プロポーズする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

生涯を共に歩みたい相手を見つけたら、すぐにでもプロポーズしたくなるでしょう。しかし、自分がプロポーズをする姿を想像しただけで手が震えてくる人はたくさんいるはずです。プロポーズとは、人生において非常に重要な決断ですが、きちんと計画さえ立てれば、それほど恐れる必要はありません。ここでは、プロポーズを成功させるためのステップをご紹介します。

ステップ

  1. 1
    まずは、両者が本当に結婚へ向けて心の準備ができているか確認しましょう。勢いでプロポーズしてしまう前に、自分には相手の人生を背負う覚悟があるのかを考えましょう。プロポーズとは、一生を左右するものです。正しい判断の下で結婚を申し込むためにも、以下の点を改めて考えてみましょう。
    • その女性がいない人生を想像できるかどうかが非常に重要なポイントになります。その人がいなければ自分の人生に何の意味も楽しみも無くなると感じるのであれば、プロポーズしましょう。
    • 十分な交際期間を経ているかを考えましょう。あなたは相手のあらゆる面を把握できていますか?数か月しか交際していないのであれば、結婚にはまだ早い恐れがあります。もちろん、人それぞれのタイミングがありますが、相手と何度も苦楽を共にし、一生を添い遂げられると確信したときに、プロポーズしましょう。
    • 旅行や住宅購入、子作りなど、二人の将来について、お互いが待ち望んでいるのであれば、プロポーズしても良い頃です。
    • 交際期間が長いことや、周りがどんどん結婚していくことをプレッシャーに感じる必要はありません。プロポーズは決して義務ではないので、自分に合ったタイミングで結婚することが大切です。
    • 相手は、あなたと同じ結婚観を持っていますか?長い交際期間の中で、互いに真剣に向き合って来たのであれば、一度くらい結婚について話したことがあるはずです。相手も結婚に前向きな考えを持っているのであれば、プロポーズしましょう。
    • 単刀直入にプロポーズしたことが無くても、結婚に対する相手の気持ちというのは、あなたに伝わっているはずです。相手も身を固める準備ができているかどうか、改めて考えてみましょう。
  2. 2
    プロポーズのための指輪を選びましょう。指輪選びは、プロポーズに欠かせないステップです。相手の女性が婚約指輪に対して抱いている思いも把握する必要があります。世の中には、理想のプロポーズを日頃から思い描き、欲しい婚約指輪も既に決めている女性もいれば、指輪にサイズがあることさえ知らない女性もいます。あなたの恋人にぴったりの指輪を選ぶ方法を以下にあげます。
    • まずは、相手がどのような指輪が欲しいのかを知る必要があります。何でも話してくれる女性なのであれば、率直に意見を聞いてみましょう。例えば、最近婚約した友達がいれば、その友達の婚約指輪を見せてもらい、自分の恋人に指輪の感想を聞きましょう。小さ過ぎる、ごつごつし過ぎている、華美過ぎるなど、どのような意見も参考になります。
    • 相手がアクセサリーに関して強いこだわりを持っているのであれば、どのような指輪が欲しいのかを事前にインターネットで見せてもらいましょう。更に慎重になりたい人は、恋人と散歩に行くついでに、「ただの楽しみ」として近くの宝石屋で好きなタイプの指輪を選んでもらいましょう。そうすれば、プロポーズの計画を明かさずに済みます。
    • 理想のプロポーズについて自分から人に話すタイプの女性は、理想の婚約指輪についても友達に話しているはずです。プロポーズのことを恋人に隠しておきたいのであれば、口が堅くて信用できそうな彼女の友達と連絡を取り、参考になる情報を入手しましょう。
    • 完璧な指輪を探すことにこだわり過ぎないようにしましょう。婚約指輪に対して異常に強いこだわりがある女性は(一部を除き)ほとんどいません!指輪をもらえるだけで、相手は喜んでくれるはずです。
    • 例えば、祖母の代から受け継がれて来た家宝の指輪がある場合は、その指輪でプロポーズしましょう。その指輪を渡すことで、相手に「自分の家族の一員になって欲しい」という意思表示ができます。どんなに高価な指輪よりも、代々受け継がれた指輪の方がプロポーズに重みを与えます。
      • ただし、受け継がれた指輪がお洒落であることは重要なポイントです。例えば、相手がその指輪を見たときにがっかりしたとします。相手は、あなたやあなたの家族を傷つけないために、恐らくその気持ちを隠すでしょう。しかし、指輪を気に入らなかったことで、相手はプロポーズの返事を先送りしたり、最悪の場合、あなたを振ってしまうかもしれません。
  3. 3
    プロポーズにふさわしいタイミングを選びましょう。最高のプロポーズには、最高の日取りが必要です。相手を驚かせることも大切ですが、あまりにも予想外なタイミングでは、相手を困らせてしまうかもしれません。「具体的な日時までは分からないが、次の数か月以内にプロポーズされるだろう」と相手が察してくれるような振る舞いを心がけましょう。以下にその方法をいくつかあげます。
    • サプライズを仕掛けましょう。相手にプロポーズする日時を明かさない方が、ロマンチックな演出が出来ます。指輪のサイズについて、最近話し合ったのであれば、しばらくの間はプロポーズをおあずけにします。結婚の話題が上がったら、口数を減らしたり、そっけない態度を取ってみたりしましょう。もちろん、相手と距離を置く必要はありませんが、「今はあまり結婚に興味がない」というふりをするのです。そんなときに突然プロポーズされれば、相手はさぞかし驚くでしょう。
    • サプライズにも限度があります。近々プロポーズされることを相手が予想できるくらいの振る舞いは心がける必要があります。今までに一度も結婚を話題に上げたことがないのであれば、相手は結婚について考えたことすらないかもしれません。そんな中でプロポーズしてしまっては、とても気まずい雰囲気になりかねません。
    • お互いがリラックスしているタイミングを狙いましょう。せっかくプロポーズするのであれば、相手にあまりストレスがかかっていない時期が理想的です。例えば、相手が大学院生の場合、学術論文の締め切り一か月前にプロポーズするのは避けましょう。また、相手が社会人の場合、仕事の繁忙期にプロポーズするのも止めましょう。お互いが比較的ストレスフリーな状態が狙い目です。婚約祝いに小旅行に行けるくらいの余裕がある時期が望ましいでしょう。
    • 相手が知人の結婚式で花嫁の付き添い役を務める予定が立て込んでいる時期には、プロポーズしないようにしましょう。恐らく相手は、他人の結婚式について頭がいっぱいなはずです。
    • サプライズを計画する場合は、バレンタインやクリスマスなど、分かりやすい日は避けましょう。
    • プロポーズは、タイミングが全てではありません。自分の恋人と一刻も早く結婚したいのであれば、すぐにプロポーズしましょう。プロポーズする最高のタイミングばかり求めるのは、時間の無駄です。お互いが忙しい日々を送っていると、なかなか結婚準備を進められないことに不安を感じるかもしれません。しかし、相手と結婚したい意思がしっかりと固まっているのであれば、一旦プロポーズしてしまいましょう。その後のことは、二人で追々考えれば問題ありません。
  4. 4
    プロポーズに最適な場所を見つけましょう。日取りが決まれば、次は場所選びです。二人きりになれるロマンチックな空間を選べば、最高のプロポーズを演出できます。また、二人の思い出の場所でプロポーズするのも妙案です。場所選びには、以下の点を考慮に入れましょう。
    • ロマンチックな場所を選びましょう。バラ園や海などは好例です。二人の趣味がハイキングであれば、山頂でのプロポーズもお洒落です。
    • プライベートな空間を選びましょう。スポーツイベントやパーティー、街中などの公の場でのプロポーズは、相手に恥ずかしい思いをさせます。お気に入りのレストランでプロポーズする場合は、奥の席を予約しましょう。周りに数人いるくらいの環境であれば問題ありませんが、相手に特別感を味わってもらうことが大切です。人目が多くては、相手が「プロポーズを快諾しなくてはいけない」というプレッシャーを感じてしまうかもしれません。
    • 思い入れのある場所でプロポーズしましょう。どんなにロマンチックな場所よりも、二人にとっての思い出の場所の方がプロポーズには適しています。町で一番高級なレストランではなく、行きつけのレストランやお互いの出会いの場所などを選びましょう。ありきたりなお洒落スポットより、思い出の場所の方がよっぽど価値があります。
    • 相手を旅行に誘ってみましょう。突然旅行の誘いがあれば、恐らく相手はプロポーズの計画に気付くでしょう。二人で一度は行ってみたかった場所や、初めての旅行先など、二人にとって特別な場所に彼女を連れて行きましょう。
    • 相手を旅行に連れて行ったとしても、プロポーズを最後までサプライズにすることは可能です。例えば、二人で海岸を散歩し、その際にはプロポーズの話題を持ち出さないとします。このシチュエーションでプロポーズされなければ、恐らく彼女は「今回は、ただの楽しい旅行なのか」と思うはずです。しかし、プロポーズしたい気持ちが抑えきれないのであれば、旅行先に着いた瞬間にプロポーズしてしまいましょう!相手が快諾してくれれば、間違いなく最高の旅行になるでしょう。
  5. 5
    最高の言葉でプロポーズしましょう。日取りと場所が決まれば、後は実行のみです。相手が一生忘れないような、素敵なプロポーズの言葉を用意しましょう。プロポーズの言葉選びについて、以下に重要なポイントを何点かあげます。
    • シンプルな言葉を選びましょう。相手と出会えて自分がいかに幸せかということや、相手と今後の人生を共に歩んでいきたい気持ちを伝えましょう。そして最後に、「結婚してください」と言うのです。
    • ユニークな演出を考えてみましょう。例えば、レストランのシェフに事前に頼み、デザートの上に「結婚してください」と書いてもらいましょう。あるいは、相手が冗談好きならば、ワイシャツの下に「結婚してください」と書かれたTシャツを着ておき、プロポーズする瞬間にワイシャツを脱いでみましょう。
    • 正直な気持ちを伝えましょう。結婚を申し込むだけではなく、相手が自分にとっていかに大切な存在であるかをきちんと伝えてあげます。自分の想いをしたためた手紙を用意し、相手にその場で読んでもらうのも一つの手です。
    • 過剰な演出は控えましょう。素敵なプロポーズをするために、花火やダンスパフォーマンス、芸能人の登場などは必要ありません。結婚とは、人生において最も重要な決断の一つであり、真剣に考える必要があります。プロポーズの演出ばかりに気を取られないようにしましょう。

ポイント

  • 素面の状態でプロポーズしましょう。プロポーズは一生の思い出になるものなので、お酒に酔っていては記憶が飛んでしまうかもしれません。
  • 相手も結婚への心構えができている必要があります。焦らずに、お互いのタイミングが合うまで待ちましょう。
  • プロポーズするのは、両者の身なりが整っていて、体調が良い日を選びましょう。
  • レストランでプロポーズする場合は、料理の量が多い場所は避けましょう。お互いが満腹で疲れていては、婚約を祝う雰囲気が台無しです。
  • フェイスブックで婚約を発表する前に、きちんと家族や友達には報告しましょう。本人の口から聞く前にSNSで知れば、家族も友達も傷付くかもしれません。
  • プロポーズは、相手が携帯電話を持っているときにしましょう。相手は恐らくプロポーズされた直後に、親や友達に報告したくなるはずです。
    • 二人の思い出の場所でプロポーズしてみましょう。例えば、二人が出会った場所でプロポーズすれば、相手はとても感動するでしょう。

注意事項

  • 結婚に向けた心の準備が完全に出来てから、プロポーズしましょう。何事も焦ると上手く行きません。また、心の準備が出来ていない段階でのプロポーズは、相手に対しても失礼です。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 祝祭日・年中行事 |

他言語版:

English: Propose Marriage, Español: proponerle matrimonio a alguien, Português: Fazer uma Proposta de Casamento, Italiano: Fare una Proposta di Matrimonio, Français: demander votre petite‑amie en mariage, Deutsch: Der perfekte Heiratsantrag, Русский: сделать предложение, 中文: 求婚, Bahasa Indonesia: Mengajukan Lamaran Pernikahan, Nederlands: Een huwelijksaanzoek doen, Čeština: Jak požádat o ruku, العربية: عرض الزواج على فتاة, ไทย: ขอแต่งงาน, हिन्दी: शादी के लिए प्रपोज करें, Tiếng Việt: Cầu hôn

このページは 771 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?