PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

食べ物、日光、化学反応などの原因により、プラスチックに黄色いシミがつく場合がよくあります。プラスチックを漂白剤や消毒用アルコール、過酸化水素に浸すなど、このような汚れの対処方法が数多く存在します。プラスチックを液体などに浸けずに黄色いシミをこすって落としたいのであれば、レモン汁、塩、または重曹ペーストを試してみましょう。

方法 1 の 2:
プラスチックを液に浸す

  1. 1
    消毒用アルコールでシミを覆い、分解させる 黄色いシミがプラスチック容器についている場合は、その中に消毒用アルコールを入れて数分間そのまま置きます。プラスチックに液体が入らない状態であれば、消毒用アルコールを他の容器に注いでプラスチックをその中に入れましょう。[1]
    • 消毒用アルコールを流して処分した後は、プラスチックを石けんと水で洗い流します。
    • 消毒用アルコールがなければ、手指消毒液でも同様に使用できます。
  2. 2
    入れ歯洗浄剤をお湯に溶かして変色を元に戻す 薬局や大型スーパーなどで入れ歯洗浄剤を購入し、お湯に2錠を溶かします。溶液をシミのついたプラスチックの中に注ぐか上にかけ、シミが消えるまでそのまま置きます。その後石けんと水でプラスチックを洗い流します。[2]
    • 入れ歯洗浄剤の代用品として、発砲錠剤(頭痛用など)も同様に効果があります。
  3. 3
    白くする効果を強力にするには漂白剤を試す 水240mLに対して漂白剤を大さじ1杯(15mL)混ぜ合わせます。プラスチックを漂白剤の溶液に浸し、1~2時間そのまま置きます。漂白剤の溶液を流して処分してから、石けんと水でプラスチックを洗い流しましょう。[3]
    • 漂白剤の溶液をプラスチック全体にかける前に小さい箇所で試し、プラスチックが劣化しないことを確認しましょう。
    専門家情報
    Susan Stocker

    Susan Stocker

    ハウスクリーニング専門家
    スーザン・ストッカーはシアトル州随一のエコフレンドリーなハウスクリーニングサービス会社、「Susan’s Green Cleaning」の経営者で、ビジネス改善協会の2017年度倫理・公正の灯賞を受賞しました。同社は卓越したカスタマーサービス、また公正な賃金制度と従業員の福利厚生、そして環境に配慮した清掃手法で知られています。
    Susan Stocker
    Susan Stocker
    ハウスクリーニング専門家

    専門家からひと言: 非常に頑固な汚れには、水と漂白剤を同じ割合で容器に入れて混ぜ、プラスチックを一晩そのまま置きます。その後よく洗い流し、日当たりのよい屋外で丸2日間乾燥させます。こうすると漂白剤の臭いが薄れ、ある程度のシミが日光の効果で消えるでしょう。

  4. 4
    漂白剤の使用に不安がある場合は、ホワイトビネガーを使用する ホワイトビネガーは漂白剤と同様にプラスチックに効果的で、漂白剤ほど害もありません。ホワイトビネガーと水を1対1の割合で混ぜ、その溶液をプラスチックの中に注ぐか上にかけます。プラスチックをホワイトビネガーの溶液に浸したまま数時間置き、その後石けんと水できれいに洗い流しましょう。[4]
    • 液体が入らない状態のプラスチックのシミを取り除く場合はホワイトビネガーの溶液を容器に入れ、その中にプラスチックを入れましょう。
    • プラスチックを洗って乾燥させれば酢のにおいは消えるでしょう。
  5. 5
    プラスチックの変色を元に戻すには、過酸化水素に浸す プラスチックの一部分だけではなく、全体が黄色くなってしまった場合には、過酸化水素が非常に効果的です。ビニール袋にプラスチックが浸る程度の量の過酸化水素を入れます。過酸化水素を入れたビニール袋にプラスチックを入れ、直射日光の当たる場所に置きます。3~4時間そのまま置いてから、清潔な水で洗い流します。[5]
    • 過酸化水素は薬局や大型スーパーなどで購入できます。
    • プラスチック製の装置や機械を扱う場合は、過酸化水素に入れる前にプラスチック以外の部品全てを取り外すようにしましょう。
    • 必要に応じて古い歯ブラシを使い、過酸化水素をプラスチックにこすりつけてもよいでしょう。
  6. 6
    プラスチックをよく洗い流して液体を落とす 選んだ液体でシミを落としたら、清潔な流水でプラスチックについた液体を洗い流します。必要に応じて石けんを使ってもよいでしょう。
    • シミが落ちていなければ同じ液体を再度つけて同じ工程を繰り返すか、他の方法で効果が出るか試してみましょう。
    広告

方法 2 の 2:
シミをこする

  1. 1
    湿った布でシミに塩をこすりつけてシミを落とす 布かタオルをぬるま湯で湿らせます。布全体に塩を振りかけるか、プラスチックに直接塩をかけます。布で塩をプラスチックにすり込み、シミを落としやすくします。シミが消えるまでこすり続けましょう。[6]
    • 処置が完了したら、清潔な水でプラスチックを洗い流しましょう。
  2. 2
    重曹ペーストを作り、黄色いシミにつける 重曹を小さいカップか容器に入れます。水をゆっくりと加えて重曹と混ぜ合わせ、ペースト状にします。重曹ペーストをプラスチックにつけ、そのまま数時間置きます。スポンジかキッチンタオルでペーストをシミにこすりつけてから洗い流しましょう。[7]
  3. 3
    レモン汁をプラスチックにこすりつけ、日光の力でシミを落とす 新鮮なレモンをナイフで半分に切り、プラスチックにレモンをこすりつけてシミをレモン汁で覆います。プラスチックを日当たりのよい屋外に出し、数時間から丸1日置きます。日光の効果により、黄色いシミが落ちやすくなるでしょう。[8]
    • まな板の黄色い汚れなど、シミのついたプラスチックの隅々までレモン汁を確実に広げましょう。
  4. 4
    市販の製品で効果があるか試す 大型スーパーや日曜大工店などで購入できる一部の洗浄剤は、黄色いシミに効果的です。手持ちのプラスチックについている種類の黄色いシミをターゲットにした製品を探し、特定の化学製品の効果があるかどうかを試しましょう。大抵の場合はキッチンタオルか布を使用して製品をシミの上でこすりますが、説明書に従って手入れをしましょう。[9]
    • 多くの粉末洗剤と同様に、メラミンスポンジも黄色いシミに効果的な場合があります。
  5. 5
    プラスチックをよく洗い、こすりつけた製品を落とす 清潔な流水および必要に応じて石けんを使用し、洗浄用の液体やペーストを洗い流しましょう。1回目でシミが落ちていなければ、同じ工程を繰り返してプラスチックを再度こすりましょう。
    広告

ポイント

  • 1つの方法を試して1回目の処置で効果が出ない場合は、同じ工程を繰り返して再度試しましょう。
広告

注意事項

  • トマトベースの食べ物をプラスチックの器に入れて電子レンジにかけた結果できたシミは、落ちない可能性が高いでしょう。
  • シミを落とす際にスチールウールや研磨パッドなどの研磨剤を含む材質を使用すると傷がつく可能性があるため、使用は控えましょう。
広告

関連記事

銅製品の汚れを落とす
紙に付着した染みを取り除く紙に付着した染みを取り除く
天然成分の消毒剤を作る
失くしたテレビのリモコンを見つける失くしたテレビのリモコンを見つける
汚れているCDの手入れ汚れているCDの手入れ
濡れたカーペットを乾かす
時間が経った犬のおしっこのシミを落とす時間が経った犬のおしっこのシミを落とす
衣服についたホワイトボードマーカーを取り除く衣服についたホワイトボードマーカーを取り除く
窓ガラスについた接着剤を落とす窓ガラスについた接着剤を落とす
カーペットの臭いを消すカーペットの臭いを消す
服についたバターを取る
窓ガラスの水垢を取る
白いシャツを漂白する
カーペットについたペットの嘔吐物を掃除するカーペットについたペットの嘔吐物を掃除する
広告

このwikiHow記事について

Susan Stocker
共著者 ::
ハウスクリーニング専門家
この記事の共著者 : Susan Stocker. スーザン・ストッカーはシアトル州随一のエコフレンドリーなハウスクリーニングサービス会社、「Susan’s Green Cleaning」の経営者で、ビジネス改善協会の2017年度倫理・公正の灯賞を受賞しました。同社は卓越したカスタマーサービス、また公正な賃金制度と従業員の福利厚生、そして環境に配慮した清掃手法で知られています。
カテゴリ: 掃除
このページは 397 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告