ブドウを栽培する方法

共同執筆者 Andrew Carberry

この記事には:植え付けの準備をするブドウを植える出典

ワイン、焼き菓子、ジャム、フレッシュフルーツとして、ブドウは色々な用途に使われます。世界中の様々な地域で生育するブドウは、どの庭にも新しい風景を作り出すでしょう。

パート 1
植え付けの準備をする

  1. 1
    ブドウの品種を選びます。ブドウも他の植物と同様に、品種によって栽培に適した地域は異なり、風味・色・形のバリエーションも豊富です。ブドウは大まかに、アメリカブドウ、ヨーロッパブドウ、マスカダインブドウの3種類に分類されます。アメリカブドウの栽培には、カリフォルニア州中部のような、温暖で晴天の多い地域が最適です。ヨーロッパブドウは、ヨーロッパや北部の地域で栽培されています。そして、マスカダインブドウは、温暖湿潤な気候を好み、南部の地域で生育します。
    • これらの3種類のブドウは、さらに細かい品種に分類されます。風味、色、食感、そしてサイズなど、それぞれの品種に独自の特徴があります。近くの園芸店を尋ね、好みや生育環境に合う品種を選びましょう。
    • 健康で丈夫な1年生苗を選びます。できれば、病気の心配が少ない、ウイルスフリーの検定苗を購入しましょう。[1]
    • 既に発根済の均整の取れた苗を選びましょう。
  2. 2
    挿し木の枝を用意する。自宅にあるブドウや、友達が栽培しているブドウの枝を切って、挿し木で増やすこともできます。挿し木は次の手順で行います。剪定直後の枝から、挿し木する部分を切り取ります。採種する枝には、節(こぶのようなもの)を3つ残し、枝の下端を斜めに切ります。一番下の節から0.5~2.5 cm下を45度の角度で切りましょう。
    • 枝を採取する際、できるだけ多くの枝を異なる場所から切り取りましょう。挿し木の成功率が高くなります。枝が余ったら、園芸仲間に配りましょう。
  3. 3
    植え付けに適した区画を選びます。寿命の長いブドウは、50 ~100年生きるため、十分な広さの区画に植える必要があります。ブドウは日当たりと、水はけの良い斜面を好みます。できれば、他の樹木や植物が生えていない、南向きの斜面に植えましょう。
    • 寒冷地では、特に日当たりの良い場所を選びます。できれば、霜の被害を受けにくい南向きの区画に植えましょう。また、「霜穴」と呼ばれる低地や斜面の麓など、冷気が溜りやすい場所は避けましょう。
    • 南半球にお住いの場合は、北向きの斜面に日光が良く当たります。
  4. 4
    土を準備します。ブドウの栽培に適した土壌は特殊なため、植え付け前に確認しましょう。ブドウの栽培には、砂や小石混じりの土壌で、pH値が7以上の土が適しています。必要であれば、砂や小石を土に混ぜて水はけを改善しましょう。根が水浸しになると、生育に支障をきたします。
    • 地域の農業試験場や土壌分析所に土の検査を依頼すると、土の性質が分かります。通常、無料もしくは安価で検査が受けられます。これらの施設が近くにない場合は、家庭でpH値を測定できるキットを使い、必要に応じて土壌を調整しましょう。
    • 他の一般的な植物とは異なり、ブドウは栄養豊富な土は好みません。できれば、肥沃な土は避け、検査結果に基づいて土を調整するか、地域のブドウ栽培者の助言を求めましょう。[2]
  5. 5
    トレリスを準備します。つる性植物のブドウは、支えに沿って上方に生長します。フェンスなどの支えがない場合は、トレリスを作るか購入してブドウを支えましょう。トレリスは一般的に、格子状になった木製の棚で、これにつるを這わせて支えにします。
    • トレリスがなければ、格子状の木や針金をフェンスの支柱に取り付けて代用することもできます。
    • トマトなどに使う1本仕立ての支柱は、ブドウには使えません。ブドウが生長すると、1本では支えきれなくなります。
  6. 6
    植え付け時期を調べます。ブドウの植え付けは、晩冬から早春の霜が去った時期に行います。ブドウの剪定もこの時期に行います。お住いの地域に農業試験場があれば、植え付け時期を確認しましょう。

パート 2
ブドウを植える

  1. 1
    ブドウを植え付けます。植え付ける間隔は、ブドウの品種によって異なります。アメリカブドウやヨーロッパブドウは、1.8~3 mほどの間隔を空けて植えます。マスカダインブドウはさらに広く、約4.9 mの間隔が必要です。苗を溝に植える際、茎の根元から真中の節まで土を被せます。一番上の節は、土の表面から出るようにしましょう。茎の周りの土を、手でしっかり押さえつけます。
    • 植える穴の深さは、苗の樹齢や大きさによって異なります。一番上の節を残し、根まで完全に埋めましょう。
  2. 2
    適切な量で水やりをします。ブドウの生育には、多量の水は必要ありません。最初の水やり後、量を控えめにします。水を根元に与えると、日光による蒸発で水を失うことなく、根に水が行き渡ります。降水量が少ない地域では、点滴灌水を用いて、根元に直接水やりをしましょう。点滴灌水で、少量の水を定期的に与えることができます。[3]
  3. 3
    ブドウの剪定をします。植え付けた最初の年は、苗に実を生らせてはいけません。まだ若い苗は、果実の重さに耐えられずに折れてしまいます。付いた実はすべて切り取りましょう。また、茎から生える太い枝を残して、新枝もすべて剪定します。翌年からは、地域のブドウ栽培者の剪定方法に習い、必要に応じて剪定しましょう。古い木は、毎年新枝の90%を剪定します。
  4. 4
    剪定は休眠期に行います。 ブドウの剪定は、必ず休眠期に行います。繁茂期に剪定すると、木から樹液が流れ出し、ブドウは活力を失います。剪定は一般的に、霜の時期が過ぎた晩冬に行います。
  5. 5
    ブドウの周りをマルチで覆います。苗の周りにマルチを施すと、土の温度調整・保湿をするとともに、雑草を減らすことができます。
  6. 6
    必要に応じて、殺虫剤を散布します。害虫に強いブドウには、害虫駆除はさほど必要ありません。定期的に手で雑草を摘み取り、必要であれば、防鳥ネットを張りましょう。ブドウに付く害虫は、ブドウトラカミキリ、ブドウスカシバ、コウモリガなどがあります。害虫の駆除方法については、地域の園芸クラブや農業試験場に尋ねましょう。
    • ウドンコ病を防ぐため、葉や株の間隔を空けて風通しを良くしましょう。
    • アブラムシもブドウに害を及ぼします。アブラムシの天敵であるてんとう虫が、被害を防いでくれます。
  7. 7
    適した時期に収穫します。植え付けて1~3年は、食用となるほどの大きさ・風味の果実は実らないでしょう。ほどよい果実が付いたら、異なる枝から数個の実を取り、成熟度を確認します。ブドウが甘くなっていれば、収穫して楽しみましょう。
    • 収穫後も成熟し続ける(追熟)果物もありますが、ブドウは追熟しません。しっかり熟してから収穫しましょう。
    • 果実の色や大きさは成熟の目安にはなりません。味を確かめてから収穫しましょう。[4]

ポイント

  • ブドウの栽培方法について疑問がある場合は、地域の農業試験場に尋ねましょう。
  • ワインブドウには、次のような品種に人気があります。
    • メルロー
    • シラー
    • シェニンブラン
  • 食用ブドウには、次のような品種に人気があります。
    • トンプソンシードレス
    • レッドフレーム
    • ジャム用のコンコルド

記事の情報

この記事はAndrew Carberryが共著しています。 アンドリュー・カーベリーは2008年より、学校の菜園や農場、そしてそれらに関する教育プログラムに携わってきました。現在は非営利団体、「Winrock International」において、地域社会に基づくフードシステム計画の開発に取り組んでいます。

カテゴリ: 園芸・ガーデニング | 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

English: Grow Grape Vines, Español: cultivar la vid de uvas, 中文: 种植葡萄藤, Italiano: Coltivare la Vite, Français: cultiver des vignes à raisins, Deutsch: Wein anbauen, Русский: вырастить виноград, Português: Cultivar Parreiras, Bahasa Indonesia: Menanam Tanaman Anggur, Čeština: Jak pěstovat vinnou révu, Nederlands: Druivenranken laten groeien, Tiếng Việt: Trồng nho, العربية: زراعة شجر العنب

このページは 1,573 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?