PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

美しい花を咲かせるプルメリアは熱帯性の植物で、花の色もバラエティーに富んでいます。条件が整っていれば室内でも屋外でも栽培できます。プルメリアの栽培に興味があれば、挿し穂を手に入れるか、生長した親木から枝を切り取って育ててみましょう。まず、枝を切って葉を取り除き、挿し穂を乾燥させます。そして、プルメリアの栽培に適した培養土に植えます。適切な道具を使い正しい手順に従って、プルメリアの挿し木を育てましょう。

パート 1 の 3:
挿し穂の葉を取り除いて乾燥させる

  1. 1
    30cm以上の太く健康な挿し穂を使う 園芸バサミまたはノコギリを使い、プルメリアの成木から太く健康な枝を切り取ります。生長している証である、茶色または濃い緑色の枝を選びましょう。挿し穂を採取するのは、春または晩夏が最適な時期です。[1]
    • 消毒用アルコールで園芸バサミを殺菌し、挿し穂に細菌や病気が広がるのを防ぎましょう。
    • 挿し穂は、ガーデンセンターまたはインターネットでも購入できます。
  2. 2
    挿し穂から花と葉を取り除く 花と葉は発根に必要な栄養を奪うため、挿し穂の生長を妨げます。そのため、消毒済みの剪定バサミを使い、挿し穂の花と葉をすべて切り取りましょう。[2]
    • 切り口から出る粘り気のある樹液が手に付かないように、手袋を着用しましょう。
  3. 3
    挿し穂を1~2週間、日陰に置く プルメリアの挿し穂は、乾燥させてから植えることが重要です。挿し穂を1~2週間おくと、切り口にカルス(根となる部分)が形成され、挿し穂が乾燥します。[3]
    • 挿し穂は暖かい場所または湿度の高い場所に置くのが理想的です。
  4. 4
    挿し穂を植えるか保存する 挿し穂にカルスが形成されて乾燥したら、挿し穂を土に植えることができます。いったん保存し後で植える場合は、挿し穂の切り口をラップで包んで輪ゴムで留めましょう。挿し穂は2~3か月間保存できます。[4]
    • 病気に罹っていたり、カビが発生している挿し穂は廃棄しましょう。
    広告

パート 2 の 3:
プルメリアの挿し穂を植える

  1. 1
    それぞれの挿し穂に、4L以上の大きさの鉢を用意する 鉢の大きさでプルメリアが生長できる大きさが左右されます。鉢の底に水が溜まって根腐れが起きないように、鉢底に水抜き穴がある鉢を選びましょう。[5]
    • プルメリアを地植えにする場合でも、まず鉢植えにして室内で育てましょう。
    • それぞれの挿し穂を、個別の鉢に植えましょう。
  2. 2
    パーライトと水はけの良い培養土を2:1の割合で混ぜ、鉢に入れる インターネットまたはガーデンセンターで、水はけの良い培養土を購入しましょう。パーライトと培養土をよく混ぜ合わせましょう。土は挿し穂の生育に十分な量で、また水やりの際に鉢から水が溢れないように、鉢の縁から約3cmの高さまで入れます。[6]
    • 水はけの良い培養土を使うと、挿し穂にカビが発生するのを防ぎます。
  3. 3
    水をかけて土を湿らせる 鉢底の水抜き穴から、余分な水を排水させます。水が排水されない場合は、より軽く通気性のある土を使いましょう。[7]
    • 培養土と同量のバーミキュライトを加えて、水はけを改善することもできます。
  4. 4
    好みに応じて、挿し穂の切り口に発根促進剤を付ける 発根促進剤は必ずしも必要ではありませんが、発根剤は挿し穂の発根を促します。インターネットまたはガーデンセンターで、粉末の発根促進剤が販売されています。挿し穂の切り口をコップの水に浸してから、3~5cmの幅で発根剤を付けましょう。[8]
    • 最初に挿し穂を水に浸けると、発根剤が付着しやすくなります。
  5. 5
    挿し穂を8~10cmの深さに植える 挿し穂の切り口を、鉢の中心に挿し込みます。そして、鉢に培養土を加えて、挿し穂を安定させす。根が生長する間、挿し穂が動かないように、挿し穂の周りの土を押さえて固めましょう。[9]
    • 根を十分に張れるように、挿し穂を8~10cmの深さまで挿し込みましょう。
  6. 6
    支柱を立てて、長い挿し穂を支える 挿し穂が長すぎて倒れてしまう場合は、鉢に支柱を立てて挿し穂をまっすぐに支えます。支柱は土に深く挿し込むことが大切です。そして、ワイヤーまたはひもを使い、挿し穂を支柱に結び付けましょう。こうすると、根が生長する間、挿し穂が安定します。[10]
  7. 7
    プルメリアを暖かい場所に置き、発根するまで待つ 挿し穂が発根するまで、通常4~8週間かかります。鉢を園芸用ヒーターマットの上に置いて土の温度を上げると、発根が促進されます。挿し穂の先端に新芽が出てきたら、挿し穂が順調に育っている証拠です。[11]
    • プルメリアは、温度が15℃を超える場所に置きましょう。
    広告

パート 3 の 3:
プルメリアの世話をする

  1. 1
    少なくとも週に1度、3cmの水を与える プルメリアを屋外で栽培していて、定期的な降雨がある場合は、水やりをする必要はありません。しかし、しばらく雨が降らない場合や、室内で栽培している場合は、週に1度土の表面からたっぷりと水をかけ、鉢底の水抜き穴から余分な水を排水させましょう。[12]
    • 水のやりすぎはプルメリアを枯らすため、注意が必要です。土の表面から3cmの深さまで湿っていたら、水やりの必要はありません。
  2. 2
    日光が1日6~8時間当たる場所に、プルメリアを置く 十分な日射が得られないと、プルメリアは開花しません。屋外であれば、直射日光の当たる場所に鉢を置きましょう。[13]
    • プルメリアを屋外で育てる場合は、鉢植えで栽培しましょう。
  3. 3
    気温が10℃未満になったら、プルメリアを室内に移す プルメリアは寒さに弱い植物です。室温程度での気温で健康に育ちますが、霜や寒さに当たると枯れたり、休眠したりします。これを防ぐために、気温が低くなったらプルメリアを室内に移動しましょう。[14]
    • プルメリアを地植えしている場合は、気温が下がると3か月間の休眠期に入ります。[15]
  4. 4
    生長期には、1~3週間おきに液体肥料を吹きかける プルメリアまたは熱帯性植物用のオーガニック液体肥料を購入しましょう。液体肥料は、ガーデンセンターまたはインターネットで販売されています。春と夏の間、挿し穂の葉と茎全体に肥料を吹きかけます。秋と冬には、肥料を与える必要はありません。[16]
    • 肥料の説明書に従い、肥料を混ぜるか希釈しましょう。
    • 生長期に液体肥料を吹きかけると、プルメリアの開花が促進されます。
    • 水やりの際に希釈した肥料を与えると、プルメリアは健康に生長を続けます。肥料のやりすぎには注意が必要ですが、開花させるには1~3週間おきに施肥する必要があります。
  5. 5
    プルメリアを剪定し、形を整えて、枯れた枝を切り戻す 消毒用アルコールで剪定バサミを殺菌し、主幹から約3cmの箇所で枝を切り戻します。剪定した枝は、コンポストにするか、廃棄しましょう。また、病気の拡散を防ぐため、あるいは意図せぬ方向に枝が伸びた場合にも剪定を行います。[17]
  6. 6
    害虫が寄生したら、薄めの園芸用オイルを噴霧する プルメリアにハダニやハモグリバエなどの害虫が寄生していたら、薄めの害虫駆除オイル(1%溶液)を噴霧して駆除しましょう。オイルを葉、枝、主幹に吹きかけましょう。
    • 葉が丸まっていたらアブラムシが寄生しているため、マラチオン溶液を噴霧しましょう。[18]
    • 駆除剤を噴霧する前後は、プルメリアを高温の場所に置いてはいけません。
    • 害虫駆除洗剤を使って害虫を防ぐこともできますが、その場合は毎週噴霧する必要があります。
    広告

必要なもの

挿し穂の葉を取り除いて乾燥させる

  • 園芸バサミ
  • 消毒用アルコール
  • 剪定バサミまたはハサミ
  • 手袋
  • 食品用ラップ(任意)

プルメリアの挿し穂を植える

  • 大きめの鉢
  • パーライト
  • 培養土
  • 発根促進剤(任意)
  • バーミキュライト(任意)

プルメリアの世話をする

  • 害虫駆除オイル(任意)
  • 消毒済みの園芸バサミ
  • 熱帯性植物用の液体肥料

関連記事

レモンの種を植えて育てるレモンの種を植えて育てる
枯れそうなアロエベラを復活させる枯れそうなアロエベラを復活させる
芝生のタンポポを除去する
ヒマワリを鉢植えで育てる
庭にミツバチを呼び寄せる庭にミツバチを呼び寄せる
マンゴーを熟成させるマンゴーを熟成させる
トマトの剪定トマトの剪定
木の根を枯らす
ツタを取り除くツタを取り除く
バラを種から育てるバラを種から育てる
ミリオンバンブーを栽培するミリオンバンブーを栽培する
レモンの木を室内で育てるレモンの木を室内で育てる
ヤシの木を植えるヤシの木を植える
観葉植物の変色した葉先を切り取る観葉植物の変色した葉先を切り取る
広告

このwikiHow記事について

Monique Capanelli
共著者 ::
植物専門家
この記事の共著者 : Monique Capanelli. 植物専門家のモニーク・カンパネリはテキサス州オースティンに拠点をおく革命的なデザイン専門会社「Articulture Designs」の経営者兼デザイナーです。観葉植物を用いたインテリアデザイン、グリーンウォール(壁面緑化)、イベント会場の内装、サステイナブルな造園デザインを専門とし、その経験は15年以上。一般顧客及びホールフーズ・マーケットやフォーシーズンズホテルチェーンをはじめとする企業を対象に、小さな贈物から大規模な改築・改造まで、植物と植物デザインのサービスを提供しています。パーマカルチャー(永続的な農業と文化)デザイナーの認定資格を保有。テキサス大学オースティン校に通いました。
このページは 520 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告