ブーゲンビリアを育てる方法

2 方法:ブーゲンビリアを植えるブーゲンビリアを育てる

ブーゲンビリアは熱帯性のつる性低木で、栽培に適した気候であれば一年のうち11カ月もの間カラフルな花を咲かせます。日当たりの良い場所と、やや酸性で水はけの良い土を好み、比較的高温で湿度が低い気候に適しています。水やりは控えめにして、数カ月ごとに肥料を与えます。剪定は花が咲き終わった頃に行い、近くの壁やトレリスに這わせます。ブーゲンビリアを上手に育てて、毎年鮮やかで美しい花を楽しみましょう。

1
ブーゲンビリアを植える

  1. 1
    露地に植えるか、鉢に植えるかを決めます。ブーゲンビリアは比較的高温で湿度の低い場所を好みます。一年中屋外で育てるには、霜の降りない暖かい土地が適しています。寒くて雨の多い土地でも鉢植えにして冬は室内で育てれば、ブーゲンビリアを楽しむことができます。
    • ブーゲンビリアの栽培には、夜は16℃を下回らず、日中は38℃を上回らない温度が最適です。
    • ブーゲンビリアは地下室や弱い光の下でも越冬できます。
  2. 2
    庭の日当たりの良い場所を探します。ブーゲンビリアの栽培には、南向きで日陰にならない日当たりの良い場所が最適です。しっかりと生育するには毎日最低6時間以上日光に当たることが大切です。
  3. 3
    肥沃で水はけの良い場所を選びます。ブーゲンビリアは湿った場所では良く育たないので、水はけの良い場所に植えましょう。砂やピートモス、パーライト、バーミキュライトを土に混ぜたほうが良いかもしれません。水はけが悪い場合は傾斜地に植えることで改善できます。肥沃でやや酸性のpH5.5 ~ 6.0の土が適しています。
    • 必要に応じて、pH数値を上げるには石灰を、下げるには硫黄華を土に混ぜて調整します。
    • 鉢に植える場合は、ブーゲンビリアに適したpH数値の培養土を使用しましょう。
  4. 4
    ブーゲンビリアを植えます。ブーゲンビリアの根鉢と同じ位の深さの穴を掘ります。根の成長を助けて、開花を促す効果があるリン酸を多く含んだ肥料を穴にまきます。ブーゲンビリアを鉢から持ち上げて取り出し、根を軽くほぐしてから根鉢を水で湿らせて穴に入れます。根元の周りの土を軽くたたきます。
    • ブーゲンビリアをトレリスや壁に這わせる場合は、その近くに植えましょう。成長に合わせて枝をやさしく巻きつけて誘引します。
    • ブーゲンビリアは湿った土を嫌うので、鉢に植えるときは水はけを良くするための穴がたくさん開いている鉢を選びましょう。

2
ブーゲンビリアを育てる

  1. 1
    水やりは控えめにします。ブーゲンビリアは水をやりすぎると弱ってしまい、花が咲かずに葉だけが成長してしまいます。逆に土が乾きすぎてもストレスを与えてしまいます。水浸しにならずちょうど良い湿り気の快適な環境で育てましょう。
    • 土の表面から5~7.5 cm程度が乾いてから水やりを行うことが大切です。土の乾き具合を確認するには、指の付け根までを土に突き刺してみましょう。指に触れる土が乾燥しているようであれば水を与えます。
  2. 2
    定期的に肥料を与えます。開花を促すために数カ月ごとに肥料をあげましょう。肥料のやりすぎは育ちすぎの原因になります。ブーゲンビリアが大きくなりすぎるときは、肥料の量を減らしましょう。
    • 定期的な肥料の散布には、移植時に与えた高リン酸の肥料ではなく、一般的に窒素、リン酸、カリウムの割合が同程度または2:1:2の肥料が使われています。有機肥料や遅効性の肥料が効果的です。[1]
    • 少なくとも年に一度、春の初めに一年の成長を助ける肥料を与えましょう。
  3. 3
    冬に室内に移します。寒冷地では、冬に鉢植えのブーゲンビリアを室内に入れましょう。屋外では寒さのため越冬できません。[2]
  4. 4
    ブーゲンビリアを剪定します。ブーゲンビリアは成長が早い植物なので、開花を促進したり、形を整えるために剪定が必要です。花の時期が終わったら、翌春の成長を促すために10 cm 程剪定します。[3]
    • 剪定するときは手袋をはめましょう。ブーゲンビリアを剪定してウルシに触れたときのように湿疹ができてしまう人もいます。これは葉や茎ではなく、樹液に触れたことが原因です。
  5. 5
    ブーゲンビリアを誘引します。壁やフェンスなどをブーゲンビリアで覆うには支えが必要です。垂直な面に対してブーゲンビリアを植えるときは、針金やひもを何列か側面に取り付けます。ブーゲンビリアの枝をその列の後ろに均等な間隔ではさみ込みます。壁がブーゲンビリアで覆われるまで、成長に合わせて枝を調整します。

ポイント

  • 水のやりすぎに注意しましょう。花が咲かなくなったり、根腐れを起こして枯れる原因になります。
  • ブーゲンビリアは比較的害虫がつきにくい植物ですが、アブラムシ、アオムシ、ヨトウムシなどには注意が必要です。

注意事項

  • 剪定時には手袋とアームカバーをはめましょう。

必要なもの

  • 高リン酸肥料

記事の情報

カテゴリ: 園芸・ガーデニング

他言語版:

English: Grow Bougainvillea, Español: cultivar bugambilia, Italiano: Coltivare la Buganville, Português: Cultivar a Buganvília, Русский: вырастить бугенвиллею, Deutsch: Bougainvillea pflanzen, Français: cultiver un bougainvillier, 中文: 种三角梅, Bahasa Indonesia: Menanam Bugenvil, Čeština: Jak pěstovat buganvílie, Nederlands: Bougainvillea kweken, ไทย: ปลูกต้นเฟื่องฟ้า, हिन्दी: बोगनवेलिया उगाएँ, Tiếng Việt: Trồng Hoa giấy, 한국어: 부겐빌레아 기르는 방법, العربية: زراعة نبات الجهنمية

このページは 27 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?