プラスチックは、塗装をするのがなかなか大変な素材です。木材のような浸透性がないプラスチックには、塗料が付着しにくいからです。それでも、十分な下準備をすることで、きれいに塗装を施すことができます。しかしながら、塗料とプラスチックの種類によっては、使い込むうちに塗装が剥がれてしまう場合もあります。

パート 1 の 3:
表面の下準備をする

  1. 1
    塗装するプラスチック製品を選びます。適切な下準備をすれば、家具、フィギュア、おもちゃ、容器、装飾品など、どんな素材にも色付けすることができます。[1]

    プラスチックやラミネートフロア、バスタブ、浴室の壁、カウンターなど、塗装に不向きなプラスチックもあります。

  2. 2
    塗装する製品を食器用中性洗剤とぬるま湯で洗います。表面の汚れを取ることで、後の作業が楽になります。滑らかな表面には柔らかい布かスポンジを使い、ガーデンファニチャーのようなおうとつのある物にはスクラブブラシを使います。洗浄後はきれいな水ですすいで乾かします。[2]
  3. 3
    220~300グリットのサンドペーパー(紙ヤスリ)で軽く擦ります。表面に傷をつけないように、軽く円を描くように擦りましょう。ヤスリがけが終わったら、表面をタッククロス(粘着性の除塵布)で拭きます。[3]
    • ヤスリがけは重要な作業です。滑らかな表面に細かい溝を作ることで、塗料が付着しやすくなります。
  4. 4
    消毒用アルコールで表面を拭きます。この作業は、塗料の付着を妨げるオイルを除去するために、非常に重要な手順です。この手順を省くと、後で塗料が剥がれやすくなります。[4]

    汚れが付かないように、プラスチック製品を慎重に取り扱いましょう。製品の端を持つか、使い捨ての手袋を着用しましょう

  5. 5
    塗装しない部分をマスキングテープで覆います。刷毛で塗装する場合も、この作業を行いましょう。マスキングテープを使うと、塗装部分と非塗装部分の境界線が、はっきりときれいに仕上がります。
  6. 6
    プライマーを塗ります。できるだけ密着性に優れたプライマーを選びましょう。プライマーを使うと、プラスチックの表面が均一になると共に、塗料が付着しやすくなります。使いやすいスプレータイプの他に、刷毛で塗るタイプもあります。
    • プライマーが完全に乾いてから、次の手順に進みましょう。
    • スプレータイプのプライマーを使う場合は、液体が付着しないように作業台を覆い、換気の良い場所で作業をしましょう。
    広告

パート 2 の 3:
表面を塗装する

  1. 1
    作業場所を準備します。作業場には明るい場所を選びましょう。作業台を新聞紙か安価なビニールテーブルクロスで覆います。スプレー塗料を使う場合は、換気の良い場所を選びましょう。屋外が理想的です。[5]
    • 塗装したくない部分があれば、マスキングテープで覆いましょう。
  2. 2
    プラスチックの塗装に適した塗料を選びます。プラスチックに塗装するには、スプレー塗料が最適ですが、アクリル塗料またはエナメル塗料、ホビー用塗料も使えます。プラスチック専用の塗料であれば、さらに付着力に優れています。塗料のラベルを確認し、「プラスチック用」または「多目的用」の表示がある塗料を選びましょう。
  3. 3
    必要に応じて塗料の下準備をします。種類によって、そのまま使える塗料と、多少の準備が必要な塗料があります。塗装を始める前に、塗料の容器に記載されている説明書を確認しましょう。
    • 使用前にスプレー缶を数分間振りましょう。塗料が混ざり仕上がりが滑らかになります。
    • アクリル塗料は水で薄めて、コーヒークリーマー程度の濃度にします。刷毛跡が残らず、滑らかな表面に仕上がります。
    • 薄める必要のあるエナメル塗料、ホビー用塗料があります。大抵の場合はエナメル塗料用の薄め液を使います。薄め液は通常、エナメル塗料のセクションに置かれています。
  4. 4
    塗料を薄く均一に塗ります。数回重ね塗りするため、最初の塗装は表面全体を覆っていなくても構いません。スプレー掛け、刷毛塗りに関わらず、塗料を重ね塗りすることが重要です。
    • スプレー缶を表面から30~45 cmほど離して持ち、 手を一定の速度で動かして塗ります。
    • アクリル塗料には、タクロンブラシ(ナイロン)、カネカロンブラシ(アクリル)またはセーブルブラシ(動物の毛)を使いましょう。
    • エナメル塗料、ホビー用塗料を塗るには、硬い毛の刷毛を使いましょう。このような刷毛は通常、ホビー用塗料と同じセクションにあります。
  5. 5
    塗料を薄く重ね塗りします。前に塗った塗料が完全に乾いてから、重ね塗りをします。最初は横方向、次に縦方向と、塗る方向を毎回変えて塗りましょう。希望の厚さになるまで塗り重ねますが、通常2~3回で十分です。

    乾燥にかかる時間は、塗料の種類によって異なります。大抵の塗料は15~20分ほどで乾きます。すべて塗り終わったら、24時間乾燥させます。

  6. 6
    塗り終わったら、塗料を完全に乾燥させます。乾燥したら作業は終了となり、完成品を使うことができます。模様付けやコーティングをする場合は、次のパートに進みましょう。
    • マスキングテープを使った場合は、この段階で剥がします。塗料が剥げないように、テープを慎重に剥がしましょう。
    広告

パート 3 の 3:
仕上げとコーティングを施す

  1. 1
    塗料が剥がれた部分や塗り残しがあれば、筆で補修します。仕上がり具合をチェックし、塗り残しや剥がれがあれば、小さな筆を使って補修しましょう。スプレー塗料を使った場合は、同じ色のアクリル塗料を塗って仕上げましょう。[6]
  2. 2
    お好みで模様、ステンシル、エイジング塗装を施します。これらの装飾を施すことで、いきいきとした個性的な作品に仕上がります。特に小道具やフィギュアの仕上げに最適です。下記にいくつかのアイデアをご紹介します。
    • 作品にステンシルを当て、スプレー塗料を吹き掛けるか、またはアクリル塗料とスポンジブラシで塗装します。
    • 繊細な曲線やデザインを描くには、先の尖った細い筆を使いましょう。
    • 薄い色の塗料でハイライトを加えたり、濃い色で影を加えてもよいでしょう。
  3. 3
    耐久性を高めるには、ウレタン塗料を薄く吹き掛けて表面を保護します。スプレーまたは刷毛塗りのどちらでも構いませんが、スプレー式の方が滑らかな仕上がりになります。塗料を薄くひと塗りした後、30分以上乾かします。必要に応じてさらに1~2度塗ります。30分ほどおいてから次の塗装を施しましょう。[7]
    • 仕上がりは、つや消し(マット)、半光沢(サテン)、光沢(グロス)から選ぶことができます。
    • 保護塗料は一度に厚塗りせずに、数回に分けて薄く塗ります。塗膜が厚すぎると、べたつきが生じます。
  4. 4
    塗料と保護塗料を完全に乾燥させます。触ってみて乾いたように感じても、内側まで完全に乾燥しているとは限りません。塗料と保護塗料のラベルをチェックし、乾燥時間と硬化時間を確認しましょう。[8]
    • エナメルベースの塗料の多くは、硬化に数日かかります。この間べたついたり、剥がれやすくなったりする場合があります。
    広告

ポイント

  • プラスチックを部分的に塗装する場合は、サンドペーパーを使う必要はないかもしれません。表面の質感の違いが目立ってしまう場合があります。
  • プラスチックに直接花などの模様を描く場合は、つや消しや光沢仕上げには、プラスチックの表面と同じ光沢の塗料を選びましょう。
  • 塗料の種類によって耐久性は異なります。作品を長持ちさせるには、プラスチック専用の塗料を使いましょう。
  • 箱などの多数の側面がある物に塗装する場合は、一面ずつ塗りましょう。
  • スプレー塗料を厚く塗りすぎると、塗料が垂れたり、溜まったりします。スプレー缶を表面から遠ざけ、一定のスピードで吹き掛けましょう。

広告

注意事項

  • ていねいに下準備をしても、塗料をはじいてしまうプラスチックもあります。その場合、あまり手立てはありません。
  • 塗料、保護塗料、うすめ液などの有害な気体を吸い込まないように、必ず換気の良い場所で作業をしましょう。
  • 日常的に使う製品は、時間が経つと塗料が剥がれてくることがあります。
広告

必要なもの

  • プラスチック製品
  • 塗装用シート
  • 不要になった布
  • 目が細かいサンドペーパー
  • タッククロス
  • 食器用中性洗剤と水
  • 消毒用アルコール
  • 新聞紙
  • スプレー塗料、アクリル塗料またはエナメル塗料
  • 刷毛(アクリル塗料やエナメル塗料を使う場合)
  • マスキングテープ(任意)
  • 塗装用プライマー(任意)
  • 保護塗料(任意)

関連記事

How to

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く

How to

自分で身長を測定する

How to

風船ガムを膨らませる

How to

六角形を描く

How to

革を染める

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

息を長く止める

How to

貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す

How to

自分のエロティックな写真を撮る

How to

タッチペンを手作りする

How to

硬貨を洗う

How to

リボンのほつれを防ぐ

How to

ワインボトルのラベルを剥がす

How to

バルーンアーチを作る
広告

このwikiHow記事について

Mark Spelman
共著者
建設業者
この記事の共著者 Mark Spelman. マーク・スペルマンはテキサス州オースティンに住む総合建築業者です。内装、プロジェクト管理、プロジェクト見積もりを専門とし、1987年より30年以上建築の仕事に携わっています。 この記事は55,894回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 55,894 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告