PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、お使いのプリンターでプリントヘッドの目詰まりを解消する方法を解説します。プリントヘッドの目詰まりは、プリンターの使用不足によるインクの乾燥が原因であり、印字にかすれや欠落が生じてしまう可能性があります。通常、プリントヘッドの目詰まりは、プリンターにインストールされているセルフクリーニングソフトウェアで解消することができますが、それでもうまくいかない場合は、プリントヘッドを手動クリーニングしなければなりません。

方法 1 の 3:
セルフクリーニング機能を使用する(Windowsの場合)

  1. 1
    「スタート」
    Windowsstart.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面の左下隅にあるWindowsのロゴをクリックします。
  2. 2
    「スタート」にコントロールパネルと入力する 「コントロールパネル」のアプリをパソコンで検索します。
  3. 3
    コントロールパネルをクリックする 回路基板の形をした青色のアイコンのことで、「スタート」ウィンドウの上部にあるはずです。
  4. 4
    デバイスとプリンターをクリックする ページの右端にあるプリンターの形をしたオプションのことです。
    • 「コントロールパネル」ウィンドウをアイコン表示ではなくカテゴリ表示にしている場合は、「ハードウェアとサウンド」という見出しの下にあるデバイスとプリンターの表示リンクをクリックしましょう。
  5. 5
    プリンターメニューを開く ページの下部にある「プリンター」という見出しの下から、クリーニングが必要なプリンターの名前を右クリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
    • マウスに右クリックボタンがない場合は、マウスの右側をクリックするか、2本の指でマウスをクリックしましょう。
    • マウスではなくトラックパッドを使用している場合は、2本の指でトラックパッドをタップするか、トラックパッドの右下を押しましょう。
  6. 6
    プロパティをクリックする ドロップダウンメニューの下部にあります。クリックすると、新しいウィンドウが表示されます。
  7. 7
    ハードウェアタブまたはユーティリティタブをクリックする ウィンドウの上部にあります。
    • プリンターによっては、その他のオプションタブまたはツールタブにもセルフクリーニングのオプションがある場合があります。
  8. 8
    「クリーニング」オプションをクリックする 通常は、このオプションがヘッドクリーニングまたはインクカートリッジのクリーニングという表示になっています。「クリーニング」という表示を注意して探しましょう。
    • プリンターのプリントヘッド(または「ノズル」「インクカートリッジ」)をクリーニングするオプションが見つからない場合は、プリンターの取扱説明書またはオンラインマニュアルを参照しましょう。プリンターにはセルフクリーニングのオプションがない場合があります。
  9. 9
    画面の指示に従う クリーニング処理中に何かをクリックするなどの操作を指示された場合は、その指示に従いましょう。それ以外の場合は、プリンターで自動クリーニングが行われた後、ドキュメントの印刷を再開できるようになります。
    • テストページを印刷するオプションがある場合は、それでクリーニング処理が正常に動作したかを確認しましょう。
    • それでもプリントヘッドが目詰まりしている場合は、プリントヘッドを手動でクリーニングして、この問題を解決しなければなりません。
    広告

方法 2 の 3:
セルフクリーニング機能を使用する(Macの場合)

  1. 1
    Appleメニュー
    Macapple1.pngというタイトルの画像
    を開く 
    画面の左上隅にあるAppleのロゴをクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。
  2. 2
    システム環境設定...をクリックする Appleのドロップダウンメニューにあります。
  3. 3
    プリンタとスキャナをクリックする 「システム環境設定」ウィンドウの右端にあるプリンターの形をしたアイコンのことです。
  4. 4
    プリンターを選択する ウィンドウの左側からセルフクリーニングプログラムを実行するプリンターをクリックします。
  5. 5
    オプションとサプライ...をクリックする ウィンドウの中央にあります。
  6. 6
    ユーティリティをクリックする ページの上部にあります。
  7. 7
    プリンタユーティリティを開くをクリックする ページの中央にあります。
  8. 8
    「クリーニング」オプションを選択する このオプションの位置や表示はプリンターごとに異なりますが、このページには、通常、ヘッドクリーニングまたはインクカートリッジのクリーニングというオプションが表示されています。
    • ウィンドウの上部にドロップダウンボックスがある場合は、そのドロップダウンボックスをクリックします。それから、ドロップダウンメニューにクリーニングオプションがある場合は、そのオプションもクリックしましょう。[1]
    • 「クリーニング」オプションが見つからない場合は、プリンターがセルフクリーニングに対応していない可能性があるので、プリンターの取扱説明書またはオンラインマニュアルで確認しましょう。
  9. 9
    画面の指示に従う クリーニング処理中に何かをクリックするなどの操作を指示された場合は、その指示に従いましょう。それ以外の場合は、プリンターで自動クリーニングが行われた後、ドキュメントの印刷を再開できるようになります。
    • テストページを印刷するオプションがある場合は、それでクリーニング処理が正常に動作したかを確認しましょう。
    • それでもプリントヘッドが目詰まりしている場合は、プリントヘッドを手動でクリーニングして、この問題を解決しなければなりません。
    広告

方法 3 の 3:
手動でクリーニングする

  1. 1
    必要なものを揃える プリントヘッドを手動でクリーニングするには、以下のものが必要になります。[2]
    • イソプロピルアルコール
    • ボウルまたはパイ皿
    • ペーパータオル
  2. 2
    プリンターの電源を切ってから、電源プラグをコンセントから抜く これで、インクカートリッジとプリントヘッドを取り外す際に、怪我やプリンターの破損を防ぐことができます。
  3. 3
    インクカートリッジを取り外す プリンターの本体カバーを開いて、各インクカートリッジをプリンターから1個ずつ取り外していきます。
    • インクカートリッジを適切に取り外す方法については、プリンターの取扱説明書またはオンラインマニュアルを参照する必要があります。
  4. 4
    プリントヘッドを取り外す インクカートリッジがセットされているトレイのことです。プリントヘッドの下部には、いくつかの穴が開いているはずです。
    • 繰り返しますが、お使いのモデルでプリントヘッドを適切に取り外す方法については、プリンターの取扱説明書またはオンラインマニュアルを参照しましょう。
    • プリントヘッド付きインクカートリッジを使用している場合は、この手順を省略しましょう。
  5. 5
    イソプロピルアルコールと水の50/50混合液を作る それぞれ1/2カップから始めると良いでしょう。この2つを混ぜ合わせると、アルコールの摩擦を減らせるため、混合液でプリントヘッド自体に傷がつくことはなくなるはずです。
  6. 6
    混合液をボウルに注ぐ 最初は混合液を浅く張りましょう(混合液の深さは6ミリ程度)。混合液は後からいつでも注ぎ足すことができます。
  7. 7
    プリントヘッドをアルコールと水の混合液に入れる 混合液の液面は、プリントヘッド(またはインクカートリッジ)の側面から約1センチ上がるはずです。
    • プリントヘッド付きインクカートリッジを使用している場合は、代わりにそのインクカートリッジを混合液に入れましょう。
  8. 8
    プリントヘッドを2分以上つけ置きする プリントヘッドに付着して乾燥したインクを溶かしていきます。
  9. 9
    プリントヘッドをペーパータオルで拭く プリントヘッドの表面から余分な水分とインクを取り除きます。
    • 次の手順に進む前に、プリントヘッドを完全に乾かしましょう。
  10. 10
    プリントヘッドをテストする プリントヘッドおよびインクカートリッジをプリンターにセットし直してから、電源プラグを差し込み直して、テストページを印刷してみます。これで、プリンターはいつもと同じように動くはずです。
    • まだ正しく印刷されない場合は、プリントヘッド(またはインクカートリッジ)をアルコールと水の混合液に一晩つけ置きしてみましょう。
    広告

ポイント

  • プリントヘッド付きインクカートリッジを使用している場合は、目詰まりしたインクカートリッジをいつでも新品と交換することが可能です。
  • ページを毎週印刷することで、プリントヘッドにインクが詰まるのを防ぐことができます。
広告

注意事項

  • インクカートリッジには、スポンジがプリントヘッドに接合しているものがありますが、このスポンジを洗ったり、このスポンジに触れたりしないようにしましょう。
広告

関連記事

XMLファイルを開くXMLファイルを開く
画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
ウェブサイトの公開日を調べるウェブサイトの公開日を調べる
EMLファイルを開くEMLファイルを開く
キズの付いたCDを修復する
隠しカメラを見つける隠しカメラを見つける
JPGをPDFに変換する
DVDプレーヤーを接続するDVDプレーヤーを接続する
ロジクールのワイヤレスマウスをPCやMacに接続するロジクールのワイヤレスマウスをPCやMacに接続する
ワイヤレスマウスを接続するワイヤレスマウスを接続する
DLLファイルを開くDLLファイルを開く
YouTube動画のコメント欄に指定した再生時間へのリンクを貼るYouTube動画のコメント欄に指定した再生時間へのリンクを貼る
コンピューターウイルスの作成コンピューターウイルスの作成
デスクトップパソコンをノートパソコンに接続するデスクトップパソコンをノートパソコンに接続する
広告

このwikiHow記事について

JL
共著者 ::
IT専門家
この記事の共著者 : Jack Lloyd. テクノロジーマニアのジャック・ロイドは、wikiHowのテクノロジーライター兼編集者です。2年以上にわたりIT関連記事の執筆と編集を行っています。英語教師としても活躍しています。 この記事は2,352回アクセスされました。
このページは 2,352 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告