PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ブラックシードは、ブラッククミンとも呼ばれ、伝統的な家庭療法に用いられてきました。免疫システムを強化し、抗菌、抗炎症、抗真菌、抗寄生虫の特性を持つと言われています。主に、消化器系や呼吸器系の疾患の治療に用いられますが、ある研究によると、抗がん作用があることも分かっています。ブラックシードを使うには、生の種を乾煎りしてすり潰す必要があります。また、はちみつ、水、ヨーグルト、その他の食べ物に混ぜたり、ブラックシードオイルを作って部分的に肌に塗ることもできます。

方法 1 の 3:
ブラックシードを準備する

  1. 1
    食べる前に乾煎りする ブラックシードは生で丸ごと食べることはできません。消化や味を良くするために加熱する必要があります。ブラックシードをフライパンに入れて弱火にかけ、2~3分毎に混ぜます。[1]
    • 口当たりが良くなったら、火が通った証拠です。5分程乾煎りしたら味見してみましょう。まだえぐ味があれば、もう少し火を通す必要があります。
  2. 2
    乾煎り後、すり潰す 乾煎りしたブラックシードを、コーヒーミルやスパイスグラインダーに入れてすり潰します。食べやすいように細かくすり潰しましょう。最も食べやすくするには、粉状になるまですり潰すことです。[2]
    • すり鉢とすりこ木を使ってすり潰すこともできます。
  3. 3
    粉状にしたブラックシードを密閉容器に入れる ブラックシードの粉末は、湿気の入らない容器に入れて保管する必要があります。普段必要な時にすぐ手が届くように、空カプセルに入れたり、蓋付きのガラス瓶に入れると良いでしょう。
  4. 4
    ブラックシードオイル、または加工されたブラックシードを購入する 乾煎りしてすり潰すのが面倒な人は、乾煎りされたものやブラックシードオイルを購入することもできます。インターネットや自然食品店、健康食品店等で入手できます。
    • 多量の摂取を推奨するような製品は購入しない方が良いでしょう。小さじ1杯程の少量を1日に1~2回摂るだけで良いのです。
    広告

方法 2 の 3:
ブラックシードを摂取する

  1. 1
    小さじ1杯のブラックシードを1日2回摂る ブラックシードを食べると免疫システムが強化され、様々な病気にかかりにくくなると言われています。基礎的な免疫力を全体的に保持したいなら、小さじ1杯のブラックシードを1日2回摂りましょう。[3]
    • ブラックシードオイルを使うこともできますが、自分で種をすり潰せば、ブラックシードの純度を最大限に保つことができます。そうすれば、有害で不必要な添加物を体内に取り込まずに済みます。
  2. 2
    はちみつと混ぜる 小さじ1杯のブラックシードオイルと小さじ1杯の生はちみつを混ぜたものを、1日に1~3回摂ります。このミックスには、がん、糖尿病、インフルエンザ、嚢胞性線維症等の様々な病気に有効な成分が多く含まれていると言われています。[4]
    • このミックスに、粉末状のブラックシードを小さじ1杯加えることもできます。
  3. 3
    ブラックシード茶を作る 種をすり潰さずに、加熱して摂取したい場合は、お湯で茹でるという方法もあります。少量の水に小さじ1杯のブラックシードを入れて沸騰させます。沸騰したら5分程ぐつぐつ煮ます。5分経ったらカップに注ぎ、十分に冷めてから飲みましょう。[5]
  4. 4
    ブラックシードオイルをケフィアやヨーグルトに混ぜる ブラックシードオイルは、従来、胃腸の不調時に用いられてきました。過敏性腸症候群、下痢、その他の胃腸障害に悩まされている人は、小さじ1杯のブラックシードオイルをカップ1杯のケフィア、ギリシャヨーグルト、またはプレーンヨーグルトに混ぜて、1日2回摂ると良いでしょう。[6]
  5. 5
    食べ物に混ぜる 乾煎りしてすり潰したブラックシードの粉末はどんな食べ物にも加えることができます。小さじ1杯をパン、オートミール、スムージー、その他様々な食べ物に加えてみましょう。[7]
    広告

方法 3 の 3:
ブラックシードオイルを局所的に用いる

  1. 1
    肌に塗ってマッサージする ブラックシードオイルには、抗炎症、抗菌の特性があるため、ニキビ等の肌トラブルに効果的です。更に、ビタミン等の栄養素や抗酸化物質を豊富に含むため、エイジングケアとしても有効な可能性があります。毎日の美容法として、ブラックシードオイルを肌に塗ってマッサージしましょう。[8]
  2. 2
    胸に擦り込む ブラックシードオイルは、呼吸器系の疾患や嚢胞性線維症等の症状に効果的であると言われています。ブラックシードオイルを胸に塗って薄く伸ばしましょう。そうすることで、オイルが肌に浸透し、肺に取り込まれます。[9]
  3. 3
    こめかみに塗る ブラックシードオイルで頭痛が緩和されることもあります。ブラックシードオイルをこめかみに塗ってマッサージしましょう。頭皮に2~3滴垂らしてマッサージするのも良いでしょう。[10]
    • 酷い片頭痛の場合は、ブラックシードオイルを鼻孔に2~3滴塗って、鼻から吸い込むと良いでしょう。そうすることで、頭痛を緩和できる可能性があります。
  4. 4
    すり潰したブラックシードをオリーブ油と混ぜて耳痛の緩和に用いる ブラックシードは耳痛に効くこともあります。小さじ1杯の乾煎りしてすり潰したブラックシードと2~3滴のオリーブ油を、よく混ぜ合わせます。それを、朝と夜に、7滴ずつ耳の中に垂らしましょう。[11]
    広告

関連記事

ペンだこを治すペンだこを治す
ビタミンサプリメントによる胃の不快症状を防ぐビタミンサプリメントによる胃の不快症状を防ぐ
チャクラを開くチャクラを開く
催眠術をかける催眠術をかける
重曹でニキビを治す
痰を取り除く痰を取り除く
アロエの葉を保存するアロエの葉を保存する
浣腸液を作る浣腸液を作る
運転中に吐き気を催した場合の対処運転中に吐き気を催した場合の対処
ブラックシードオイルを使用するブラックシードオイルを使用する
自宅で回転性めまいを治す自宅で回転性めまいを治す
肝臓デトックスをする肝臓デトックスをする
オートミール風呂を作る
枯れた喉を回復させる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 代替医療
このページは 246 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告