ダッシュボードの「ハイブリッドシステムチェック」表示が点灯している場合、プリウスのエンジンや電気系統のトラブルの可能性もあれば、単なるエラーもありえます。この表示はさまざまな原因で点灯する可能性があり、対処法はその原因によって異なります。この記事では、プリウスのハイブリッドシステムチェックへの対応方法についてよくある質問に答えます。この記事を参考に、根本的な原因を突き止め、最善の対処法を見つけましょう。

方法 1 の 6:
プリウスの「ハイブリッドシステムチェック」の意味とは?

  1. 1
    車のハイブリッドシステムに問題があることを示している プリウスには、バッテリー駆動の電気モーターとガソリン駆動の内燃エンジンを組み合わせて使用する、フルハイブリッドシステムが搭載されています。「ハイブリッドシステムチェック」が点灯している場合、車の警告システムが何らかのトラブルを感知したということです。ヒューズの故障などの小さな問題の場合もありますが、オルタネーターのトラブルなど、深刻な問題が起きている可能性もあります。[1]
    • ときどき、システムエラーにより、問題がないにもかかわらずプリウスがトラブルを感知してしまうことがあります。その場合は、再始動をすれば問題は解決するでしょう。
    広告

方法 2 の 6:
ハイブリッドシステムチェックが点灯した状態で運転しても良い?

  1. 1
    警告ランプを無視せず、運転は控える ハイブリッドシステムチェック点灯時もプリウスは動くかもしれませんが、運転をすると、車の状態を悪化させる可能性があります。車を再始動しても表示が消えない場合は、自分で運転するかレッカー車を呼んで、できるだけ早く自動車修理工場に持っていきましょう。車に問題がある場合、できるだけ早く対処した方が長期的には時間とお金の節約になります。[2]

方法 3 の 6:
プリウスのハイブリッドシステムチェックをリセットするには?

  1. 1
    車を停め、数分間エンジンを切ってリセットする 運転中にハイブリッドシステムチェックが点灯した場合は、安全な場所に車を停めます。エンジンを切り、5~10分待ちましょう。それから再度エンジンを始動することで、ハイブリッドシステムチェックをリセットします。ハイブリッドシステムチェックの表示が消えた場合、おそらくシステムエラーによるものなので、車に問題はありません。ただし、表示が消えない場合は、プリウスに問題が発生している可能性があります。[3]
  2. 2
    ヒューズが切れていないかを確認する リセットしてもハイブリッドシステムチェックの表示が消えない場合は、車のヒューズを点検し、切れていないかを確認しましょう。ヒューズボックスは車のボンネットまたはダッシュボードにあります。フィラメントの破損や変色がないかを確認します。ヒューズが切れている場合は、同じ種類の新しいものと交換し、ハイブリッドシステムチェックの表示が消えるかを確認しましょう。[4]
  3. 3
    プリウスを修理店に持ち込み、コードをスキャンしてもらう プリウスのトラブルの原因が分からない場合は、整備士に見てもらいましょう。車のコンピューターに接続し、問題がないかを確認してくれるはずです。[5]
    広告

方法 4 の 6:
プリウスのハイブリッドバッテリーを確認するには?

  1. 1
    OBD2アダプターをプリウスに接続する OBD2アダプターは、プリウスのシステムコンピューターを読み取り、バッテリーにトラブルがないかを教えてくれる、専用のアダプターです。[6] ダッシュボードの下、ステアリングホイールの右下にある小さなパネルを外すと、接続ポートがあります。ここにアダプターを接続します。[7]
  2. 2
    「Dr. Prius / Dr. Hybrid」アプリを使ってバッテリーの状態をチェックする スマートフォンまたはタブレットでApp StoreまたはGoogle Playにアクセスし、無料の「Dr. Prius / Dr. Hybrid」アプリをダウンロードします。アプリをBluetoothまたはWi-FiでOBD2デバイスに接続します。[8] アプリで、OBD2アダプターがバッテリーのトラブルや故障を検出していないかを確認しましょう。[9]
    • バッテリーに問題がない場合は、他の部分に問題が発生している可能性があります。
    • バッテリーに問題がある場合は、プリウスを修理店に持っていきましょう。
  3. 3
    簡単な方法として、プリウスをディーラーまたは整備士に見てもらう プリウスを運転できる場合は、修理店に持ち込み、バッテリーに問題がないかシステムを点検してもらいましょう。[10] 運転できない場合は、出張修理を依頼すれば、自宅までバッテリーの点検に来てもらうこともできます。
    • 店によって異なりますが、故障診断は3000円~5000円ほどかかります。
    広告

方法 5 の 6:
プリウスのエンジンがかからないのはなぜ?

  1. 1
    多くの場合、オルタネーター、スターター、バッテリーに原因がある これらは、プリウスのエンジンがかからない、または始動しない場合の、最もよくある原因です。問題を解決するには、部品の交換、接続部の清掃、システムの修理などが必要となります。さまざまな原因が考えられるため、自動車修理工場で、資格を持つ整備士にしっかり点検をしてもらうことが大切です。[11]
  2. 2
    エンジンオイルの入れすぎ プリウスのマニュアルは非常に分かりやすく、車に使用するオイルの種類も明記されています。しかしプリウスはエンジンオイルの量に影響を受けやすいため、タンクにオイルを入れすぎると、車が動かなくなります。これは、エンジンの故障を防ぐための、フェールセーフ対策によるものです。他にプリウスに問題がない場合は、オイルが原因の可能性があります。自分でオイルを抜いて再度補充するか、整備士にオイル交換を依頼しましょう。[12]
    広告

方法 6 の 6:
私のプリウスはリコール対象?

  1. 1
    https://www.toyota.co.jp/recall-search/dc/search にアクセスして確認する Toyotaのリコールに関するウェブサイトにアクセスし、検索バーに車の車台番号を入力します。検索結果を見て、自分のプリウスがリコール対象になっているかを確認しましょう。リコール対象の場合、ディーラーに問い合わせ、どうすれば良いかを確認します。[13]

ポイント

  • ハイブリッドシステムチェック表示の対応方法に不安がある場合は、自動車修理工場などに問い合わせましょう。
広告

注意事項

  • ハイブリッドシステムチェック表示を無視してはいけません。深刻な故障につながり、高額な修理が必要となる可能性もあります。
広告

関連記事

オートマチック車の運転オートマチック車の運転
車内にインロックした鍵を取り出す
クロムめっきを剥がすクロムめっきを剥がす
バッテリー液の量を確認する
カーフィルムを剥がすカーフィルムを剥がす
バッテリーの腐食汚れを落とすバッテリーの腐食汚れを落とす
プラグコードの点検
タイミングベルトの交換タイミングベルトの交換
ホイールナットを緩める
車の直結車の直結
燃料ポンプの点検燃料ポンプの点検
運転恐怖症を克服する運転恐怖症を克服する
インロックした車の鍵を開けるインロックした車の鍵を開ける
ワイパー用ウォッシャー液を作るワイパー用ウォッシャー液を作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 自動車
このページは 584 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告