ヘアカラー後の髪の色を薄くする方法

共同執筆者 Ashley Adams

髪を染めて外見を変えるのは楽しいことですが、時に悲惨な結果につながる場合もあります。幸いにも、染めた髪の色を薄くする方法が数多く存在します。

方法 1 の 3:
シャンプーをする

  1. 1
    髪を染めた後できる限り早く髪を洗う 髪色を濃く保ちたい場合は、数日間待ってから髪を洗うべきです。髪色を薄くするには、髪を染めてから即洗ったほうがよいでしょう。最も簡単に染めた髪色を薄める工程を始めるには、髪色を落とすと決めてからできる限り早くシャワーを浴びるようにしましょう。[1]
  2. 2
    デトックスシャンプー(毛穴の脂肪や髪に付いた整髪料などを取り除くためのシャンプー)を使用する 髪からヘアカラーを取り除くことが可能な強めのシャンプーを使う必要があります。不透明色のシャンプーではなく透明色のものを選びましょう。髪全体にシャンプーをなじませ、髪の根元から毛先まで確実に行きわたるようにします。[2]
    • ヘアカラーを素早く落とすには、Prell(プレルシャンプー)がよいと言われています。
    • タールを含むふけ防止用シャンプーを試してもよいでしょう。
    • 髪質、髪の色の明るさ、使用したヘアカラーの種類(永久的に対して半永久的や一時的なヘアカラーなど)によって結果が異なります。
  3. 3
    お湯で髪を洗い流す 熱で髪のヘアカラーが落ちやすくなります。お湯で髪を洗ってから洗い流すと、色が落ちて髪色が相当明るくなるはずです。[3]
  4. 4
    再度髪を洗う デトックスシャンプーで髪を数回洗ってから髪を乾かします。髪が自分の好みの色まで薄まったかどうか結果を確認します。継続して通常よりも頻繁に髪を洗い続けましょう。数週間のうちに髪色が確実に数段階薄くなるはずです。結果が出ない場合は、他の方法に切り替えましょう。
  5. 5
    髪の調子を必ず整える 強いデトックスシャンプーで髪を何度も洗うと、髪が乾燥してしまいます。必ずコンディショナーを多めに使用し、髪への負担を抑えましょう。
    • 週に1度ココナツオイルヘアマスクをして枝毛や髪へのダメージを防ぎましょう。[4]
    • 髪色に満足できたら、コンディショナーで念入りにお手入れをして数日間隔をおいてからシャンプーをするようにしましょう。
    広告

方法 2 の 3:
髪を様々な物質にさらす

  1. 1
    外に出て太陽を浴びる 太陽光には自然に髪色を明るく薄くする作用があります。髪を日光にあてると、徐々に色が数段階落ちていくでしょう。[5]
  2. 2
    塩水の中で泳ぐ 塩には髪のヘアカラーを薄くする作用があります。週に数回海で泳ぐと、時間が経つにつれて髪色が落ちていくのがわかるでしょう。[6]
  3. 3
    プールで泳ぐ 塩素には髪色を落とす作用があるため、髪を長時間塩素にさらすと髪色が薄くなります。一方で髪にはあまりよくないため、他の方法で対処できるのであれば、塩素を使用する方法は避けた方がよいでしょう。塩素は髪色を落とすだけでなく、髪が空洞化して傷んでしまいます。[7] 
    • 水泳後はデトックスシャンプーを使い、髪から塩素を取り除きましょう。
    広告

方法 3 の 3:
カラーリムーバーを使う

  1. 1
    化学染料カラーリムーバーを使う 髪は化学物質に弱く髪が痛んで枝毛の原因にもなるため、これは最後の手段として使いましょう。暗い髪色に染めた場合は、化学染料カラーリムーバーを使えば色が明るくなります。カラーリムーバーの箱の説明書に従って髪のお手入れをしてから洗い流し、結果を確認しましょう。必要に応じて工程を繰り返します。[8]
    • カラーリムーバーを頭髪全体に使用する前に、少量の髪の束でテストしましょう。
    • 化学染料カラーリムーバーは、明るい色に染めた髪には効き目がなく、暗い色に染めた髪にのみ効果があります。
    • カラーリムーバー使用後は、髪を念入りにコンディショナーでお手入れをして、髪の健康を取り戻しましょう。
    • 化学染料カラーリムーバーは、誰にでも効果があるとは限りません。様々なブランドを調べ、自分の髪質と使用したヘアカラーの種類に最も効果的なカラーリムーバーを見つけましょう。
  2. 2
    重曹を使って試す これは暗い髪色を落とす自然な方法です。重曹120mLと水120mLを混ぜてペースト状にします。髪になじませ15分そのままにしてからお湯で洗い流します。好みの色になるまで何度でも繰り返しましょう。[9]
    • 重曹は元々髪に含まれている脂質を剥がしてしまうため、重曹を使用した後は髪の調子を念入りに整えましょう。
  3. 3
    自家製の漂白液を作る ヘアカラーで染めてから30分以内に行う必要があります。[10]
    • さらし粉を大さじ1杯(15mL)と過酸化水素(40vol/6%)を25mLとシャンプーを少量混ぜ合わせます。
    • この漂白液を濡らした髪につけます。普段のシャンプーと同じように使います。
    • 乳化させて3-5分髪に揉み込みます。目に入らないように十分注意しましょう!
    • 鏡を見て色が薄くなったかどうかを確認しましょう。
    • よく洗い流し、タオルで乾かします。コンディショナーかトリートメントを髪につけましょう。
    広告

ポイント

  • 最良の結果を得るには、できる限り早くヘアカラーを薄くする工程を始めましょう。72時間以上おくとヘアカラーが定着してしまう可能性が高く、色が落ちにくくなります。
  • ヘアカラーの色を何度薄くしてもまだ希望通りにならない場合は、プロのスタイリストに相談しましょう。美容学校に連絡をしてヘアカラーの色直し技術指導のためのモデルを探していないか聞いてみましょう。一般的に美容学校における髪のお手入れは、美容室に行くよりも安くすみます。

広告

このwikiHow記事について

認定美容師
この記事はAshley Adamsが共著しています。 アシュリー・アダムスは2016年に美容専門学校、「John Amico School of Hair Design」を卒業しています。認定資格を取得した後、イリノイ州にて美容師、そしてヘアスタイリストとして働いています。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 162 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告