PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ヘアブラシは、他の美容器具と同様に、使っているうちに汚れてしまいます。自分のヘアブラシが少し汚いと感じているなら、手入れが必要なタイミングです。たいていのヘアブラシや櫛は、低刺激の洗剤や歯ブラシで洗えます。長い間手入れをしていなければ、酢や消毒用アルコールで消毒しても良いでしょう。以下に紹介する方法で、ヘアブラシや櫛をすっきりきれいにしましょう。

方法 1 の 3:
簡単な手入れ

  1. 1
    ヘアブラシについている髪の毛を指で取り除く ヘアブラシや櫛に絡まっている髪の毛を指でつまんで取ります。指で簡単に取れる分をすべて取ってしまいます。きつく絡まって取れない髪の毛は、先につまようじを使ってほぐしてから、指で取り除きます。[1]
    • ブラシから髪を取り除くための専用の製品もあります。また、アフロ用の粗い櫛や柄の長い櫛のとがった部分を使ってもよいでしょう。
  2. 2
    低刺激の洗剤をお湯に溶かす 強力な洗剤を使う必要はありません。食器用洗剤やシャンプーといった刺激の少ない洗剤で十分きれいになります。小さめのボウルにお湯を入れて、洗剤を少量たらします。使用する洗剤の正確な量は決まっていませんが、それぼど多くの量は必要ありません。[2]
  3. 3
    歯ブラシでこすって洗う まず、ブラシを15分ほど洗剤液に浸し、こびりついた汚れなどを浮かします。それから、洗剤液をつけた未使用の歯ブラシで、ヘアブラシのピンや櫛の歯の間を優しくこすって洗います。側面も髪の毛に触れて汚れがたまっているため忘れずに洗います。[3]
    • 木製の持ち手がついたヘアブラシであれば、木の部分を濡らさないようにしましょう。水によって傷んでしまう可能性があります。
  4. 4
    水ですずぐ ヘアブラシまたは櫛を洗い終えたら、残っている洗剤をすすぎます。蛇口からお湯を出してヘアブラシに当て、洗剤が流れ出なくなるまですすぎます。[4]
    • ヘアブラシや櫛をすすいだ後は、空気乾燥させます。時間がない場合は、ペーパータオルや布で軽く押さえて水気を取るか、中温にしたドライヤーを5~8㎝程度離してあて、乾かしましょう。
    広告

方法 2 の 3:
念入りな手入れと消毒

  1. 1
    プラスチックの櫛を酢または消毒用アルコールに浸す プラスチック製の櫛は、消毒用アルコールやアップルサイダービネガー(リンゴ酢)で消毒できます。櫛が収まる大きさのカップに酢または消毒用アルコールを注ぎます。櫛を10分間浸しておきます。櫛を取り出して、流水ですすぎます。[5]
  2. 2
    ヘアブラシの先を酢に浸す ヘアブラシは、先のピンの部分のみ浸して消毒すれば十分です。ヘアブラシの先がすっぽり入る大きさのボウルに酢と水を入れてかき混ぜます。ヘアブラシの先を20分間浸しておきます。[6] 流水でヘアブラシをすすぎます。
  3. 3
    空気乾燥させる ヘアブラシまたは櫛をタオルの上において空気乾燥させます。ヘアブラシや櫛の種類によって、乾燥に要する時間は異なります。数時間で乾くものもあれば、一晩乾かさなければならないものもあります。[7]
  4. 4
    持ち手をきれいにする ヘアブラシや櫛の持ち手もたくさんの細菌に触れています。消毒するステップの中で一緒に手入れしましょう。ヘアブラシや櫛の材質によって手入れ方法は異なりますが、多くは汚れを落とすために消毒用アルコールで拭いて問題ありません。そして仕上げに湿った布で拭きます。[8]
    • 木製の持ち手の場合は、消毒用アルコールのような強い洗剤の使用をなるべく避けましょう。
    広告

方法 3 の 3:
手入れの注意点

  1. 1
    ヘアブラシのピンは優しく手入れする ヘアブラシのピンを歯ブラシで洗う際は、ゆっくりと優しく動かします。力を入れすぎると、ブラシのピンが折れたり壊れたりしてしまいます。
  2. 2
    クッションが付いたヘアブラシは長時間濡らさない ピンの根元にクッション素材が使われているヘアブラシは、長い時間水に漬けないようにします。消毒のために液に浸すことは避けて、低刺激の洗剤や水でこすり洗いをします。[9]
  3. 3
    木製のヘアブラシは水に浸さない 材質に木が使われているヘアブラシは、水に浸してはいけません。木は水によりとても傷みやすく、水に浸すとすぐに質が落ちてしまいます。木製のヘアブラシは、歯ブラシと洗剤を使って手入れをしましょう。[10]
    広告

関連記事

手についたヘアカラーを落とす
爪が割れたときの対処
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
アロエベラを髪の毛に使うアロエベラを髪の毛に使う
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
自分でロングヘアを切る
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
ネイルグルーを落とす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
ツインのお団子ヘアを作る
ドレッドヘアを洗うドレッドヘアを洗う
ブリーチなしで髪を明るくするブリーチなしで髪を明るくする
UVライトなしでジェルネイルを硬化させるUVライトなしでジェルネイルを硬化させる
自分で枝毛を取り除く
広告

このwikiHow記事について

Ashley Adams
共著者 ::
認定美容師
この記事の共著者 : Ashley Adams. アシュリー・アダムスは、イリノイ州の認定美容師で、ヘアスタイリストです。2016年にジョン・アミーコ美容専門学校にて認定資格を取得。 この記事は7,209回アクセスされました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 7,209 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告