ブラックコーヒーを入れる方法

この記事には:ドリップ式でブラックコーヒーを入れるコーヒーメーカーでブラックコーヒーを入れる5 出典

美味しいブラックコーヒーは、ひとつの芸術品です。美味しいブラックコーヒーは砂糖、牛乳、クリームを入れなくても十分に楽しめるだけでなく、煎りたてのコーヒー豆の深い香りと味を吟味するのに適しています。コーヒーメーカーを使って入れることが多いブラックコーヒーですが、最近のコーヒー通の人はドリップ式の方がコーヒーの香りを最大に引き出せると考えているようです。

1
ドリップ式でブラックコーヒーを入れる

  1. 1
    煎りたてのコーヒー豆を買う  煎ってから1週間以内のコーヒー豆を買うことができない場合は、真空パックされた評判の良いコーヒー豆を買いましょう。
  2. 2
    自分専用のコーヒーグラインダーを買う、または店でコーヒー豆を挽く  できれば、一般的なブレイド・グラインダー(回転羽根式のグラインダー)ではなくバー・グラインダー(粉の粒径が均一になるよう細かい破砕片がついたグラインダー)を選ぶとよいでしょう。毎日コーヒーを入れる前に挽くことが、美味しいブラックコーヒーを入れるポイントです。
    • 様々な挽き具合を試してみましょう。 一般的に細挽きが好まれますが、粗挽きより少し苦くなります。
    • ざらめ糖くらいの大きさで挽いたコーヒーがよいとされています。
  3. 3
    適した水を使う  水道水でも味や風味が悪くなければ、コーヒーに使ってもよいでしょう。軟水や蒸留水はできれば避けた方がよいでしょう。ただし、活性炭フィルターを通すと水道水のカルキ臭さが抑えられます。
    • 水に含まれるミネラル類は、コーヒーの抽出にとても重要な役割があります。
  4. 4
    ドリップ式でコーヒーを入れるための道具(やかん、ファンネル、無漂白フィルター)を揃える  コーヒー愛好家は、ドリップ式で1杯ずつ入れたブラックコーヒーが最も美味しく、味わい豊かだと考えています。
  5. 5
    コーヒーカップの上に大きさに合ったファンネルを置く  コーヒーを入れる直前に、約大さじ3杯の挽いたコーヒーを入れます。
    • 本格的な愛好家の中には、コーヒーの量よりコーヒー豆の重さを重視する人もいます。本格的な方法を試してみたい人は、水1リットルに対しコーヒー豆60~70gで試してみましょう。コーヒーカップの容量に合わせて調整します。[1]
  6. 6
    やかんで水を沸かす  沸騰したら30秒~1分ほど置くか、沸騰直前で火を止めます。コーヒーを入れる理想のお湯の温度は93℃です。
    • 一般的に、コーヒー豆の煎りが深くなるほどお湯の温度を低くします。煎りが浅いコーヒー豆の場合、97℃までお湯の温度を上げることができます。煎りが深いコーヒー豆の場合、90.5℃程度のお湯を使います。
  7. 7
    タイマーを4分に合わせる  コーヒーを濡らすように50~100㏄程度のお湯をかけます。30秒後にもう1度お湯をかけ、4分経過するまで、または1杯分のお湯がなくなるまでこの作業を繰り返します。[2]
    • 3分ほどかけてコーヒーを抽出させます。フィルターを超えてお湯を注がないよう注意しましょう。短い時間で抽出したコーヒーより美味しいことがわかるでしょう。[3]
    • 浅煎り豆は抽出時間を長くし、深煎り豆は抽出時間を短くします。[4]

2
コーヒーメーカーでブラックコーヒーを入れる

  1. 1
    煎りたてのコーヒー豆を少量ずつ買う  コーヒー豆は空気や日光にあたると嫌な臭いがしてきます。
  2. 2
    コーヒーメーカーに使うフィルターは無漂白のものを使う  自分のコーヒーメーカーを洗ったのがいつだったかを思い出せない場合は、美味しいコーヒーのために掃除する時間をとりましょう。同量の酢と水をコーヒーメーカーに入れ、クリーニングモードで(または通常のコーヒーを入れるモードで)洗浄します。[5]
    • その後、2回水だけで抽出し、残った酢を完全に洗い流します。
    • 硬水が出る地域の場合は、酢の割合を多くして洗浄します。毎月、このようにして繰り返し洗浄しましょう。
  3. 3
    コーヒーを入れる直前に、バー・グラインダーまたはブレード・グラインダーでコーヒー豆を挽く  バー・ミルは最も均等に豆を挽くことができます。ただし、小型のブレード・グラインダーよりもずっと高額です。ブレード・グラインダーを使う場合は、挽きムラができないように何度か本体を揺らしながら挽きます。
    • 挽き具合の異なるコーヒーを試してみましょう。細かくなるほど、よく香りが立ちますが、苦みも出ます。
  4. 4
    コーヒー1杯(250㏄)あたりのコーヒーの粉の量は大さじ2・3/4杯を目安にする  慣れてくると、コーヒー豆何倍分がどのくらいの粉の量になるかわかってきます。好みに応じて量を調節します。
  5. 5
    できれば保温機能を使わない  ほとんどのコーヒーメーカーはコーヒー抽出に適した温度(93℃)に設定されていますが、この保温機能を使うとコーヒー液がその温度以上になり、苦くなります。出来上がったコーヒーはすぐに飲んでしまうのが一番です。
  6. 6
    出来上がり 

ポイント

  • コーヒー豆を1度に買う量は5~7日間分にしましょう。買ってきたコーヒー豆は密閉容器に入れ、室温で直射日光を避けて保存します。冷蔵庫または冷凍庫で保存してはいけません。

必要なもの

  • 煎りたてのコーヒー豆
  • 密閉容器
  • バー・グラインダーまたはブレード・グラインダー
  • 無漂白フィルター
  • ドリッパーまたはコーヒーメーカー
  • 計量器(必要に応じて)
  • 計量スプーン
  • 水道水または活性炭浄化水
  • 酢(洗浄用)
  • タイマー

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 飲み物

他言語版:

English: Make Black Coffee, Italiano: Preparare il Caffè Nero Americano, Русский: приготовить черный кофе, Português: Fazer Café Preto, Deutsch: Schwarzen Kaffee zubereiten, Español: preparar café negro, Français: faire du café noir, Nederlands: Zwarte koffie zetten, Bahasa Indonesia: Membuat Kopi Hitam, العربية: صنع القهوة السوداء, 中文: 制作黑咖啡, ไทย: ชงกาแฟดำ

このページは 129 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?