フロスティングを作る方法

手作りのフロスティング(アイシング)を使った、ワンランク上のデザートを作りましょう。柔らかくしたバターに粉砂糖を加えて混ぜ、基本の甘いフロスティングを作りましょう。甘さを抑えてコクを出すには、クリームチーズを加えてから混ぜます。また、バターの代わりに乳脂肪分40%の生クリームを使用し、粉砂糖と混ぜるとあっさりとしたフロスティングに仕上がります。これらのフロスティングにココアパウダーや様々なエクストラクトを加え、好みの味にアレンジしましょう。

材料

手早く作れるクリームチーズフロスティング

フロスティング680g分

  • クリームチーズ225g(柔らかくしておく)
  • 無塩バター115g(柔らかくしておく )
  • 粉砂糖360g
  • バニラエクストラクト小さじ1杯(5ml)
  • 塩小さじ1/8杯(1g)
  • 無糖ココアパウダー50g(チョコレート味にアレンジする場合)
  • 乳脂肪分40%の生クリームまたは牛乳大さじ1杯(15ml)(チョコレート味にアレンジする場合)

シンプルなバタークリームフロスティング

フロスティング1㎏分

  • 無塩バター340g(柔らかくしておく
  • 粉砂糖340g
  • バニラエクストラクト小さじ2杯(10ml)
  • 塩小さじ3/4杯(3g)
  • 乳脂肪分40%の生クリーム大さじ6杯(85g)
  • 無糖ココアパウダー75g(チョコレート味にアレンジする場合)

ホイップクリームフロスティング

フロスティング400g分

  • 乳脂肪分40%の生クリーム240ml(冷やしておく)
  • バニラエクストラクト小さじ1/2杯(2.5ml)
  • グラニュー糖大さじ1~4杯(10~50g)
  • ココアパウダー大さじ2杯(14g)(チョコレート味にアレンジする場合)

方法 1 の 3:
手早く作れるクリームチーズフロスティング

  1. 1
    柔らかくしたクリームチーズとバターをボウルに入れます。大きなボウルかスタンドミキサーのボウルに、柔らかくしたクリームチーズ225gと無塩バター115gを入れます。[1]
    • クリームチーズとバターはあらかじめ柔らかくしておきましょう。硬いと混ぜにくく、ダマになってしまいます。
  2. 2
    バターとクリームチーズを高速で3分間混ぜましょう。ハンドミキサーにビーターかホイッパーアタッチメントを取り付け、材料を混ぜ合わせます。滑らかで柔らかくなるまでしっかりと混ぜ続けましょう。[2]
    • ハンドミキサーがなければ木のスプーンを使ってフロスティングの材料を混ぜましょう。
    • 時々ミキサーを止めてボウルの側面に付いた材料をこすり落とします。
  3. 3
    粉砂糖、バニラエクストラクト、塩を加えて低速で混ぜます。ミキサーの速度を低速に切り替え、粉砂糖360gとバニラエクストラクト小さじ1杯、塩小さじ1/8杯を少しずつ加えます。粉砂糖が混ざり合うまで30秒ほど混ぜましょう。[3]
    • ハンドミキサーを低速に切り替えないと粉砂糖が飛び散ってしまいます。
    • 基本のクリームチーズフロスティングを好みの味にアレンジすることもできます。たとえば、パンプキンパイスパイスを小さじ1/2杯加えましょう。

    チョコレート味にアレンジする方法:コクのあるフロスティングを作るには、この時点で無糖ココアパウダー50gと乳脂肪分40%の生クリームまたは牛乳大さじ1杯(15ml)を加えます。その後、手順に従ってチョコレート味のクリームチーズフロスティングを完成させましょう。

  4. 4
    ハンドミキサーを高速に切り替えて2分間混ぜます。フロスティングがもったりするまで混ぜ続け、滑らかに整えましょう。何回かミキサーを止め、ボウルの側面に付いた材料をこすり落とします。[4]
    • フロスティングを絞り出せるくらいの硬さに仕上げるには、粉砂糖をさらに加えましょう。まずは粉砂糖を30g加えて混ぜ、硬さを確認します。
  5. 5
    完成したフロスティングをケーキやカップケーキ、クイックブレッドに塗ります。完成したフロスティングはすぐに使うか、ラップなどでボウルを覆って冷蔵庫で5日間まで保存できます。クリームチーズを室温で保存すると腐敗する可能性があるので、デザートにクリームチーズフロスティングを塗った場合は、残ったデザートは冷蔵庫で保存しましょう。[5]
    • クリームチーズフロスティングを長期保存するには密封容器に移し、冷凍庫に入れましょう。この状態で3か月間保存できます。容器を冷蔵庫に移し、1日かけて解凍してから泡立て器でかき混ぜて使いましょう。
    広告

方法 2 の 3:
シンプルなバタークリームフロスティング

  1. 1
    バター340gをボウルに入れ、粉砂糖をふるい入れます。柔らかくしたバターをボウルかスタンドミキサーのボウルに入れましょう。その上に目の細かい粉ふるいを置き、そこに粉砂糖340gを入れます。粉ふるいをやさしく揺すり、バターの上に粉砂糖を落としましょう。[6]
    • フロスティングを作り始める前に、バターを柔らかくしておきましょう。硬いバターを使うと塊が残ってしまいます。

    チョコレート味にアレンジする方法:粉砂糖の分量を310gに減らし、無糖ココアパウダー75gを加えます。ハンドミキサーで混ぜるときに、必要に応じて生クリーム大さじ1~2杯(15~30ml)を追加しましょう。

  2. 2
    バターと粉砂糖をハンドミキサーで30秒間混ぜます。ハンドミキサーにビーターかホイッパーアタッチメントを取り付け、バターと砂糖をよく混ぜ合わせましょう。粉砂糖がよく混ざるまでしっかりと混ぜ続けます。[7]
    • ハンドミキサーやスタンドミキサーがなければ、木のスプーンを使って混ぜましょう。
  3. 3
    バニラエクストラクト小さじ2杯(10ml)と塩小さじ3/4杯(3g)を加えます。ミキサーの速度は低速のままで、バニラエクストラクトと塩がよく混ざるようにおよそ10秒間混ぜ合わせます。[8]
    • バニラエクストラクトの代わりに好みの風味を加えてもかまいません。たとえば、コーヒーやバナナ、レモンなどのエクストラクトを使ってみましょう。
  4. 4
    ミキサーを中速に切り替えて5~6分間泡立てます。フロスティングがふんわりと軽くなるまで泡立てましょう。数分ごとにミキサーを止め、ボウルの側面に付いたフロスティングをこすり落とします。[9]
    • 十分に混ぜないとフロスティングがもったりと重くなり、ケーキやカップケーキに塗りにくくなります。
  5. 5
    ミキサーを低速に切り替え、生クリーム大さじ6杯(85g)を加えます。低速でフロスティングを混ぜながら、乳脂肪分40%の生クリームを少しずつ注ぎ入れます。生クリームがしっかりと混ざると、フロスティングが柔らかくふんわりとなります。[10]
    • この時点で味見をして、必要に応じて塩やバニラエクストラクトを追加しましょう。
  6. 6
    できあがったフロスティングをカップケーキやケーキ、クッキーに塗りましょう。バタークリームフロスティングを十分に柔らかく仕上げれば、焼き菓子などに簡単に塗り広げることができます。フロスティングを硬めに仕上げるには、粉砂糖30gを加えてハンドミキサーで混ぜましょう。[11]
    • 残ったバタークリームフロスティングは密封容器に入れ、冷蔵庫で5日間まで保存できます。
    • バタークリームフロスティングを塗ったケーキは室温で保存できます。ただし、ケーキにフルーツやカスタードクリームを使った場合は、冷蔵庫で保存しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
ホイップクリームフロスティング

  1. 1
    ボウルとホイッパーを冷凍庫に入れ、15分以上冷やします。ボウルかスタンドミキサーのボウル、ホイッパーアタッチメントを冷凍庫に入れ、しっかりと冷やしておきましょう。[12]
    • ボウルとホイッパーを冷やしておくと、フロスティングにボリュームが出て速く泡立ちます。
  2. 2
    冷凍庫から取り出したボウルに生クリームとバニラエクストラクト、粉砂糖を入れます。フロスティングを作る準備が整ったら、冷やしておいたボウルとホイッパーアタッチメントを冷凍庫から取り出します。冷やしておいた乳脂肪分40%の生クリーム240mlとバニラエクストラクト小さじ1/2杯(2.5ml)、グラニュー糖大さじ1~2杯(10~15g)をボウルに入れましょう。[13]
    • ホイップクリームは生クリームとして販売されている場合もあります。乳脂肪分が35~40%以上の生クリームを選びましょう。乳脂肪分が少ない生クリームはうまく泡立ちません。

    チョコレート味にアレンジする方法:生クリーム少量にココアパウダー大さじ2杯(14g)を加えて混ぜ、ペーストを作ります。グラニュー糖の量を大さじ1~2杯(12~24g)追加して、残りの生クリームとペーストと一緒にボウルに入れましょう。その後、手順に従ってフロスティングを完成させます。

  3. 3
    ハンドミキサーを高速に設定し、材料を最長1分まで混ぜます。高速に設定したハンドミキサーを使って、生クリームと砂糖、バニラエクストラクトをしっかりと混ぜ合わせます。乳脂肪の働きで混ぜるうちに生クリームが硬くなり、角が立ちます。好みの硬さになったらミキサーを止めましょう。[14]
    • 生クリームを泡立てすぎると、分離してバターに変わり始めます。その場合は、生クリーム少量を加えて柔らかく戻しましょう。
  4. 4
    ホイップクリームのフロスティングをスプーンですくって、パイやケーキ、新鮮な果物に載せましょう。スプーンでこんもり載せたり、簡単に塗り広げたりすることができます。絞り出す場合は、フロスティングを絞り袋に入れて好みの口金をセットしましょう。
    • フロスティングをすぐに使わない場合は、ラップなどでボウルをぴったり覆い、冷蔵庫で保存します。この状態で8時間まで保存できますが、少し分離した場合は、硬くなるまで再度泡立ててから使いましょう。
    広告

ポイント

  • カラフルなフロスティングに仕上げるには、液体の食用色素を数滴加えて好みの色合いに整えましょう。
  • 薄く削ったココナッツやすり潰したペパーミント、砕いたクッキーなどをフロスティングに加えると、さらに風味が増すでしょう。
  • バニラエクストラクトの代わりに別のエクストラクトを使って、好みの味にアレンジできます。アーモンドやコーヒー、ココナッツ、レモン、ペパーミントのエクストラクトを使ってみましょう。
  • 粉砂糖はパウダーシュガーという名称で販売されていることがあります。

広告

必要なもの

手早く作れるクリームチーズフロスティング

  • ボウル
  • ハンドミキサーかスタンドミキサー
  • ビーターアタッチメント
  • 計量カップ、計量スプーン
  • スプーン、へら

シンプルなバタークリームフロスティング

  • 計量カップ、計量スプーン
  • 目の細かい粉ふるい
  • ボウル
  • ハンドミキサーかスタンドミキサー
  • スプーン、へら

ホイップクリームフロスティング

  • ボウル
  • ハンドミキサーかスタンドミキサー
  • ビーターアタッチメント
  • 計量カップ、計量スプーン
  • スプーン、へら

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む146人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: デザート
このページは 10,599 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告