フロスティングを作る方法

この記事には:粉砂糖フロスティングバターフロスティングチョコレートフロスティングクリームチーズフロスティングふんわりフロスティングファッジフロスティングマシュマロフロスティング出典

フロスティング(別名アイシング)は作り手の求める食感、味や種類によって作り方が様々です。フロスティングは粉砂糖、バター、チョコレートや自分の好きな味の材料を使って作ることが出来ます。プロでなくとも、甘くて美味しいフロスティングを作ることは可能です。

1
粉砂糖フロスティング

  1. 1
    粉砂糖240ccを中型か小型のボウルに入れる
  2. 2
    牛乳、水、またはオレンジジュースを大さじ1-3加える 生クリームを使うことも可能です。液体を足せば足すほど、フロスティングがゆるくなる事を覚えておきましょう。
  3. 3
    スプーンで混ぜる
  4. 4
    粘度を確認する ゆるすぎても、固すぎてもいけません。固すぎるようなら少量の牛乳を加えましょう。ゆるすぎるようなら少量の粉砂糖を加えます。
  5. 5
    30分-60分冷蔵庫で冷やし固める
  6. 6
    香料を加える レモン果汁、バニラエッセンス、アーモンドエッセンスなど、好きな香料を入れます。好みに応じて、食紅を加えてもよいでしょう。
  7. 7
    ケーキにフロスティングを塗る ケーキが完全に冷めた後に塗りましょう。

2
バターフロスティング

  1. 1
    柔らかくなったバター大さじ6(90g)を小型ボウルに入れ、電動ミキサーで混ぜる 軽くふんわりとするまで混ぜます。
  2. 2
    ふるった粉砂糖(アイシングシュガー)を3/4カップ(160g)と大さじ1の牛乳か水を2回に分けて混ぜながら加える
  3. 3
    塗る しっかりと混ざったらケーキに塗りましょう。

3
チョコレートフロスティング

  1. 1
    耐熱性のガラスボウルに、粗く刻んだダークチョコレート80gまたはココアパウダー大さじ1、そしてサワークリーム1/4カップ(60g)を入れる
  2. 2
    沸騰したお湯が入った鍋にボウルをのせる 二重鍋を持っているならそちらを使用しましょう。
  3. 3
    滑らかになるまで混ぜる
  4. 4
    フロスティングが滑らかになるまで溶けたら、お菓子に塗る
    • 他にもいろいろなレシピを試してみるとよいでしょう。

4
クリームチーズフロスティング

  1. 1
    クリームチーズ90gと柔らかくなったバター90gを小型ボウルに入れて混ぜる 電動ミキサーを使うと楽に混ぜられます。
  2. 2
    全体が限りなく白色に近づくまでしっかりと混ぜる
  3. 3
    ふるった粉砂糖(アイシングシュガー)3/4カップ(160g)を少しずつ加えながらかき混ぜる
    • 他にもいろいろなレシピを試してみるとよいでしょう。

5
ふんわりフロスティング

  1. 1
    上白糖5/4カップ(220g)と水1/3カップ(80ml)を小鍋に入れ、沸騰しない程度に温める 砂糖が溶けるまで混ぜましょう。
  2. 2
    5分間沸騰させる 混ぜたり蓋をしたりしてはいけません。シロップが調理用温度計で116℃に達したら、または色付かない程度にとろみがついたら完成です。
  3. 3
    鍋を火から下ろす 沸騰が収まるまで放置します。
  4. 4
    卵2個分の卵白を小型ボウルに入れ、柔らかい角が立つまで混ぜる
  5. 5
    ミキサーを回しながら、熱いシロップを糸状に少しずつ流し込む ミキサーを「強」に設定して10分間または液体が冷めてクリーム状になるまでかき混ぜます。
  6. 6
    必要な量を塗る

6
ファッジフロスティング

  1. 1
    バター大さじ3.5(50g)、上白糖1/4カップ(55g)と水大さじ2を小鍋に入れ、混ぜながら中火にかける 沸騰はさせずに、砂糖が溶けるまで混ぜます。
  2. 2
    耐熱ボウルに粉砂糖(アイシングシュガー)1カップ(120g)とココアパウダー大さじ2をふるい入れる
  3. 3
    熱いバター液を少しずつ加えながら混ぜる
  4. 4
    ボウルにラップをする とろみが出るまで冷蔵庫で冷やします。
  5. 5
    ケーキに塗れる程度の固さになるまで木べらで混ぜる

7
マシュマロフロスティング

  1. 1
    生クリーム480cc、ミニマシュマロ1袋、砂糖240cc、塩小さじ1/8とバニラエッセンス小さじ1または2を用意する
  2. 2
    生クリーム、マシュマロ、砂糖と塩を大きい深めの鍋に入れる
  3. 3
    中弱火で温める マシュマロが完全に溶けるまで混ぜながら熱します。
  4. 4
    火から下ろす バニラエッセンスを使用する場合は、この時点で加えます。
  5. 5
    アイシングをスタンドミキサーのボウル、または別のボウルに流し入れる 冷蔵庫で完全に(理想としては一晩)冷やします。
  6. 6
    アイシングを冷蔵庫から出す スタンドミキサーか電動ミキサーの「強」で混ぜます。泡立て器でしっかりと混ぜるのは難しいので機械の手を借りましょう。ボウルの側面や底に付いたアイシングもヘラなどでかき集め、しっかりと混ぜます。
  7. 7
    アイシングに艶が出て滑らかになるまで混ぜる この状態になるまで1分弱かかるでしょう。アイシングはゆるいソース状になります。滑らかになったら、室温で30分-45分置きます。その間に塗れるぐらいの状態にまで固まるでしょう。
  8. 8
    カップケーキの上にアイシングを飾り付ける またはスポンジケーキに使用してみたり、大きなシートケーキに塗ってみましょう。

ポイント

  • 頑丈なビニール袋にフロスティングを入れて端を少し切れば、好きなデザインを描いて自分専用のケーキが作れます。
  • アイシングを乗せる前にケーキを完全に冷ましましょう。熱が取れていないと、アイシングが溶けてしまいます。
  • 粉砂糖は「コンフェクショナーズ・シュガー」や「アイシングシュガー」とも呼ばれていますが、全て同じです。小さな白い結晶ではなく、細かい粉末です。グラニュー糖(見た目が小さな結晶状のもの)は滑らかではないのでフロスティング作りには向いていません。
  • シナモン、レモン果汁、ペパーミントスティックやミントの葉を潰したもの、砕いたクッキーなど、オリジナリティに溢れる美味しいフロスティングを作れる食材はたくさんあります。
  • デザインを研究して自分のケーキで真似てみましょう。
  • フロスティングを色々なものと組み合わせてみましょう。好きなデザートにのせてお気に入りを見つけましょう。
  • フロスティングは焼き上がったクッキーに塗っても楽しめます。
  • 食紅を足せば色を変えられます。
  • フロスティングを食べ過ぎると気分が悪くなります。
  • 粉砂糖に少量のコーンスターチを入れてみましょう。

注意事項

  • フロスティングを温め過ぎてはいけません。牛乳が焦げて失敗してしまいます。
  • フロスティングに生の卵白を使いたくなければ、殺菌されたものを使用しましょう。

必要なもの

  • ボウル
  • 電動ミキサー
  • フロスティングを塗るための調理用具(ヘラや絞り袋)
  • 記事内で述べた材料

出典

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む146人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: デザート | レシピ | 食・おもてなし

他言語版:

English: Make Frosting, Français: faire un glaçage, Español: hacer glaseado para pastel, Deutsch: Kuchenglasur Rezept, Português: Fazer Cobertura, Nederlands: Verschillende soorten glazuur maken, Русский: приготовить глазурь, 中文: 制作糖霜, Čeština: Jak udělat polevu, Bahasa Indonesia: Membuat Frosting, العربية: عمل كريمة تزيين الكيك, 한국어: 프로스팅 만드는 방법, ไทย: ทำฟรอสติ้ง, Tiếng Việt: Làm kem phủ trang trí bánh

このページは 6,628 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?