フロントガラスの外が見えない状態で運転するのは安全ではありません。実際に、英国では窓の外が見えること、ナンバープレートがはっきり見えて判読可能であることが法律で定められています。必ず車のフロントガラスの雪や氷を取り除きましょう。視界が非常に良くなり、あなたや同乗者の安全性が高まります。冬に荒天が続く地域に住んでいる場合、氷ができないようにする方法もあります。

方法 1 の 2:
氷を取り除く

  1. 1
    車のエンジンをかけ、アイドリングをさせて車を温めます。車の温度設定に「解凍」がある場合、それをオンにします。ガラスが温まるまで少なくとも15分間待ちましょう。
    • 熱湯、冷水、ぬるま湯を使ってフロントガラスを解凍しようとしては絶対にいけません。ぬるま湯や熱湯を使うと、温度の違いによる熱衝撃でガラスが割れる可能性があります。非常に寒い気候では、冷水がフロントガラス上で凍り、状況を悪化させることもあります。
    • 車を温める際、排気管に氷、雪、その他の物が詰まっていないか確認しましょう。何か詰まっていたら取り除き、一酸化炭素中毒の危険性を無くしましょう。
    • 豪雪地帯を運転する場合、氷が明らかに溶け始めてから次の手順に移りましょう。厚い氷だと、十分融け始めるのに15分を大幅に越えることもあります。
  2. 2
    車に塩水をスプレーします。これは熱ではなく化学反応で氷を融かす方法です。塩に含まれるイオンには、水の凝固点を下げて凍りにくくする効果もあります。濃い塩が触れるとガラスに損傷を与えるかもしれないので、塩水は慎重にかけましょう。[1]
    • 通常の食卓塩でも凍結温度を上げるのに十分ですが、道路用塩の利用も検討しましょう。道路用塩は舗装道路に撒いて氷を素早く融かし、誰かが滑って転ぶ危険を無くすために通常使われます。道路用塩には異なる化学成分が含まれていて、凍結温度により効果的に作用します。
  3. 3
    アルコール水溶液をかけて氷を融かします。消毒用アルコールと水を2:1で混ぜた水溶液をスプレーボトルに入れます。その水溶液を必要な窓全てにスプレーします。
    • また、数滴の台所洗剤を水溶液に加えることもできます。[2] 化学物質を加えることは、塩を加えて水の凝固点を下げるのに似ています。こうすることでぬるま湯よりも速く氷を融かすことができます。
    • 塩水とは異なり、アルコール水溶液は車を傷める心配をせず、自由にかけることができます。
  4. 4
    手作りの水溶液がうまく行かない場合は、市販の解氷剤を買いましょう。多くの市販の製品はよく効きますが、非経済的な傾向にあります。スクレーパーと同様に、これらの製品は近所の車用品店で簡単に見つかるはずです。ほぼ全ての車用品店に解氷剤のコーナーがあります。
    • 人気の解氷剤の例として「古河薬品工業解氷スプレートリガー」や「KUREアイスオフ」などがあります。[3]
  5. 5
    スキージーや毛先が柔らかいブラシ、フロントガラスのワイパーなどを使って残留物を取り除きます。選んだ水溶液をかけたら、液体や氷をフロントガラスや車から拭き取ります。
    • 1、2分すると、塩水やアルコール水溶液が氷を融かし始めます。 しかし、氷は部分的にだけ融けるということを念頭に置きましょう。視界を良くするにはブラシで払う必要があります。[4]
  6. 6
    冬の間中アイス・スクレーパーを車の中に置いておいて、フロントガラスの氷を削り取れるようにしておきましょう。予め購入してトランクやグローブボックスに入れておき、他に道具が手元に無い場合に備えましょう。フロントガラスに向けて短く強く打ち付けて、氷を少しずつ崩します。[5]
    • アイス・スクレーパーはフロントガラスの氷をこすり落とすための道具です。通常プラスチック製で、平らで大きな硬い刃が先に付いていて、持ち手があります。ブラシが付いている物もあります。大概の車用品店で買うことができます。寒い気候の地域では、これらは大規模小売店、金物店、ガソリンスタンド、そしてスーパーでも入手可能です。
    • 非常事態では普通のスキージーで氷をこすり落とすこともできますが、効果は劣ります。 スクレーパーの頭はゴムではなくプラスチックでできているため、残留物をこすり落とす際によりしっかりします。
    広告

方法 2 の 2:
予防対策をする

  1. 1
    フロントガラスに防水シート、タオル、シートなどをかけ、下に重みをかけて氷ができないようにします。この方法は雪の量が少ない地域でのみ使えます。雪が積もると、雪で覆いが重くなり、どかすのが困難になるためです。[6]
    • タオルを塩水に浸し、一晩フロントガラスの上に広げておくと、良い予防対策になります。塩大匙1を約1リットルの水に溶かし、タオルをその中に浸します。湿った状態のままタオルをフロントガラスに広げ、ワイパーをその上に乗せて押さえましょう。[7]
    • タオルは何回も再利用できます。使う度ビニール袋に戻し、少量の水を加えて湿った状態を保ちます。
  2. 2
    手作りまたは市販の凍結防止スプレーを夜にフロントガラスにスプレーします。専用の製品を買うか、お酢3カップと水1カップを混ぜて独自のスプレーを作ることもできます。寝る前にお酢の水溶液を解凍した窓に軽く噴きかけ、翌朝氷ができるのを防ぎます。
    • 車にお酢をかけ過ぎないよう、よく注意しましょう。フロントガラスに侵食し、ガラスに小さなへこみ傷を作る可能性があります。お酢を金属にかけるのも、酸化が進み、さびや腐食の原因になります。
  3. 3
    消毒用アルコールをフロントガラスのウォッシャー液容器に入れます。そうすればワイパーが凍結して動かなくなるのを防げます。
    • この方法を取れば、お店に行ってフロントガラス用の溶液を買う必要が無くなります。凍結を防いだり対策を取ったりするのにお金をかける必要はありません。[8]
  4. 4
    運転するとき以外は防水シートで車を覆うようにします。伸縮性のケーブルやその他の締め具で押さえ、滑り落ちたり飛ばされたりしないようにしましょう。
    • 車庫に車を入れるのが一番です。車を厳しい天候にさらさないようにすれば、氷を取り除くのに必要な手間を大きく省くことができます。
    • こうすればほとんど氷はできなくなりますが、フロントガラスに軽く霜が付くことはあります。しかしこの僅かな氷は車の解凍機能を使えばすぐに融けます。
    広告

ポイント

  • 忍耐強くなりましょう。解凍中に車を傷つけてしまう場合の多くは、単純な短気によるものです。典型的なのは、フロントガラスをきれいに擦らなかったり、デフロスターが窓を融かすのを待たなかったせいで、温度が上がった際に割れてしまうことがあります。
  • 熱湯をフロントガラスにかけてはいけません。急激な温度の変化により内側に割れます。

広告

注意事項

  • 短気になって雪や氷を車のフロントガラスやその他の窓から落とし切らないまま出発してはいけません。自分自身や他の車を危険にさらします。
  • 運転中に予期せず氷雨を伴う嵐に見舞われた場合、防錆潤滑油を売っている最寄りのお店に行きましょう(防錆潤滑油はスーパーや百円均一など、ほぼどこにでもあります)。フロントガラス用の良いスプレーは層になった氷を融かします(小さな赤いスプレー口のストローは使わないようにしましょう)。ガラスがきれいになったら、防止対策として再度スプレーしましょう。
広告

関連記事

How to

エンジン警告灯をリセットする

How to

オルタネーターを点検する

How to

酸素(O2)センサーを清掃する

How to

ラジエーターをフラッシングする

How to

キャブレターの調整

How to

車のボンネットを開ける

How to

ギア比を計算する

How to

ブレーキローターを交換する

How to

ワイパーのビビリ音を解消する

How to

オーバーヒートしたエンジンを冷やす

How to

車のバッテリー交換後、パワーウインドウをリセットする

How to

ボールジョイントの点検

How to

車をジャンプスタートする

How to

車のヘッドライトの調整
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む33人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 自動車修理
このページは 311 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告