ヘアセラムは髪のパサつきを抑え、つややかで柔らかくコシのある髪に整えます。通常、髪のパサつきが気になるウェーブやカールのついたミディアムまたはロングヘアに使います。ヘアセラムが自分の髪に合うかを知るには、まずは試してみるのが一番です。[1]人によってヘアセラムの使い方が異なります。洗髪前、洗髪後、スタイリング後に使うことができますが、スタイリング後に使って髪に艶を出すのが一般的です。

方法 1 の 3:
適した製品を使う

  1. 1
    ヘアセラムを購入する前に、商品を比較検討します。パッケージを確認して商品を比べ、自分の髪に適した製品を選びましょう。ヘアセラムには様々な種類があるので、髪質や好みに応じて適したものを選びます。髪が少ない場合はボリュームを増すタイプのヘアセラム、髪が細い場合は、保湿力をそれほど必要としない髪用のライトタイプのヘアセラムが適しています。日常的に髪に熱を加えてスタイリングしている場合は、髪を熱から保護するタイプのヘアセラムを使いましょう。カールやウェーブを維持するヘアセラムや髪に艶を出すヘアセラムなど、用途に応じて特別に配合されたヘアセラムもあります。また、できるだけ自然なヘアスタイルに見せるヘアセラムもあります。[2]
    • デパートやドラッグストアなどで、様々な種類のヘアセラムを見つけることができます。
  2. 2
    ヘアセラムを2~3回押し出し、洗髪前の髪に塗ります。好みに応じてこの手順は省略します。洗髪前にヘアセラムを毛先に塗ると、シャンプーに含まれる化学成分で毛先が縮れたり乾燥したりするのを防げると言う人もいます。普通より多めのヘアセラムを使って、洗髪時の髪を守ります。ヘアセラムを3~4回押し出し、髪の中ほどから下の部分、特に毛先を中心に塗りましょう。[3]
    • 普段通りにシャンプーしてすすぎます。髪にシャンプーが残らないようにしっかりすすぎましょう。
  3. 3
    髪をスタイリングする前にシャンプーで洗い、コンディショナーで整えます。濡れた髪にヘアセラムを塗る方法もあります。洗髪の際は、乾燥した髪に適した保湿成分入りのシャンプーとコンディショナーを使います。ウェーブやカールのついた髪には、縮毛を抑えるシャンプーやコンディショナーまたは、ウェーブやカールのついた髪用のシャンプーやコンディショナーを使いましょう。
    • ウェーブやカールのついた髪は、シャンプーを使わずに髪を洗ってみましょう。シャンプー含まれる洗浄成分でキューティクルが痛み髪が縮れます。洗浄成分を含まないシャンプーを使うと、より自然なウェーブに整えることができるでしょう。
    • ヘアスタイリング後にヘアセラムを使う場合は、この手順は省略します。
    広告

方法 2 の 3:
適量のヘアセラムを使う

  1. 1
    びしょ濡れの髪にヘアセラムを2滴ほど浸み込ませます。ヘアセラムを塗る前に髪をタオルドライする必要はありません。濡れた髪に直接ヘアセラムを塗るのが一番効果的だと言うヘアスタイリストもいます。[4] ミディアムヘアにはヘアセラム1~2滴を使います。ヘアセラムを両手の手のひらでよくこすり、髪の中ほどから毛先にかけて均等に塗ります。
    • ヘアセラムが多すぎると髪がベタつき重い仕上がりになるので、使いすぎに注意します。
  2. 2
    普段通りにスタイリングします。髪に熱を加える場合は、あらかじめ熱から髪を保護するスプレーをつけておきましょう。髪が自然な強さとしなやかさを保つと、ヘアセラムを多く使う必要がありません。
  3. 3
    ヘアセラムを少量手に取ります。スタイリングが終わったら、涙1滴くらいのヘアセラムを手に取ります。必要に応じで後で追加しましょう。ヘアセラムを手に吹きつけるのに抵抗があれば、指先1~2本くらいの量のヘアセラムをノズルから絞り出しましょう。
  4. 4
    手のひらでヘアセラムをよくこすります。ヘアセラムを手のひらに均等に広げ、まんべんなく髪に塗りましょう。ヘアセラムが髪の一部分に固まらないようにします。
    広告

方法 3 の 3:
ヘアセラムを塗る

  1. 1
    まず後ろの髪にセラムを塗ります。はじめに前髪や頭頂部にセラムを塗ると、多くつきすぎてヘアスタイルが整いません。まず後ろの髪の中ほどから毛先にかけてヘアセラムを塗り、その後前方に広げていきましょう。こうすると、最初につけた部分にヘアセラムがつきすぎても目立ちません。
  2. 2
    必要に応じでヘアセラムを足します。ヘアセラムのつけすぎに注意して少量を使った場合は、ヘアセラムをもう少し髪に足す必要があるかもしれません。髪がまだ乾燥しているようなら、ヘアセラムを1滴手に取り、再度手のひらでよくこすります。横や前の髪に塗りましょう。ヘアセラムは髪のパサつきを抑え、しなやかでハリのある髪に整えます。
  3. 3
    髪を少量カールします。ヘアセラムで髪に望み通りの艶が出たら、次はボリュームを出しましょう。ぺたんこ髪はスタイリングをやり直して、髪を巻いたりボリュームが出るようにスタイリングしたりして、生き生きとした髪に整えます。
  4. 4
    ヘアセラムの効果をチェックします。ヘアセラムの使用後2時間から1日が経ったとき髪がベタつき重くなっていたら、違うタイプのヘアセラムに替えましょう。使ったヘアセラムが髪質に合っていない可能性があります。試したり失敗したりを繰り返し、髪質に合うヘアケア製品を見つけましょう。
    広告

注意事項

  • ヘアセラムを多く使いすぎると髪が油っぽくなり、重いヘアスタイルになってしまいます。
広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

髪に付いたガムを取る

How to

自分でロングヘアを切る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

ネイルグルーを落とす

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

髪を自然な方法でストレートにする

How to

ブリーチシャンプーをする

How to

除光液を使わずにネイルを落とす

How to

シェラックネイルを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む12人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 238 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告