ブラックジャックは、ルーレットとクラップス、バカラをプレーする人数の合計よりも多くの人に楽しまれているシンプルなカードゲームです。[1] ブラックジャックは、主に運と確率のゲームですが、戦略的なゲームでもあります。世界で最も人気があるカジノゲームの1つであるブラックジャックをプレーして、幸運の女神に微笑んでもらいましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
超初心者のためのガイド

  1. 1
    カードの値を覚える ブラックジャックではそれぞれのカードの値が決まっており、その値はゲームを通して変わりません。[2] カードの合計値を21以内に抑えて、ディーラーに勝つことを目指しましょう。カードの値は次の通りです。
    • 2~10のカード:数字がそのまま値となります。
    • 絵札:絵札の値はすべて10です。
    • エース:値は1か11です。通常は11として数えますが、合計値が21を超えてしまう場合は1として数えることもできます。
      • たとえば、最初に配られたカードがエースと数字の10の場合、カードの合計値は21となり(ナチュラル)ブラックジャックです。
      • 手にエースが含まれている場合は、「ソフトハンド」と呼ばれます。
  2. 2
    遊び方を覚える 自分の順番で選択できるアクションは主に次の2つです。[3]
    • ヒット:カードを引く。合計値が21を超えるまで何回でもカードを引くことができます。
    • スタンド:カードを引かない。これ以上カードを引かずに、手持ちのカードで勝負します。
    • 手持ちのカードによっては、次のような選択肢もあります。
      • インシュアランス: ディーラーのアップカード(表が出ているカード)がエースの場合に限って、インシュアランス(保険)をかけることができます。賭け金の半額をインシュアランスとして支払います。ディーラーがブラックジャックだった場合はインシュアランスに対して2倍の配当がありますが、元の賭け金は没収されるので結果的に差し引きゼロとなります。[4]
      • ダブルダウン:賭け金を倍にしてカードを1枚だけ引く方法です。通常は、手持ちのカードの合計値が8~11、またはソフト12~ソフト19の場合の選択肢です。[5]
      • スプリット: 最初に配られた2枚のカードが同じだった場合に、そのカードを分けて2つの手としてプレーする方法です。10、ジャック、クイーン、キングは、それぞれ10として数えられます。両方の手が勝てば2倍の配当を得ることができますが、1つの手だけが勝てば差し引きゼロ、両方の手が負ければ失う金額が2倍になります。つまり、スプリットとは、最初に配られたカードを分けて2回分の賭けを同時に行うことです。[6]
      • サレンダー: サレンダーとは「降参」を意味しており、多くのカジノで採用されています。プレーする前とディーラーがブラックジャックかどうかを確認した後、サレンダーを選択することができます。サレンダーを選択すると賭け金の半額が没収され、プレーせずに退くことになります。[7] ディーラーのアップカードが9~エース、もしくは自分の手が5~7や12~16の場合に限ってサレンダーを検討しましょう。
        • ディーラーのアップカードがエースの場合は、ディーラー自身がブラックジャックかどうかの確認を行います。アーリーサレンダーとは、ディーラーがブラックジャックの確認を行う前にサレンダーを選択して賭け金の半分を放棄することです。[8]
  3. 3
    ブラックジャックで勝つ 勝つためには、カードの合計値が21を超えない範囲でディーラーよりも21に近い値にする必要があります。合計値が21を超えると「バスト」となり、プレーヤーとディーラーが同点の場合は「プッシュ」(引き分け)となります。「ブラックジャック」とは、最初に配られた2枚のカードがエースと10、または絵札の場合です。[9]
    • ディーラーは、すべてのプレーヤーがスタンドを選択するまでカードを配ります。その後ディーラーが自身の手をプレーして、それが勝敗を決定します。手によって戦略は異なりますが、一般的に、ディーラーの真似をして16以下の場合はヒットするのは、悪い戦略です。バストを避ける戦略は少しましですが、それでもまだ悪い戦略です。[1]
    • カジノ側の最大のアドバンテージは、プレーヤーが先にプレーしなければならないことです。プレーヤーがバストする(21を超える)と、その時点で賭け金は没収されます。同じゲームでディーラーがバストしても、プレーヤーの負けとなります。ディーラーは最後に自身の手をプレーします。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
ルールと戦略

  1. 1
    ハウスルールを理解する ほとんどのカジノにおいて、ディーラーは17以上でヒットできないというルールが設けられていますが、ソフト17(6とエース)でのヒットを認めているカジノもあります。また、稀ではありますが、ポーカーのようにアンティ(参加料)を求めるカジノもあり、そのようなカジノで遊ぶとハウスアドバンテージが20%になります。実際にテーブルに着いて遊ぶと、ハウスルールを早く理解できるでしょう。
    • インシュアランス、スプリット、ダブルダウンについても、使い方や使うタイミングなどはカジノごとにルールが異なりますが、ディーラーが教えてくれるでしょう。たとえば、3枚目のエースのスプリットを認めないカジノもあります。また、サレンダーについても、アーリーサレンダーかアーリーサレンダーのいずれか一方しか認めていないカジノもあります。[1]
  2. 2
    インシュアランス、スプリット、ダブルダウンの影響を理解する このようなオプションを誤って使用すると、カジノ側が有利になります。次の点に注意しましょう。
    • インシュアランスベットをするということは、[10] ディーラーのホールカードが10、ジャック、クイーン、キングであると予測しているということです。デッキには13のランクが異なるカードがあるため、ディーラーのホールカードが10、ジャック、クイーン、キングである確率は1/3未満です。インシュアランスベットをするのに最適なタイミングは、ディーラーのホールカードが10、ジャック、クイーン、キングである確率が高いと予測される場合です。インシュアランスベットをすると、ディーラーがブラックジャックになった場合はプッシュ(引き分け)となります。インシュアランスベットに対する配当は2倍であり、オリジナルベットの配当(1.5倍)よりも高くなっています。
    • ダブルダウンを選択するとあと1枚しかカードを引くことができなくなります。 [11] 引いたカードによっては、満足のいく手にならないかもしれません。実際、それがカジノ側の意図するところです。ディーラーのアップカードがエースや絵札の場合は、自分の手が11でない限りダブルダウンを選択しないほうが良いでしょう。
    • スプリットを選択すると、最高の手が最悪の手になったり、最悪の手が最高に手になったりする可能性があります。[12] スプリットに関する具体的なアドバイスは次の通りです。 2枚の5を分けるのはやめましょう。5が2枚の合計値は10なので、最終的に勝てるチャンスがあります。8やエースが2枚の場合は、必ずスプリットを選択しましょう。2枚の8を分ければ、負けを勝ちに変えられるかもしれません。2枚のエースを分けるとチャンスが増しますが、ハウスルールに注意しましょう。エースを分けられるチャンスは1度きり、分けた後は1枚ずつしかカードを引くことができないなどの制限があるかもしれません。エースのスプリットは、プレーヤーにとって大きなチャンスなので、このような制限を設けているカジノもあります。
    • サレンダーを選択した場合、ディーラーの手にかかわらず負けが決まるため、ディーラーの手が悪かったとしても後の祭りです。
  3. 3
    カードカウンティングを理解する [13] カードカウンティングとは、文字通りカードをカウントすることではありません。熟練のプレーヤーが行う戦術であり、デッキの価値、具体的には残っているエースと値が10のカードの数を数えることです。エースと値が10のカードが多く残っていることがわかれば強いカードを引く可能性が高いため、賭け金を増やすことができるでしょう。
    • しかし、カジノ側もカードカウンティング対策を行っています。ほとんどのカジノではシューに複数のデッキを入れたりカードをシャッフルしたりしており、その両方を行っているカジノもあります。6デッキのカードが使われていてたくさんのカードが引かれると、残っている良いカードの数を覚えておくのは難しいでしょう。
      • そのため、ここではカードカウンティングの方法を紹介しませんが、興味があればカードカウンティングの手順を説明したwikiHowの記事を参考にしましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
カジノにおけるゲームの流れとエチケット

  1. 1
    空いているテーブルに着く 前のゲームが終わったら(テーブルにいるのが自分一人でない場合)、ディーラーに希望するチップの金額を伝えて現金をテーブルに置きます。こうすると、ディーラーがチップに交換してくれるでしょう。次に、賭ける分のチップをベッティングボックスに入れてゲームを始めます。
    • 初心者は、左端の席(サードベース)に座らないほうが良いかもしれません。この場所はディーラーの直前に順番が回ってくるので、ディーラーがバストすれば感謝されるかもしれませんが、あなたのせいでディーラーが5や強いカードを引くと非難されるでしょう。明らかに理不尽ですが、人間、特にギャンブラーにはそういうところがあります。[1]
  2. 2
    ハンドシグナルで意思表示をする カジノのブラックジャックテーブルではハンドシグナルで意思表示をするため、一言も話すことなくゲームを進めることができます。実際、口を開かなければ群衆に溶け込めるでしょう。
    • ヒットの場合は、1本か2本の指でテーブルを軽く叩くか、カードの端でテーブルをこすります。スタンドの場合はカードの上にチップを置くか、カードの上で掌を下に向けて左右に振りましょう。スプリットの場合は、新たにチップを置いて2本の指で指し示します。ダブルダウンの場合は、ベッティングボックスに新たにチップを入れ、指1本で差し示しましょう。[1]
  3. 3
    ディーラーのホールカードは10と考える 結局のところ、伏せられているカードは、他の値よりも10(もしくは値が10)である可能性が高くなります。そのため、アップカード(表向きのカード)が6以下の場合はバストする可能性が高く、これが基本的な戦略です。
    • 自分の手だけでなく、ディーラーの手も考慮しましょう。自分の手が16でディーラーのアップカードが6の場合は、スタンドを選択します。なぜなら、ホールカードがエースでなければ、ディーラーはカードをさらに引く必要があるからです。しかし、自分の手が16でディーラーのアップカードが7の場合、スタンドとヒットのどちらを選ぶかは自分次第です。テーブルに自分一人しかいない場合やフレンドリーな人たちとテーブルを囲んでいる場合は、周りの人やディーラーに聞けばアドバイスしてくれるでしょう。
  4. 4
    やめるタイミングを見極める ポーカーと同様に、ブラックジャックにも勝っているテーブルと負けているテーブルがあります。チップの減り方を見れば、プロでなくてもわかるでしょう。よく観察すれば、見ているだけでどのテーブルが勝っているかわかります。
    • 一般的に、賭け金を少しずつ増やしていくと良いでしょう。5ドルの賭けに2回勝ち、その後10ドルの賭けに負けても差し引きゼロです。連勝が止まったら、ツキが回ってくるまで初めの最少額を賭けましょう。
  5. 5
    基本的な戦略を覚える ハード17以上では常にスタンドを選択しましょう。自分の手がエースと2、エースと3に対してディーラーのアップカードが5か6の場合、自分の手がエースと4、エースと5に対してディーラーのアップカードが4~6の場合、自分の手がエースと6、エースと7に対してディーラーのアップカードが3~6の場合などのダブルソフトハンド、およびソフト17では、スタンドを選択しないようにします。
    広告

ポイント

  • よく誤解されているルールは、プッシュ(同点)ではディーラーが勝つというものです。パーティなどでの非公式のゲームではこのようなルールが採用されているかもしれませんが、カジノでの「プッシュ」はディーラーの勝ちではなく、引き分けとなり賭け金は戻ってきます。
  • ディーラーのアップカードが絵札や特にエースの場合は、サレンダーを検討しましょう。自分の手が15や16の場合、バストの可能性が高くなります。アップカードがエースの場合は、最初に引くカードがどんなに悪くても必要であれば再度引くことができます。これはカジノにとって大きなメリットです。
  • ダブルダウンに最適なタイミングは手が11の場合です。
  • 自分の手が12になったらヒットを避けましょう。特にディーラーのアップカードが4~6の場合は、通常30%の確率でバストして負けます。
  • 非公式のブラックジャックにおいて、最もブラックジャックになりにくいのはディーラーです。不公平に見えるかもしれませんが、これは、ディーラーがゲームのたびに大きなリスクを負っている、一度の複数のプレーヤーに負ける可能性がある、ヒットとスタンドに制限があるなどの理由によるものです。
  • 丸1年かけて習得する覚悟がなければ、カードカウンティングを諦めましょう。カードカウンティングは、ハウスアドバンテージの0.36%を0.5%のプレーヤーアドバンテージに変えます。つまり、1時間に1,000ドル賭けた場合、失敗しなければ平均で5ドル儲かることになります。ただし、このような戦略は、テーブルに多くの人がいるとうまくいかなくなります。カードカウンティングは見つかりやすいことで有名であり、テーブルに一人の場合は特に目立ちます。カードカウンティングに手を出さずに、基本的な戦略で楽しく遊ぶほうが良いでしょう。慎重にゲームを進めていけば勝てるかもしれません。
  • ハード17以上の場合はスタンドを選択しましょう。ほとんどのカジノにおいて、ディーラーの手が17の場合はヒットできません。そのため、17でスタンドを選択すると安全です。
  • ブラックジャックの基本的な戦略を覚えましょう。基本的な戦略に基づいてプレーすると、ハウスアドバンテージは0.36%になります。[14] 個々のカードに応じて適切な戦略でプレーした場合も、ハウスアドバンテージは0.2%になります。[15] [要出典]
  • ダブルダウンやスプリットのために十分なチップがなければ、現金をチップに交換しましょう。ハウスエッジは1.9%上昇します。
広告

注意事項

  • 酔ってゲームをするのはやめましょう。適切な選択ができずにお金を失うことになります。
広告

必要なもの

  • ジョーカーを除いたトランプ1組以上(カジノではなく、個人的にブラックジャックで遊ぶ場合)
  • 現金(賭ける場合)
  • 身分証明書(カジノで遊ぶ場合)

関連記事

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む67人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ボードゲーム
このページは 503 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告