ブラートヴルストをオーブンで調理する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

ブラートヴルストの調理方法は様々ありますが、オーブンを使えば簡単に調理することができます。バーベキューに適した天気でない時でも、家の中でオーブンで調理すれば、手軽にソーセージをぷっくりとジューシーに焼き上げることができます。ブラートヴルストをレシピ通りに調理しても、パンに挟んで食べても、試してよかったと思えることでしょう!

材料

ブラートヴルストのビール蒸し

  • 玉ねぎ(中玉) 1個
  • ニンニク 2片
  • オリーブオイル 大さじ1~2杯(15~30mL)
  • ウスターソース 大さじ2~3杯(30~45mL)
  • 塩コショウ 少々
  • ブラウンシュガー(お好みで) 大さじ1杯 (12.5g)
  • 赤唐辛子フレーク (お好みで) 小さじ1杯 (1.5g)
  • ブラートヴルスト 5本
  • お好みのビール(ラガー、スタウト、IPA、アンバーなど) 350mL
  • ロールパン 5個

5人分

方法 1 の 3:
ブラートヴルストのオーブン焼き

  1. 1
    縁のある天板にアルミホイルを敷いてブラートヴルストを並べ、オーブンに入れる 天板にアルミホイルを敷き、側面はひだを寄せながら縁で固定します。アルミホイルを敷いておくと後片付けが楽になり、ブラートヴルストが天板にくっつくこともありません。ブラートヴルストを並べたら、予熱して熱くなったオーブンの中に入れます。[1]
    • クッキングシートと取っ手のついたオーブン皿などを使ってもよいでしょう。ただし、ブラートヴルストを間隔を開けて並べられるほどの大きさが必要です。
    • 縁のある天板を使えばブラートヴルストが転げ落ちるのを防ぐことができます。
  2. 2
    オーブンを200℃に予熱する 天板をオーブンの中に入れたら、オーブンを200℃に設定します。10~15分くらいで設定温度に達します。オーブンに温度計がある場合は、設定温度を確認しながらオーブンが温まるのを待ちます。[2]
    • オーブンを予熱してからオーブンの中に入れると、予熱が完了した時点で温度がすでに安定しているため、均等に火を通すことができます。
    • オーブンを予熱する際に天板も一緒に温めると、ブラートヴルストの表面に程よい焦げをつけることができます。
  3. 3
    天板を取り出し、ブラートヴルストを重ねずに並べる オーブンミトンを使って天板をオーブンから慎重に取り出します。天板をコンロの上か鍋敷の上に置き、アルミホイルの上にブラートヴルストを並べます。
    • 均等に火が通るように、間隔を開けてブラートヴルストを並べます。間隔はあまり広く開ける必要はなく、1.5cm程度で十分です。
  4. 4
    ブラートヴルストをオーブンに入れ、途中で1度裏返しながら45分間焼く ブラートヴルストをオーブンに入れてから20分ほど経ったら、トングを使って慎重に裏返します。こうすることで、両面を均等なきつね色に焼き上げることができます。裏返してさらに20~25分、または表面がきつね色になるまで加熱します。[3]
    • 天板はかなり熱くなっているため、扱う際は必ずオーブンミトンを使いましょう。
  5. 5
    ブラートヴルストの中心温度が71℃になるまで加熱する ブラートヴルストに完全に火を通すには、中心温度が71℃以上なければなりません。肉用のデジタル温度計を一番厚い部分に差し込み、温度を確認します。[4]
    • 通常、肉を調理する際は、火の通り具合は加熱時間ではなく中心温度を測って確認します。小さめのブラートヴルストの場合の加熱時間は30分、大きめのものでは1時間かかります。[5]
  6. 6
    ブラートヴルストを5分ほど冷ましてから提供する 肉を加熱すると、肉汁が肉の中心に集まります。 5分ほど冷ますと、肉汁が肉全体に分散するため美味しくて柔らかいブラートヴルストになります![6]
    • 残ったブラートヴルストは密閉容器に入れて保存します。冷蔵庫で3~4日、冷凍庫で1~2ヵ月持ちます。[7]

    付け合わせ例:炒めた玉ねぎとピーマン、焼き野菜、ジャガイモなどを添えましょう!

    広告

方法 2 の 3:
ブラートヴルストのあぶり焼き

  1. 1
    オーブン棚の一番高い段に置く オーブンであぶり焼きにする時は、オーブンの上火に一番近い所で焼きます。あぶり焼きは強い直火でさっと火を通す方法です。オーブンの上段で焼くとあぶり焼きした時と同じような仕上がりになります。[8]
    • オーブンによってはあぶり焼き用の段の位置が低いものもあります。この場合、オーブン棚を動かす必要はありません。
  2. 2
    あぶり焼きモードで10分ほど予熱する 一般的にあぶり焼きモードには設定温度がありません。「入り切り」スイッチであぶり焼きモードにするオーブンの場合は、スイッチを入れます。あぶり焼きモードに「高」と「低」がある場合は、「高」に設定します。あぶり焼きモードにして10分ほど予熱します。[9]
    • あぶり焼きモードにするとすぐに熱くなるため、その前にオーブン棚の位置を調整しておきましょう。後で調整しようとすると火傷する危険があります。
  3. 3
    ブラートヴルストを間隔を開けてあぶり焼き用の天板に並べる あぶり焼き用の天板の底は格子状になっており、通常、この天板を載せる受け皿またはトレイがセットになっています。格子状の隙間から熱気が通過し、ソーセージの周りを循環することで均等に火が通ります。[10]
    • 加熱中にブラートヴルストから肉汁が出てくるため、 天板の下に受け皿やトレイが必要になります。肉汁がオーブンの底に落ちると、発火する恐れがあります。
  4. 4
    ブラートヴルストを5分ごとに裏返しながら、15~20分あぶり焼きにする 焦げないよう、5分ごとにトングを使ってブラートヴルストを慎重に裏返します。オーブンによっては、裏返す際に、天板だけを取り出さなければいけない場合もあります。この場合、火傷しないようオーブンミトンを使います。[11]
    • ブラートヴルストを裏返す際は、オーブンの上の部分に触れないよう十分注意しましょう。オーブンのヒーター部は、特にあぶり焼きモードの時はかなり熱くなっているため、触れると重度の火傷を負う可能性があります。
  5. 5
    ブラートヴルストに格子状の焼き色が薄くついたら取り出す オーブンでブラートヴルストを焼くとグリルで焼いた時のような焦げ跡はつきませんが、天板の格子模様の焼き色が少しつきます。こうすれば、寒さや雨のせいでバーベキューが出来なくても、美味しそうな焼き色をつけることができます。[12]
    • ブラートヴルストは豚ひき肉から作られているため、火が通っているかどうかを見た目の焼き色で判断せず温度計で確認することが大切です。
  6. 6
    肉用の温度計を使って中心温度が71℃以上になっているかを確認する 肉用のデジタル温度計をブラートヴルストの最も厚い部分の中心に差し込みます。中心温度が71℃以上であれば焼けています![13]
    • 中心温度が71℃に達していない場合は、71℃になるまでさらに5分間加熱します。
  7. 7
    5分休ませてから提供する ブラートヴルストを冷ますと口の中の火傷を防ぐことができるだけでなく、肉汁を肉全体に分散させることもできます。バーベキューグリルで焼き上げたばかりのように柔らかくて美味しいブラートヴルストになります![14]
    • 残った時は、密閉容器か封のできるビニール袋に入れて保存します。冷蔵庫では3~4日、冷凍庫では1~2ヵ月持ちます。[15]
    広告

方法 3 の 3:
ブラートヴルストのビール蒸し

  1. 1
    オーブンを200℃に予熱する ブラートヴルストを玉ねぎと一緒に液体の中で煮るため、全ての材料にしっかりと火が通るようオーブンを熱くしておく必要があります。材料を入れる前にオーブンが熱くなり調理に適した温度になるまで10~15分ほどかかります。[16]
    • オーブンを予熱することで、レシピ通りの時間で調理することができます。冷たいオーブンに材料を入れると、加熱時間を計算する際にオーブンが温まる時間を含めなければいけません。
  2. 2
    玉ねぎ1個を輪切りにし、ニンニク2片をみじん切りにする 玉ねぎ(中玉)1個を水平に0.5cm程度の厚さに切ります。よく切れる包丁を使い、慎重に切りましょう。次に手で輪切りにした玉ねぎをばらします。ニンニク2片はできるだけ細かいみじん切りにします。[17]
    • 玉ねぎの量を少なくしたい場合や大玉の玉ねぎしかない場合は、玉ねぎの量は半分でもかまいません。
    • 玉ねぎを切っている時に涙が出る場合は、玉ねぎを切る前に玉ねぎを10~15分冷凍庫に入れます。それ以上長く冷凍庫に置くと玉ねぎがグシャグシャになってしまうため注意しましょう。[18]
    • ニンニクを使わずに作る人もいます。ニンニクは玉ねぎとビールを引き立てるよい香りがありますが、好みに応じて省いてもかまいません。
  3. 3
    玉ねぎとニンニクを深めのオーブン皿に広げる オーブン皿は、5~7cmの深さのある物を使います。大きさはどのくらいでもかまいませんが、標準的な大きさ(23cm×33cm)のものがよいでしょう。[19]
    • このレシピで使う皿はオーブン皿1枚だけなので後片付けが楽です。さらに、使い捨てのアルミ皿を使えばもっと楽になります。
  4. 4
    玉ねぎの上にオリーブオイル、塩コショウ、ウスターソースをかける オーブン皿に玉ねぎとニンニクを広げたら、 オリーブオイル大さじ1~2杯(15~30mL)、ウースターソース大さじ2~3杯(30~45mL)、塩コショウ少々を加えます。全体をかき混ぜます。[20]
    • お好みでブラートヴルストにブラウンシュガー大さじ1杯 (12.5 g) を加えて甘めの味付けにします。
    • ピリっと辛くしたい場合は、赤唐辛子フレーク小さじ1杯 (1.5 g) を加えます。
  5. 5
    玉ねぎの上にブラートヴルスト5本を並べる ブラートヴルストを玉ねぎの中に軽く押し込むように並べます。ビールの中で加熱され柔らかくなった玉ねぎがブラートヴルストを包み込むと、ブラートヴルストにも玉ねぎにもよい香りがつきます。 [21]
  6. 6
    ビール350mLを注ぎ入れる 使用するビールの種類はお好みのものを使います。近くのスーパーマーケットで買った安いビールでもよいし、地元の醸造所で作られたビールでもよいでしょう。ビールの種類は何であれ、ブラートヴルストが半分くらい浸かる程度のビールを注ぎ入れます。[22]
    • ビールが変わると、香りも変わります。例えば、ラガーを使うとマイルドな風味になり、IPAは少し苦みが残ります。またスタウトを使うとコクのある深い味わいになります。
    • お好みで、ラガーよりコクがありスタウトほど色が濃くないアンバーまたはレッドビールを使うのもよいでしょう。
    • 使用するオーブン皿の大きさによっては、すべての分量を使う必要がないこともあります。
  7. 7
    オーブン皿にアルミホイルでぴったりと覆う アルミホイルを長めに出し、オーブン皿を覆って周りをぴったり固定します。ぴったり覆って加熱すると蒸し焼きになり、香り高くジューシーなブラートヴルストなります。[23]
    • アルミホイルの長さが足らずオーブン皿を覆いきれない場合は、アルミホイルを2枚使って覆います。
  8. 8
    オーブンの中にオーブン皿を入れ、途中でひっくり返しながら1時間加熱する オーブン皿をアルミホイルで覆い、オーブンの予熱が完了したら、オーブンの中段にオーブン皿を置きます。30分経ったら、裏返します。オーブンミトンを使ってオーブン皿を慎重に取り出し、ブラートヴルストを裏返してさらに30分加熱します。[24]
    • オーブン皿のアルミホイルを開ける際は、熱い蒸気が出てくるため注意しましょう。火傷を防ぐため手や顔に蒸気が当たらないようにしましょう。
    • ブラートヴルストをフォークで刺してはいけません。肉汁が流れ出てしまいます。
    • 1時間経ったら、デジタル温度計で最も厚い部分の温度を測ります。中心温度が71℃以上あればブラートヴルストは焼けています。71℃になっていない場合は、71℃になるまでさらに5~10分加熱します。[25]
  9. 9
    ブラートヴルストを挟んだロールパンの上に玉ねぎを添えて提供する ブラートヴルストを挟んだ柔らかいロールパンに、トッピングとしてビールで調理した玉ねぎを添えます。お好みでロールパンをトーストし、ブラートヴルストを挟んだらマスタードをかけます。または、トーストせずにそのまま挟んで食べます。
    • 残ったブラートヴルストは密閉容器に入れて保存します。冷蔵庫では3~4日、冷凍庫では2ヵ月持ちます。[26]

    このほかのトッピング例:ブラートヴルストのビール蒸しに合うトッピングには、ザワークラウト、マスタード、ハラペーニョのピクルスなどがあります。

    広告

必要なもの

ブラートヴルストのオーブン焼き

  • 縁のある天板
  • アルミホイル
  • オーブンミトン
  • 鍋敷(必要に応じて)
  • 肉用のデジタル温度計
  • トング
  • オーブン

ブラートヴルストのあぶり焼き

  • あぶり焼き機能のあるオーブン
  • あぶり焼き用の天板
  • トング
  • オーブンミトン
  • 肉用のデジタル温度計

ブラートヴルストのビール蒸し

  • オーブン
  • まな板
  • 包丁
  • オーブン皿(23cm×33cm)
  • アルミホイル
  • オーブンミトン

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: レシピ
このページは 117 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告