PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ヘアディフューザーは髪を乾かし、縮れさせることなくウェーブやカールを際立たせます。ドライヤーの温風吹き出し口に取り付けるため、髪に直接温風が当たらないようになっており、熱によるダメージを受ける可能性も低くなります。この記事で紹介する手順を参考に、正しくヘアディフューザーを使いましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
ヘアディフューザーで髪を乾かす

  1. 1
    お好みで事前に洗髪する 事前の洗髪は必須ではありません。シャンプーを用いずに水で濡らすだけでも良いでしょう。しっかりと洗いたいのであれば、普段と同じシャンプーやコンディショナーを用いましょう。ただし、縮れを軽減したい人は用いる製品を変更することも検討しましょう。
    • 洗剤成分でなくオイルを用いて汚れを落とす自然由来の製品を試してみましょう。乾いた髪の見た目がより健康的になり、ツヤが増します。
    • 硫酸塩が用いられたシャンプーの使用は控えましょう。髪を乾燥させ、くすんで縮れたような見た目にします。
  2. 2
    髪をタオルドライする マイクロファイバータオルやTシャツを使い、優しく髪の水気を拭き取りましょう。余計な水分を取り除くことは大切ですが、布地で髪をねじったり、しぼったりしないよう注意しましょう。強くこすると、毛幹部分がこすれ、縮れの原因となります。
  3. 3
    洗い流さないトリートメントなどを髪につける タオルドライの後に洗い流さないトリートメントをつけると尚良いでしょう。髪に潤いを与え、乾く過程での縮れの発生を防ぎます。その他にも、ディフューザーを用いる際に合わせると良い製品があります。[1]
    • 1つ注意すべき点があります。ウェーブがかった髪の場合は、洗い流さないトリートメントは用いないようにしましょう。トリートメントによって髪が重くなり、ウェーブが伸びるだけでなく、ボリュームが出にくくなります。[2]
    • カールしている髪にはスタイリング用ローションが良いでしょう。ウェーブのかかっている髪には泡やムース状のスタイリング剤を用いましょう。[3]
    • カールした髪をコイル状に指に巻きつけ形状を整えてから、ディフューザーにあてましょう。こうすると既存のカールがより際立ちます。
    • ディフューザーにあてるまえに自然なカールを引き出す効果があるとすすめられている方法もあります。まず髪を5つの毛束に分割しましょう。前の部分に1つ、後頭部は左右にそれぞれ2つの毛束を作ります。毛束1つずつ、洗い流さないトリートメントなどのスタイリング剤を馴染ませていきます。毛束の毛先の部分を手に取り、優しく振ってカールやウェーブを形作りましょう。[4]
    専門家情報
    Laura Martin

    Laura Martin

    認定美容師
    ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
    Laura Martin
    Laura Martin
    認定美容師

    ヘアケア用品をつけた髪にディフューザーを用いると最も効果的です。認定美容師ローラ・マーティンさんからのアドバイスです。「ヘアケア用品を髪につけずにディフューザーを使うこともできますが、効果は劣ります。大量のヘアケア用品を使うのは気が進まないという人も、洗い流さないトリートメントとスタイリング用クリームを用いると仕上がりが変わります」

  4. 4
    ディフューザーを使って髪を乾かす ディフューザーをヘアドライヤーの吹き出し口に装着しましょう。常に中温あるいは低温で用いましょう。髪が乾くまで時間がかかりますが、過度に髪が乾燥したり縮れたりすることを防ぐうえで大切です。[5]
    • まず頭を一方に傾けましょう。髪の根元近くにディフューザーを合わせます。根元が乾くまで、そのまま風をあてましょう。[6]
    • 頭皮に近い部分の髪を乾かす際は、円を描くようにディフューザーを動かしましょう。また、ディフューザーの突起を利用して髪をマッサージするような要領で動かすことで、カールやウェーブだけでなくボリュームも出るでしょう。[7]
  5. 5
    徐々に毛先に向かって移動する 円を描くように動かしながら、ディフューザーを徐々に毛先に向かって移動させましょう。下から髪を持ち上げるようにあてることがポイントです。こうすることで、髪の自然な形状が保たれ、弾むような髪に仕上がります。
    • 地毛がもともとウェーブがかっているという人は、ディフューザーの使い方を変えたほうが良いかもしれません。例えば、根元の部分のみを乾かした時点で止めておいた方が仕上がりが良いと感じる女性は少なくありません。ディフューザーを使うと髪が縮れるように感じている人は、毛先までディフューザーをあてずに乾かし、結果を比較しましょう。[8]
    • 根元が乾いたようであれば、髪を少量ずつ手に取り、ディフューザーに巻きつけましょう。このようにカールを崩さずに乾かすことで、縮れを防ぎやすくなります。
    • ディフューザーで乾かす際は、あまり手は使わないようにしましょう。何度も触れると髪が縮れ、カールやウェーブが崩れる原因にもなります。ディフューザーだけで乾かすと、とても時間がかかっているように感じられるかもしれませんが、手はなるべく使わないほうが満足のいく仕上がりになるでしょう。[9]
  6. 6
    スタイリング剤をつける 髪が乾いた後、必要に応じてスタイリング剤をつけましょう。熱は髪にダメージを与えます。ヘアスプレー、ポマードなどを用いることで、こうしたダメージが和らぐこともあります。
    • スタイリング用のスプレーを優しくふきかけましょう。カールやウェーブが終日崩れません。[10]
    • 乾かしたあとの髪に光沢がなく、くすんで見える時に役立つ製品も多数あります。例えば、ポマードやヘアシャインセラムを使ってみましょう。どちらもヘアサロンや美容品を取り扱っている店舗で購入可能です。少量を手に取って、両手をこすり合わせるようにして馴染ませてから髪につけます。ポニーテールにまとめる時の様な手の動きで毛先に向かって伸ばしていきましょう。[11]
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
ディフューザーを使って髪をスタイリングする

  1. 1
    髪を洗う ディフューザーを用いる前に、髪を洗いましょう。普段と同じシャンプーやコンディショナーを使うことができます。ディフューザーの熱は髪に負担をかけるので、コンディショナーも欠かさないようにしましょう。
    • 普段使っているコンディショナーを髪に馴染ませ、3~5分置いてから洗い流しましょう。こうすることで、より滑らかで潤った状態でディフューザーにあてることができます。[12]
    • シャンプーやコンディショナーはしっかりと洗い流しましょう。少しでも髪に残っていると髪が乾燥し傷みます。泡が完全になくなるまで、しっかりと洗い流しましょう。[13]
  2. 2
    頭を下げる 髪を洗い終えたら、頭を下向きにしましょう。まず、髪を前後にかきわけるようにして振りましょう。こうすることでカールやウェーブの形が整います。
    • 次に、余分な水気を絞って取り除きますが、タオルで強くこすらないよう注意しましょう。髪が縮れる原因となり、扱いにくくなります。[14] 水が滴るほど濡れている場合は、こするのではなく拭うように乾かしましょう。
    • 絡まっている部分がある時は、目の粗いくしで濡れているうちにほぐしておきましょう。[15]
  3. 3
    お好みでパーマやウェーブヘア用クリームやムースをつける これは必須ではありませんが、クリームやムースをつけると、ディフューザーをあてる過程で髪の形状がより際立っていきます。ヘアサロンやドラッグストアで探してみましょう。[16]
    • こうした製品には何らかの保湿成分が含まれています。熱は髪を乾燥させるためです。ローション成分配合のムース、泡、あるいはジェル状の製品を事前に髪に馴染ませてからディフューザーをあてましょう。[17]
  4. 4
    ディフューザーを使う 下を向いた状態で行います。後頭部にディフューザーをあて、円を描くように動かしましょう。次に、頭頂部の髪の根元部分も同じように乾かします。後ろから前に乾かしていくことで髪に質感が加わります。[18]
  5. 5
    前を向く 髪の状態を確認しましょう。満足のいく乾きかたであれば、この段階でディフューザーを止めましょう。ボリュームが足りないように感じられる場合は、分け目に沿って前部分の髪にディフューザーをあてましょう。[19]
    • パーマをかけておらず、地毛が元々カールしているという人は、何も手を加えないほうが良いこともあります。根元だけを乾かし、毛先は自然乾燥させましょう。[20]
    • 円を描くようにしてディフューザーを動かしましょう。手でなるべく髪に触れないようにしましょう。仕上がりに影響します。
  6. 6
    ボリュームを出す ディフューザーを使って髪にボリュームを出すことも可能です。まず、ヘアクリップを用意しましょう。
    • 根元付近をクリップで留めます。角度をつけて留めましょう。このように留めると根元部分が持ち上がった状態で乾かすことができるので、ボリュームが加わります。[21]
    • クリップを留めた状態でディフューザーを用いても、そのまま自然乾燥させても良いでしょう。髪質によって反応も変わります。何度か色々試し、自分の髪に合ったボリュームの出し方が見つけましょう。例えば、1日目はヘアクリップを留めた状態でディフューザーを用いてみましょう。翌日は同じ状態で自然乾燥を試してみましょう。どちらの仕上がりの方が好みか比べてみましょう。[22]
  7. 7
    8割乾くまでディフューザーを使用する ある程度は自然乾燥させたほうが髪に潤いが保たれます。また、ボリュームも増しやすくなります。8割ほど乾いたように感じられれば、ディフューザーの使用を留めましょう。残りは自然乾燥させましょう。[23]
  8. 8
    ウェーブヘア用セラムでカールやウェーブを維持する ムース、洗い流さないトリートメントなどのスタイリング剤で髪の状態を維持しましょう。髪をくしゃくしゃと丸めるような動きで髪に馴染ませましょう。
    • ディフューザーをあてた後の髪は自然に弾みます。ヘアスプレーなどを大量に用いると重みで潰れてしまうことがあるので注意しましょう。
    • 繰り返しになりますが、ポニーテールに髪をまとめる時のような動きでスタイリング剤をつけ、毛先まで指を通しましょう。[24]
    • 製品の使用方法を確認しましょう。大抵の場合、髪がベタついたり、重みで潰れたりしないよう、根元からつけるように推奨されています。[25]
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
直毛にディフューザーを用いる

  1. 1
    髪を濡らした状態にする 直毛の人の多くが、髪が濡れている時のカールやウェーブに驚きます。髪は完全に濡らした状態にしましょう。洗ってコンディショナーで整えても、ただ濡らすだけでも良いでしょう。次に、タオルを使って余分な水気を優しく拭き取ります。
  2. 2
    スタイリング剤をつける 髪を洗った後は、スタイリング剤をつけましょう。ボリュームを加え、熱から守る必要があります。
    • ボリュームを髪に与えるための製品は根元につけましょう。ボリュームを加えるシャンプーやコンディショナーもスーパーやドラッグストアで販売されています。また、サロンでボリュームを加える効果のある洗い流さないトリートメントを購入しても良いでしょう。いずれにしても、製品の使用方法をよく読みましょう。スプレーをふきかけて用いる製品もあれば、頭皮にすりこむ製品もあります。[26]
    • 直毛をカールさせる際はムースが役に立ちます。特に根元部分に少量つけてみましょう。[27]
    • 熱によって髪は傷むので、ヒートプロテクション製品を用いることが大切です。髪が薄い人は特に欠かすことができません。スプレーやオイルがドラッグストアやサロンで販売されています。一般的に一度に用いるのは1滴ほどです。[28] 髪が特に縮れやすい人は、保湿成分配合のヒートプロテクション製品を探してみましょう。
  3. 3
    ディフューザーでウェーブを作る 指を使って根元部分を持ち上げましょう。ディフューザーの突起部分を使って髪をくしゅくしゅと絡めながら、押し上げるようにして乾かします。同じ方法で髪全体を乾かしましょう。[29]
    • 小さめの毛束を作りねじりながらディフューザーにあてるという方法もあります。カールした状態に仕上がります。
  4. 4
    スタイリング剤をつける ディフューザーを使用した後は、必ずスタイリング剤で髪を保護しましょう。熱は髪に負担をかけます。また、カールが1日崩れないよう何らかのヘアスプレーも用いましょう。
    • お気に入りのヘアスプレーを髪に優しくふきかけましょう。出来上がった髪型が崩れずに1日続くでしょう。ただし、スプレーはふきかけ過ぎないよう注意しましょう。強い香りを放つだけでなく、髪が固まってしまいます。[30]
    • ポマードやセラムを使うと、髪が柔らかく自然な見た目に仕上がります。手につけ、根元から毛先まで優しくなでましょう。[31]
    広告

ポイント

  • 用いるスタイリング剤によってカールの仕上がり方が変わります。ムースを用いるとふんわりとしたウェーブになり、ジェル状の製品を用いると、より強いカールに仕上がります。
  • ディフューザーを購入する際は、元々使用しているドライヤーの種類も把握しておきましょう。ディフューザーは全てのドライヤーに取り付けられるとは限りません。必ず対応している製品を見つけましょう。
広告

関連記事

手についたヘアカラーを落とす
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
自分でロングヘアを切る
爪が割れたときの対処
ツインのお団子ヘアを作る
ネイルグルーを落とす
お団子ヘアを楽しむ(男性)
短い髪を編み込む(男性向け)短い髪を編み込む(男性向け)
UVライトなしでジェルネイルを硬化させるUVライトなしでジェルネイルを硬化させる
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす最高の方法
ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
ドレッドヘアを洗うドレッドヘアを洗う
広告
  1. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/diffuser-how-to/p48822/page7
  2. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/diffuser-how-to/p48822/page7
  3. http://www.hairromance.com/2012/11/how-to-style-curly-hair.html
  4. http://www.hairromance.com/2012/11/how-to-style-curly-hair.html
  5. http://www.hairromance.com/2012/11/how-to-style-curly-hair.html
  6. http://www.hairromance.com/2012/11/how-to-style-curly-hair.html
  7. http://www.hairromance.com/2012/11/how-to-style-curly-hair.html
  8. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/diffuser-how-to/p48782/page3
  9. http://www.hairromance.com/2012/11/how-to-style-curly-hair.html
  10. http://www.hairromance.com/2012/11/how-to-style-curly-hair.html
  11. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/diffuser-how-to/p48802/page5
  12. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/diffuser-how-to/p48792/page4
  13. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/diffuser-how-to/p48792/page4
  14. http://www.hairromance.com/2012/11/how-to-style-curly-hair.html
  15. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/diffuser-how-to/p48832/page8
  16. http://www.hairromance.com/2012/11/how-to-style-curly-hair.html
  17. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/diffuser-how-to/p48832/page8
  18. http://stylecaster.com/beauty/how-to-make-straight-hair-wavy/
  19. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/diffuser-how-to/p48832/page8
  20. http://stylecaster.com/beauty/how-to-make-straight-hair-wavy/
  21. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/diffuser-how-to/p48822/page7
  22. http://www.totalbeauty.com/content/gallery/diffuser-how-to/p48832/page8
  23. Videos provided by Birchbox

このwikiHow記事について

Martin Nepton
共著者 ::
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 : Martin Nepton. マーティン・ネプトンはカリフォルニア州ロサンゼルスにあるサロン「Bang Bang LA」に勤務するヘアスタイリスト及びカラリストです。ヘアスタイルを通してクライアントがクィア(性的マイノリティ)のアイデンティティを表現する手助けを専門としており、経験は11年以上。性別ではなく髪の長さを基準とした施術料金でヘアカット、カラーリング、スタイリングサービスを提供。ケベック大学モントリオール校にて学士号を取得。カリフォルニア州交付のヘアスタイリスト資格を保有。 この記事は10,716回アクセスされました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 10,716 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告