    InstagramやTwitter等で他人が踊っている動画を検索して、それを見ながら真似してみるのも良いでしょう。

    または、友人に教わるという手もあります。

  4. 4
    両腕を右側へ戻して腰を大きく反対側に振る 直前のステップで行った動きを今度は反対方向に行います。腰を元の位置に戻し、両腕は少し右側に来るようにします。
    • 左腕は体の前、右腕は体の後ろのままで、体を両腕の間を通して元の位置に戻しましょう。
  5. 5
    両腕を体の前でスイングして左側へ持ってくる 両腕を伸ばし、拳は握ったままにします。この動作によって、今度は、反対側のスイングを始める体勢に入ります。
    • 拳で半円を描くようにイメージしながら両腕を左側へ動かすと良いでしょう。拳は腰に触れるくらい体の近くで動かします。
  6. 6
    腰を左側に振りながら、右腕が体の前に、左腕が体の後ろに来るように両腕を右側へスイングする 前述のステップで行った動作を反対方向に行います。今度は、右腕が体の前、左腕が体の後ろに来るようにします。
    • 腕と腰の振り幅は自分の好みで決めましょう。
    • 体を歯間に見立てて、手に持ったデンタルフロスで歯間を掃除している様子を想像しましょう。
  7. 7
    スピードを上げながら、腰と腕のスイングを繰り返す フロスダンスは、全体を通して腕と腰をサイドに振るという簡単なものです。動作を覚えたら、後はスピードを上げていきましょう。速い動作で行う方が、よりかっこ良く見えます。[4]
    • フロスダンスの動きは、体の異なる部位を協調させて動かすことが大いに必要です。上手くできなくても、忍耐力をもって粘り強く取り組んでみましょう。
    • まずは小さな動きから始めて、徐々に腰をもっと横に突き出す等して、よりダイナミックで大きな動きへと発展させていきましょう。
    広告

方法 2 の 2:
フロスダンスを踊る

  1. 1
    アップテンポの音楽をかけて拍子をとる フロスダンスには切れのある早い動きが多く含まれるため、上手く踊るためにはリズムに合わせることが重要です。テクノ、ダブステップ、ポップ等のビートのきいたアップテンポの音楽をかければ、体を合わせて動かしやすいでしょう。
    • フロスダンスはもともと、米国歌手ケイティ・ペリーの「Swish Swish」というミュージックビデオの中で踊られたものです。この曲を聴いてから、同じようなビートとリズムの曲を探してみると良いでしょう。
    • Spotifyでダンスミュージックのプレイリストを探したり、ビルボード等でヒットチャートを検索して、どんな曲が使えそうかアイデアを得ましょう。[5]
  2. 2
    フォートナイト(米国が発売元のゲーム)のキャラクターのコスチュームを着て踊る フロスダンスは、フォートナイトというゲームの中で使用されたことで更に流行したという背景があります。従って、ゲームのキャラクターのコスチュームを着て踊るというのも面白いでしょう。スカルトルーパー、ブライトボンバー、カドルチームリーダー等キャラクターを選んで、そのコスチュームを着て踊ってみてはどうでしょうか。[6]
    • フォートナイトのコスチュームは、コスプレショップやネットショッピングで購入したり、あるいは、自分で作ることもできます。
    • 例えば、バンドレットやタワーリーコンの仮装をしたいなら、タンクトップと迷彩のカーゴパンツにミリタリー系のブーツを合わせると良いでしょう。
    • 友人にそれぞれ異なるキャラクターのコスチュームを着てもらい、グループでフロスダンスを踊るのも楽しいでしょう。
  3. 3
    ダンスに自信がついたらパーティで披露する 鏡の前で何時間か練習を重ねたら、いよいよ友人たちに披露する時です。パーティでアップテンポの曲がかかったりダンス対決が始まった時は、フロスダンスを披露し、周囲を驚かせましょう。
    • ダンスを踊っている自分の動画を友人に頼んで撮ってもらいましょう。それをInstagramやYouTubeにアップロードすれば、話題になるかもしれません!
    広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: ダンス
このページは 201 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告