ブルーチーズには食べられるカビがあり、ツンとする味と刺激臭がします。万人受けはしませんが、カビは食べても全く問題ありません。ただし、他のチーズと同様にブルーチーズも悪くなることがあります。安全にチーズを楽しむためにも、悪くなっているか判断できることが大切です。

方法 1 の 3:
チーズを調べる

  1. 1
    匂いを嗅ぎます。チーズが悪くなっているか調べる最もわかりやすい方法は、匂いを嗅ぐことです。新鮮なブルーチーズにも匂いがありますが、悪くなるにつれて匂いは変わります。ふんと匂いを嗅いでみて、アンモニア臭のようなものがあれば悪くなっている可能性があります。[1]
    • ブルーチーズを買って家に持ち帰ったときに匂いを嗅いでおくとよいでしょう。そうすれば新鮮な状態の匂いがわかるので、匂いが変わったときにも気づくことができます。
  2. 2
    色に注目します。新鮮なブルーチーズには、たいてい青か緑のカビがあります。しかし注目したいのは、クリーミーな部分の色です。普通は白、ベージュ、黄色がかった色をしています。この部分の色がピンク、茶、緑がかってきたら、チーズは悪くなっていると思われます。[2]
    • ブルーチーズの匂いと同様に、色も新鮮な状態のうちに確認しておき、変化があったときに気づけるようにしましょう。
    • 変色に加えてチーズ表面の状態も観察し、ぬるつき、けば立ちがあれば廃棄しましょう。
  3. 3
    チーズを食べてみます。チーズの匂いと色に変化がない場合も、たいてい食べてみれば悪くなっているかどうかが判断できます。新鮮なブルーチーズにも強く鋭い味がありますが、腐ってくるとさらに刺激が強くなります。少し味見をしてみたときに刺激が強すぎると感じたら廃棄しましょう。[3]
    • 通常、悪くなった少量のブルーチーズを食べても体調に影響は出ないので、味見をしても危険ではありません。
    広告

方法 2 の 3:
賞味期限に従う

  1. 1
    常温に置かれたチーズは2日間で廃棄しましょう。ブルーチーズは鮮度を保つために冷蔵保存する必要があるため、カウンターの上などに放置しておくとより早く腐りやすくなります。たいていは数日のうちに悪くなっていることに気が付くでしょう。もしブルーチーズを冷蔵庫に入れ忘れて2日以上経ってしまった場合は、廃棄した方がよいでしょう。[4]
  2. 2
    冷蔵保存のチーズは3~4週間後に廃棄しましょう。ブルーチーズは冷蔵庫内でしばらくの期間保存が可能です。チーズの賞味期限を確認しましょう。通常その日付よりも1~2週間長く持ちます。つまり、ブルーチーズはたいてい冷蔵庫で3~4週間保存できるということです。[5]
    • ブルーチーズの鮮度をできる限り保つために、冷蔵庫の温度設定は4度以上にしないようにしましょう。
  3. 3
    冷凍保存のチーズは6カ月後には廃棄しましょう。ブルーチーズはマイナス17度以下で冷凍保存すれば無期限に保存できるため、1カ月以内に食べる予定のないチーズは悪くならないように冷凍することができます。しかし味と食感の劣化が起きる可能性があるため、半年間以上の冷凍保存は適しません。[6]
    • ブルーチーズの解凍後には、味と食感にわずかな変化があることに留意しましょう。鋭い風味がいくらか減り、たいてい崩れやすくなります。
    広告

方法 3 の 3:
ブルーチーズを保存する

  1. 1
    チーズを切ってから冷凍しましょう。ブルーチーズを冷凍保存するときは、1切れあたり約200g以上にならない程度の大きさに切りましょう。クランブルブルーチーズの場合は、同じくらいの重さになるように等分します。キッチンスケールを使い、1切れまたはひとまとまりずつ量ってから保存しましょう。[7]
    • すでに開封済みまたは食卓にのぼったチーズでも冷凍できます。上記のように、残った部分を約200gごとに等分しましょう。
  2. 2
    チーズを二重に包みます。冷蔵保存にしても冷凍保存にしても、できる限り鮮度を保つにはチーズをしっかりと包む必要があります。まず、ワックスペーパーまたはクッキングシートでチーズを包みます。次に、その上からラップまたはアルミホイルで包んで湿度が逃げないようにします。[8]
    • 冷凍保存する場合は、冷凍焼けを防ぐために二重に包んだチーズをジッパー付きビニール袋に入れましょう。
    • 冷蔵庫内の他の食べ物からの匂い移りが心配であれば、包んだチーズを密封容器に入れてさらに保護するとよいでしょう。
  3. 3
    冷蔵庫の最も下の段で保存しましょう。ブルーチーズは冷えているほど鮮度が保たれます。できる限り長持ちさせられるように、通常最も冷える冷蔵庫の下の段で保存しましょう。冷蔵庫の下の方に引き出しがあるなら、ブルーチーズはそこに入れて保存するのが最適です。冷蔵庫を開けるたびに引き出しを開けるわけではないので、温度が一定に保たれます。[9]
    広告

ポイント

  • ブルーチーズを初めて開封したときに悪くなっている様子が見られた場合は、躊躇せずに返品しましょう。レシートを持参してお店に行き、返品または交換してもらいましょう。
  • 湿度の高いブルーチーズは、乾燥しているものよりも早く腐ります。

広告

注意事項

  • チーズの一部分だけに変色、ぬるつき、けば立ちが見られた場合でも、そこだけを切り取って食べるのはやめましょう。細菌やカビが残っている可能性があるので、全て廃棄しましょう。
  • 腐っているかもしれないと思うチーズを食べた後に体調に異変があれば、医師に相談しましょう。
広告

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

鶏肉を解凍する

How to

ベーコンが傷んでいるか判断する

How to

傷んだ卵を見極める

How to

パンをおいしく温め直す

How to

ビールをショットガン飲みする

How to

腐った牛ひき肉を見分ける

How to

アボカドを熟成する

How to

野菜を蒸す

How to

オートミールを作る

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

アルカリ水を作る

How to

ビンのラベルをはがす

How to

人参を蒸す
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 595 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告