クッキーとは、ウェブサイト閲覧者のパソコン上に保存される小さなファイルのことです。利用者が再び訪れた時に、サイトはクッキーを使ってその端末の認識を行います。クッキーによって、サイト利用者の次回以降の訪問時のログイン状態が保たれ、利用者の設定の保存、サイト上での行動の追跡、といったことが可能になります。訪問者がサイトでの機能を利用するために、クッキーを利用可能にするよう求めるサイトもあります。どのブラウザでもクッキーを利用するかどうかを設定することができます。

方法 1 の 8:
Chrome

  1. 1
    Chromeのメニューボタン「☰」をクリックし、「設定」を選びましょう。
  2. 2
    表示されたページの下部にある「詳細設定を表示」をクリックしましょう。
  3. 3
    コンテンツの設定... ボタンをクリックしましょう。
  4. 4
    「ローカルへのデータ設定を許可する」を選択して、全てのクッキーの利用を許可します。
  5. 5
    特定のサイトのクッキーのみを利用可能にしたい場合は、まず「サイトからのデータ設定をすべてブロックする」を選択します。例外の管理... をクリックしてクッキーの利用を許可するサイトを入力しましょう。
  6. 6
    サードパーティクッキーを許可するかどうかを設定しましょう。サードパーティクッキーとは外部のサイトに作成されたクッキーのことで、ブログ上に設置されたTwitterのボタンなどによって作成されます。[1]
    • サードパーティクッキーを利用したくない場合は、「サードパーティのCookieとサイトデータをブロックする」にチェックを入れましょう。この設定を行った場合でも、「例外の管理」のリストにあるサイトからはサードパーティクッキーを受け取ります。
    広告

方法 2 の 8:
Chrome(モバイル版)

  1. 1
    Chromeのメニューボタン「⋮」をタップして、「設定」を選びましょう。メニューボタンが表示されていない場合、画面を下にスワイプしましょう。
  2. 2
    「サイトの設定」(Android)または「コンテンツの設定」(iOS)を選択しましょう。
  3. 3
    クッキーを有効にしましょう。AndroidとiOSでは手順が若干異なります。[2]
    • Android:「Cookie」という項目のスライダーをタップしてONにしましょう。チェックボックスにチェックを入れることで、サードパーティクッキーを許可するかどうかを選択することができます。
    • iOS:「クッキーを許可」という項目のスライダーをタップしてONにしましょう。
    広告

方法 3 の 8:
Firefox

  1. 1
    Firefoxのメニューボタン「☰」をクリックし、「オプション」を選択しましょう。
  2. 2
    「プライバシー」タブをクリックし、「履歴」という項目内にあるドロップダウンメニューをクリックしましょう。
  3. 3
    「記憶させる履歴を詳細設定する」を選択しましょう。
  4. 4
    「サイトから送られてきたCookieを保存する」にチェックを入れると、全てのクッキーを許可した状態になります。
  5. 5
    サードパーティクッキーの設定を行いましょう。ドロップダウンメニューをクリックすると設定が行えます。サードパーティクッキーとは閲覧中のサイトで利用される外部サイト用のクッキーのことです。例えば、ニュースサイトが設置しているFacebookの「いいね」ボタン等によって、サードパーティクッキーが作成されます。[3]
    • ドロップダウンメニューでは全てのサードパーティクッキーの利用を許可することも、訪問中のサイトに限って有効にすることもできます。また、サードパーティクッキーの利用を完全に禁止することも可能です。
  6. 6
    「サイトから送られてきたCookieを保存する」のチェックを外すと、全てのサイトからのクッキーを禁止することができます。特定のサイトからのクッキーを許可したい場合には、「例外サイト」のボタンをクリックしてそのサイトを入力しましょう。
    広告

方法 4 の 8:
Firefox(モバイル版)

  1. 1
    Firefoxのメニューボタン「⋮」をタップし、「設定」を選択しましょう。
  2. 2
    「プライバシー」をタップし、「Cookies」をタップしましょう。
  3. 3
    クッキーの設定を選びましょう。以下の3つの設定から選択することができます。[4]
    • すべてのサイトで有効:全てのクッキーの利用を許可します。
    • 有効(サードパーティを除く):サードパーティクッキーを除いた全てのクッキーの利用を許可します。
    • 無効:全てのクッキーを禁止します。
    広告

方法 5 の 8:
Internet Explorer

  1. 1
    歯車のアイコンのボタン、または「ツール」をクリックし、「インターネットオプション」を選択しましょう。「ツール」が表示されていない場合は、Altキーを押しましょう。
  2. 2
    プライバシー タブをクリックしましょう。
  3. 3
    スライダーを「中」に設定しましょう。このセキュリティレベルは、正規のクッキー全てを事実上許可する設定です。これにより、コンパクトプライバシーポリシーを持たないサードパーティクッキーは自動的に禁止されるようになります。[5]
    • どのようなクッキーであっても全ての利用を許可したい場合には、スライダーを一番下まで下げて、「すべてのCookieを受け入れる」と表示された状態にしましょう。
    • 既定 ボタンを押すと、スライダーが「中」に設定されます。
  4. 4
    例外リストにサイトを追加することも可能です。スライダーを「中」に設定してもまだクッキーを利用できないサイトがある場合は、例外リストにそのサイトを追加してみましょう。 サイト ボタンをクリックし、そのサイトのアドレスを入力し、 許可 をクリックしましょう。
  5. 5
    満足のいく設定ができたら、 適用 をクリックして設定を保存しましょう。
    広告

方法 6 の 8:
Safari

  1. 1
    「Safari」メニューをクリックし、「環境設定」を選択しましょう。
  2. 2
    「プライバシー」タブをクリックしましょう。
  3. 3
    クッキーの設定を選択しましょう。ここでは、クッキーの制御について4種類の設定を選ぶことができます。[6]
    • 常にブロック:全てのサイトのクッキーの利用を禁止します。
    • アクセス中のWebサイトのみ許可:現在閲覧中のサイトのクッキーのみを許可します。サードパーティクッキーはすべて禁止されます。
    • アクセスしたWebサイトは許可:訪問したことのある全てのサイトのクッキーが保存されます。これは、もっとも快適なサイトの閲覧を行える標準的設定です。サードパーティクッキーは禁止されます。
    • 常に許可:サードパーティクッキーを含めた全てのクッキーが保存されます。この設定では制限はほとんどありませんが、セキュリティはもっとも弱いものになります。
    広告

方法 7 の 8:
Safari(iOS版)

  1. 1
    「設定」と名の付いたアプリをiOS端末で起動しましょう。Safari内ではSafariの設定を変更することはできないため、この「設定」アプリを使用する必要があります。
  2. 2
    「設定」アプリ内の項目「Safari」をタップしましょう。「Safari」が表示されていない場合はスクロールしましょう。
  3. 3
    「プライバシーとセキュリティ」項目内の「Cookieをブロック」をタップしましょう。
  4. 4
    クッキー制御の設定を選択しましょう。ここでは、以下の4つの設定から選ぶことができます。[7]
    • 常にブロック:全てのサイトのクッキーの利用を禁止します
    • アクセス中のWebサイトのみ許可:現在閲覧中のサイトのクッキーのみを許可します。サードパーティクッキーはすべて禁止されます。
    • 訪問したWebサイトを許可:訪問したことのある全てのサイトのクッキーが保存されます。これは、もっとも快適なサイトの閲覧を行える標準的設定です。サードパーティクッキーは禁止されます。
    • 常に許可:サードパーティクッキーを含めた全てのクッキーが保存されます。この設定では制限はほとんどありませんが、セキュリティはもっとも弱いものになります。
    広告

方法 8 の 8:
Opera

  1. 1
    「Opera」メニューをクリックし、「設定」を選択しましょう。
  2. 2
    「プライバシーとセキュリティ」タブをクリックしましょう。
  3. 3
    クッキーを許可したい場合は、「ローカルでのデータの保存を許可する」を選択しましょう。この設定では、ほとんどのサイトにクッキーの保存を許可することになります。[8]
  4. 4
    特定のサイトのクッキーのみを許可したい場合は、「サイトからのデータ設定をブロックする」を選択しましょう。次に、 例外の管理... をクリックし、許可したいサイトのアドレスを入力しましょう。
  5. 5
    サードパーティクッキーの利用禁止を任意に行うことも可能です。ウェブ上には、外部サイトからのクッキー(サードパーティクッキー)を含むサイトがあります。サードパーティクッキーの例として、サイト上に設置されたFacebookの「いいね」ボタン等が挙げられます。「サードパーティCookieおよびサイトデータをブロックする」にチェックを入れると、このようなクッキーを禁止することができます。
    広告

ポイント

  • クッキーの利用を許可してもサイトで「クッキーを許可してください」と表示される場合は、ブラウザのキャッシュとクッキーを削除してみましょう。

広告

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

画像のURLを取得する

How to

2台のルーターを接続する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

閲覧履歴を確認する

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

Outlookで投票ボタンを使う

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は15,486回アクセスされました。
このページは 15,486 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告