ヘチマスポンジは、ウリ科などのトロピカルフルーツに含まれる繊維状物質から作られています。スポンジのような質感は肌の角質を取るのに最適で、スポンジの使用によりなめらかでつやのある肌を維持することができます。ヘチマスポンジを正しく使うにはまずヘチマスポンジを準備し、その上に石けんと水をつけてから体をこすります。使用後は必ずヘチマスポンジを洗って乾燥させ、清潔に保つために消毒しましょう。

パート 1 の 2:
ヘチマスポンジを使う

  1. 1
    ヘチマスポンジを購入する ヘチマスポンジは通常、 薄い淡黄色でほのかにハーブの香りがします。形や大きさは様々で、一般的に円筒形や輪切りの状態で売られています。乾燥しているヘチマスポンジの質感は粗く、お湯をかけると柔らかくしなやかになります。
    • ヘチマスポンジは、ドラッグストアなどのボディーケア用品を販売しているほとんどの店で購入できます。
    • ヘチマスポンジはナイロン製などのバスパフとは異なります。この両方のアイテムは同じ用途で使われますが、ヘチマスポンジは植物由来の素材で作られているため、肌によいと言われています。
  2. 2
    ヘチマスポンジをシャワーか浴槽で濡らす お湯の温度が高い方がヘチマスポンジが早く柔らかくなります。ヘチマスポンジの質感とこする時の感覚を残しておきたい場合は、少しだけ濡らしてから使うようにしましょう。
  3. 3
    ヘチマスポンジに石けんをつける ボディーソープはヘチマスポンジの表面に浸透しやすいため大抵の人はボディーソープを使いますが、ヘチマスポンジの表面に固形石けんをこすりつけるのもよいでしょう。僅かな石けんでも長持ちするため、1円玉程度の量だけで十分です。
  4. 4
    ヘチマスポンジで体をこする デコルテ(首と胸の間の肌一帯)から始め、ヘチマスポンジで優しくしっかりと円を描くように肌をこすります。上から下に向けて順番に移動し、足首まで来たら体の背面に沿って繰り返します。腕や手を洗うのも忘れないようにしましょう。
    • 脇の下などの敏感な部分には注意が必要です。
    • 肌が乾燥している場合は、ヘチマスポンジを腕や足に使う前に石けんを洗い流しておきましょう。
    • また、ヘチマスポンジはかかとや足の裏にも使えます。滑りやすいシャワー室の中にいる場合は注意しましょう。
    • 上下にこするよりも円を描くように動かすと角質を除去しやすくなり、肌にも優しいでしょう。
  5. 5
    冷水で体を洗い流す こうすると毛穴が閉まり、目が覚めてリフレッシュできます。寝る前にシャワーかお風呂でリラックスしようとしているのであれば、お湯を使いましょう。
    広告

パート 2 の 2:
ヘチマスポンジの手入れをする

  1. 1
    使用後に毎回洗い流す 清潔な温水を使い、石けんを確実に全て落とします。ヘチマスポンジに石けんが残っていると徐々に臭いが発生します。
  2. 2
    ヘチマスポンジの使用後、次に使うまでは完全に乾かしておく 空気の循環がよいところに置き、完全に乾燥させます。乾燥した状態を保つと、ヘチマスポンジの内部で細菌が繁殖するのを防ぐことができます。[1] ヘチマスポンジはシャワーの外に吊り下げて保管しましょう。
    • 通気口や換気扇の近くに置くと素早く乾きます。
    • 大抵の浴室は湿気が多いため、ヘチマスポンジは別の部屋で乾燥させるとよいかもしれません。
  3. 3
    ヘチマスポンジを週に1回除菌する 繁殖している可能性のある細菌を殺すためには、タオルなどと一緒に洗濯機の高温設定で洗う、食器洗浄機で洗う、電子レンジに30秒かける、熱湯で数分間沸騰させる、などの方法を試しましょう。どのような方法を使うにしても、ヘチマスポンジは最低週に1回は除菌し、清潔な状態で使えるようにしておきましょう。
    • 皮膚科医による最近の研究結果では、ヘチマスポンジが細菌の住みかになりやすいことが明らかになりました。そのため、ヘチマスポンジを頻繁に除菌することが重要です。[2]
    • この点に関しては、ナイロン製などのバスパフも同様です。自然素材から作られているわけではありませんが、細菌の住みかとなる可能性があります。
  4. 4
    3週間ごとにヘチマスポンジを交換する このくらいの期間が過ぎると、ヘチマスポンジは何度も使用したり洗濯機や熱湯にさらされてバラバラに崩れ始めます。ヘチマスポンジの除菌をしていない場合は、3週間後以降は使うには安全とは言えません。どちらにしても、新しいヘチマスポンジを購入する時期です。[3]
    • ヘチマスポンジよりもボディータオルの方が洗濯機にかけやすく長持ちするため、近頃では多くの人々がボディータオルを使用しています。
    • ヘチマスポンジを使うと決めたのであれば、毎回使用後にしっかりと乾燥させ、頻繁に交換して体を清潔に保ちましょう。
    広告

ポイント

  • 角質を除去した後は、必ず保湿しましょう。
  • 顔も洗うのであれば、同じヘチマスポンジを使うのは避けましょう。

広告

注意事項

  • ヘチマスポンジで角質を除去する際は、優しくしっかりと使いましょう。力が弱すぎると角質を除去できず、強すぎると発疹が出たり皮膚が剥がれる原因となります。
広告

関連記事

How to

女性が立ち小便をする

How to

お酒の臭いを消す

How to

口周りの黒ずみを取る

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

歯磨き粉でニキビを治す

How to

手に付着したシリコンコーキング剤を落とす

How to

埋没毛を処理する

How to

肌に付いた塗料を落とす

How to

ペニスを洗う

How to

タンポンを使用する

How to

手指消毒剤を作る

How to

重曹でニキビを治す

How to

アルコール性消毒ジェルを作る

How to

耳垢を除去する
広告

このwikiHow記事について

Laura Martin
共著者 :
Laura Martin
認定美容師
この記事の共著者 Laura Martin. ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
カテゴリ: 個人衛生
このページは 224 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告