ヘビの駆除方法

3 方法:屋内の蛇を退治する方法屋外のヘビを退治する方法ヘビが再び出没しないようにする方法

ヘビは世界中に生息していますが、様々な植物や虫の住処である大きな庭を持つ人は、ヘビに遭遇する確率が高くなります。ヘビが存在するということは生態系が正しく保たれているという証ですが、庭にヘビがいると思うと不安でもあり、場合によっては危険が伴うこともあります。無毒のヘビであれば、放っておいてもいずれ自ら出ていきますが、すぐにでも追い出したいという人はデッキブラシなどで出口に向かって追い払うとよいでしょう。

1
屋内の蛇を退治する方法

  1. 1
    見つけたヘビが毒ヘビである可能性がある場合は、専門業者や管轄の警察署などに通報しましょう。無毒と思われる場合でも、ヘビの扱いに不慣れなのであれば自分一人で対処する必要はありません。専門業者に捕獲と除去を依頼しましょう。毒ヘビの対処は必ず専門家に任せます。[1]
    • ヘビを一つの部屋に閉じ込めます。例えば、洗濯場でヘビに遭遇した場合は洗濯場のドアを閉じ、ヘビが逃げ出さないようにドアの下の隙間にタオルを挟み込みます。
    • 専門業者が到着してヘビを駆除してくれるまでは、ヘビがいる場所に子供とペットを近づけないようにしましょう。
  2. 2
    ヘビが出ていくのを待ちましょう。大抵のヘビは隙を見つけて自ら外に逃げ出します。屋外に出られる部屋やガレージでヘビを見つけたら、家に通じるドアを閉じた後、ヘビが外に出られるように屋外に通じるドアを開けます。[2]
    • 簡単かつ確実な上記の方法を用いれば、ヘビは比較的すぐに出ていくはずです。これよりもやや手荒な手段もありますが、この方法を用いるとヘビが怖がって屋内の目に付かない場所に逃げ込んでしまう可能性があります。
  3. 3
    無毒のヘビは大きなゴミ箱とデッキブラシで捕獲しましょう。自分で対処する方法としてはこの手法が一般的です。まず、大きなゴミ箱を横に倒し、ヘビがいる部屋に設置します。次に、デッキブラシでヘビをその中に追いやります。ヘビが中に入ったらゴミ箱を立て、蓋をしっかりと閉めましょう。[3]
    • ヘビが入ったゴミ箱は蓋をしっかりと閉じたまま、自宅から離れた場所や山中に逃がしてやります。ゴミ箱を横に倒してゆっくりと蓋を取り、ヘビが出ていくのを待ちましょう。
  4. 4
    屋内用の罠で捕獲しましょう。天井裏や車庫、床下などにヘビがいると思ったら、こうした場所の壁際にグルートラップ(粘着式の罠)を設置します。グルートラップにかかって身動きが取れなくなったヘビは、ゆっくりと罠から解いて屋外に逃がしてやります。自分で対処できなければ業者に依頼しましょう。[4]
    • 無毒のヘビを捕獲したら罠をバケツの中に入れて、屋外かヘビを放したい場所まで運びましょう。ヘビに植物油をかけてグルートラップの粘着力を弱めると、ヘビが逃げられるようになります。
    • ヘビが捕獲されたかどうか罠を毎日チェックしましょう。時間を置きすぎると、ヘビは餓死してしまいます。

2
屋外のヘビを退治する方法

  1. 1
    ヘビをそっとしておきます。無毒のヘビであれば、ヘビが自ら出ていくのを待つのが最も簡単です。屋外にいるヘビが大きな問題となることはなく、そのうち自然に出ていくでしょう。ただし、子供やペットはヘビに近づけてはいけません。たとえ無毒であっても、ヘビに噛まれれば大変な痛みを伴います。[5]
    • ヘビが自宅周辺に頻繁に出没する場合は、除去よりも侵入予防策を練ったほうがよいでしょう。
  2. 2
    ヘビに水をかけます。自宅周辺にいる無毒のヘビを追い出したい場合は、少し脅かすだけで逃げていくことがあります。庭のホースを使ってヘビに軽く水をかけ、家や敷地から追い出しましょう。[6]
    • この方法は、危険性がないと確実に分かっているヘビに向いています。
  3. 3
    水中にいるヘビは虫取り網などを使えば安全に捕獲できます。[7]テラスや草むらにいる小さな無毒ヘビの捕獲にも虫取り網が便利です。ヘビを掴む時は力を入れすぎてヘビの肋骨を折ってしまわないように注意しましょう。
    • 捕獲したヘビは庭の裏手か近くの森林まで運んで放します。
  4. 4
    屋外にヘビの捕獲器を設置しましょう。一般的な屋外用のヘビの捕獲器はプラスチック製の箱で、ヘビを箱の中におびき寄せるための誘引物質が入っています。捕獲した後はヘビが外に出られないようなつくりになっています。家の周りでヘビを見かけた場所にこの捕獲器を設置しておきましょう。[8]
    • ヘビを捕獲したら、森林まで運んで放します。

3
ヘビが再び出没しないようにする方法

  1. 1
    植木類は短く刈っておきましょう。ヘビは高く伸びた芝生や茂みを好みます。芝や茂みを定期的に手入れしておくと、ヘビが寄り付きにくくなります。芝生は短く刈り込み、倒木や穴の開いた切り株など、ヘビが好みそうなものは庭から撤去しましょう。[9]庭をヘビの住処にしないためには、次の方法を実行するとよいでしょう。
    • 材木類は地面から少なくとも50cmは離して保管し、堆肥や腐葉土は家から離れたところに保管しましょう。
    • ヘビが好む茂みやその他の背の高い植木類は取り払えないか検討しましょう。
  2. 2
    ヘビの餌になるものは排除しましょう。ヘビはネズミやコオロギ、その他の昆虫類を食べます。家に集まるこうした生き物の数を減らすことができれば、ヘビは餌を求めて別の場所へと移動するでしょう。庭に小動物の住処となっている穴があれば、土や石などで埋めます。[10]鳥の餌やベリー、木から落ちたナッツ、こぼれた堆肥などもすべてネズミや昆虫の餌となるため、庭から撤去しましょう。
    • ネズミ捕りなどの罠を仕掛けてネズミや昆虫類を駆除することを検討しましょう。
  3. 3
    家の隙間を塞ぎましょう。ヘビが家の中に入ってこられないように、壁にヒビや穴がないか家の基礎部分を確認しましょう。隙間があればコーキングや発泡ウレタンなどを使ってしっかりと塞ぎます。ドアと窓にも隙間がないか確認します。煙突、通気口、その他ヘビが侵入しそうな場所には網やカバーを設置しておきましょう。[11]
    • 小さなヘビも侵入できないように、網戸は目が直径0.5cm以下のものを選びましょう。
  4. 4
    ヘビ用の忌避剤を使ってみましょう。忌避剤は外壁にスプレーできる液体タイプや、庭全体に散布できる粉末タイプが一般的です。通常、こうした忌避剤は環境に優しく、ペットや芝生にも無害です。[12]
    • 最寄りのホームセンターや園芸店で様々な種類のヘビ忌避剤を扱っているはずです。また、インターネットでも入手できます。

ポイント

  • 庭や屋内で見つかるヘビにも無毒のものが多くいます。これらのヘビは滅多に噛むことはありませんが、噛んだとしても体に毒を注入することはありません。
  • 庭で無毒ヘビを見つけたら、そっとしておくのも一案です。ほとんどのヘビは無害で、庭に集まるコオロギやげっ歯類動物などといった有害な生き物を追い払い、庭の環境を整えてくれます。
  • ヘビは花や野菜を他の生き物による被害から守ってくれるため、庭にいるヘビの1匹や2匹なら巡回役として大歓迎している人もたくさんいます。

注意事項

  • いかなる動物でもグルートラップの中に放置しないようにしましょう。動物に危害を与えることがないように、罠は定期的にチェックします。グルートラップに動物の顔が付着して窒息したり、逃げ出そうとして皮膚を傷つけたりすることも考えられます。
  • 危険ではないと確信できない限り、決して自分一人でヘビを扱わないようにしましょう。
  • 毒ヘビに噛まれた場合は、そのヘビの種類を知っている人が周りにいることが重要になります。噛まれた後に適切な血清を注入する際、この情報は大変役立ちます。
  • 無毒ヘビに噛まれると毒ヘビに噛まれた時よりも多く出血します。これは無毒ヘビの唾液に血液の凝固を妨げる物質が含まれているうえ、無毒ヘビは数回にわたって噛みつくことが多いためです。
  • 国によっては、動物管理センターのような機関でも飼育動物だけを扱い、ヘビの対処は受け付けてくれないことがあるので注意が必要です。その場合、野生動物の除去サービスや害虫駆除サービスに有料でヘビの駆除を依頼する必要があります。[13]

記事の情報

カテゴリ: ペット・動物

他言語版:

English: Get Rid of Snakes, Español: deshacerte de las serpientes, Português: Se Livrar de Cobras, Italiano: Liberarsi dei Serpenti, Deutsch: Schlangen loswerden, Nederlands: Slangen kwijtraken, Français: se débarrasser des serpents, 中文: 摆脱蛇的困扰, Čeština: Jak se zbavit hadů, ไทย: กำจัดงู, العربية: التخلص من الثعابين, Bahasa Indonesia: Mengusir Ular, हिन्दी: साँपों से छुटकारा पाएँ, Tiếng Việt: Xua đuổi Rắn

このページは 75,091 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?