湯通しは短時間で野菜を調理する方法の一つで、野菜を熱湯か蒸気で加熱した後すぐに冷水にさらして冷まします。きちんと湯通しされたブロッコリーは、鮮やかな緑色としゃきしゃきした食感が長持ちします。今回はみなさんが大好きなブロッコリーを湯通しする二通りの方法をご紹介します。

方法 1 の 2:
お湯で湯通しする方法

  1. 1
    ブロッコリーの下準備をしましょう。ブロッコリーを洗った後、お好みのサイズに切ってください。均等に火が通るようにブロッコリーは全てなるべく同じ大きさに切ってください。
  2. 2
    お湯を沸かしましょう。大きくて重みのある鍋の3分の2まで水を入れます。鍋に蓋をして強火にかけます。
    • お湯が沸騰しはじめたら、大さじ1杯分の塩を加えます。沸騰したお湯に塩を加えることでお湯に塩味をつけるだけではなく、お湯の沸点を上げることができます。こうすると、食品の調理が効率よく行なえるようになります。[1]
  3. 3
    冷水を用意します。鍋の水が沸騰するまでに、大きいボウルに冷水と氷を入れておきます。
  4. 4
    ブロッコリーの調理にとりかかりましょう。鍋の水が沸騰しはじめたら、あらかじめ切っておいたブロッコリーを沸騰したお湯に投入します。お湯が再び沸騰したら湯通しの時間を計り始めます。
    • 直径4センチ弱のブロッコリーの場合、湯通しの時間は3分ほどです。ブロッコリーの大きさによって湯通しの時間を調整してください。
    • 鍋から取り出したときに、ブロッコリーが鮮やかな緑色をしていて、固めの食感(少し柔らかくなった程度)を保っている状態がちょうどよい茹で加減です。
  5. 5
    ブロッコリーを冷まします 穴杓子か柄つきのザルを使ってブロッコリーを取り出すか、水切り用のザルで水を切ります。すぐにブロッコリーを冷水にさらして加熱の進行を防ぎましょう。
    • 30秒ほど冷水に浸けた後、ブロッコリーを取り出して、ザルで水を切ります。
  6. 6
    出来上がりです。他の野菜と同様に、湯通ししたブロッコリーは茹で野菜としてそのまま食すこともできますが、ソテーや炒め物をする前の下準備にもなります。
    • 下準備後の調理方法(ソテーなど)は、そもそも野菜に味付けをするためのものであって、一般的には野菜に完全に火を通すための調理方法ではありません。湯通しは、ソテーや野菜炒めを作る前の野菜の下茹でにうってつけの方法です。
    広告

方法 2 の 2:
蒸気で加熱する方法

蒸気で加熱する方法は、蒸し野菜としてそのまま食べる場合や冷凍保存する前の下準備に便利です。蒸気で調理すると、野菜の色、鮮度、栄養素、そして食感をそのまま保つことができます。冷凍保存前に加熱した野菜は、加熱せずに冷凍保存した野菜と比べて最大で13倍も多くのビタミンCとその他の栄養素を保つことができます。[2]

  1. 1
    ブロッコリーを洗って下準備を始めましょう。むらなく調理できるようにブロッコリーは全て均等に切ってください。
  2. 2
    蒸気調理の準備に入ります。大きい鍋におよそ2.5~5センチの深さの水を入れて沸騰させます。蒸し器の中のかごが水に浸らないようにかごを設置して、かごにブロッコリーを並べ入れます。鍋に蓋をしたら、お湯で湯通しする場合と同じ方法で冷水を用意します。
    • 全てのブロッコリーに均一に蒸気が行き渡るよう、ブロッコリーは重ならないように並べましょう。
  3. 3
    蒸気調理の時間を計ります。蒸し器から蒸気が上がり始めたら蒸し時間を計り始めます。
    • ブロッコリーを蒸す時間はおよそ5分です。
    • 調理時間が半分ほど経過したら蓋を開けて、ブロッコリーが重なっていないか、そしてすべてのブロッコリーが均一に調理されているかをチェックしてください。
  4. 4
    調理工程を止めます。ブロッコリーに火が通ったら、鍋から蒸し器の中かごを取り出して、すぐにブロッコリーを冷水に入れます。
  5. 5
    蒸気調理を完了します。冷水に浸けたブロッコリーが完全に冷えたら、水きり用のザルで水を切ります。食事に出す前、または冷凍する前にしっかりと水分が切れている状態にしておきましょう。
    広告

ポイント

  • 湯通ししたブロッコリーは後で使えるように密封式ポリ袋に入れて冷凍保存しましょう。
  • 湯通ししたブロッコリーをそのまま前菜としてディップをつけて食べたり、サラダに入れて食べても美味しくいただけます。
  • 湯通ししたブロッコリーを他の料理に使うときは、再度1~2分ほど加熱するといいでしょう。
  • パスタ料理や炒め物には調理が終わる間際に加えましょう。

広告

注意事項

  • 2分以上湯通しすると野菜が色落ちしてしまい、煮崩れしやすくなります。
  • 湯通しの際に十分な量の水を使わずに、野菜の一部がお湯に浸らないことがあると、均一に調理できません。湯通しの際には、鍋に水をたっぷり入れてブロッコリーがしっかり水に浸かるようにしましょう。
広告

必要なもの

  • 切れの良い包丁
  • まな板
  • 大きい鍋
  • ブロッコリー
  • 大きいボウル
  • 水切り用ザル
  • 穴あきスプーンもしくは金網製のザル
  • 蒸し器の中かご




関連記事

How to

パイナップルを熟成させる

How to

パパイヤの種を食べる

How to

バナナのスライスの変色を防ぐ

How to

ココナッツを割る

How to

バナナを長持ちさせる

How to

オレンジの皮を剥いてゼストを作る

How to

ブドウを種から育てる

How to

傷んだキノコを見分ける

How to

オレンジからオイルを抽出する

How to

柿を食べる

How to

ジャガイモを冷凍する

How to

バナナを冷凍する

How to

シンプルなシロップを作る

How to

ビーツを調理する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,571回アクセスされました。
カテゴリ: 野菜と果物
このページは 2,571 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告