PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

高い出費をせずにヘアサロンのブローを再現したいと思いませんか?くせ毛を抑え、まっすぐにブローしたいと考えている人は、正しいテクニックを用いて縮れや膨らみを防ぐことが大切です。準備を正しく行い、髪をいたわりながらブローすることができれば、真っすぐで滑らか、かつ輝きのある状態を数日間維持できるでしょう。

方法 1 の 3:
準備をする

  1. 1
    正しい道具を用意する ブローを行う際、最も基本的な道具として挙げられるのがヘアドライヤーです。狭い範囲に集中して熱をあてられるよう、ノズルが伴っているものが必要です。ノズルなしでブローするよりも髪が滑らかに整います。ヘアドライヤーのほとんどにはノズルが付属品として含まれています。万が一含まれていない場合は、美容品を取り扱う専門店やネットショッピングで別途探してみましょう。ドライヤーの他にも下記を用意しましょう。[1]
    • 目の粗い櫛(コーム)
    • 猪毛ブラシ(大きく丸いもの)
    • ヒートプロテクション製品
    • ヘアオイルや美容液(くせ毛を抑えるもの)
  2. 2
    洗髪する シャンプーとコンディショナーで普段通りに洗髪しましょう。ブローで髪をまっすぐに整えようとしているので、くせ毛を抑える効果のあるシャンプーやコンディショ用いると髪がまとまり、ブローしやすくなるかもしれません。
  3. 3
    タオルドライをする 洗髪を終え浴室から出てきたタイミングで、すぐに清潔なタオル(あるいは古くなったTシャツ)を用いて余分な水気を拭き取りましょう。[2] 髪を強く押してこすったり、ねじったりしないよう注意しましょう。くせ毛が悪化します。髪から滴る水を吸収させる程度で十分です。
  4. 4
    櫛で整える 目の粗い櫛(コーム)で髪をとかし、絡まっている箇所があれば、ほぐしましょう。絡まっていない状態でブローを行ったほうが髪にかかる負担が和らぎます。
  5. 5
    髪をドライヤーの熱から守る 髪を熱から守る(ヒートプロテクション)製品には髪をまとめる働きをするポリマーが配合されていて、熱によるダメージから髪を守ります。硬貨1枚分程の量を手にとり、両手をこすり合わせ、根元から毛先まで馴染ませていきます。[3] ヒートプロテクション効果のあるストレートヘアクリームやムースも併せて用いると、より効果的でしょう。ただし、使用する前に製品ラベルを読みましょう。
    • ヒートプロテクション用の製品が手元にない場合は、洗い流さないトリートメントやくせ毛に効果的な美容液を用意し、ホールド力がある程度あるジェルやムースと併せて用いましょう。何も髪につけずにブローするよりも髪に優しいでしょう。
    • ヘアケア製品の使い過ぎに気をつけましょう。量が多すぎると「ぺたんこ髪」になってしまったり、脂ぎったように見えてしまうかもしれません。
    専門家情報
    Gina Almona

    Gina Almona

    ヘアスタイリスト
    ジーナ・アルモナはニューヨーク市にあるヘアサロン「Blo It Out」の経営者です。業界の中で常に新鮮な視線を持ち続けるべく、インターナショナル・ビューティーショーなどのワークショップや展示会に実演者として意欲的に参加しています。美容トレーナーとして20年以上の経験があり、その業績はPeople Magazine、Time Out New York、そしてQueens Sceneで紹介されました。アストリア地区にあるロングアイランド美容学校にて美容術を習得しています。
    Gina Almona
    Gina Almona
    ヘアスタイリスト

    専門家も同じ意見です。ヒートプロテクション効果のある製品とノズル付きのドライヤーは、髪を熱と乾燥から守るうえで最も大切な2つの要素だと言えるでしょう。ブローする際は、複数の毛束に分けてから乾かすようにしましょう。

  6. 6
    浴室から出る 湿気によってくせ毛は悪化するので、ブローは脱衣所や浴室で行わないようにしましょう。シャワーを浴びた際の湿気が残っています。浴室から出て、例えば寝室などの鏡がある部屋でブローを行えると良いでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
ブローする

  1. 1
    ある程度髪を乾かす すぐにブローを開始するのではなく、まずはブラシを使わずに8割ほど乾かしましょう。15センチ程頭から離して一方の手でドライヤーを持ち、空いている方の手の指を髪に通したり、少しかき乱すようにして奥まで均等に乾かしましょう。まだ少し湿っている状態で一旦止めます。
    • ある程度髪を乾かすことで、ヘアブラシとドライヤーによるダメージから髪を守ります。髪が濡れている状態でブラッシングを行うと、毛束毎にブラッシングをする回数が倍になります。ブラッシングせずにほぼ乾かしてしまいましょう。
    • 根元から毛先に向かって乾かせるようにノズルをあてましょう。毛先からではなく根元から乾かせばキューティクルが開かないので、滑らかさを維持することができます。
  2. 2
    上半分をピンやヘアクリップでとめる 髪の上半分をヘアピンやクリップでとめたり、ポニーテールにまとめましょう。均等かつまっすぐにブローしやすくなります。
  3. 3
    少量の髪をブラシの上から垂らす 少量の毛束をとり根元部分にブラシをあてましょう。ブラシが頭皮に触れていて、髪がその上から垂れているような状態にしましょう。このように構えることで、毛束がピンと張った状態になります。まっすぐにブローする際に大切な手順です。
  4. 4
    ドライヤーの電源を入れ、ブラシから5~8センチほど離した位置で構える ドライヤーは中温前後に設定することで髪にかかる負担が和らぎます。ただし、くせ毛が強い人は温度を最大にしてブローしたほうが良いでしょう。
  5. 5
    ドライヤーを下に向け、根元から毛先にブラシを動かしながら乾かす ブラシを使って髪をピンと張った状態に保ちながら根元から毛先まで動かしましょう。同時に、ヘアドライヤーを下に向け、ブラシと一緒に毛先まで移動させながら熱をあてます。ドライヤーとブラシを一緒に動かすようにしましょう。
    • 髪にボリュームが足りないという人は、下ではなく上に向かってブラッシングをしましょう。逆に落ち着かせたいという人は下に向かってブラッシングをします。
    • いずれの場合も、ドライヤーは下を向け、根元から毛先に向かって風が当たるようにしましょう。こうすることで毛幹を寝かせ、縮れを防ぎます。
    • 1か所のみに熱が集中しないよう、ドライヤーを何度も根元から毛先に動かしながら、まんべんなく熱をあてましょう。
  6. 6
    毛束が乾くまで繰り返す 1回熱をあてただけでは毛束は乾きません。毛束が完全に乾き、まっすぐになるまで、何度もブローしましょう。根元から毛先にブラシを動かし、髪をピンと張った状態でブローするということも忘れずに繰り返しましょう。また、ドライヤーはノズルを下に向けましょう。[4]
  7. 7
    少しずつブローする 髪の下半分が乾いたのであれば、まとめていた上半分の髪を垂らし、同じ手順を繰り返しましょう。頭頂部から襟足までまんべんなく乾かします。
    広告

方法 3 の 3:
整える

  1. 1
    冷風をあてる ドライヤーの設定を冷風に変え、髪の表面にあてます。根元から毛先に向かってあてましょう。このひと手間を加えることで髪がしっとりと落ち着き、終日縮れが抑えられます。また、乾かし方の足りない部分あっても、この時に気がつくでしょう。湿っている部分に気がついた時は、再び温風をあててブローを行いましょう。
  2. 2
    美容液をつけて馴染ませる くせ毛対策の美容液、あるいはアルガンオイルを髪につけると、輝きのあるまっすぐな状態に維持しやすくなります。少量を指先につけ、髪全体に馴染ませましょう。毛先は特に乾燥しやすいので入念に浸透させます。
  3. 3
    ストレートアイロンを必要に応じて用いる ブローだけでは不十分なこともあります。滑らかにはなっているものの、多少のうねりが残っているかもしれません。より徹底的にまっすぐにしたいのであれば、ストレートアイロンを使いましょう。
    広告

ポイント

  • 湿度の高い場所は避けましょう。湿気によってくせ毛が復活してしまいます。できるかぎり乾燥した状態を維持することがポイントです。小雨が降っている時は帽子を着用して外出しましょう。
  • ドライシャンプーを用いると、さっぱりとします。ブローのコツが分かるようになるまで時間と労力を要しますが、上手に行えると、効果が数日継続します(湿気を避けているという前提で)。2~3日経過すると、べたつきが気になるかもしれません。こうした時は少量のドライシャンプーやベビーパウダーを根元にふりかけ、5分間放置し油分を吸い取らせます。最後にに櫛を使って落としましょう。
広告

注意事項

  • 電子機器全般に言えることですが、ドライヤーやストレートアイロンは、水気の近くは避け、小さな子どもの手が届かないところで使用しましょう。使用後はコンセントを引き抜きましょう。また、ストレートアイロンは熱が冷めるまで安全な場所で保管しましょう。
広告

必要なもの

  • ヘアドライヤー
  • 熱から髪を守るためのヘアケア製品
  • 猪毛の丸いブラシ
  • ヘアクリップ
  • 美容液

関連記事

爪が割れたときの対処
手についたヘアカラーを落とす
アロエベラを髪の毛に使うアロエベラを髪の毛に使う
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
自分でロングヘアを切る
髪に付いたガムを取る
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
自分で枝毛を取り除く
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
ネイルグルーを落とす
肌に付着したヘアカラー剤を落とす
(男性向け)自分で髪を切る(男性向け)自分で髪を切る
ブリーチなしで髪を明るくするブリーチなしで髪を明るくする
広告

このwikiHow記事について

Gina Almona
共著者 ::
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 : Gina Almona. ジーナ・アルモナはニューヨーク市にあるヘアサロン「Blo It Out」の経営者です。業界の中で常に新鮮な視線を持ち続けるべく、インターナショナル・ビューティーショーなどのワークショップや展示会に実演者として意欲的に参加しています。美容トレーナーとして20年以上の経験があり、その業績はPeople Magazine、Time Out New York、そしてQueens Sceneで紹介されました。アストリア地区にあるロングアイランド美容学校にて美容術を習得しています。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 494 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告