PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ベイクドポテトは簡単で安価に仕上がるつけ合わせです。じゃがいもは、ビタミンC、繊維質、カリウム、マンガンなどを豊富に含んでいます。[1] じゃがいもは数えきれないほどの調理法がある万能野菜です。今回はその中から、ベイクドポテトを簡単に作る方法をいくつかご紹介します。(細かい点が気になる方は、今回ご紹介する方法のすべてが「典型的なベイキング」調理でベイクドポテトを作っているわけではないことをご了承ください。)お気に入りの方法が見つかったら、ぜひお試しください。

材料

  • ベイクドポテト用じゃがいも各170gから230g—ラセットポテト、レッドポテトなどじゃがいもの種類はお好みでお選びください。
  • サワークリーム(お好みで)
  • チャイブ (お好みで)
  • オリーブオイル(お好みで)
  • バター(お好みで)
  • チーズ(お好みで)

方法 1
方法 1 の 5:
下準備

  1. 1
    じゃがいもをごしごしとこすり洗いをした後、冷水で洗い流します。
  2. 2
    オーブンで調理する場合は、白いペーパータオルや小さなふきんを使ってじゃがいもについた余分な水分を拭き取ります。
  3. 3
    ジャガイモの「目」(芽)を取り除きます。
  4. 4
    何かに当たった部分や傷んでいる部分があれば、必要に応じて切り取ります。
  5. 5
    フォークで1−2回じゃがいもを刺します。こうすることでじゃがいもの中まで火が通り、調理時間の短縮になります。
    広告

方法 2
方法 2 の 5:
オーブン

  1. 1
    じゃがいもにオリーブオイルが均等に行き渡るよう揉みこみます。(お好みで)塩コショウで味付けをします。オーブン用皿もしくはロースト用皿の上にジャガイモをのせます。(お好みで)(ワイヤーラックに直接ジャガイモを置くのが好きな方もいらっしゃいます。)
  2. 2
    じゃがいもを220度で45−60分間調理します。[2] [3] フォークをじゃがいもに刺した時に、フォークが滑らかに通ったら出来上がりです。
    • 温度を下げた状態で長めに調理する方法もあります。低温で長時間調理すると、じゃがいもの表面の皮がカリッと仕上がります。[2] 175度で約1時間から1時間半、190度で約1時間15分を目安にしてください。
    • 調理時間は様々です。同じサイズで同じ密度のジャガイモは二つとありませんので、調理時間は「目安」と考えていただき「守らなくてはいけない規則」とは思わないようにしてください。調理が完了したかお好みの仕上がりになっているかどうか確認する時は、じゃがいもにフォークを刺す「フォークテスト」を行ってください。
  3. 3
    味付けをし必要なら何かを添えます。定番をご紹介します。
    • サワークリームとチャイブ
    • バターと塩
    • チーズ
    広告

方法 3
方法 3 の 5:
アルミニウムホイル

  1. 1
    オリーブオイル、塩、コショウ(お好みで)でジャガイモに味付けをします。調理後じゃがいもの味付けをしない方は、調理前にオリーブオイル、塩、コショウで味付けする方法をお薦めします。
  2. 2
    じゃがいもをアルミホイルで包みます。アルミホイルは熱の伝導率が高いので、アルミホイルで包んだジャガイモはより短時間で調理が完了します。ベイクドポテトの表面をカリッと仕上げたい方はこちらをご覧ください。[4]
  3. 3
    220度で45−60分調理します。200度の設定なら60−70分調理しましょう。時間をかけてじっくり調理したジャガイモは、中心部がクリーミーに仕上がります。
    • そろそろ出来上がりかな?と思うよりも少し早めに調理を終えます�。アルミホイルは調理を早める効果があります。調理をし過ぎないためにも、少し早めに仕上がりを確認してください。
  4. 4
    必要に応じて好きな物を添えましょう。
    広告

方法 4
方法 4 の 5:
電子レンジ

  1. 1
    電子レンジ用皿にじゃがいもを置き、高温設定の電子レンジで5分間調理します。
  2. 2
    じゃがいもをひっくり返し、さらに3−5分間電子レンジで調理します。
  3. 3
    仕上がりの確認をします。完全に仕上がっていない時は、仕上がるまで1分間隔で電子レンジにかけます。.
  4. 4
    必要に応じて何かを添えて下さい。
    広告

方法 5
方法 5 の 5:
スロークッカー

  1. 1
    じゃがいもをごしごしとこすり洗いしますが、今回はじゃがいもを乾燥させる必要はありません。じゃがいもについた多少の水分は、調理が完了したじゃがいもをおいしくさせる効果があります。S
  2. 2
    じゃがいもをスロークッカーに入れたら蓋をして、低温で6−8時間もしくは柔らかくなるまで調理します。表面が柔らかく軽い仕上がりになります。非常に低温な設定で長時間調理をすることで、調理のし過ぎを防ぐ効果があります。
  3. 3
    必要ならば何かを添えてください。
    広告

ポイント

  • ベイクドポテトは165度から220度の間で調理をします。もちろん低温設定の場合は調理時間が長くなりますが、ミートローフ、その他のオーブンで調理するメインディッシュと一緒にオーブン調理が可能です。
  • ベイクドポテトに合わせるトッピングの定番は、バター、チーズ、サワークリーム、チャイブ、刻みベーコンなどです。
  • 電子レンジを使うと調理時間が短縮になります。電子レンジ用の皿に、きれいに洗ったじゃがいもを並べてじゃがいもが温かくなるまで電子レンジにかけます。じゃがいも一つにつき数分です。ただし、電子レンジで最後までじゃがいもを調理をしないでください。この方法はスロークッカーでの調理には使用しないでください。
  • ベイクドポテトをステーキと一緒にたべるのが、多くの方に人気のメニューです。
  • じゃがいもをアルミホイルで包みオーブンで調理するのが好きな方もいます。これはベイクドポテトというよりも「蒸し」ジャガイモです。調理方法は料理をする方次第です。
広告

必要なもの

  • 野菜を磨くためのたわし
  • ジャガイモの芽や傷んだ部分をとるための皮むき用ナイフ。

関連記事

牛乳からクリームを作る
塩気の強いスープの味を調整する
生アーモンドをローストする
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
ご飯を温め直すご飯を温め直す
シチューにとろみをつける
オートミールを作る
フロスティングを作る
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
牛乳からバターミルクを作る
ケーキのアイシングを作るケーキのアイシングを作る
ホエイプロテインを作るホエイプロテインを作る
アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る
ソーセージを調理する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は19,746回アクセスされました。
記事のサマリーX

ベイクドポテトを作るには、まずじゃがいもをこすり洗いしてから冷水で洗い流します。軽く押さえて水分を拭き取り、傷や変色した部分を切り落とします。次に、早く火が通るようにフォークでじゃがいもに穴を開け、220℃に熱したオーブンに入れて45分〜60分間焼きます。アルミホイルは熱伝導率が高いため、じゃがいもをアルミホイルで包むと調理時間を短縮できます。短時間でベイクドポテトを仕上げるには、洗ってフォークで穴を開けたじゃがいもを、電子レンジ対応の皿にのせます。両面を5分間ずつ加熱しておいしくいただきましょう!

このページは 19,746 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告