ヘルニアは内臓を支える筋肉や粘膜、または細胞が弱くなったり、切れて開口することにより起こります。例えば穴の開いた袋から中身が出てしまうように、その症状が悪化すると筋肉は内臓を保護できなくなり、患部から内臓の一部が出てしまいます。ヘルニアはさまざまな要因から起こりますが、これから紹介するチェック方法を知っておけば症状の悪化を防ぐことができます。

方法 1 の 2:
ヘルニアの種類

  1. 1
    胃腸や腹筋、または胸部にヘルニアがあるかどうかチェックしましょう。ヘルニアはさまざまな方法で体の各部分に悪影響を及ぼしますが、一般的には腹筋またはその周辺に発症することが多く、具体的には下記のような種類があります。
    • 裂孔ヘルニアは腹筋の上部に発症します。裂孔とは胸と腹筋を分ける役割をする横隔膜に存在する穴を指します。[1] 裂孔ヘルニアには滑脱裂孔と傍食道裂孔ヘルニアの2種類があり、女性に発症しやすい傾向があります。
    • 上腹壁ヘルニアは小規模の層状になった脂肪が胸骨とおへその中間付近にある腹筋から飛び出してしまう症状です。[2] 患部は数箇所に及ぶことがありますが、痛みなどの症状が何もないことがよくあります。場合によっては手術が必要になることがあります。
    • 瘢痕ヘルニアとは、腹筋の手術後に行われた不適切なケアが原因で、腹筋が切開口から飛び出てしまう病気です。[3] 不適切に布置されたメッシュライナーから腸が出てしまい、ヘルニアを引き起こします。
    • へそヘルニアは幼児によく見られ、泣いた時におへその周りが盛り上がるのが主な症状です。[4]
  2. 2
    ヘルニアは股や骨盤、そして太ももにも発症します。腸が筋肉の壁から飛び出てしまい、不快感や痛みを伴うしこりがこれらの部分にできることがあります。
    • 鼠径(そけい)ヘルニアとは股部の腸が腹筋から飛び出てしまうことで起こります。[5] 鼠径ヘルニアは放置しておくと命に関わることもあることもあり、手術が必要になることがあります。
    • 大腿ヘルニアは股の真下にある太もも上部に起こります。痛みはありませんが、太もも上部が盛り上がったようになるのが特徴です。[6] これは裂孔ヘルニアと同じく、女性に多くみられるヘルニアです。
    • 肛門ヘルニアは肛門の粘膜が外に出てしまう病気です。痔と間違われれやすく、あまり一般的なヘルニアではありません。[7]
  3. 3
    上記の他にもさまざまな種類のヘルニアがあり、腹部や股以外にも起こることがあります。その中でも特に健康に害をもたらす恐れのあるヘルニアは以下の種類です。
    • 椎間板ヘルニアは脊椎の椎間板が飛び出し、神経が圧迫されてしまう病気です。[8] 椎間板は脊椎のまわりに存在し、衝撃を吸収する役割をしますが、怪我や病気によりずれて椎間板ヘルニアになることがあります。
    • 頭蓋内ヘルニアは頭内の脳や脳液、そして血管が本来の位置から動いてしまうことにより起こります。[9] 頭蓋内ヘルニアが脳幹付近で起きた場合、直ちに専門医の処置が必要になります。
    広告

方法 2 の 2:
症状をチェックする

  1. 1
    ヘルニアの症状もしくは予兆があるかどうか調べてみましょう。ヘルニアはさまざまな要因から起こり得り、発症しても必ずしも痛みを伴うとは限りません。これから説明する症状があるかどうかを腹部や股のあたりを重点的にチェックしてみましょう。

  2. 2
    医師にヘルニアかどうか診断してもらいましょう。ヘルニアの種類によっては内臓部分が締め出され、血液の循環や腸の働きが妨げられていることがあります。[11]
    • 専門医の予約を取りましょう。診療の際には現在の症状をすべて伝えましょう。
    • 医師に患部を診療してもらいましょう。物を持ったりかがんだり、咳をしたときに腫れの大きさが変化するかどうかを医師がチェックします。
  3. 3
    ヘルニアにつながる要因を探りましょう。アメリカ国内では約5万人以上が発症していますが、ヘルニアはそれほど一般的な病気なのです。[12] 数多くあるヘルニアの原因から、一般的な原因をいくつか挙げてみましょう。 [13] :

    広告

ポイント

  • 上記の症状にひとつでも該当する場合は、医師の診療を受けることをおすすめします。
  • ヘルニアを治療する唯一の方法は手術です。切開手術と腹腔鏡手術の2種類がありますが、後者の方が痛みも少なく、切り口も小さく、術後の回復期間も前者よりも短く済みます。
  • ヘルニアが小規模で痛みもなければ、悪化しないように医師が定期的にチェックするだけの場合もあります。
  • 正しい姿勢で重い物を持ったり、肥満の方は正しい方法でダイエットをしたり、便秘予防のために繊維質の多い食物を摂取したり、水分をこまめに補給することにより、ヘルニアは予防することができます。

広告

注意事項

  • ヘルニアは患部が悪化すると血液の循環や腸の働きを妨げてしまうことがあり、緊急手術を要する事態に陥ることがあります。
  • 男性の場合、排尿時に締めつけられるような違和感がある場合は医師に相談しましょう。前立腺肥大など、より深刻な病気の可能性があります。
広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

吐き気を止める

How to

自分で身長を測定する

How to

お酒の酔いを早く覚ます

How to

勃起を抑える

How to

生理をはやく終わらせる

How to

割れた足の爪を処置する

How to

声を低くする

How to

キスマークを偽造する

How to

胸骨をポキッと鳴らす

How to

嘔吐を誘発する

How to

マスターベーション依存症の克服

How to

体温計を使わずに熱があるか知る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む11人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は7,842回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 7,842 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告