PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ヘルペスはウイルス感染によって発症し、痛みとかゆみを伴う水疱が生じます。残念ながらヘルペスを完治させる治療法はありませんが、抗ウイルス剤で症状を緩和し、症状が治まるまでの期間を短くすることが可能です。また、不快感を和らげるために自分でできる処置もあります。再発を予防するためには7~9時間の睡眠、健康的な食生活、ストレス解消を心がけましょう。

パート 1 の 3:
抗ウイルス剤を服用する

  1. 1
    医師による適切な診断を受けましょう。ヘルペスによって生じる小さな赤い水疱には、黄色い分泌物が詰まっています。この小さな水疱が集まって大きな水疱になります。別の病気の疑いを排除するためにも医師に水疱を確認してもらい、必要に応じてウイルス検査を受けましょう。[1]
    • 通常、単純ヘルペスウイルス1型は口の周りに水疱が生じ、単純ヘルペスウイルス2型は性器の周りに水疱が表れます。この水疱は、痛みや灼熱感およびかゆみを伴うこともあり、リンパ節が腫れる場合もあります。また、水疱ができる前に患部にチクチクした痛みを感じることもあります。
    • 初めて感染した場合は、発熱、リンパ腺の腫れ、インフルエンザのような症状、食欲減退といった症状が表れることがあります。
    • 梅毒、上皮性悪性腫瘍、軟性下疳、外傷、乾癬のように、似たような症状が性器、肛門、肛門周辺部に表れる別の病気もあるので、医師にきちんと診察してもらうことが大切です。
  2. 2
    初めてヘルペスに感染した場合は抗ウイルス剤の処方薬で治療します。初めての感染は、それ以降の再発時に比べ重症化しやすく長期間続きます。通常、症状を抑えるための経口抗ウイルス剤が処方されます。[2] 医師の処方にもよりますが、薬は一時的にまたは再発抑制療法として継続的に投与されます。
    • 口唇ヘルペスや性器ヘルペスの薬にはアシクロビル(商品名ゾビラックス)、バラシクロビル(商品名バルトレックス)、ファムシクロビル(商品名ファムビル)などがあります。
    • これらの薬でヘルペスが完治するわけではありませんが、症状が和らぎ発症期間を短くすることができます。症状が表れてから1日以内に服用を始めると最も効果的です。
    • 発症時治療として、再発の兆候が表れたときにすぐ服用できるように、予備の薬を処方される場合もあります。
    • 初めて感染してから12か月以内に、90%の患者が少なくとも1回の再発を経験しています。
  3. 3
    医師の指示に従って薬を服用し、症状が治まったからといって早く服用をやめてはいけません。医師に処方された薬にもよりますが、一般的に1日1~5錠の薬を7~10日間、グラス1杯の水で服用します。[3]
    • 通常副作用はありませんが、倦怠感、頭痛、吐き気、嘔吐の症状が出る場合もあります。食後に服用すれば胃のむかつきを防げます。[4]
  4. 4
    医師の処方があれば抗ウイルスクリームを使います。経口薬の代わりに、または経口薬に加えて抗ウイルスクリームが処方される場合もあります。医師の指示に従って使いましょう。ウイルスを患部から広げないように綿棒で薬を塗り、薬を塗った後は手をしっかり洗いましょう。[5]
    • 肌に触れた綿棒がほかのものに触れないように気を付けましょう。薬を足して塗る場合は、使っていた綿棒につけるのではなく、新しい綿棒を使いましょう。薬を塗るために使った綿棒はすぐに廃棄します。
    • 通常、塗り薬は口唇ヘルペスに限って使われます。口唇ヘルペスと同時に性器ヘルペスを発症した場合は、口唇ヘルペス用の薬を性器に塗らないように気を付けましょう。[6]
  5. 5
    再発に備えた薬が必要か医師に相談します。ヘルペスは再発することがほどんどですが、初めて発症して1週間から1か月の間に再発する場合もあります。通常再発の症状は穏やかで、治療を必要としないケースも多くありますが、痛みやかゆみを伴う水疱が広範囲にできた場合やインフルエンザのような症状が出た場合に、抗ウイルス剤を服用して良いか医師に聞いておきましょう。[7]
    • 医師から抗ウイルス剤の処方を受けたら指示に従って服用します。
  6. 6
    再発を繰り返す場合は毎日薬を服用しましょう。1年に6回以上再発する場合は、アシクロビル、バラシクロビルまたはファムシクロビルを毎日服用する必要があるかもしれません。処方された薬にもよりますが、毎日1~2錠をグラス1杯の水で服用します。[8]
    • 毎日薬を服用する再発抑制療法には、再発を70~80%抑える効果があります。
    • ヘルペスに感染していないパートナーがいる場合は、毎日薬を服用するとパートナーに感染を広げるリスクを減らすことができます。
  7. 7
    毎日薬を服用したくなければ発症時療法を行います。チクチクした痛みや灼熱感などの前駆症状が表れたらすぐに薬を服用する方法です。最初の兆候が表れてから24時間以内に薬を服用する必要があります。その後、5~7日服用を続けましょう。[9]
    • 再発抑制のために毎日薬を服用する予算がない場合や、錠剤を服用することに抵抗があれば発症時療法が適切でしょう。
    広告

パート 2 の 3:
症状を和らげる

  1. 1
    市販の軟膏で痛みとかゆみを和らげます。地元のドラッグストアなどで、リドカイン、ベンゾカイン、L―リジンを含む薬用軟膏を探しましょう。痛みやかゆみ、灼熱感を和らげる効果があり、発症期間を短縮することができるかもしれません。使用上の注意を慎重に読み、用量・用法を守って使いましょう。[10]
    • 医師に相談することなく、性器ヘルペスの水疱に軟膏を塗るのはやめましょう。ヘルペスの発症が、傷つきやすい他の性器粘膜に影響することもあります。医師の許可なく、このような部分に薬用軟膏を塗るのは危険です。[11]
  2. 2
    市販の鎮痛剤を服用します。イブプロフェンやアセトアミノフェンで、ヘルペスによる痛みや腫れおよび不快感を和らげることができます。添付の説明書に従って服用しましょう。[12]
    • アセトアミノフェンを服用する際はアルコールの摂取を控えます。アルコールとアセトアミノフェンを併用すると肝機能障害を起こす恐れがあります。
  3. 3
    患部を温めたり冷やしたりして痛みを緩和します。患部を温めたり冷やしたりして、どちらが痛みの緩和に効果があるか試してみましょう。氷嚢や氷を布で包み20分間患部にあてます。20分間温めるには、濡らした布を電子レンジで30秒加熱するか、近隣のドラッグストアなどで温湿布を購入しましょう。[13]
    • 3時間ごとに患部を温めたり冷やしたりして、痛みやかゆみ、腫れを緩和します。灼熱感があれば、温めるのではなく冷やしましょう。
    • 使った布は直ちに洗濯機に入れ、高温で洗濯して感染拡大を防ぎましょう。
  4. 4
    性器ヘルペスを発症したら、ゆったりしたコットンの下着を身につけましょう。きつい下着やストッキング、細身のパンツではなく、ゆったりした衣類を身に着けると、患部が空気に触れて炎症を和らげることができます。[14]
    • 風通しを良くすると治癒が促進されるため、患部を包帯などで覆うのはやめましょう。
    • ナイロンやポリエステルなどの合成繊維より、コットンのほうが通気性に優れています。
  5. 5
    エプソムソルトを入れた浴槽に浸かるか、患部を塩水に浸します。温水500mlにエプソムソルト小さじ2杯を混ぜ、患部を浸します。または、浴槽にエプソムソルト250gを加えて入浴する方法もあります。[15]
    • エプソムソルトを入れた浴槽に浸かると患部を洗浄する効果があり、痛みやかゆみも和らぎます。
    広告

パート 3 の 3:
再発を防ぐ

  1. 1
    患部に触れたあとは手を洗いましょう。処方薬や市販の軟膏を塗る際は綿棒を使い、洗浄や手当てを除いて患部に触れないようにします。患部に触れたあとは、殺菌効果のある石けんと熱いお湯で少なくとも20秒間手をよく洗いましょう。[16]
    • 水疱をつついたり潰そうとするのはやめましょう。かゆみが悪化し、感染が広がる恐れがあります。
    • 手を清潔に保つことは絶対に不可欠です。症状が出ている間は、ほかの人や体のほかの部分にヘルペスがうつりやすい状態です。
  2. 2
    バランスの取れた健康的な食事を摂りましょう。栄養素の摂取基準に応じた野菜、果物、穀物、たんぱく質、乳製品を摂ります。栄養を最大限に摂るために、葉野菜、根菜、豆類など様々な野菜を食事に取り入れましょう。免疫力の健康のためには、鶏肉や魚など脂肪の少ないたんぱく質と果物が必要です。[17]
  3. 3
    毎晩7~9時間の睡眠を取りましょう。毎日同じ時間に就寝し、同じ時間に起きるように心がけましょう。十分な睡眠を取れるように早めに就寝し、寝る前4~6時間にカフェインや重い食事を摂らないようにします。[18]
    • 適切な休息で免疫力を高めましょう。
  4. 4
    ストレスを和らげます。ストレスにより免疫力が低下しヘルペスが再発することもあるので、ストレスを溜めないように気を付けましょう。責任の大きな仕事にストレスを感じたり忙しくて余裕がなくなったりしたら、深呼吸して心を落ち着かせましょう。[19]
    • ストレスを感じたら目を閉じてゆっくり呼吸しながら、のんびりした心地よい場所にいる姿を想像してみましょう。呼吸をコントロールし、心が落ち着く風景を思い浮かべます。1~2分間またはゆったりした気持ちになるまで続けましょう。
    • 忙し過ぎて余裕がなくなってしまったら、大きな問題を片付けやすい小さな手順に分けて考えてみましょう。すでにやることがたくさんあれば、それ以上無理をすることはありません。
    • やるべきことを済ませるのに誰かの協力が必要なら、友人、親戚、同僚に相談してみましょう。たとえば、仕事のプロジェクトを誰かに手伝ってもらったり、用事を済ませる間友人に子供の世話を頼んだりしましょう。
  5. 5
    口唇ヘルペスの再発を防ぐために日焼け止めを塗りましょう。日焼けが口唇ヘルペスの再発や悪化につながることもあります。外出時は必ずSPF30の保湿リップクリームを塗り、日焼け止めを口の周り(または口唇ヘルペスができやすい部分)に塗りましょう。[20]
    • 肌を保湿すると炎症を最小限に抑えることができるうえ、再発予防に効果があります。
    広告

ポイント

  • 性器ヘルペスの症状がある間は、どんな形でもセックスは控えましょう。口唇ヘルペスの症状がある間は、オーラルセックス、キス、飲食物の分け合いはやめましょう。
  • コンドームをつけるとヘルペスの感染を防ぐ効果がありますが、100%安全というわけではないことを覚えておきましょう。コンドームで覆われた部分の肌を守ることはできますが、ほかの部分は感染しやすい、またはウイルスを拡散しやすい状態です。
  • ヘルペスの症状がある間は感染を広げる危険が最も高まりますが、症状が出ていない間にもウイルスを拡散する可能性はあります。
  • ヘルペスを発症したら現在とその前の性的パートナーに知らせましょう。今後のパートナーにも伝える必要があります。言い出しにくいことかもしれませんが、勇気を出して話しましょう。感染という事実から目をそらさずに、正しいことをしていると自分に言い聞かせて話しましょう。[21]
  • 症状が出なくても感染している可能性があるので、現在と過去を含めたすべての性的パートナーにヘルペス感染について知らせることが大切です。パートナー達は感染の有無を確認するために、型特異性を測る血清学的検査を受ける必要があります。[22]
広告

注意事項

  • 妊娠中または妊娠を予定している場合は医師に伝えましょう。新生児のヘルペス感染を防ぐために、積極的な治療を行い症状を早く治す必要があります。[23]
  • 目の中や周りにヘルペスによる水疱が生じると危険です。目の近くに異常な水疱が表れたら、直ちに医療機関で診察を受けましょう。[24]
広告

関連記事

お酒の酔いを早く覚ますお酒の酔いを早く覚ます
爪が割れたときの対処
自分で身長を測定する自分で身長を測定する
勃起を抑える勃起を抑える
吐き気を止める
声を低くする声を低くする
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
キスマークを偽造するキスマークを偽造する
生理をはやく終わらせる生理をはやく終わらせる
2週間でお腹周りの脂肪を落とす2週間でお腹周りの脂肪を落とす
自分が酔っているかどうかを知る自分が酔っているかどうかを知る
胸骨をポキッと鳴らす胸骨をポキッと鳴らす
二重関節かどうか見分ける二重関節かどうか見分ける
体温計を使わずに熱があるか知る体温計を使わずに熱があるか知る
広告

このwikiHow記事について

Luba Lee, FNP-BC, MS
共著者 ::
治験審査委員
この記事の共著者 : Luba Lee, FNP-BC, MS. ルーバ・リーはテネシー州に住む家庭医療を専門とするナース・プラクティショナー(一定レベルの診断や治療を行うことが許可されている上級看護師)です。2006年にテネシー大学にて 看護学修士号を取得しています。 この記事は42,021回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 42,021 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告